« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

東名厚木バス停

こんばんは、前回の記事で同じ曲のこちらこちらに触れましたが、同じ歌詞なのに、プロモーションビデオや曲以外の言動から、前者は「東海岸からサンフランシスコを褒めたたえる(ゲイで有名な街を褒めたたえる)」、後者は「東欧から西へ行こう(ベルリンの壁崩壊直後の曲)」という「含み」を持たせており、言葉だけではダメだなあと思わせられた、チャリ通です。「ニュージャージー」を「チバラキ」と訳せるくらい、精進しないといけませんね。

平均して月に2泊ほど厚木に帰省しているのですが、前回の帰省で、高速バスで帰ってみました。鉄道ルートは今更説明する必要はありませんが、高速バスでの方法は利用された人は少ないと思いますので、記事化してみます。

本厚木駅からは、羽田空港・成田空港行きバスのほかに、夜行の岩手・奈良・京都・大阪行きバスが発着しておりますが、東名高速道路まで足を延ばすと、「東名厚木バス停」から高速バスに乗ることができます

東名厚木バス停 (ジェイアール関東バス)

JRバスが東京駅八重洲口から昼行の静岡・愛知・京都・大阪行きのバスを停車させており、小田急箱根高速バスが新宿駅西口から御殿場を経由して箱根や伊豆へ行くバスを停車させております

東京駅八重洲口や新宿駅西口では売場で切符を買う必要がありますが、途中のバス停では乗降時に支払えばOKです。

2014年4月からの「東京駅八重洲口-東名厚木バス停」間の料金は大人片道890円です。確実に座れて、トイレが付いておりますので、一応「小田急ロマンスカー」や「JR東海道本線のグリーン車」とかとは対抗できそうです

ただし自動車ですので、道路交通状況次第で遅れる場合があり、この点では鉄道に勝てませんので、ご注意ください(首都高の大橋ジャンクションや、東名の大和トンネル‐綾瀬バス停間あたりが渋滞で有名)。

また、高速道路の外とバス停への出入りに改札はなく、動物除けのドアを開けば出入り自由です・・・、とだけ書いておきます。

東名厚木バス停から厚木市内への移動としては、徒歩5分のところにあるグランドオータ厚木店付近に、神奈中バス「仲田」バス停があり、ここから本厚木駅に行くことができますが、このバス停は東名厚木バス停よりも本数が少ない(1時間に2~4本)のでご注意ください(県道603号は倉庫や工場が多いのですが、これらは送迎バスで出勤するので、実は路線バスのニーズがない)。

東名厚木バス停から鉄道駅に行くには、本厚木駅に向かうのではなく、約15分歩いて愛甲石田駅へのほうがよいと思います。「とにかく東京方面に向かって歩き、国道246号まで来たら伊勢原方面へ歩く」で行けます。詳しくは「八草きよぴ(kiyop)非公式モリゾー愛ブログ」の記事東名厚木バス停→愛甲石田駅愛甲石田駅→東名厚木バス停)を参考にしてください。

上り方面バス停のところに、厚木市営の無料駐車場と、路線バスのバス停跡(駐輪場と化している)があります。利用率は高いです。

このブログは湘南ベルマーレの応援について書いておりますが、平塚市総合公園に行く場合は、東名厚木バス停よりも、隣の東名伊勢原バス停(ここから神奈中バス「〆引」→「伊勢原駅北口」、駅をはさんで神奈中バス「伊勢原駅南口」→「共済病院・総合公園西」と移動)を利用するほうが良い場合があります。後日記事化するつもりです。

本厚木駅が安くて便利なので、あえて高速バスに乗る必要はないのですが、例えば災害で電車が止まってしまったですとか、たまには変わった方法で行きたいですとか、静岡県各地から平塚市総合公園に行くことには選択肢になるかもしれません。頭の片隅に入れておいていただければ幸いです。JFLのアスルクラロ沼津が試合をする愛鷹広域公園多目的競技場への移動は、このバスがいいのかもしれませんし・・・。

先日、東京駅八重洲口からのバスに乗って思ったことは、

「東名向ヶ丘」を「とうめいむかいがおか」と正しい地名で読む(国鉄が「あきはばら」と読んだように、小田急は「むこうがおか」と読ませて定着させてしまっている)

鉄道駅がない綾瀬市は、「東名綾瀬」バス停を「駅」のように取り扱って開発すればいいのに・・・(東名厚木→東名綾瀬のバス料金は170円)

と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J2 2014 第4節 岐阜vs湘南 戦

こんばんは、ソチオリンピックは、フィギュアスケート男子選手の使用曲をゴーストライターが作曲したということが直前に露見し、閉幕を待っていたと思われるウクライナの政変によってロシアが介入して領土が変わりそうだったりと、「トラブル」の印象が強かった、チャリ通です。

クリミア半島は大昔から支配していた民族が入れ替わり続けており、「地続きの国は大変だなあ」と思わずにはいられません。誰が正しいかはわかりませんよ。たぶん、岐阜で「岐阜は斎藤道三の街」と主張するか、「岐阜は織田信長の街」と主張するか意見が分かれるのと同じレベルで、クリミア領有の権利を皆が主張するのでしょうね。ちなみに「道三も信長も美濃出身ではないので、どちらも岐阜の侵略者」が正解だと、個人的には思います(金の信長像が駅前にありますが・・・)。

