« 本日、2013年最終戦。 | トップページ | 2013年11月分と12月分をまとめて »

J1 2013 第34節 湘南vs大宮 戦

こんばんは、平塚球場が「バッティングパレス相石・平塚球場」、湘南ひらつかビーチパークが「湘南ベルマーレひらつかビーチパーク by shonanzoen」と、ベルマーレにゆかりのある企業がネーミングライツを獲得して喜ばしい、チャリ通です。利用者としては、オリンピック並みの短い間隔で名前を変えずに、権利を継続更新していただきたいところですね。ともに来年4月から、ベルマーレカラーの看板で使用されます。

野球場のほうは学生野球のほかに、ベイスターズ主催のイースタンリーグ(10試合前後)と、セントラルリーグ1試合が開催されるので、バッティングパレスのアピールになればいいなあと思います。平塚市出身の有名選手がいないので、厚木市出身の館山昌平投手(睦合東中)と、厚木の山と玉川球場で始動する三浦大輔投手、来年野球のほうで日本記録更新がかかる茅ヶ崎市出身のラジコンドライバー山本昌さん(Jリーグ開幕前に亡くなっている尾崎豊さんと同い年)をバッティングパレスに登板させていただけたらなあと思います(おじさんばかりで申し訳ないですが・・・)。

ビーチパークは、全ビーチバレー選手の拠点のひとつになっているので、ベルマーレに限らない男女全選手の活躍に期待したいところです。さらに近年はバレーだけでなく、ビーチサッカー、ビーチテニス、ビーチハンドボール、綱引き、相撲など、ビーチに進出している競技がやたら多いので、それらの情報発信の場になれば平塚市的にもおもしろく、その資金提供者があの眞壁社長で、ボランティア的に「ベルマーレ」を名前に入れてくださっているところが、いろいろ期待できると思います。このブログをパソコンで閲覧されている方は、平塚のライブカメラがビーチパークの様子になりますので、よろしくお願いいたします

12月7日(土)は15時半の一斉キックオフで、Jリーグディビジョン1の今季最終戦が開催されました。湘南ベルマーレはホームで大宮アルディージャと対戦でした。例年、ベルマーレは秋のホームゲームが少ないのですが、今年は9月から12月までホームゲームが月に1試合しかなく、たまたま用事で行けなかった場合は「数ヶ月ベルマーレなし」の生活になるという、「営業的にどうなんでしょう?」という日程でした。改善いただきたいものです。

11月から「2013年と2014年のスポンサー契約」というものがいくつも発表されました。おそらく「2014年からの契約締結で、2013年分の1ヶ月分を、低価格または無償提供」というようなセールスをおこなったと思われますが、良い方法ではないかと思います

その中には株式会社アプラスによる「ベルマーレオフィシャルクラブカード」というものがあって、驚きました。それで突然試合会場でクレジットカードが使えるようになったのかもしれません。

日本代表はクレディセゾンと契約をしておりますが、以前、Jリーグを日本信販がスポンサードしていた時に、全クラブに対応したクレジットカードが発行されておりましたが、日本信販がMUFGに吸収されたことでなくなってしまいました。それ以来のオフィシャルクレジットカードとなります。アプラスはマンチェスターユナイテッド関係のカードを出しており、鈴与のアプラス提携カード(スマイルパーソナルカード)の特典が清水エスパルス関係ということもあり、これからサッカーに力を入れるのかもしれません。

他のスポンサーものと異なり、ある程度会員数がいないと事業も成り立たないでしょうから、契約しないといけないかなあと思っております。NPB12球団がそれぞれクレジットカード会社と契約していることを考えると、親和性が高いのでしょう。成功するといいですね。

湘南 0-1 大宮

キックオフごろはわりと良かったと思いますが、前半途中から今シーズンワーストなサッカーになってしまいました。なんというか、「心ここにあらず」な、ボーっとした瞬間が各選手にあり、そこを突かれまくりでした。ベルマーレはこの試合の前に年間16位が確定していたところがあり、一方でJ2降格に伴う来シーズンの契約関係の問題もあり、集中できなかったのでしょう。後半に下平匠選手に豪快にシュートを決められてしまいましたが、シュートコースがガラ空きで、ベルマーレの守備がお粗末だったとも言えます。

最終戦ということでセレモニーがあり、曺貴裁監督が来年も指揮をとるようなことを含んだ挨拶をしました12月11日に正式に続投が発表されました)。かつて反町監督も同じような挨拶をされましたので、このような挨拶がベルマーレの伝統になるのでしょうか。

監督の続投は支持します。ただ2013年のJ1はもとより、2012年のJ2でもカウンターで失点をしていたので、ここの改善はしていただきたいと思います。これはベルマーレはDFが攻撃に参加しているからで、J2のときは得点を挙げることが出来ましたが、J1では得点できなかったためにカウンターで失点をするのみ目立ってしまったからです。

この試合で10,776人の入場があれば、1試合平均1万人になったのですが、9,257人にとどまって、1試合平均1万人を達成できませんでした。この試合は6ゲートが異常にスカスカで、他は混んでおりました。今年はホーム側・ビジター側ともバックスタンドと立見席が共通チケットであったせいか、バックスタンドに行くのか立見になるのか読みが外れることがあり、特にこの試合のビジター側がひどかったです。年間を通して7ゲートのお客様の顧客満足度は低かったと思います。来年はバックスタンドと立見席が分割されるそうですので、改善を期待します。それにしても1万人に到達しなかったのは、痛そうです。現場組は16位なのに、客席組は18位ということで、現場組には本当に申し訳がないです

2014年はいろいろ変わります。ベルマーレにとって影響がありそうなのは、「2014年4月から消費税増税」と、「2014年度中に最寄りインターチェンジが東名厚木ICから圏央寒川南ICに変わること(自動車移動サポーターは、平塚駅前を抜いて平塚一の繁華街になった平塚市田村を通らない)」でしょう。ベルマーレはどう対応するのでしょうか。

あと1ヶ月半もすれば、新しいシーズンとして選手が練習に集まってきます。その程度の空白はFリーグの湘南ベルマーレフットサルクラブで補え、箱根駅伝の見学で紛らわすこともできますので、我々にはオフはあってないようなものでしょうね。塚本泰史さんの関係で大宮サポーターから久光選手にご声援をいただき、ありがとうございました。

ちなみに1月のFリーグセントラル開催会場の墨田区総合体育館(来シーズンからフウガすみだの会場として試合をすることになります)には「王貞治のふるさと墨田」というコーナーがあって意外と展示物があり、周辺に初場所直前の相撲部屋も多いので、おじいちゃんを誘って観戦に行ってください。

|

« 本日、2013年最終戦。 | トップページ | 2013年11月分と12月分をまとめて »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

 かろうじて生サンターナと2013ベルマーレクイーンに間に合いました。
 性懲りも無くB12更新しましたが、ポスターとか貰っても持ち帰れません。(今回は本厚木から自転車)
 湯の蔵があんなに良い場所と知っていたら全行程自転車もアリでしたかね。

 久光選手の挨拶が大宮戦というのは偶然なんでしょうが、どうしても「狙ってる」感が……。

 1-4→1-3→1-2と来たので今度は1-1だろうと期待してましたけど、甘くはなかったですね。「湘南スタイル」好きですし、個人的にはこのまま磨き上げて欲しいと思ってます。

 来年は「1年でJ1に昇格できるチーム」にするのか、「J1に定着できるチーム」を目指してJ2を戦うのか、曹さんがどんなチームを作るのか楽しみです。

投稿: ただもの | 2013年12月12日 (木) 21時22分

ただものさん、コメントありがとうございます。

いや、塚本泰史さんが当時コメントをしていたので、久光(兄)選手の件は大宮戦にあわせてのものだと思います。

工場見学をすると、本当に同じ製造を100%繰り返すのですが、「完璧な仕事」って、いかに単調な作業にさせていくかという「様式美」のように思いました。これは「ひもかわうどん打ち職人の一日」とか、スポーツやサッカーにも言えるのではないかなあと思いました。

選手は違ったとしても、「いつもの時間に起きて、いつもの時間に集合し、先発選手がいつもの試合展開をし、指定の時間に途中出場の選手が出てきて、ブレる要素が一切ないため、いつものスコアで勝つ」。方法は今年の湘南スタイルでも、そうでなくてもいいのですが、こういうのを目指していかないといけないのかなあと、J1を1年やって思いました。

あれ、裏の湯乃蔵ガーデンに行ったことがなかったのですか?。あまりお湯につかってすぐに乗り物を運転すると、酔っぱらったのと似たような効果があるので、ご注意ください。

投稿: チャリ通 | 2013年12月13日 (金) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/54225918

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2013 第34節 湘南vs大宮 戦:

» \広島逆転優勝/\横浜準優勝//湘南惜敗\など2013J1最終節の件 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
まずは、昨日行われた2013J1最終節(第34節)の結果から。 【12月7日(土) 2013J1最終節(第34節)】 広島が劇的な2連覇を達成。川崎Fは3位でACL出場権獲得  最終節となる第34節の9試合が12月7日(土)に開催され、広島が劇的な2連覇を飾った。広島は鹿島に2‐0…... [続きを読む]

受信: 2013年12月12日 (木) 05時32分

« 本日、2013年最終戦。 | トップページ | 2013年11月分と12月分をまとめて »