« 大阪遠征 | トップページ | J1 2013 第32節 FC東京vs湘南 戦 »

2013年シーズンもあと1ヶ月

こんばんは、今年も東京農業大学収穫祭(厚木)の記事にご訪問いただきましてありがとうございましたの、チャリ通です。古い記事で申し訳ございませんが、駐車場はないもののいいイベントなので、ぜひ来年もお越しください。甲府の社長の母校なのでスポンサーだからか、山梨県からアクセスがあって驚きました。

今年もあと2ヶ月弱ですが、今年はWBCがあった関係で日米ともプロ野球が例年より押して開催されておりました。3月のWBCの段階で中日ドラゴンズの井端弘和内野手が神のように崇め奉られ、MLBボールなどへの対応が遅れた田中将大投手が散々な評価でしたが、そのあと開幕したNPBを終えた11月の段階で立場が逆転していることは、誰も予想できなかったでしょうね。プロスポーツ選手は大変です。東北楽天ゴールデンイーグルスの皆様おめでとうございます。読売ジャイアンツが無敗の田中将大投手に土をつけたことは、巨人、田中将大投手ご本人、NPBにとって、先々を考えれば良いことだったと思います。

あくまで伝聞に過ぎないのですが、20世紀末は巨人・阪神・中日・広島の4球団が黒字経営で、野球の黒字で九州と中京の読売新聞やヴェルディなどの赤字が補填されていたそうです。ところが近年は巨人・阪神・広島が黒字で、中日は毎年赤字なのだそうです。となるとドラゴンズも親会社から補填ということになるのですが、他の8球団のオーナーと比べると中日新聞だけ経営規模が小さい会社なので、近年のパシフィックリーグの常識である「毎年数十億円レベルの補填」は痛すぎると思われます。このために落合監督が辞めることとなって、客が呼べそうなかつての選手を補強しまくったり、プレイングマネージャーにしたりなどになっているのではと思われ、なんだかドラゴンズも「典型的な危なそうな会社」になってしまったなあと思います。

なお中日新聞より経営規模が小さく、毎年フジテレビに何十億円も補填してもらっている産経新聞って、大丈夫なのでしょうか?。産経新聞・サンケイスポーツ・夕刊フジなどが生活保護やスポーツチームの資金補填について書くと、いろいろ大爆笑です。某機関紙の印刷をやっているために何とかなっている毎日新聞も、どうかと思いますが・・・。まあ、全国紙新聞社の選択肢が多すぎですな。

自分の取引先の会社でも、事業成績が悪くなりますと、社長とか、株主とか、債権者に「言い訳をするため」に、傍からみて意味不明の組織変更や社内ルールの創設、オフィスの席替えや決起集会とかが、日本企業・外資系企業ともあって、そういう話から空気を読んで取引をすることがあるのですが、20周年である今年のJリーグもそんな話が多いです。

クラブのひとつやふたつが悪いというのであれば、それはそのクラブの責任者の問題でしょうが、大赤字のマリノス、予算の組み方を間違えた福岡、大方の予想どおり県が赤字を負担しそうな大分、J3なら支援なしという岐阜といったところを筆頭に、普通の企業ならアウトなクラブが多すぎます。これだけ多ければ完全に「Jリーグそのものが失敗をしている」としか言えないでしょう。これに対する取引先(totoとか、放送局とか、自治体とか、スポーツ用品メーカーとか、金融機関とか)への「言い訳」が「J1の2シーズン制への変更」と「J3創設」なのでしょうが、J1の2シーズン制については制度の不備を指摘されて保留ということで、内部は相当混乱していそうです。一度整理をして、リストラをする必要がありそうですね

アビスパ福岡の「予算の組み方を間違えた」というやつは、数年前に湘南ベルマーレもやらかしました。アビスパと違ってスポンサーに無理を言って助けてもらったり、持株会を募集したりで、ベルマーレは自力で乗り越えましたとはいえ、笑い事ではございません。ちょっとでも財力を高めることでリスクが減りますので、皆で協力しましょう。

