« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

第20回ちばぎんカップ 千葉vs柏 戦

こんばんは、カーリング女子日本代表の小笠原歩選手が、息子からもらったという「ガッツ星人(ウルトラセブンの怪獣)」が、松本山雅の「ガンズくん」に見えてしまう、チャリ通です。ガッツ星人はガンズくんの元ネタなのでしょうか?。

FIFAワールドカップイヤーは冬季オリンピック開催年でもあり、盛り上がりますね。スポーツだけでなく多かれ少なかれすべての職業にも言えますが、特に冬季オリンピックの競技は、その競技の盛んな場所に育たないと選手になれない(実際に北海道に住めばわかりますが、道内でも盛んな競技が地域ごとに全く違うので、例えばカーリングの街でスピードスケートとか、アイスホッケーの街でジャンプとか、バスケやバレーボールの街でスノーボードとかは、無理だったりします)ので、各競技の強化は難しいのだろうなあと思います。冬季オリンピックの種目は競技専用施設がないと絶対に出来ない競技ばかりなので、どうしてもこうなってしまうのです。それがわかっているからか、山瀬兄弟の父親(スキーの選手)はさっさと兄弟を道外に出しましたし・・・。

2月16日(日)は午後だけ空いたので、第20回ちばぎんカップを観にフクダ電子アリーナに行きました。ちばぎんカップには初めて行ったのですが、90分で決着がつかない場合はPK戦をやったり、ちゃんと賞金や優勝カップが出たり、チバテレで地上波生放送をしたりなど、プレシーズンマッチというよりもほぼ公式戦だったので、驚きました。この試合の12,254人の動員も納得です。高校生が雪かきをしたおかげで20回記念大会が中止にならなかったらしいです。ありがとうございました。

スタジアムグルメもリーグ戦並みに出店されていたのですが、タッパー持参で増量ということで有名な喜作のソーセージ盛りの行列が尋常ではありませんでした。30分以上並ぶほどすごい質・量・コストパフォーマンスではないと思うのですが・・・。

この日は何も考えずに2階席に陣取ったのですが、東京湾からの風が寒すぎて大失敗でした。次回2月にフクダ電子アリーナに行くときは1階席にしようと思いました。グラウンドレベルだとコーナーフラッグがあまりたなびかないのですよね。いいスタジアムだということです。

白ユニフォームの柏レイソルには、今季から湘南ベルマーレよりMFハングギョン選手とMF髙山薫選手が完全移籍しました。この試合では髙山薫選手が左ではなく右MFで先発出場、ハングギョン選手がベンチ外でした。最初のフォーメーションは3-4-3でした。なお髙山選手に専用の応援コールはないようです。ハングギョン選手はハクション大魔王のテーマとのこと。いかにも柏らしいダジャレかつド昭和な選曲です(ハングギョン選手は日本だと平成生まれなのですが・・・)。

黄ユニフォームのジェフユナイテッド市原千葉のフォーメーションは4-4-1-1でした。両軍とも現時点でのベストメンバーに近い先発だと思います。

髙山選手はそれほど目立ちませんでしたが、悪くはなかったです。この試合の出来で先発を落とされるということはないかなあといったところです。千葉の右サイド(柏から見て左サイド)の出来が悪かったので、自然とそっちからの攻撃が多かったので・・・。

髙山選手よりも注目したのは、湘南と対戦する千葉のほうでした。「基本的にFWケンペス選手のチーム」で、突破力、決定力とも持つ昨年のJ2得点王に最適化されたクラブでした(J1でもそれなりに通用すると思います)。サイドからケンペス選手にクロスというのが基本のようです。ただしあまりにもケンペス選手に依存しているのも欠点のようで、ケンペス選手を徹底マークするとチーム全体が何もできなくなってしまいます。柏もそのように対処したので、千葉は典型的な「格下のサッカー」になってしまいました。柏と千葉、えらく差がついてしまったなあと思います

