« 8月だけでホームゲームが4試合もあるけど、9月から12月まではホームゲームは月1試合・・・。 | トップページ | J1 2013 第27節 湘南vs浦和 戦 »

ホームゲームが続きます

こんばんは、黄色い電車沿線は相撲部屋が多いので、幕下以下を時々お見かけする、チャリ通です。

それより、1ヶ月以上ぶりの更新で皆さまお久しぶりです。どんな仕事でも「前年の仕事ぶりより上を目指すのがプロ」というせいか、今月はあまり更新できませんでした。インド人、中国人、ブラジル人のコストパフォーマンスを見たら日本人は酷いですならね・・・。現在ホームタウンに住んでいないということで、ご理解をいただければと思います。ああ、栃木SCの動向確認に利用しているsweetさんのブログに、ベルマーレの記事で負けているなあ・・・。

アクセスは減りましたが、なくはなかったです。というのも、スワローズのバレンティン選手がホームラン記録を達成するということで、サインが欲しいという需要があったようです。さすがバックナンバー狙いのブログです。

書いていない間にも試合に行った試合もあります。一応備忘録的にメモをしておきます。

第21節 磐田戦(平塚)
1対1で引き分け
年齢的にお盆は私用があり難しいです。キョウリュウジャー来場。
磐田の出来からすれば勝たなければいけなかった試合に勝てず、現在の順位につながっております。

第22節 甲府戦(平塚)
1対2で敗戦
この試合も行けず。水撒き担当は一平くん。
甲府の順位からすれば勝たなければいけなかった試合に勝てず、現在の順位につながっております。

第23節 柏戦(柏)
2対5で敗戦
現自宅の一番近くにあるスタジアムですがこの日は平日なので行けず。
七夕ユニフォームは0勝でしたが、白ユニフォームもあまり勝てないですね(アウェイ勝利も黄緑の場合が多い)。売る気はあるのでしょうか。
話題は全く変わりますが、東武柏駅南口は改札を出ると液晶テレビをずらりと並べたペデストリアンデッキに出て、音は小さいもののここで柏戦を毎試合ライブ放映しております。あつぎビジョンとかもベルマーレ戦を放映していただけないものでしょうか・・・。というより平塚駅北口のバスロータリーにある映像装置は、毎度おなじみ「ホームタウン内で行政クオリティが低いほうのために、人口が減っている平塚市のクオリティ」なのでちゃんと使えてないように見えるのですが、アレを改修して柏のようにして欲しいのですが・・・。未だにネットでナパサが聴けないという、いろいろ遅れている市だからなあ・・・。

第24節 仙台戦(平塚)
3対2で勝利
この日は帰省日なので行きました。水撒き担当はえび~にゃ。
海老名市も堂々とベルマーレホームタウンになれば、市民デーでアピールできるので、ご検討いただきたいです。昔書きましたが、南足柄、海老名、鎌倉の3市には特に加入を期待しております。
不格好にやっとこ勝てた試合でした。でも、勝つということが大事です。

天皇杯2回戦 琉球戦(平塚)
4対0で勝利
この日も帰省日なので行きました。Jリーグや天皇杯の前泊は「宴会場があるホテル」級と決まっているっぽいのですが、そうすると平塚市内に選択肢が少ないため、平塚近郊のホテルに対戦相手が前泊していることがあります。この日の琉球がオイラの旧自宅そばのホテルに泊まっており、しかもたまたまオイラとバッタリでした。
順当に勝利しました。我那覇選手がMFやっているのには驚きました。元Jリーグの選手も何人もいましたが、すっかりJFLに染まっていたようなチームで、昨年春のJ2町田戦のような試合でした。沖縄県のクラブは遠征費が膨大なので大変だと思いますが、頑張ってください。

第25節 鳥栖戦(鳥栖)
0対1で敗戦
九州に行く予算はありません。
ベルマーレは「基本的に毎試合失点しても、それ以上に得点を獲ることで昨年昇格したクラブ」です。だから今年だってロスタイムまでに1点も獲れなかった時点で、勝負ありです。鳥栖の順位からすれば勝たなければいけなかった試合に勝てず、現在の順位につながっております(こんなのばかりだから降格しそうなのですよね・・・)。
記事を書いていない期間で、サイドからのクロスで遠藤航選手の欠点が突かれまくりだったのが、気になるところです。

第26節 大分戦(大分)
2対1で勝利
九州に行く予算はありません。
負けたら降格濃厚的な試合でしたので、勝ってほっとしました。おそらく戦術的な相性で、今年の鳥栖に勝てる気がしない代わりに、今年の大分に負ける気がしませんでした。

それと2020年東京オリンピック開催おめでとうございます。東京開催希望でしたので楽しみです。本当は広島(サッカー会場に長崎と仙台)で開催して欲しかったですが、今のオリンピックはコネで誘致したアトランタやアテネなどを除けば、500万人級の都市圏でないと無理のようですので、広島開催は無理でした。

実は某日某所で関連するNHKの取材を受け、それが2時間おきにニュースで何度か放映されました。とりあえずNHKの視聴者が多いことが反響で分かりました

仕事でもマスコミ取材を受けたことがありますが、基本的にプロのマスコミは取材をする時点で既にある程度シナリオを作っており、それに沿った回答の一部をその「証拠」として採集します。証拠になりそうもなければカットです(報道に中立はあり得ません)。そこに持ち込むまでのプロセスは、久しぶりでしたので勉強になりました

明日開幕の東京国体に少年男子神奈川県代表で出場する、GK名良橋拓真選手(フロンターレU-18)あたりが東京オリンピックを目指せるわけで、出場がかなわなかったお父様も大興奮でしょうね。ベルマーレからも複数の競技で選手を出したいものです。

そのためにも明日16時キックオフの浦和戦で勝ち点を獲らなければなりません。まさかの「9月28日にして9月最初のベルマーレ主催試合」です。この試合からNHK-BSで放送されるアウェイのセレッソ大阪戦を除き、すべて昼間の試合になりますのでご注意ください。日焼けの可能性もあるでしょうし・・・。

とりあえず混むと思いますので、早め早めに行動し、席は譲りあいましょう。言わずとしれた強敵ですが、浦和は最近調子がよくなさそうですし、ベルマーレの選手には内容よりも勝利にこだわって欲しいところです。

翌週10月5日(土)もホームゲームで、16時キックオフの名古屋戦です。昨年全国一桁順位になったため、いろいろな場面でアピールできたあゆコロちゃんが来場します。ちょうど選挙期間中ですし、選挙へのアピール頑張ってください。2010年のJ1では名古屋がここで優勝を決めましたが、今年は調子が上がっていないので、有名選手ばかりですが今度はベルマーレが勝ちたいところです。

さらに10月13日(日)13時キックオフで天皇杯3回戦甲府戦も、Shonan BMW スタジアム平塚で開催されます。甲府はライバルですし、日程も前後1週間ずつ空きますので、この試合も勝ちに行くべきたと思います。

2010年と比べて2013年のベルマーレはJ1で戦えており、おすすめできます。名前のある新人もベルマーレ入団を決めております。がんばって残留しましょう

|

« 8月だけでホームゲームが4試合もあるけど、9月から12月まではホームゲームは月1試合・・・。 | トップページ | J1 2013 第27節 湘南vs浦和 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

 サザンラッシュ回避のため仙台戦は見送りました。もう大宮戦くらいしか行けそうにありません。
 最終節だと厳しいかな? それでもB12の引換券が無駄になるだけですけど。

 最悪から2番目の結末として「12月8日にザスパの試合がある場合」はこれも行けなくなる可能性が……。

投稿: ただもの | 2013年9月28日 (土) 11時09分

何やかんやでベルマーレの試合が観られず久々の観戦になったが練習試合を観るとJ2時代の真骨頂のサイドからのカウンターが出来なくなってるのは何故か。J1では出来ないのか観た感じ今流行りのパスサッカーをやろうとしてる感じがする。相手が浦和ということでサッカーは好きだがベルマーレに興味ない人達まで浦和を観ようということでチケットの売れ行きが良く殆どのカテゴリーでチケット完売になりBMWスタでダフ屋紛いが出たとか出ないとか。こんな事はJ1にいないとない事だし相手が浦和じゃなきゃないだろう。因みに自分の観戦チケットは平塚駅前の金券ショップで買ったが。試合内容は高さのない浦和だから組み易しと思ったしパスサッカーを崩せば勝機はあると感じたが失点はセットプレーからしてその後もオフサイドに助けられた場面があった。浦和が山田から永田に交代という失点の温床になる事をしてくれたお陰でベルマーレがウェリントンのPKと遠藤のヘディングシュートで逆転する。しかし1枚イエローをもらってる大竹が後半ロスタイムに2枚目をもらい退場。その後浦和に同点に追い付かれ試合終了。勝ち点3を逃して勝ち点1になったと言われても仕方ない。大竹は時間場面を考えてプレーして欲しかった。浦和の守備も緩くベルマーレに沢山チャンスはあったがクロスやパスの精度が悪く味方に合わない。相手に臆せず自分達のサッカーをやればある程度点は取れるし守れるし自信を持ってやれば良いのでは。残留争いは正直厳しいが終わったわけじゃないし最後まで諦めずやってもらいたい。次の相手の名古屋も調子悪いしケネディとサイド攻撃を気を付ければ互角にやれるのでは。高さがあるからそれも注意かな。永井は戻って来たがかつての距離走選手のようなスピードはないらしい。

投稿: 藤和不動産 | 2013年9月29日 (日) 22時46分

『浦和』戦。表の事情でいえば、スタメンは(現役韓国代表1人)VS(日本代表経験者8人)、裏の事情でいえばクラブ予算(約55億円?)VS(約10億円?)。それでも28日のような試合をすれば『裏は』関係ない! 次節甲府はマリノス戦。名古屋に勝って、勝ち点差2にしたいっ! ところでチャリ通さん、ステボって、どうなんですか?

投稿: 海老サポ | 2013年9月30日 (月) 13時58分

ただものさん、コメントありがとうございます。

J2クラブにとっては12月8日にホームゲームがあっちゃあ、アカンじゃないですか!。ザスパは例年シーズン後半のほうが強いイメージがあります。加えて敷島公園は秋から春は「強風スタジアム」という特徴もあり、簡単ではないです。

まあ最後2試合の相手が厳しいのは確かですが、鳥取と岐阜だって苦しいはずですし、健闘を期待します。

投稿: チャリ通 | 2013年9月30日 (月) 19時35分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

浦和戦は時間があれば記事化したいと思いますが、浦和はキックオフ直後がピークで、時間が経つほど勢いがなくなり、途中出場の選手が補強じゃなくて補弱になっていて、これは浦和サポーターはしんどいのではと思いました。FWの大竹選手のポジションでバックチャージする必要はないので、無駄なプレーでしたね。名古屋は生で観ていないので判断できません。

13,000人入ったといっても高い席が空いているうえですので、確かにスタジアムの増築は必要だと思いますが、さてさてどうなることやら・・・。

投稿: チャリ通 | 2013年9月30日 (月) 19時42分

海老サポさん、コメントありがとうございます。

同一リーグなら、たとえマリノス対大分でも「10試合やって7勝2分1敗くらい」の差だと思います。いろいろな条件下でいつもの7勝側になったり、たまたま1敗がこの日だったりとかの差だと思います。サッカーはやってみなければわかりません(ラグビーは番狂わせが少ないですが・・・)。名古屋は調子を落としているので、湘南とは五分五分くらいになればいいかなあと思います。

ステボ選手はあせって獲ったJリーグ初参戦の選手なので、彼自身にも準備期間がなかったのが厳しいかなあと思います。ウェリントン選手には数週間の登録前準備期間がありましたし・・・。審判がどういう基準でファールをとるかはリーグによって異なりますし、気候も韓国と少し違いますし・・・。

投稿: チャリ通 | 2013年9月30日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/53409179

この記事へのトラックバック一覧です: ホームゲームが続きます:

« 8月だけでホームゲームが4試合もあるけど、9月から12月まではホームゲームは月1試合・・・。 | トップページ | J1 2013 第27節 湘南vs浦和 戦 »