毎年2月に遠征計画をたてるのですが、今年は3月と4月に全体の半分の遠征が入る日程でしんどかったのですが、今年は久しぶりに巨大な岐阜都ホテルを借景とする、岐阜メモリアルセンター長良川競技場のある西へ行きました

中学英語のみの曲であるこっちとかこっちがくると思われたでしょうが、そうはいきません。オイラはギリギリこの人形劇を見ていない世代なのですが、本編は正直リアルタイム世代がうらやましい内容でした

初めて岐阜メモリアルセンターに行ったときは国民体育大会開催前で、駅前とか岐阜メモリアルセンターが工事しまくっておりましたが、それらの工事も完了し、路面電車の跡地に本厚木や湘南台と同じ連接バスが走る「これが国体効果だ!」を見せつけた街になりました。平地が多く、旧市街を持つ点では、岐阜と平塚は似ていると思うのですが、これを平塚がまねることはできなさそうで、残念です。

FC岐阜は地元出身の資産家がオーナーに就任し、莫大な投資で生まれ変わりました。債務を返済し、「Jリーグカレーを食べたまさお」監督が就任し、三都主・川口・難波・髙地選手などベテラン選手を補強しております。ベルマーレ的にはユース出身の美尾敦選手にがんばってほしいです。

風はあるものの晴天の中キックオフなのですが、平塚市と姉妹都市の高山市ホームタウンデーだったこの試合、ぱっとみて「お客さんが多い」と思いました。7,222人も入っておりました。有名選手が入団して、2連勝からスタートしただけあります。これを維持できれば、経営の心配もないのでしょうか。以前の訪問の際はここでは1,000円のシールを購入していたので、感慨深いものがあります。

正直、補強はベテランが多かったので、「まあ何とかなるだろう」と思っておりました。しかし実際の岐阜のサッカーは「ギラヴァンツの三浦泰年監督」のサッカーに近く、「ベテランが球際を詰めてくる手本を示すサッカー」でした。当時のギラヴァンツほどではないにせよ、それなりに掴んだり、削ったりもあったりなのですが、必死になって球際を詰めることはある程度必要です。運悪くベルマーレは前節にその意識に欠けるコンサドーレ札幌と対戦をしたので、余計に苦戦をしました。GK川口能活選手にもいいシュートをはじかれましたし・・・。

FWウェリントン選手のヘッドと、MF永木亮太選手のシュートで2点を挙げるのですが、カウンターで岐阜のコロンビア人FWナザリト選手に、終了間際に1点を返されます。大型のナザリト選手は、素早いダッシュと、的確な体の入れ方、冷静なシュートで、カウンターサッカーに大変適した選手だと思いました。夏にはJ1や中東からオファーが来そうで、岐阜の強さを納得しました。

攻撃方向が変わった後半も、MF藤田征也選手の折り返しをDF三竿雄斗選手が押し込んで引き離しましたが、わざわざナザリト選手が反対側のゴールで前半のシュートを再現したプレーで1点を返されてしまいました。しかしギリギリ勝利をすることができました。

岐阜 2-3 湘南

三竿選手の得点は典型的な湘南のサッカーである「DFがFWを追い抜いて攻撃し、FWがDFの後ろをカバーする」を体現したもので、新人の三竿選手が湘南スタイルに順応しつつあることを表しておりました。ゴールデンウイークと夏休み期間に岐阜のベテランが活躍できるかはわかりませんが、現時点では中位くらいはいけそうなチーム力だと思います。いままで成績が悪かったところが中位に行けば、お客さんにとってだいぶ印象が変わると思いますので、岐阜も人気が出ればいいなあと思いました。4月発売のLAUNDRYの監督Tシャツ、売れるといいですね。

ベルマーレは次節もアウェイとなる、松本山雅FC戦です(3月30日(日)13時キックオフ)。反町監督や岩上・野澤選手がおり(元ベルマーレのスタッフは多数)、たった4試合ですが一応1位と2位の対戦です。しかしオイラは所用で行けませんので、消費税増税前最後の松本に行かれる方はよろしくお願いいたします。

その次はShonan BMW スタジアム平塚で、4月5日(土)16時キックオフのファジアーノ岡山戦です。このタイミングで桜が咲いていればいいのですが、ちょっとわかりません。鎌田翔雅選手が所属していますが、出場できない契約です。

優勝を狙うことを考えれば、負けと引き分けの合計を「10」くらいに抑えたいので、1試合でも長く連勝を続けたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ベルマーレ 2014

公式サイト:http://www.bellmare.co.jp/
昨年順位:J1 16位
本拠地:Shonan BMW スタジアム平塚
監督:曺貴裁
サプライヤー:PENALTY

今季の対戦予定
-

バスツアー・旅行会社特別キャンペーン以外での推奨移動手段(東京発)
JR東海道本線(休日おでかけパス対応)

湘南ホームタウンの名物:生しらす(相模湾沿いで春から秋にかけて)、ラオシャンタンメン(平塚市)、大黒庵ドンパリラーメン(平塚市)、たこせんべい(江ノ島)、豚漬(厚木市など)、厚木シロコロ(厚木市)、鮎(相模川・酒匂川)、大山豆腐(伊勢原市)、かまぼこ・干物・おでん(小田原市)、鯵の押し寿司(JR東海道本線駅弁)

平塚市の観光地:湘南平、湘南テアトロ☆デラルテ、湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonanzouen、平塚競輪場、バッティングパレス相石・平塚球場(横浜DeNAベイスターズ二軍)、ベルマーレワンダーランド(2月)、湘南ひらつか七夕まつり(7月)、湘南ひらつか囲碁祭り(10月)