ただ、減資から数年しか経っていないアビスパの場合は、福岡市や銀行が相場以上の資金を毎年投入したうえで「これ以上の融資は出来ない」と回答されるという、もはや与信がやばいのではという返答を受けているので、県知事が返済保障をしているトリニータより立場が悪いです。にもかかわらず、サッカーよりラグビーのほうが人気がある県とはいえ、レベルファイブスタジアム開催のラグビートップリーグとどっこいどっこいしかなかった最近の集客という状態なので、やばいなあとは思います。このあと大相撲九州場所、福岡国際マラソン、フィギュアスケートグランプリファイナル福岡大会と続くので、確実に埋没しますし・・・。

10年位前にアウェイ福岡戦に行きましたが、正直、子供や彼女を連れて行きたくないと思うくらいアビスパサポーターの罵声がひどかったということしか覚えておらず、それっきりアウェイ福岡戦に行く気がしません(菅野監督の最終年にJ1昇格しそうでしたら行っていたかもしれませんが・・・)。2007年9月2日の事件でサポーターとスポンサーに逃げられたとかに同情したら、ブーメランのごとくこちらに跳ね返るでしょうから同情できませんし、まずはそこの改善はお願いしたいところです。

野球早慶戦、オールブラックス戦などの裏でヤマザキナビスコカップ決勝戦が開催されて、近所の柏レイソルが優勝したため、ベルマーレは週末に試合がありませんでした。ただ坂本紘司さんと大倉智さんが湘南国際マラソンを無事完走したそうです。おめでとうございます。チャリティで湘南ベルマーレスポーツクラブに募金が行っており、ありがたいかぎりです。予算がなくてすみませんでした。

次節は11月10日(日)にShonan BMW スタジアム平塚で13時キックオフの鹿島アントラーズ戦です。ACL決勝開催の影響で「日曜日開催」なので、ご注意ください。STARTスペシャルデーで、茅ヶ崎市民デーです

今年のベルマーレは、鳥栖や新潟、夏以降の甲府といったカウンターサッカーのクラブに弱いです。なぜならDFが攻撃参加するので「カウンターしてください状態」になるためです。逆に川崎フロンターレのように、ひょっとして「カウンターしたら罰金」とか制度があるのか?というようなクラブには強いです。まあ普通はセレッソ大阪みたいに最適な戦術でベルマーレ戦に挑まれるわけですが・・・。鹿島はカウンターばかりのクラブではありませんので、鳥栖戦よりはマシに戦えるのではないかと思います。新潟に敗れてがけっぷちなので、がんばって欲しいものです

台湾開催の野球日本代表の試合がありますが、プロ野球も終わりましたし、野球ファンの皆様もぜひ観戦をお願いいたします。

夢に山口螢選手が出てきそうですが、今晩はこれを聴きます。っていうか、エゴラッピンの人、カバーとはいえ、まともな歌詞の歌も歌うのね・・・。

生まれる前の話なので、さすがにこの曲にはピンときません。

|

« 大阪遠征 | トップページ | J1 2013 第32節 FC東京vs湘南 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

中日は金の問題で落合を雇えなかったのもあるが強くても観客動員数が伸び悩んだのもあるらしい。昔の名前で何とかの高木守道を監督にして成績も悪く投手コーチの権藤ともゴタゴタするわ観客動員数を増やしたいが為が知らないが若手を起用せず40過ぎの選手を起用するわでフロントもクビにしたんだろう。この期に及んで結果を出した落合をGMに据えて選手兼監督に谷繁にしたのも落合の意見を飲むしかなかったんだろう。井端和田山本昌といったチームに多大な貢献をしたベテランにも年俸大幅ダウンを提示する非情さ。嫌なら辞めろとはっきり言ってるし。Jリーグチームの運営も一般企業ならとっくに潰れてるのに危なくなるとサポや地元企業やスポンサーに助けてくれと泣きついてくるいいい加減さ。如何にフロントが金の計算経営が出来ないかを露呈してる。ベルマーレに目を移すと残留が目標だったろうが肝心な守備が全く出来ず前回降格した時に守備が大事か学習してないね。攻撃的サッカーと言ったらカッコ良く聞こえるが代表的なバルサも守れるから勝てる事を言う人達は少ないね。補強も守備が崩壊してるのにFWを補強してGKを補強して一番必要なCBの補強をしてない。ベルマーレサポの一部が甲府のドン引きサッカーをつまらんと批判してるがどんなサッカーをしても勝たないと意味ないわけで監督の城福もやりたくないが残留する為にやるわけでチョウ監督も攻撃的サッカーを封印して残留する為に守備的になるとかなかったのか。守備的にやろうとしても守れないのもわからなくないがJ1は守れてナンボだよ。ベルマーレのような地方の金のないチームはね。

