« J2 2014 第2節 長崎vs湘南 戦 | トップページ | J2 2014 第3節 湘南vs札幌 戦 »

地獄のらーめん 炎天夏

<追記>2015年に閉店しました。

こんばんは、以前にも書きましたが、本厚木駅などにあるホームタウン内の大型ヴィジョンに湘南ベルマーレ戦のダイジェストを放送してもらえないかなあと思う、チャリ通です。

平塚駅北口ロータリーに10年前からある映像装置なんて、レイソル戦を生放送する東武柏駅南口の液晶テレビ群の数倍はおカネがかかっていると思うのですが、神奈川県なのに早くも毎年千人人口が減ってしまっている平塚市役所が得意とする「無駄づかい」なので、存在は知っていても、放映内容は知らない人がいそうですよね・・・。ホームスタジアムがある市がホームタウン内でワーストクラスにショボいというのは、しんどいです。藤沢市民や厚木市民は「LCCに乗るのに朝早すぎてしんどすぎる」という話題がありますが、平塚市民はそれすら話題にできないし・・・。オイラが生まれたころの平塚にとって、茅ヶ崎・厚木・海老名は格下だったらしいですけど、平塚はそれからあまりにも進歩しなさすぎで、「実は平塚だけ昭和89年なのでは?」と思う時もあります。誰もが毎年1歳年をとる以上、「人の入れ替わりがない現状維持は退化」です。同じ人が仕切るなら、ちょっと進化をしてようやく「ボチボチ」と言えます。

そんな平塚駅前なのに、昨年新しいラーメン店ができたということで、山形戦の前に「地獄のらーめん 炎天夏」(じごくのらーめん えんてんか)に行きました。長崎戦の記事のあとになってしまって、申し訳ございません。ホームページは特にございませんので、「ラーメン大好き・特に家系。」の記事を参考にしてください(ごっちさんは辛いものがダメなので・・・)。JR平塚駅西口の北出口に近いのですが、平塚市総合公園への通りから少しだけ外れます。

大変きちんとした接客をする店主に迎えられて席に着きますと、缶ジュース(ミネラルウォーター、烏龍茶、サイダーなど)を1本無料サービスしてくれます(アルコールは有料)。実はこのお店は冷水器がないための対応ですので、ご注意ください。

「地獄らーめん」が看板商品なのですが、横浜家系ラーメンのスープと具に、辛味噌・唐辛子・もやしを入れたものとなります。ライスにもあいます。オイラは「ちょっと辛いかなあ」という程度でしたが、オイラは「辛いのに強いほう」という評価を受けておりますので、そのつもりでお願いいたします。ここで思い出していただきたいのは「このお店は冷水器がない」ということなので、地獄らーめんを食べる前に缶ジュースを飲みすぎないようにしてください

普通のラーメンも頼めますが、これは完全に醤油豚骨の横浜家系ラーメンのようです。

なかなかおいしかったです。千葉県にも横浜家系ラーメンのお店はあるのですが、これらのお店の多くが、神奈川県に来たら数十日で閉店に追い込まれそうなレベルのものばかりなのですよね・・・。

本日は東日本大震災からちょうど3年となりましたが、できる範囲で頑張りましょう。

★★

|

« J2 2014 第2節 長崎vs湘南 戦 | トップページ | J2 2014 第3節 湘南vs札幌 戦 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄のらーめん 炎天夏:

« J2 2014 第2節 長崎vs湘南 戦 | トップページ | J2 2014 第3節 湘南vs札幌 戦 »