湘南ホームタウンの観光地:江ノ島、大山、小田原城、劇団扉座厚木公演、観光地引網(平塚市を除く相模湾)

もうすでに開幕してしまいましたが、今年も湘南ベルマーレについてまとめてみます。

クラブの歴史は公式ホームページのほうにありますが、栃木県の那須ハイランドパークから1975年に平塚市に移転をし、1994年に当時のJリーグに昇格。1999年までの6シーズンの間1部リーグ(現在のJ1)に所属してこの間天皇杯やアジア・カップウィナーズカップ選手権に優勝しました。1998年には中田英寿・小島伸幸・呂比須ワグナー・洪明甫選手がワールドカップに出場しました。しかし1999年にフジタが経営から撤退し、クラブの新規立ち上げに近い状態で2000年よりJ2で戦いました。そして2010年になってようやくJ1の舞台に帰ってきましたが、2011年と2012年はまたJ2、会社設立20周年だった2013年はJ1に昇格しましたが、2014年はJ2と、いわゆるエレベータークラブとなっております。おカネは持っていません!

おそらく現役Jリーグ監督では、OBの反町康治前監督(清水東高→慶大、現松本山雅監督)と並んで高卒時の偏差値が高かったと思われる曺貴裁監督(洛北高→早大)の采配は、3バックでショートカウンター狙いのサッカーです。FWも守り、DFも攻めます

ベルマーレユース出身のうち、MF菊池大介選手・DF古林将太選手・DF遠藤航選手といったところは23歳以下ですが、3人ともトップチーム歴5年目以上(特に菊池選手はトップチーム8年目)で、下手な大卒選手より経験を積んでおります。
遠藤選手とともにDF亀川諒史選手やFW宮市剛選手などが世代別日本代表を目指し、
川崎ユース出身のMF永木亮太選手(主将)が後方からゴールを狙い、
ユニバーシアード日本代表の主力だったDF菊地俊介選手や昨年は特別指定選手で出場したDF三竿雄斗選手が湘南スタイルで守り、
FWウェリントン選手とMFエデル選手が攻守の要で、
FW武富孝介選手・DF丸山祐市選手・MF藤田征也選手・FW岡田翔平選手などの期限付き移籍選手も期待されるクラブです。

ホームスタジアムで平塚市総合公園内にある平塚競技場は、2012年3月よりShonan BMW スタジアム平塚という名称になりました。2010年はセレッソ大阪だけが大型ヴィジョンを体験できましたが、基本的にベルマーレ平塚時代の施設のままです。

最寄駅はJR平塚駅になります。有料シャトルバスか、徒歩20分(歩道にキングベルⅠ世のタイルが貼られている)か、駅からレンタサイクルになります。結構「駅から徒歩組」は多く、キックオフ1時間くらい前までに駅北口をフラついていれば観客らしき人がいるので、ついていけばよいと思います。国内最大級の路線バス会社である神奈川中央交通は、土日休日に限り神奈川中央交通の通勤通学定期券所有者は現金限定100円土日休日に限り子供料金が現金限定で50円ですので、湘南ベルマーレ戦にお越しの方はご利用をご検討ください。小田急線伊勢原駅からも路線バスがございます。変わったところでは、東名厚木バス停で高速バスを降り、ここから小田急線愛甲石田駅まで歩き、さらに伊勢原駅で上記の路線バスを乗り換えて平塚へ行く方法もあります。

県外からクルマで向かう場合は東名厚木ICから国道129号を南下すると到着します。小田原厚木道路に平塚ICがありますがここからですと遠いです。2014年6月から圏央道が東名・中央・関越道をつなぐため、ベルマーレの前橋遠征(7月5日)以降と、カターレ富山以降の平塚遠征(7月26日)には、恩恵があると思います。2014年度末には寒川南ICが最寄りICとなります。

駐車場は無料で、平塚市総合公園内、平塚警察署隣駐車場、浅間緑地(平塚市中央公民館北)などが状況によって開かれますが、特に平塚市総合公園内は駐車場が不足しておりますのでなるべく利用しない方向でお願いいただきたいところです駐輪スペースは公園内にたくさんございますので、チャリ通はおすすめです。

バス・タクシー依存地域のわりには平塚駅前ロータリーが狭いため、平塚駅から定期発着の長距離バスは発着しておりません(藤沢駅・横浜駅に電車移動してください)。裏技的には総合公園バス停から田村車庫へバス移動し、ここから空港バスで羽田空港に移動する方法があります(もちろん羽田空港から田村車庫に行くことも可能です)が、オイラは田村車庫のバスは利用したことがないので、責任はとれません。

残念ながら現在の平塚市最大の繁華街は平塚駅北口ではありません。上記の田村車庫がある平塚市田村が一番の繁華街となってしまっております。以前「ナイトゲーム終了後に平塚駅に向かって歩くと、およそプロスポーツもある街の21時とは思えないほど暗い」と言われたことがあり、確かにそうだと思います。今後アフターゲームの改善があればとは思います。

J2は基本的に日曜開催なのでその日はレンタサイクルを利用できないのですが、FIFAワールドカップ期間中を中心に今年は何試合か土曜日開催があります。常設グッズショップは梅屋ユーユー館1階にございます。