その打開を託されているのが、ケンペス選手の後ろでプレーする町田也真人選手(小田急沿線住民だったらとても勇気がいる命名)のようです。タイプ的にはアジエル選手のようなパスとシュートをもっているのですが、まだアジエル選手ほどいやらしくなく、福岡の城後選手くらいのレベルかなあと思います。彼が成長すると怖いかなあというのと、このFWコンビを組ませるため森本貴幸選手がポジションを完全に失っていることがわかり、3トップとかにせずに今夏に彼がレンタル放出されたら各クラブの力関係が変わりそうだなあと思いました。千葉のMFやDFのベテランは運動量もなく、力が落ちているなあと思いました。

試合は前半終了間際にロングボールを受けた柏の工藤選手が得点をしましたが、後半にその工藤選手がケンペス選手を倒してPKを与えてしまい、同点に追いつかれます。PK戦でGK菅野選手が1回だけシュートを止めたため、柏がちばぎんカップを制しました

千葉 1-1(PK 4-5) 柏

ご存じの通り、オイラが試合を観に行くとジェフユナイテッド市原千葉(下部組織を含む)は引き分け以下J2最下位にさえ負けた)のですが、またも記録が更新されました。あとあまり観ていない選手なのですが、やはりオイラが試合を観に行くと田代真一選手(元町田)が結構な確率で相手選手とぶつかってカードを与えているのですが、この試合もレアンドロドミンゲス選手が途中出場の田代真一選手に肘打ちでレッドカードの退場をしており、もう彼のことを「カードプロバイダー」とか呼ぼうかなあと思いました(まあ、相手に体をあてて守るタイプなのでしょう)。知らなかったのですが、プレシーズンマッチのレッドカードって、リーグ戦の出場停止につながるのですね。2試合以上出場停止の場合は柏にとって影響があります。

柏は栃木ともプレシーズンマッチをするのですが、そちら(ソチではない)にはハングギョン選手は出られるのでしょうか?。がんばってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キッズガード湘南 フットボールフェスティバル Presented by FIELD MANAGEMENT

こんばんは、J2となるベルマーレは関係ないのですが、J3リーグ第15・16・17節の日はJ1の試合がないので、この試合だけ「22歳以下でJ1のベンチ入り以上の選手」(ぱっと思いつくあたりで、南野拓実・石毛秀樹・櫛引政敏・野津田岳人・鈴木武蔵選手あたり)が呼び出されて試合をすることになれば、昨年「町田最強はゼルビアではなく国士舘大学一軍かなあ?」と思わさせられた3部リーグのレベルで対抗するのは無理なのではないかと思った、チャリ通です。J-22の第15節が琉球戦、第16節が金沢戦、第17節が盛岡戦なので、もしそうなったら金沢は鳥取・長野・町田より不利かなあ?と思います。9月には韓国でアジア大会もあり、J-22は試合ごとにレベルのばらつきが出るのではないかなあと思います。

1月26日(日)はたまたま帰省日だったので、「キッズガード湘南 フットボールフェスティバル Presented by FIELD MANAGEMENT」に行ってきました。ただし所用があったので、本当に福島戦の部分だけの参加でした。

天気は微妙でしたが、試合の間はもちました。この試合のベルマーレは、「新卒・移籍・復帰の新加入選手」「キャプテン永木選手」「空いた所は人気選手で穴埋めしましょう」というメンバーで、「現時点の主力選手」という感じではございませんでした。ユニフォームが練習試合用のユニフォームっぽかったですが、この試合専用のモノっぽいです。午前中に馬入で相模原と練習試合をしており、エントリーされていない選手はそちらに出たようです。

福島のメンバーも主力なのかはわかりませんでしたが、2013年のJFLのユニフォームでした。2014年の新加入選手は退団選手のユニフォームを着たため、2014年J3の背番号と、この試合の新加入選手の背番号は一致しておりませんでした。GKは30分ごとに交代するなど、福島は出来るだけ全員がプレーできるように配慮しておりました。というより、いったんベンチに下がって、また再出場する選手もいました。

