« 選手16位、サポーター18位。 | トップページ | 2012年度(平成24年度)Jクラブ個別情報開示資料 »

J1 2013 第20節 清水vs湘南 戦

おはようございます、さきほどBSやCSで忘れた頃にやっている「ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗」(1964年)を鑑賞して呆然としている、チャリ通です。内容は特筆すべきものはない(長嶋さんだからというわけではなく、現役スポーツ選手の映画では誰でもこうなると思います)ですが、現役全盛期の長嶋茂雄選手本人が本人役を、東宝の俳優(五社協定!)と演じております(王貞治選手などチームメイトも本人役で登場)。歴史史料(昭和30年代の野球のカラー映像は初めて観ました。ていうかベテラン扱いの西鉄・中西太選手兼監督は当時30歳になったばかり・・・。)としてとっても貴重だと思います。今月ですと、日本映画専門チャンネルが観られるお宅は夏休みにおじいちゃんと一緒に観ましょう

そして8月24日(土)は、NHK-BS1でメキシコオリンピックサッカー3位決定戦(1968年)の放送があります。当時はめちゃくちゃレベルが低いとわかっていても、男子では「大きな世界大会で表彰を受けた大会」は、この大会と2001年のコンフェデレーションズカップ(準優勝)だけなので、これも楽しみです。録画しておこうと思います。

ものすごく暑かった8月10日(土)は、市やネーミングライツが変わったりで行くたびに名前が違うような気がする「IAIスタジアム日本平」で開催されました、清水エスパルス戦に行きました。ちなみに住所は「静岡市清水区村松」というところにあります。富士山がもやっていて観られなくて残念でした。また、営業してませんでしたが「いちご狩り海岸通り」の規模がすごすぎます

磐田もそうでしたが、日本平もスタッフさんのあいさつがきちんとしていて好感が持てます静岡の2クラブは素晴らしいフットボール専用スタジアムを使用していて、うらやましい限りです。平塚市には無理な話で神奈川県に頼む必要があると思いますが、県に頼むとインフラが不便すぎる平塚市ではなく周辺市町に建てることになると思われ、これが今関係者にとってジレンマになっていると思います。

この日最大のサプライズは、試合前のキリノ選手のアル・シャアブ(UAE)移籍発表でしょう。開いた口が塞がりません。開幕前の日刊スポーツによるとキリノ選手の年俸は2,000万円だったそうですので、それ以上の金額が提示されたのでしょう。韓国代表を狙うハングギョン選手と違い、金額を優先するのは当然だと思います。残念ですがしかたがありません。Jリーグの移籍ウインドウは8月16日(金)までですが、果たして後任の外人補強はあるのでしょうか?。結局総人件費が低いせいでこうなるわけであり、総人件費を上げるにはもっとホームゲームに集客できないとダメです。

試合は開始早々、サイドからのクロスを清水のラドンチッチ選手に決められ、さらに前半途中にまたサイドからのクロスを清水のラドンチッチ選手に決められ、湘南のDFラインがJ1レベルにないことが証明されてしまいました。

試合内容的には5対4くらいの撃ち合いになりそうだったのですが、この日は出場停止の永木選手の代わりにキャプテンマークをつけた髙山薫選手が大ブレーキでした。まあ髙山選手のおかげで勝てた試合も多いので、これもしょうがないです。

出場停止の永木選手の位置には梶川選手が入ったのですが、本人もわかっていると思うのですが、ドリブルとパスに非凡な彼が普段90分出られないのは、誰よりも早くスタミナが切れるため、その対策に守備をあきらめてしまう時があるので、怖くて使い続けられないあたりなのですよね・・・。そこにルーキー中川選手が途中出場してくるのですが、彼も梶川選手をコピーしたような選手なので、その2人が同時に出ていたことが途中出場から2分で、バックアップに走った岩上祐三選手が退場につながります。もう本当にこれではチームプレーをした選手がやってられないでしょうよ。せっかく前の試合に中村俊輔選手というお手本があったのに・・・。この瞬間に勝負がついてしまいました。

菊池大介選手の動きが試合を通して非常によく、後半に1点返しましたが、退場の影響もあり、さらに1点獲られました。

そういえば出てたね、村松大輔選手、というくらい目立ちませんでした。

清水 3-1 湘南

オイラはしませんでしたが、試合後はブーイングでした。まあキリノ選手の件を含めてでしょうね

翌日の8月11日(日)は、Fリーグオーシャンアリーナカップ2013の3位決定戦に湘南ベルマーレフットサルクラブが出場するため、また三保で清水対湘南の練習試合もあるそうなので、静岡・愛知県内に残った人もいらっしゃるのでしょうか?。夏休みを楽しんで来てください。

久光重貴応援募金もよろしくお願いいたします。

次は8月17日(土)19時キックオフで、17位のジュビロ磐田とShonan BMW スタジアム平塚で対戦します。「君たち、平塚市総合公園で、僕と握手!!」が実現します。献血でタオルマフラーがもらえます。ブルーハワイアイスはどうするのでしょうか・・・。

磐田の関塚監督は、川崎でもロンドンオリンピックでもカウンターサッカーをしていたのですが、それは磐田が嫌いそうなサッカーなので、果たしてどうなっているのかが注目です。清水戦の失態は、磐田戦で汚名返上するしかありません。前回の敗戦は日程的に不利な状態での対戦でしたので、自信を持って対戦しましょう。

|

« 選手16位、サポーター18位。 | トップページ | 2012年度(平成24年度)Jクラブ個別情報開示資料 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/52829375

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2013 第20節 清水vs湘南 戦:

» オレンジの鉄道会社とサッカーチームにやられたことなど8月10日の行動録【清水1-3湘南@アイスタ】 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
昨日は最寄り駅から新横浜経由で新幹線【N700系こだま14号車自由席富士山側窓際】で三島まで。そこから在来線乗換で吉原下車。 そこから岳南電車に乗り換え、吉原中央で途中下車して、昼食。再び岳南電車で終点岳南江尾まで。そこから折り返し吉原まで戻ろうとしたら、車…... [続きを読む]

受信: 2013年8月11日 (日) 08時14分

« 選手16位、サポーター18位。 | トップページ | 2012年度(平成24年度)Jクラブ個別情報開示資料 »