練習は主に馬入ふれあい公園サッカー場で行われております。主に河川敷の天然芝サッカー場で練習をしているため、夏以外は川からの風でかなり寒いので注意してください。選手は可能な範囲でサインや記念撮影に応じてくれます。平塚市総合公園も馬入ふれあい公園サッカー場も平塚駅からレンタサイクルでいける範囲内にあるといえますので、よろしかったらレンタサイクルもご利用ください。

試合観戦後の食事や観光については、よろしかったら当ブログの「平塚市」「厚木市」「小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡」「旧相模国」カテゴリーも参考にしてください。試合会場でも場外でフードパークが開催され、飲食面で好評を得ておりました。「ミシュランガイド東京・横浜・湘南」には湘南地区から掲載されたお店もあります。

ちなみに代表クラスの男女ビーチバレー選手はベルマーレ以外も含めてほぼ全員が平塚でも練習をしておりますが、土日に見つけるのは困難です。平日の試合のない時期にでも湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonanzouenに行ってください。

今年のスローガンは「決弾」だそうです。例年通り、オイラにはよくわかりません。ユニフォームはPENALTY(ウインスポーツ)の提供です。

スタジアムナビゲーターは、今年から三村ロンドさんと相澤香純さんです(彼らと音響スタッフと合わせて「ベルマーレ放送部」と呼ばれている)。三村ロンドさんはオイラの4倍以上アウェイにも観戦に行っておりますので、他クラブサポーター様も見かけたらひやかしに声をかけてあげてください。クラブのマスコットはスポーツ関係では珍しい高齢の男性であるキングベルⅠ世が起用されております。ありがたいことに試合前のミニライブをされたHAN-KUNさんをきっかけに湘南乃風がベルマーレに協力をしてくださっており、2014年は湘南乃風のグッズとコラボレーションされております。キックオフ前に流れるのは「SHOW TIME」です。2014年もベルマーレクイーンを採用しました

すぐそばに湯乃蔵ガーデンというスーパー銭湯がございます。雨天時や寒かったり暑かったりした時に何かと便利と思います。

おみやげは、

500円コース:Shonan BMW スタジアム平塚のそばで1回500円のガラポンがあり、末等が「ベルマーレクッキー500円)」などです。1等は選手着用ユニフォームやプラクティスシャツで、次節以降のホームゲームチケットなどもございますので、ぜひ挑戦してください。

その他:厚木市のサンクトガーレンオリジナルビールを販売しており、持ち帰り用瓶ビールもございます。

ようやくFM湘南ナパササイマル放送に対応したため、ホームゲームをインターネットラジオで、世界中どこでもライブで、無料で聴くことができるようになりました。また、日本時間木曜20時30分には「ベルマーレホルダースタジアム」が、同じく世界中どこでも聴けるようになりました。まずはここからお願いします。

J3リーグの福島ユナイテッドFC提携するかたちで、震災被災地の支援をしております。福島ユナイテッドFCもよろしくお願いいたします。

ベル12のブルー会員(3,000円)で会員になりますと、ペアチケットが提供されます。

1993年も、2009年も、2012年も、なぜかJ1昇格をアウェイで決めております(ついでにいえば天皇杯とアジアカップウィナーズカップも平塚ではない)。2014年はホームゲームでJ1昇格を決め、最終的にはJ2優勝をすることを目標に、選手もがんばっておりますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2 2014 第3節 湘南vs札幌 戦

こんばんは、正月まで東京ガスが「ガスの仮面」というCMをやっていて、演劇とバレエの違いはあれど、たぶん「ガラスの仮面」をイメージしたのだろうなあと思って調べてみたら、「ガラスの仮面」が中断を挟んでいたもののまだ連載中だったということで驚きを隠せない、チャリ通です。おいおい、オイラが生まれたころにスタートした少女マンガですよ・・・。同年代の「あさりちゃん」も今春までやっていた(こちらは中断なし)そうですが、「ガラスの仮面」については、よくあのドロドロとした話(いや、ちょっとしか読んでいないのですが・・・)を続けられるパワーがあるなあと思います。

続けるといえば、「笑っていいとも!」もあと少しで終わりということで、本日は現役総理大臣が出演とか、ものすごい追い風が吹いております。有終の美となればいいなあと思います

以上、「ベルマーレ戦は男子トイレのほうが並ぶ」という女性率の低さを、今年は何とかしないとなあという個人的な考えに基づいた、オープニングの話題でした。うーん、オバサマ向けかなあ・・・。昨年JCBがまとめてくれたような湘南スポットとかが似合うクラブにならないといけませんが、正直、藤沢・茅ヶ崎・厚木と比べて、平塚は「街を何とかしたい」という意気込みで負け続けた期間が長すぎて差ができてしまっているので、そこからなんとかしないとなあと思います。

その第一歩となるスタジアム改修について調査費の予算が出ました平塚市総合公園は周辺市に対する数少ないアドバンテージ(日本陸連会長を家業としているアノ家があったからこその陸上競技場)なので、なんとかしていただきたいと思います。

しかしここから先も大変です。古いサポーターは「市原臨海競技場(ゼットエーオリプリスタジアム)」を覚えていると思いますが、市原市は平塚市よりも人口も税収も多い(というより、90年代に既に伸び悩んでいた平塚市を追い抜いた自治体のひとつ)のに、あの程度のスタジアムしか造れませんでした。藤沢や厚木と比べて財力に難のある平塚には厳しい出費が予想されますので、いかに平塚のためになるかをアピールする必要が、むしろこれからあると思います