1月下旬が1年で最も寒いと思うのですが、それを除けば、昨年の天皇杯琉球戦にソックリな試合だったかなあと思います。福島はベルマーレOBの栗原監督が就任したばかりで、さらにあちらは降雪や凍結で、今年はまだフルサイズの天然芝でほとんど練習をしていないと思われ、出来がいまいちなのはしょうがないと思います。

前半しばらくの間、様子見が続いた後、高卒ルーキーの宮市剛選手がゴールを挙げました。このとき福島のサイドバックの時崎塁選手が負傷し、実兄の時崎悠コーチの担架で退場してしまいました。このすきに古林将太選手が時崎塁選手のいないスペースを突いて2点目を挙げました。時崎塁選手の怪我は心配ですし、福島の失点には気の毒ですが、実戦でも1人減ったところを突くことがあるので・・・。この時点で勝負はついてしまいました。

後半もまるで琉球戦のビデオを観ているかのごとく、梶川諒太・永木・宮市選手で3点を追加しました。

湘南 5-0 福島

ホームでしたし、カテゴリーがひとつ違いますし、まだ1月でしたし、ベルマーレで出場していた選手が良かったかどうかは、この試合では判断できないと思います。ただ、お客さんにはオフの期間中のリハビリになりましたし、新加入選手には「Shonan BMW スタジアム平塚で試合をすること」に慣れたのではないかなあと思います。

トライアウトで7人制ラグビーにスカウトされたものの、福島に入団したGK植村慶選手が、最後の30分で登場しました。トップリーグの会社の正社員になれるのであればラグビー転身もありなのでしょうが、まだまだサッカー選手が出来ることを見せつけたのではと思います。猪狩・村岡・田村・河野・安東選手といったベルマーレからの期限付き移籍選手たちも元気にプレーをしておりました

昨年福島で今年は湘南の白井・吉濱選手には、福島側の応援席から歓声やヤジが飛んでおりました。彼らがベルマーレで一定の結果を残すことが福島ユナイテッドの価値につながると思いますので、彼らにはがんばっていただきたいものです。福島のみなさん、横断幕ありがとうございました

駆けつけていただいた斉藤俊秀さんもありがとうございました。近々発表とおっしゃられていた去就は、清水のアンバサダーでしたが、斉藤俊秀さんはユースや大学サッカー部あたりの監督にむいていそうにみえるので、早く指導者になってほしいかなあと思います。

今週末からベルマーレはトルコキャンプに行っておりますが、入れ替わりで福島ユナイテッドが馬入でキャンプとなります上記のとおりベルマーレ関係者が多く在籍しておりますので、可能な方は馬入に行っていただければと思います(オイラは行けません)。河川敷なので土手を越えると気温がかなり下がりますので、この時期はご注意ください(夏はいいのですが・・・)。

J3リーグといえば、横浜スポーツアンドカルチャークラブの登録名が「YSCC横浜(略称:YS横浜)」となっておりましたが、「横浜」を2回繰り返すという名称が、なんだかヘディング脳の人が考えたのでは?と言われそうで、微妙です(1960年代の重いボール時代のイングランド代表経験者に若年性認知症の方が出ていたので、2000年ごろの滞在時に散々ヘディング脳のドキュメンタリー番組を、あちらで放送していた)。「オンザエッジ」という「英語できません宣言」みたいな会社名だったこともあって、買収したほうの会社名を名乗った某社を思い出します。ああ、J1からJ3までで神奈川県内に6クラブになっちゃいましたよ・・・。

元ベルマーレの森谷佳祐選手が応援番組の人と結婚したと思ったら、相模原を自主退団したのも驚きました。確かにJFLは結婚や子供が出来たことで引退する人が多いとはいえ、試合に出てましたからねえ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »