« 東名伊勢原バス停 | トップページ | 鳥仲商店 »

J2 2014 第6節 湘南vs岡山 戦

こんばんは、今年のFIFAワールドカップにあわせて、ベルマーレOBの中田英寿さんは「FIFA日本酒アンバサダー」とやらをやるらしいそうで、それは支持したい、チャリ通です。世の中にはいろいろ趣味があると思いますが、「鉄道」と「地酒(日本酒・焼酎・泡盛・ワイン・地ビール)」は、レベルはともかくどのクラブでも地元のそれがあるので、「鉄道」や「地酒」を趣味とされている方は、Jリーグにも興味を持っていただければなあと思います

4月5日(土)16時キックオフで、ファジアーノ岡山戦がShonan BMW スタジアム平塚で開催されました。3月の関東はわりと天候不順で、スギ花粉症の人もいるので、集客が厳しいのですが、この日の天気は良かったです。バスで平塚入りしたあと、鳥仲商店(後日記事化予定)に立ち寄ってから、平塚市総合公園に入りました。桜は「満開を少し過ぎた」という程度で、充分楽しめる範囲内だったと思います。花見だけの方には試合の前後だけうるさかったと思うのですが、何日かあるうちの数時間だけですのでよろしくお願いいたしますと思いました。

5季目となる岡山の影山監督の采配は以前と同じ采配で、「MF・DFが組織的に引いて守って、でも攻撃はFW数名の個人能力カウンターにおまかせ」でした。スーパーなFWがいればなかなか手ごわいのですが、FWの個人能力が並レベルであると何もできなくなってしまいます。のちに新潟でも湘南キラーとなる川又堅碁選手らが岡山のFWだったときは、湘南はやられてしまいました。

ただ、この試合での岡山のFWの個人能力は、J2の普通レベルでした。せめて組織的にカウンター攻撃ができればまた違うのではと思うのですが・・・。守備にさく組織力の一部を攻撃に回すことは出来ないのでしょうか。

岡山が「MF・DFが組織的に引いて守る」上で、対戦する湘南は「なるべく前でFWがボールを奪う」なので、必然的に岡山側のペナルティエリア付近での攻防が多く、このため湘南のシュートがどんどん増えていきました(湘南26本-岡山5本)。相手守備の人数が多いのでそうそう湘南のシュートは入らないのですが、岡山のサポーターにとっては気の毒な試合展開でした。

前半は0対0で折り返しましたが、後半にコーナーキックからのFWウェリントン選手のヘッドを相手GKがこぼし、それをDF遠藤航選手が押し込んで、先制をしました。さらにMF菊池大介選手もゴールをあげて、湘南が勝利しました

湘南 2-0 岡山

岡山の戦術は、2013年夏以降の甲府が採用してるものに似ており、来年甲府と対戦することを考えれば、攻守にもっと精度の高いプレーでこの日の岡山を圧倒しなければ、クラブ初の開幕6連勝ですが、厳しいかなあと思いました

また、土曜日の晴れの日の試合で観客動員が7,117人というのが問題です。J1昇格のための問題というよりも、スタジアム改修の要望を出すうえで、少ないです。要望の提出先は財力のある藤沢市や厚木市ではなく、毎年千人人口が減っていることに違和感がないほど問題が多い平塚市(地方交付税交付団体)に対してなので、もっと頑張る必要があると思います。

ファジアーノ岡山は歴史は短いにもかかわらず早くも湘南並みの予算がある(施設については湘南以上)驚異的なクラブなのですが、ここからJFLのファジアーノ岡山ネクストにも予算を使わなければいけないため、戦力が劣っていると思います。セカンドチーム活用法はドイツなどが有名ですが、おかげでドイツでは東ドイツのクラブが西ドイツのセカンドチームに勝てず上位リーグに上がれないという深刻な問題があります。日本に置き換えれば、「マリノス・柏・流通経済大あたりのセカンドチームに勝てないため、東北・四国・九州のクラブがJ2に上がれない」ということが起こりそうなので、移籍ルールの変更でセカンドチームに制約をつけたと思います。これはしょうがないと思いますが、岡山的にはあてが外れたのではないでしょうか。

次節はオイラだけ今季もっとも近い試合会場になる、4月13日(日)17時キックオフの、フクダ電子アリーナでのジェフユナイテッド市原千葉戦です

今年はちばぎんカップを観たのですが、どうやらそのままシーズンを戦っているようで、そのとき目に付いた問題が、千葉には残っているかもしれません

基本的にFWケンペス選手だけのクラブなので、「ケンペス選手へのクロス」ばっかり。

左サイドバックと右サイドバックの力量差が大きいので、「左ばっかり攻撃」となり、柏の右MF髙山薫選手が目立てなかった。

30歳前後の推定年俸1,000万円越え複数選手が動けなくなっていて、明らかに足を引っ張っているが、(以前大量移籍があったので切れない)←カッコ内は推測。

(彼らがどかないため、若手は有名であるほど千葉のオファーを受けない)←カッコ内は推測。

町田選手への期待が過剰。

といったところに気がつきました。これが改善されているかを観てみたいところです。

雉だけでなく、犬にも勝ちましょう(猿はちょっと先ですね)。

4月19日(土)13時キックオフで、Shonan BMW スタジアム平塚でのノジマステラ神奈川相模原戦があるそうです(チャレンジリーグ 日本体育大学戦)。元ベルマーレ監督の菅野監督の試合なので、オイラは翌日の大分戦ともども行けませんが、よろしくお願いいたします。

|

« 東名伊勢原バス停 | トップページ | 鳥仲商店 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2014-2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/55640307

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2014 第6節 湘南vs岡山 戦 :

» マー君MLB初登板初勝利&ベルマーレ開幕6連勝など4月5日(日本時間)の野球&サッカーの件 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
まずは、(日本時間では)午前中のU-17女子サッカーワールドカップでの日本代表優勝とヤンキース田中将大投手のメジャーリーグ初登板初勝利(+日米通算100勝達成)の件。 産経新聞号外 pic.twitter.com/Zay8XP70q5mdash; ちゃれんじ (@charenji) 2014, 4月 5これら…... [続きを読む]

受信: 2014年4月 9日 (水) 05時19分

« 東名伊勢原バス停 | トップページ | 鳥仲商店 »