そんな2014年の3月、16日(日)16時キックオフで、コンサドーレ札幌戦がShonan BMW スタジアム平塚で開催されました。オイラは一瞬だけ豊平区に住んでおりましたので、コンサドーレ札幌にも頑張ってほしいと思います。山形を迎えた悪天候の開幕戦では、村井チェアマンU-21代表の手倉森監督を来賓に迎えましたが、ルーとチョビを来賓に迎えたこの試合は、花粉はともかく、天気が良かったです。

この日は「恋するフォーチュンクッキー ベルマーレバージョン」の完成発表がありました。半年以上前の曲ですし、現在「かなもえ」配布中神奈川県がやったやつは昨年のうちに発表されておりますし、ちょっと今更感がありましたが、本日開幕の選抜高校野球の入場行進曲ですから、ギリギリOKといったところでしょうか。知っている人が出ている映像は楽しいものです。なんにもしないよりは、何かやったほうがいいでしょう。

試合のほうは、「うん、J2の試合ですね」と思った内容でした。対戦相手のコンサドーレ札幌の各選手による「攻守の寄せ」が甘すぎでした(特にMF)。コンサドーレの攻守の寄せでは、とてもではないですがサガン鳥栖やヴァンフォーレ甲府に対抗できないと思います。ベルマーレにとっては、こういう相手に勝つだけではなく「J1だったら・・・」ということを想定して闘う必要があると思います。残念ながら河合竜二・砂川誠・前田俊介選手はJ1昇格したら出番がなくなるのではないかと思いました。

オイラはコンサドーレも気にしているのですが、昨年後半に若手を起用していたので今年は彼らの出番が増えると思いました。ところが今年のコンサドーレは「年齢の高い順に先発を組みました」というメンバーで、むしろ他のJ2クラブより年齢が高い人たちが試合に出ております。これは数年前の東京ヴェルディと同じ状態で、さらに都倉選手を補強して、古田選手が復帰し、数ヶ月後には小野伸二選手が入団します。現在の方針であるのであれば、若手をJ2下位かJ3あたりへの期限付き移籍させて試合に出させてあげないと、ヴェルディの二の舞になると思いますので、何とかしていただきたいです。コンサドーレが行っているユースへの多額の投資(たぶん岐阜のトップチームの選手より札幌ユースの選手ほうが、換算していればマイルが多いと思う)が無駄になってしまいます。湘南の選手として藤田征也選手がこの試合に出場しましたが、彼や一緒に移籍した札幌ユースOBは3年目くらいまでに主力選手になっているのですが、今の若手FW・MFはちょっと怪しいです。

前半にDF遠藤航選手のクロスをFWウェリントン選手が押し込んで先制をしました。ハーフタイムに菊地・菊池・大槻選手がバレンタインデー企画の映像に登場し、大槻選手がゴールを決めると言って逃げたのですが、後半にそのFW大槻周平選手がゴールを決めて、有言実行を達成しました。まあオフサイドっぽいですが、ゴールはゴールです。

大槻選手がゴールを決めたおかげで、中村祐也選手の試運転の機運が高まりました。そしてウェリントン選手に代わって中村祐也選手もアキレス腱断裂から約2年ぶりの出場を果たしました。おめでとうございます。実は当ブログを開設した年に浦和から入団したのが中村祐也選手で、途中で期限付き移籍をしている菊池大介選手らを除くと、この中村祐也選手だけがここまでの全期間でベルマーレに所属している選手なのです。残念ながら怪我で出場試合数は多くないのですが、がんばっていただきたいものです。当初は中盤の底で起用されていて、守備が出来ないために全くダメでしたが、FWにコンバートされて才能が開花した経歴も、今では懐かしいです。もともと大したフィジカルはないのですが、ボールを受けるのが非常に巧いため、そのあとのシュートやパスを的確に撃つことができます。今もこの技術を行使できる体調なら、今のベルマーレにとっても戦力になると思います。

湘南 2-0 札幌

おそらくわざわざパソコンでJ2順位表のホームページを見て、Print Screen キーで画面キャプチャーをしてファイル化していたと思われるFC岐阜関係者には申し訳ございませんでしたが、湘南ベルマーレが首位に立ちました。まあベルマーレ的には今1位であることは重要ではありません。

次節はアウェイで、そのFC岐阜と対戦です。J1がナビスコカップをやっていた関係で、土曜日開催なのでご注意ください(今年のJ2は土曜開催が多めです)。FC岐阜は地元出身の実業家がオーナーに就任したことをきっかけに、かなり資金を持ったクラブに変貌しました。岐阜には2012年の前回の長良川球技メドウでの対戦で敗れておりますので、今回はベルマーレのほうが挑戦する立場です。ラモス監督が就任し、三都主・川口選手など選手を補強し、ベルマーレ戦ではマスコットも補強したそうです。がんばりましょう。この試合は平塚市と姉妹都市の高山市のホームタウンデーだそうです

日曜・祝日は働かない平塚市のレンタサイクルよりも、岐阜のレンタサイクルは安くて便利なので、鉄道や高速バスでの遠征の方は利用をご検討ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

地獄のらーめん 炎天夏

<追記>2015年に閉店しました。

こんばんは、以前にも書きましたが、本厚木駅などにあるホームタウン内の大型ヴィジョンに湘南ベルマーレ戦のダイジェストを放送してもらえないかなあと思う、チャリ通です。

平塚駅北口ロータリーに10年前からある映像装置なんて、レイソル戦を生放送する東武柏駅南口の液晶テレビ群の数倍はおカネがかかっていると思うのですが、神奈川県なのに早くも毎年千人人口が減ってしまっている平塚市役所が得意とする「無駄づかい」なので、存在は知っていても、放映内容は知らない人がいそうですよね・・・。ホームスタジアムがある市がホームタウン内でワーストクラスにショボいというのは、しんどいです。藤沢市民や厚木市民は「LCCに乗るのに朝早すぎてしんどすぎる」という話題がありますが、平塚市民はそれすら話題にできないし・・・。オイラが生まれたころの平塚にとって、茅ヶ崎・厚木・海老名は格下だったらしいですけど、平塚はそれからあまりにも進歩しなさすぎで、「実は平塚だけ昭和89年なのでは?」と思う時もあります。誰もが毎年1歳年をとる以上、「人の入れ替わりがない現状維持は退化」です。同じ人が仕切るなら、ちょっと進化をしてようやく「ボチボチ」と言えます。

そんな平塚駅前なのに、昨年新しいラーメン店ができたということで、山形戦の前に「地獄のらーめん 炎天夏」(じごくのらーめん えんてんか)に行きました。長崎戦の記事のあとになってしまって、申し訳ございません。ホームページは特にございませんので、「ラーメン大好き・特に家系。」の記事を参考にしてください(ごっちさんは辛いものがダメなので・・・)。JR平塚駅西口の北出口に近いのですが、平塚市総合公園への通りから少しだけ外れます。

大変きちんとした接客をする店主に迎えられて席に着きますと、缶ジュース(ミネラルウォーター、烏龍茶、サイダーなど)を1本無料サービスしてくれます(アルコールは有料)。実はこのお店は冷水器がないための対応ですので、ご注意ください。

「地獄らーめん」が看板商品なのですが、横浜家系ラーメンのスープと具に、辛味噌・唐辛子・もやしを入れたものとなります。ライスにもあいます。オイラは「ちょっと辛いかなあ」という程度でしたが、オイラは「辛いのに強いほう」という評価を受けておりますので、そのつもりでお願いいたします。ここで思い出していただきたいのは「このお店は冷水器がない」ということなので、地獄らーめんを食べる前に缶ジュースを飲みすぎないようにしてください

普通のラーメンも頼めますが、これは完全に醤油豚骨の横浜家系ラーメンのようです。

なかなかおいしかったです。千葉県にも横浜家系ラーメンのお店はあるのですが、これらのお店の多くが、神奈川県に来たら数十日で閉店に追い込まれそうなレベルのものばかりなのですよね・・・。

本日は東日本大震災からちょうど3年となりましたが、できる範囲で頑張りましょう。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2 2014 第2節 長崎vs湘南 戦

こんばんは、長崎市内を歩いていて、向こうからやってきたバスに掲げられていた終点「女の都団地」が気になった、チャリ通です。団地妻が全員セントフォースやオスカープロモーションの女性ならオイラも住んでみたいところですが、Wikipediaによると平家が落ち延びたところらしいですね。そのバスは女性専用車ではなかったです。

国内外を問わず、行ってみて初めて気がつくところがあり、特に幕末が絡む小説やマンガを読む前後に、坂本龍馬とか西郷隆盛とかのゆかりの地に行くと、「ああ、この位置関係で、こうなるのか」と、内容理解が深まります。あと、オイラを含む長崎に住んでいない人にとっては、広島は原爆で過去の史跡が消滅したのに、なぜ長崎にはグラバー邸、大浦天主堂、眼鏡橋などが残っているのかと不思議に思うのですが、「市の中心部に原爆を落とそうとしたのを、しくじって郊外の浦上に落としたために、江戸時代の史跡が残っている」というのが、実際に行くことでわかります。出島や賑橋に落ちていたら被害者は数倍だったでしょうね・・・。

3月9日(日)は、V・ファーレン長崎戦に行っておりました。さすがに遠いので九州遠征をするベルマーレサポーターは少ないのですが、この長崎戦は「九州遠征のわりには」たくさんベルマーレサポーターが駆けつけており、驚きました。一番驚いたのは、朝の東京でシューイチのナレーションをしていたと思われる三村ロンドさんが「13時の諫早にいた」ことです。伝統的に山陰・山陽・四国・九州の試合会場を苦手とするベルマーレの激励になればいいなあと思いました。

2年前にたまたま観た長崎戦は長崎市の山頂にある「かきどまり陸上競技場」(でも「龍馬伝のテーマ」を流すことは変わらず)でしたが、今回は2013年に2014年の国民体育大会用に新設された「長崎県立総合運動公園陸上競技場」でしたので、初めての会場でした。長崎市ではなく電車で30分ほどの諫早市にあります。佐賀市から長崎にはいると、この諫早で「長崎方面」と「島原方面」が分岐するので、交通の要衝だったそうです。

あらかじめ諫早駅から諫早バスターミナル(徒歩5分くらい)に歩けばバスがあることを知っていたので問題ございませんでしたが、諫早駅にV・ファーレン長崎の表示があっても、試合会場アクセス方法の説明がないので、困った人は多いのではないかなあと思いました

この日2番目に驚いたのが、陸上競技場の手前に「内村記念アリーナ」があったことです。珍しい「昭和64年生まれ」である体操の内村航平選手が諫早中出身であるためだそうですが、当時24歳で自分の名前を冠した体育館が出来るなんて、すごすぎます(ここも国民体育大会会場)。