投稿: 藤和不動産 | 2013年11月17日 (日) 21時15分

鹿島戦の敗戦で、わずかな望みも消え失せ、ゴール裏サポ―ターの『絶対残留』コールも複雑な想いで聞いていました。次節FC東京戦でのショックを和らげるために、事前にJ2に降格した時の良い面を考えました。①J2になるとお金使わなくて済む(日曜開催だとアウエー戦に行けない)。②スカパー契約の価値が上がる(アウエーへ足繁く通ったJ1ではスカパー加入の意味が薄れていた)。③会社のファジアーノ岡山サポとJ2の話で盛り上がれる。④カズが観られる。⑤J3ってワケじゃない!・・・。『なんてネガティブなんだ!』・・・まぁJ1だろうがJ2だろうが、結局応援するんですけど、残り3節。選手には申し訳ないけど広島には行かないことに決めました。(新潟戦前まではまだ行く気でしたが)

投稿: 海老サポ | 2013年11月20日 (水) 18時12分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

中日ドラゴンズについては、現在進行形で迷走をしているので、本当は何ともいえませんね。

サッカーは採点競技ではないので、「相手より得点が多かった方が勝ち」以外、何物もございません。「内容が・・・」というのならフィギュアスケート、体操、シンクロナイズドスイミングを愛せばいいと思います。

そのうえで、プレーヤーやサポーターが「ベルマーレを選ぶ理由」を明確にしなければ、何十もあるクラブの中から選んでもらえません(あまりにも「地元だから」しか特徴がないクラブが多い・・・)。幸い、「県内唯一のクラブではない」「政令指定都市のクラブでもない」「親会社がない」の3つをそろえているにもかかわらず、J1経験があるというベルマーレ(さらにビーチバレーで五輪代表選手を出していたり、Fリーグもあったり)は、かなりわかりやすい特徴を持っております。勝ちにつながらない戦術はダメですが、ベルマーレならではの戦術を追求するのは、良いのではと思います。

投稿: チャリ通 | 2013年11月24日 (日) 04時37分

海老サポさん、コメントありがとうございます。

今年の9月や昨年の11月もそうでしたが、書く時間がなくてすみませんでした。鹿島戦、FC東京戦、Fリーグ浦安戦には行ってますので、時間があれば書きます。

ひとつ前コメントとかぶりますが、「県内唯一のクラブではない」「政令指定都市のクラブでもない」「親会社がない」の3つをそろえているにもかかわらず、J1経験があるというベルマーレは、ビーチバレーで五輪代表選手を出していたり、Fリーグにも参加していたりと、周辺の横浜FC・町田・相模原・ヴェルディ・大宮・千葉あたりから比べれば、めちゃめちゃキャラが立っているクラブです。これに「若い選手が上記クラブを差し置いてベルマーレに入団したいと思う」が追加されます。1999年ごろや2004年ごろを知っているせいか、今のベルマーレに悲観する要素が、個人的にありません。強いて挙げればそれは消費税増税でしょう。

来年は長崎と讃岐に初遠征があるかもしれません。長崎は修学旅行のメッカだけあって、学生からお年寄りまで、それぞれに対応した見所があり、おすすめです。

投稿: チャリ通 | 2013年11月24日 (日) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/53829353

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年シーズンもあと1ヶ月:

« 大阪遠征 | トップページ | J1 2013 第32節 FC東京vs湘南 戦 »