長崎県立総合運動公園陸上競技場は、「フクダ電子アリーナの中に陸上トラックを付け加えました」というような、9レーン、電光掲示板、夜間照明、サブグラウンドを持つ、素晴らしい陸上競技場でした。ただし山間にあるためか、風がすごく寒かったです。明治以来、三菱の企業城下町でありつづける長崎ですから、やはりオーロラビジョン(長崎の三菱電機が作成したものの商標で、東京ドーム・阪神甲子園球場・中山競馬場なども採用)なのでしょうか・・・。国民体育大会も成功するといいですね。

両チームのメンバー発表では、どちらにも「ナカムラユウヤ」選手がベンチ入りしておりました。1歳年上であるこっちの中村祐也選手は、右アキレス腱断裂で2013年は出場0試合だったために2012年以来のベンチ登録でしたので、名前が呼ばれた時には拍手がおこりました(ただしこの試合の出場はなかった)。長崎には元ベルマーレの山口貴弘・石神直哉選手が所属しておりますが、山口選手は契約の関係でベンチ外、石神選手もベンチ外でした。

というか、あちらの高木琢也監督と中村有コーチがフジタ出身なのでOBなのですよね。高木監督は常に「前年より順位が落とす」という成績の監督なので、今年は地元で絶対にそれを払拭するべく、必死なはずですが、補強は失敗しているように見えます。長崎のユニフォームは高木監督と親密なヒュンメルに変わってました。第2回Jリーグマスコット総選挙優勝のヴィヴィくんかわいいですね。

どうも高木監督というと横浜FC・東京ヴェルディ時代(ただしヴェルディ時代はチームが飲み込めず)の「ひきこもりサッカー」のイメージが強いのですが、長崎ではひきこもりではなく、大分の田坂監督のサッカーに似た運動量で守るスタイルでした。反町監督や曺監督のサッカーも参考にしていそうです(となると、上記の監督の期待に全く答えられなかった石神選手をなぜ獲得したのか、謎)。とりあえず「小松塁選手がデカい」という印象をまた受けましたが、以前のクラブ所属時と同様に「デカい」しか印象に残らず、苦戦が予想されます。

0対0で進行しましたが、前半終了間際にGKのこぼれ球から宇佐美宏和選手、後半終了間際にもGKのこぼれ球から武富孝介選手、さらに丸山祐市選手がフリーキックを決めて、ベルマーレが勝ちました

長崎 0-3 湘南

伝統的に山陰・山陽・四国・九州の試合会場を苦手とするベルマーレにとって、J2最西端の試合会場で勝てたのは大きいです。今年はラストふたつの遠征が北九州と大分なので、秋にもこんな感じでいきたいところですが、今年は既に北海道と九州に行ったので、予算的にオイラの九州遠征は無理です(遠方に何度もいけるサポーターはすごいなあ・・・)。

途中出場の島村毅選手と大槻周平選手は、おそらく先発選手よりも守備をしろという指示で投入されたと思いますが、腐らずにしっかりと役割を果たしたと思います。また数分だけですが藤田征也選手を試運転させることができました。先制点の宇佐美宏和選手にとっては古林選手の離脱はチャンスなので、必死に頑張っています。

長崎は今年の国体の次は、将来の長崎新幹線の必要性アピールで、まだ需要が増えると思います。ベルマーレを邪魔しない程度にがんばってください。あと、この試合のマッチデープログラムで、対戦相手のベルマーレの成績を低く書いたのはわざとでしょうか?。他クラブに対してはやらないようにしてください。

地方空港だと、選手もサポーターも同じ羽田便で帰るのね・・・。あと田村雄三テクニカルディレクターも遠征に帯同するのね・・・。テクニカルディレクターという役職は、どのような仕事なのかよくわかりません。

今週末は3月16日(日)16時キックオフで、Shonan BMW スタジアム平塚にてコンサドーレ札幌戦です(平塚市民デー)。小野伸二選手はまだ入団していないので来ませんが、ここのクラブの中心はベテランではなく若手選手です。多額な予算(ほとんどが本州への遠征費、冬対策、寮を含めた宿泊費なので、セレッソ・マリノス・柏・広島あたりのユースと比べると恵まれてはいない)をかけてユースを育成しています。ベルマーレの選手とは似た年齢層の対戦になると思いますので、負けられません。こっちが藤田選手を登録したと思ったらあちらは都倉選手を登録しているとか、先月までは考えられなかったなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

J2 2014 第1節 湘南vs山形 戦

おはようございます、先日鶴屋八幡の「いただき」をいただきました、チャリ通です。オイラが世代的に「おぼっちゃまくん」を観ていたうえで、こういう話題にも乗ってくるだろうということで、作中に登場する「いたらき」のモデルとなっているらしいこちらを選ばれたそうです。京阪神と首都圏のデパ地下で結構取り扱われておりますが、肝心のオイラはすっかり忘れていて、「ああ、そういえば」と思いました。でも、こういう相手を想定しての提案はうれしいです。

あまり記事を書いておりませんで申し訳ございません。すでに2011年で隠居しているのでご勘弁ください。寝る前にこの記事を書いて、適当な時間にタイマーを設定しております・・・、長崎で!2年前に長崎に行って47都道府県訪問を達成して以来の長崎入りをしておりますが、前回と違って今回はベルマーレ戦のために来ております。「九州のわりには」という枕詞がつきますが、予想以上にベルマーレサポーターが長崎の観光地入りをしていて、驚いております(観光地ではないですが、そのサポーターの前を横切って気付かれなかったベルマーレの社長とも会いました)。今年のJ2ホームタウンで長崎より格上の観光地は京都と札幌だけで、飲食以外が弱い福岡とは同等なのではというくらい、長崎は観光資源が充実しているので、まあ当然かなあと思います。さすが修学旅行で人気の街です。当たり前ですが、これで量産型福山雅治さんや、量産型さだまさしさんであふれていたら、もっと集客していたのだろうなあと思います。それにしても新幹線の日本なのに、JR九州って、フランスのTGVとかドイツのICEそっくりの電車を使っているのね・・・。あちらにいたときを思い出しました。

オイラ自身は2年前の2泊3日で有名どころはひととおりまわったので、今回は初の軍艦島ツアーと2度目の稲佐山夜景だけ行っております。どちらもすごかったです。軍艦島(端島:オイラが生まれる前に無人島になっている)といえば廃墟で、廃墟といえばBee Geesのプロモーションビデオですが、味の素スタジアムにこの動画の赤シャツのひとではなく、志村けんさんが登場したそうですね。うらやましいです。

個人的には今年はベルマーレワンダーランドの裏で厚木市の姉妹都市である網走市(厚木には東京農業大学農学部、網走には東京農業大学生物産業学部があります)に行って、流氷観光砕氷船に乗っていたので、中2週間の冬の観光船も、対策はバッチリでした。オイラは茂木ビワゼリーをお土産に買いたいので、長崎入りされているベルマーレサポーターは、五三焼あたりにいって茂木ビワゼリーを残しておいてくれると助かります。

まあ、長崎戦の前に開幕の山形戦に触れないといけませんね。こちらにも行っていたので、軽く取り上げます。

2014年はホームのモンテディオ山形戦で開幕しました。どうしても寒冷地が「アウェイ開幕・ホーム最終戦」とされているせいか、ベルマーレは「ホーム開幕・アウェイ最終戦」にされがちです。でも「アウェイ開幕・ホーム最終戦」のほうが盛り上がるので残念です。それにしても、ベルマーレの開幕戦って、かなりの確率で横浜FCかモンテディオ山形のような気がします。年々平塚に来る人が減っている横浜FCサポーターよりもモンテディオ山形サポーターのほうが平塚に来てくれるので、山形のほうがいいです。

天気は最悪の「雨」でした。体温調整が下手な子供を連れていくのはしんどいです。雨が降らなかったら「スギ花粉」なので、3月の試合って集客が大変なのですよね・・・。しかしそんな悪条件にも関わらず、今年は7,234人を動員しました。ありがとうございました。

対戦相手のモンテディオ山形は、2014年から「公益社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会」から「株式会社モンテディオ山形」の運営となり、実績充分の石崎信弘監督が就任しました。ここ2年微妙でしたが、前監督が「引き出しのなさ」を露呈し続けていただけで、結構な戦力を有しているので、今年のモンテディオは要注意クラブだと、オイラは思っております

ただし寒冷地の山形は、毎年温暖地でキャンプをした最終日にアウェイで開幕戦を行い、そのあと山形に帰るというスケジュールなので、毎年開幕戦に力を出し切れておりません。よって今年のベルマーレの開幕戦がモンテディオだったことは、大変ラッキーだと思っておりました。アウェイで集団に気を使い続けたら、サッカーじゃなくたってしんどいですよ・・・。

ベルマーレ放送部の体制が変わり、セレッソ大阪のホームゲームがやっているようなコールアンドレスポンスが採用されました。セレッソが採用する前から欧州(特にドイツ)では一般的なのですが、ベルマーレではこの試合で初めてで、最初にしては良くできたのではと思いました。こういうのは続けることが大事なので、がんばりましょう。

メンバーをみると、主力中の主力であった古林将太選手がいません。おかしいなあと思っていたら、右膝前十字靭帯断裂の重傷でした。これはベルマーレにとってものすごく痛い離脱です。復活をお待ち申し上げます。

驚いたのは、直後に新潟から右サイドのスペシャリストである藤田征也選手を期限付き移籍で獲得したことです。2013年後半に先発落ちしていたものの、的確すぎます。湘南は新潟と練習試合をしたばかりでしたので、目を付けていたのでしょうか。がんばってください。

その他のメンバーも秋元・丸山・三竿・菊地選手と、新戦力が起用されておりました。

前半20分に梶川諒太選手のフリーキックをウェリントン選手が合わせて、ベルマーレが先制します。ところが前半終了間際に梶川諒太選手が2枚目のイエローカードで退場してベルマーレが劣勢になります

しかし、後半、平塚市総合公園に最も近い中学校である平塚市立江陽中学校出身である山形のロメロフランク選手も2枚目のイエローカードで退場になってしまいました。この試合に出場した選手の中で最もこの試合にかけていたと思われますので気の毒でしたが、これで勝負があったかなあと思います。審判のジャッジと秋元選手のミスキック連発は、天候のせいもあると思いました。ディエゴ選手などこの試合の山形の選手はまだ動きが微妙でした。

湘南 1-0 山形

放送部もトップチームもまだまだ改善の余地がありそうでしたが、開幕戦はとにかく勝利と無事な運営いう結果を出すことが大事なので、大変良かったと思います。今年もよろしくお願いいたします

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »