« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

8月だけでホームゲームが4試合もあるけど、9月から12月まではホームゲームは月1試合・・・。

こんばんは、常用薬がないくらいなので、今年薬箱をクッキーの缶からDB.スターマン ポップコーンバスケットに変更した、チャリ通です。「わたあめ」「ポップコーン」「マックフライドポテト」は「三大高利益率食品(製造原価が爆安)」だと思います。オイラはベイスターズファンではないですが、DB.スターマンは、なんとかライダーやなんとか戦隊、ハローキティなどと同様に、最初からグッズ化を計算してデザイン・ブランド管理されており、このあたりを見習わなければいけないJリーグマスコットやゆるキャラは多いと思います(ベイスターズはさらにベイスたんも控えているわけで、この分野に強そうです)。

同じ戦略で結構売れているという話を聞いているあゆコロちゃんのグッズは、本厚木駅前観光案内所(本来は本厚木駅構内にあるのですが、2013年は改装中のため本厚木ミロード南館4階で仮営業)にあります。いきものがかりがあゆコロちゃん宛てに書いたサインが目印です。あっ、水野良樹さん結婚おめでとうございます

所用で磐田戦には行っておりませんので、結果だけとさせていただきます。

湘南 1-1 磐田

ホームまでものすごい移動距離にもかかわらず、馬入も含めてオイラの10倍くらい観戦遠征に行かれている、栃木SCサポーターのsweetさんがこの試合にいらっしゃっていたようですので、ご参考にしてください。

明日8月24日(土)は19時キックオフで、15位のヴァンフォーレ甲府とShonan BMW スタジアム平塚で対戦します。毎年順位を争う隣県の甲府ですが、数年前までベルマーレはヴァンフォーレと同じ規模だったものの、規模を維持したヴァンフォーレに対してベルマーレの経営規模が小さくなってしまい、経営的には差がついてしまいました。個人的には、仙台と甲府が湘南のライバルと、勝手に思っております。J1で甲府と対戦するのは今シーズンが初めてで、先月のアウェイでは湘南が勝ちました

甲府は大宮のような意味不明な補強に走るせいか、実際に甲府と直接対戦すると、湘南は負けないイメージがあります。そもそもオイラ的には、FC東京時代から一度も戦力に見合う成績を挙げたことがない城福監督が、なぜ評価されるのかもわかりません(昨年はJ2優勝して当たり前でした)。相手にベテラン選手が多いため、運動量勝負に持ち込むことになると思いますが、甲府も補強したうえでなにかしらの対策を立ててくると思いますので、確実に勝てる相手ではありません。しかし湘南の残留には勝ち点3が必要なので、今シーズン最大の山場のつもりで試合をしていただきたいところです

7月下旬から8月上旬まで、花火大会や野外ライブなどライバルイベントが多かったですが、8月も下旬になるとライバルイベントが減って、夜は少し涼しくなることもあり、ナイトゲームに最適な時期になります。そのうえで隣県の甲府戦なので、天気さえよければたくさんの集客が期待できますので、早めに来場し、席は譲り合いましょう。夕立とかがなければいいのですが・・・。

一平くん、はにー&どぐー、ペコちゃんなどキャラクターが多数来場することは既報ですが、ヴァンくんと午後のこーちゃんの来場も追加され、ちょっとしたキャラクター祭りを越えております。また、毎年人気のカードフェスタも開催されますので、お金持ちの皆様よろしくお願いいたします。

8月28日(水)は19時キックオフで、柏レイソルと日立柏サッカー場で対戦します。昨年の天皇杯から、柏戦が3試合連続で平日ナイトゲームとなります。それ以前も平日に対戦した記憶があり、ひょっとしたら今世紀に入ってホームとアウェイの1試合ずつしか柏とは休日に対戦していないような気がします。今後改善を希望したいです。

ACLの準々決勝を突破した、Jリーグ代表の、今年は応援したいクラブです。ただ、ACL準決勝を8月21日(水)に行ってから、24日(土)、28日(水)、31日(土)と試合をするので、コンディション的には湘南がやや有利です。曺貴裁監督と大倉智GMが日立製作所出身で、柏から期限付き移籍してきている選手もいるわけですから、奮起してここからは勝ち点をとらなければいけないと思います獣電戦隊キョウリュウジャーが来場するそうですので、平塚市総合公園で会えなかった方はどうぞ。

お休みをとって東海道本線で柏に行くのであれば、品川で総武横須賀線に乗り換えて船橋で降りて、イトーヨーカドー船橋店玩具売場でふなっしーグッズ(日本テレビがライセンスを持っているので汐留でも買えます)を購入し、昼食にソースラーメン(一番人気ではないですが名物です)でも食べてから、野田線で鎌ヶ谷へ行って日本ハムと西武のイースタンリーグの試合を観て、さらに野田線で柏へ行くとかの1日はいかがでしょうか?。

8月31日(土)は19時キックオフで、ベガルタ仙台とShonan BMW スタジアム平塚で対戦します。まず注意すべき点は、8月31日(土)、9月1日(日)と、茅ヶ崎公園野球場でサザンオールスターズのライブがあります。こちらは17分の1のホームゲーム、あちらは何年かに1度の地元最大のスターのイベントであって、絶対に勝てっこありません。行き、帰りとも東海道本線などが混雑すると思いますので、ご注意ください。今回のツアーは最終会場が宮城スタジアムなので、ベガルタ仙台サポーターにもご理解をいただければと思います。

同じような時期にJ2で対戦し、七夕、蒲鉾と、ホームタウンの共通点も多く、甲府とともに仙台はライバルだと思っております。こちらもベテラン選手が多く、同じようなメンバーで試合に挑む傾向もある監督なので、甲府戦同様、運動量勝負に持ち込むことになると思います夏休み最後のこの試合にもキャラクターがたくさんやってきます

つまるところ、8月の残り試合は、全試合で勝ち点を獲らなければいけないと思います。観客動員を稼ぐ必要もあるでしょう。がんばりましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年度(平成24年度)Jクラブ個別情報開示資料

おはようございます、先日も書いたとおり、Jリーグの秋春制を希望しているのは中東が実権を握っているAFCなので、札幌・仙台・山形・新潟・富山サポーターは8月の試合を「暑い」と言っちゃいけないと思う、チャリ通です。これを言っちゃうと気温40度を越える9月のACL柏レイソル戦に偉い人が連れ去られ、「9月のサウジと1月の東北じゃあ、9月のサウジのほうが過酷だろう」と脅迫されてしまいます。既にアジアカップが中東や東南アジア開催を前提に冬開催に移動して外堀を埋められておりますし・・・。

まだ2012年度(平成24年度)Jクラブ個別情報開示資料について触れておりませんでしたので、軽く雑感を書いておきます。

2012年はJ2だった湘南ベルマーレは、収支とも8億円台でまとめて、J1昇格を果たしました。数年前まで甲府と同じ規模だったのですが、規模を維持したヴァンフォーレに対してベルマーレの経営規模が小さくなってしまいましたので、差がついてしまいました。まあ甲府戦の看板の数が3列びっしりとか、えらいことになっており、入場者もあるので、妥当なところでしょう。茅ヶ崎市や厚木市と異なり平塚市は山梨県と同じペースで人口が減っているのに、結果に差がついてしまって残念です。

そもそもスポンサーの松壱家(株式会社松野軍団)のほうが売上高がかなり上で、株式会社湘南ベルマーレは会社として「中小企業」ではなく「小企業」なので、せめて募金なしで「J2でも10億円規模、J1ならそれ以上」の会社にしなければ、選手の待遇に響きます。

「女子チーム運営経費」が入るようになりましたね。ベルマーレとマリノスは一度女子チームをつぶしているので、簡単には参入できませんし、参入したとしても低予算からの出発でしょうね。

選手が若いセレッソは人件費が安いですね・・・。1番の浦和でも売り上げが50億円台というのは、広島カープが90億円台であることを考えると、少なすぎます。アメリカでは野球場よりフットボールスタジアムのほうが客席が多いのが当たり前ですが、日本ではフットボールスタジアムより野球場のほうが客席が多く、実際に人も入るのですから、しょうがないですが・・・。ていうか、また大宮が「広告収入1位・入場料収入最下位」・・・。

個人的には「totoをやっているのに八百長があってはならない」と思うため、「チーム人件費」が一定レベルにないところはtoto対象のJ2以上にいてはならないと思っております。小椋祥平選手が19歳時に水戸でもらっていた年俸が180万円であったことが当時散々ネタにされておりました(現在はマリノスで3,000万円ほどもらっているらしい)が、当時の水戸のトップチーム人件費が1億円を越えた程度とうかがっておりましたので、チーム人件費が2億円を割っているクラブは「サインをねだる子供のお父さんの半分程度しか、そのレギュラー選手は稼げていない」「選手より営業スタッフのほうが高給取り」の可能性があります(実際、下位クラブほど「○○選手、第一子誕生」が発表されない)。2012年に該当するのは草津(群馬)、町田となります。早く改善につながる収益増をしていただきたいところです。

情報開示以来、一度もベガルタ仙台より予算を下回ったことがないジェフユナイテッド千葉の成績差が目立ちます(奇しくもベガルタ昇格の年にジェフ降格)。現在千葉県に住んで思うのは、レイソルがやらないことをジェフが積極的にやってしまっているので、こりゃあそういう結果になるよなあと思いました。まずはOBを大切にしないと・・・。ジェフの潤沢ぶりのおかげで、今もJ1浦和と札幌の経済格差(4倍)より、J2ジェフとゼルビアの経済格差(5倍)のほうが大きいのですよねそして、負ける)。あっ、今年はジェフにマチダヤマト選手(千葉の子に「千葉さくら」と命名するようなものです)がいて、ゼルビアに大和市の千葉選手がいるのですね・・・。

マリノスの収支が、明日経営破たんの発表があってもおかしくないほど悪いのですが、ソフトバンクやオリックスが球団とスタジアムに毎年支払っている額と比べれば大したことがないので、日産自動車の体面を保つために補てんされると思います。原因は「販売費および一般管理費」(スタジアムや練習場の家賃など)ですが、鹿島も同じくらい、浦和はそれ以上払っているわけですし、1億円プレーヤーがドゥトラ・マルキーニョス・ボンバー・シュンスケ・クリハラ選手と5人もおり、別途助っ人外人選手と外人っぽい日本人選手もいるので、トータルすれば経営がまずいという判断になるかと思います。まあ来年の日産自動車の株主総会までにこのあたりは言い訳を考えないといけないでしょうね

プロ野球が「読売新聞・中日新聞・国鉄・阪急を裏切った阪神・その他リーグ」と「阪急と全国の私鉄・毎日新聞リーグ」に分かれたあと、プロ野球は球団数を削減することで共倒れを防ぎましたが、Jリーグは創設以降4倍までクラブ数が膨れ上がり、さらに来年J3でまた増えます

Jリーグ創設の裏で1990年代にヨーロッパが同時期にやっていたことは、「プレミアリーグ相当を創設してトップリーグを優遇」「チャンピオンズリーグの運用を変えて、都会のクラブをさらに優遇」と、Jリーグとは真逆である間引きの経営方針をとっておりました。Philips Sport VerenigingやBayer 04 Leverkusenなど、昔から普通に会社名をクラブ名にしているところもあるうえで、近年は石油王やら株長者が、ホークスやイーグルスにIT長者が参入するノリで資金提供をしており、正直、Jリーグ百年構想を欧州サッカーが真っ向から否定している状態です。なぜかあがめられているレアルマドリードとバルセロナは、他のリーガエスパニョーラ1.5部リーグを踏み台にして利益を独占しているからあの成績ということで、日本の巨人やアメリカのヤンキースがかわいくみえるくらいです。

ということで、これからはJリーグも欧州サッカー経営と同じ路線を歩むと思います。「放映権料は混ぜないでリーグ別に分配」あたりは着手しやすいと思われ、J1は増、J2は激減、J3はほぼゼロかなあと思います。その前にベルマーレの経営を立て直す必要があると思われ、頑張っていただきたいものです

さて、夏の移籍ウインドウで、ベルマーレも思った以上に駆け込みの異動がありました。大竹選手の期限付き移籍加入吉濱選手の期限付き移籍期間延長宮市剛選手の特別指定岩上選手の松本山雅FC期限付き移籍ステボ選手の移籍加入ということで、皆さまよろしくお願いいたします。

岩上選手のレンタルには驚きましたが、先日松本の反町監督が「補強に還元しなければ私はオシマイ」というような意味の強い発言をしており、望まれてのレンタルと思われます。松本の皆様には申し訳ないですが、松本でしたら岩上選手は確実にフリーキックとスローイン担当で90分出場できると思いますので、がんばってきてください。

まあ「一度に何人も元のクラブに戻る」となれば福島ユナイテッドも作り直しでしょうから、これ以上福島への貸し出しは出来ないでしょう。

キリノ選手の後任のステボ選手と、余った枠に入ったと思われる宮市選手は、観たことがないのでわかりませんが、頑張ってください。大竹選手も去年と今年は観ていないので、判断が出来ません。

馬場選手、長男誕生おめでとうございます

8月24日(土)ヴァンフォーレ甲府戦と、8月31日(土)ベガルタ仙台戦の「ホース争奪!ゆるキャラ総選挙」があるそうです。中間発表ではキングベルⅠ世が期待を裏切らないオチ役を演じているようです。

ゆるキャラ的には、秋に「ゆるキャラグランプリ」というビッグイベントがあるため、そろそろ本格的にアピールをするために、出場予定マスコットは絶対勝ちたいところだと思います。県外的に見ると神奈川でもっとも潤沢な活動予算を持っているのではというくらい積極的な「えび~にゃ」がかなり本気だと思いますが、残念ながら「大阪市の塩崎さん」系統デザインなので全国に類似キャラが多く、相当損をしていると思います。

ちなみに甲府戦のほうの本命である一平くんは、今は愛媛ではなく恵比寿(住所上は広尾)の事務所に所属するタレントなのですよね。本当は対象外のペコちゃんが一番人気なのではないでしょうか。

オイラ、に「キングベルⅡ世」って出しちゃいそうなんですが・・・。安直過ぎてすみません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

J1 2013 第20節 清水vs湘南 戦

おはようございます、さきほどBSやCSで忘れた頃にやっている「ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗」(1964年)を鑑賞して呆然としている、チャリ通です。内容は特筆すべきものはない(長嶋さんだからというわけではなく、現役スポーツ選手の映画では誰でもこうなると思います)ですが、現役全盛期の長嶋茂雄選手本人が本人役を、東宝の俳優(五社協定!)と演じております(王貞治選手などチームメイトも本人役で登場)。歴史史料(昭和30年代の野球のカラー映像は初めて観ました。ていうかベテラン扱いの西鉄・中西太選手兼監督は当時30歳になったばかり・・・。)としてとっても貴重だと思います。今月ですと、日本映画専門チャンネルが観られるお宅は夏休みにおじいちゃんと一緒に観ましょう

そして8月24日(土)は、NHK-BS1でメキシコオリンピックサッカー3位決定戦(1968年)の放送があります。当時はめちゃくちゃレベルが低いとわかっていても、男子では「大きな世界大会で表彰を受けた大会」は、この大会と2001年のコンフェデレーションズカップ(準優勝)だけなので、これも楽しみです。録画しておこうと思います。

ものすごく暑かった8月10日(土)は、市やネーミングライツが変わったりで行くたびに名前が違うような気がする「IAIスタジアム日本平」で開催されました、清水エスパルス戦に行きました。ちなみに住所は「静岡市清水区村松」というところにあります。富士山がもやっていて観られなくて残念でした。また、営業してませんでしたが「いちご狩り海岸通り」の規模がすごすぎます

磐田もそうでしたが、日本平もスタッフさんのあいさつがきちんとしていて好感が持てます静岡の2クラブは素晴らしいフットボール専用スタジアムを使用していて、うらやましい限りです。平塚市には無理な話で神奈川県に頼む必要があると思いますが、県に頼むとインフラが不便すぎる平塚市ではなく周辺市町に建てることになると思われ、これが今関係者にとってジレンマになっていると思います。

この日最大のサプライズは、試合前のキリノ選手のアル・シャアブ(UAE)移籍発表でしょう。開いた口が塞がりません。開幕前の日刊スポーツによるとキリノ選手の年俸は2,000万円だったそうですので、それ以上の金額が提示されたのでしょう。韓国代表を狙うハングギョン選手と違い、金額を優先するのは当然だと思います。残念ですがしかたがありません。Jリーグの移籍ウインドウは8月16日(金)までですが、果たして後任の外人補強はあるのでしょうか?。結局総人件費が低いせいでこうなるわけであり、総人件費を上げるにはもっとホームゲームに集客できないとダメです。

試合は開始早々、サイドからのクロスを清水のラドンチッチ選手に決められ、さらに前半途中にまたサイドからのクロスを清水のラドンチッチ選手に決められ、湘南のDFラインがJ1レベルにないことが証明されてしまいました。

試合内容的には5対4くらいの撃ち合いになりそうだったのですが、この日は出場停止の永木選手の代わりにキャプテンマークをつけた髙山薫選手が大ブレーキでした。まあ髙山選手のおかげで勝てた試合も多いので、これもしょうがないです。

出場停止の永木選手の位置には梶川選手が入ったのですが、本人もわかっていると思うのですが、ドリブルとパスに非凡な彼が普段90分出られないのは、誰よりも早くスタミナが切れるため、その対策に守備をあきらめてしまう時があるので、怖くて使い続けられないあたりなのですよね・・・。そこにルーキー中川選手が途中出場してくるのですが、彼も梶川選手をコピーしたような選手なので、その2人が同時に出ていたことが途中出場から2分で、バックアップに走った岩上祐三選手が退場につながります。もう本当にこれではチームプレーをした選手がやってられないでしょうよ。せっかく前の試合に中村俊輔選手というお手本があったのに・・・。この瞬間に勝負がついてしまいました。

菊池大介選手の動きが試合を通して非常によく、後半に1点返しましたが、退場の影響もあり、さらに1点獲られました。

そういえば出てたね、村松大輔選手、というくらい目立ちませんでした。

清水 3-1 湘南

オイラはしませんでしたが、試合後はブーイングでした。まあキリノ選手の件を含めてでしょうね

翌日の8月11日(日)は、Fリーグオーシャンアリーナカップ2013の3位決定戦に湘南ベルマーレフットサルクラブが出場するため、また三保で清水対湘南の練習試合もあるそうなので、静岡・愛知県内に残った人もいらっしゃるのでしょうか?。夏休みを楽しんで来てください。

久光重貴応援募金もよろしくお願いいたします。

次は8月17日(土)19時キックオフで、17位のジュビロ磐田とShonan BMW スタジアム平塚で対戦します。「君たち、平塚市総合公園で、僕と握手!!」が実現します。献血でタオルマフラーがもらえます。ブルーハワイアイスはどうするのでしょうか・・・。

磐田の関塚監督は、川崎でもロンドンオリンピックでもカウンターサッカーをしていたのですが、それは磐田が嫌いそうなサッカーなので、果たしてどうなっているのかが注目です。清水戦の失態は、磐田戦で汚名返上するしかありません。前回の敗戦は日程的に不利な状態での対戦でしたので、自信を持って対戦しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

選手16位、サポーター18位。

こんばんは、週刊少年マガジンで連載中の「エリアの騎士」の主人公(江ノ島高校)がJリーグの湘南ブルーインパルス(架空のクラブです)に特別指定選手として入団したそうで、ちょっとはベルマーレにも影響があるかなあと思った、チャリ通です。少年マンガですから所属チームは当初はグダグダのチームというのは、当然のストーリーでしょう。そこからブルーインパルスがどう描かれるのかが問題です。

7月31日(水)に第18節のアウェイの川崎フロンターレ戦、8月3日(土)に第19節のホームの横浜F・マリノス戦が開催されました。

平日なので川崎フロンターレ戦は行けなかったのですが、かなり押しこまれていたものの、新加入のGKアレックスサンターナ選手(大槻周平選手、香川真司選手、中田翔選手、菅野智之選手、IMALUさんと同じ平成元年生まれ)の活躍で、逆転勝利しました。

川崎 1-2 湘南

ここ3年の戦績から、さすがにフロンターレはベルマーレに苦手意識が出てきたのではないでしょうか?。いや、ベルマーレというより髙山薫選手(フロンターレユース出身)が苦手と言ったところでしょうか?。ベルマーレがJ1に残留した場合、間違いなくフロンターレはたった2試合のベルマーレ戦のためだけに、髙山薫選手の獲得に動くのではと思われます。

花火大会など他にも行きたいところはあったのですが、スケジュールの関係で最後にベルマーレを観たのが広島戦ということもあり、今年はマリノス戦を優先させていただきました。

湘南 1-2 横浜F・マリノス

中村俊輔選手のフリーキックでGKアレックスサンターナ選手が釣りだされたところで、元ベルマーレの中町選手がミドルシュートを放ち、マルキーニョス選手がコースを変えて、マリノスが先制します。

湘南もキリノ選手のシュートの跳ね返りを梶川選手が押し込んで同点にしました

しかし、ハングギョン選手のファールでPKを与えてしまい、マルキーニョス選手に決められてしまいました。ハングギョン選手が人間ではなくボールを蹴っているのにファールという映像が、ニュース映像で繰り返し放送されましたが、東城穣主審の判定も含めてサッカーですから、仕方がありません。順位は16位となりました。

試合より気になったのは、13,786人の入場者なのに、メインスタンド、バックスタンド、サイドスタンドとも明らかに消防法違反的な詰め込みがされたことです。2010年のJ1浦和戦など、今回の試合より動員が多い試合はいくつもあるのですが、ここまですし詰めだったことはなかったと思います。招待券を配り過ぎて、入場者数発表を少なく発表(相当いたと思われる「平塚市ドリームパスポート」あたりをカウントしないなど)したと思われます。

サポートコーポレーション様が自社のお客様のためにプレゼントしたチケットで、お客様は座れなかったとか言う話があったりしたら、それはベルマーレの社長が直接謝罪してもいい失態で、こんなことをしていて動員が増えるわけがありません。改善を強く要望します。

とはいえ、常に12,000人以上の動員がございませんと、スタジアム改築なんて夢のまた夢だと思います。今回の13,786人を追加しても、ベルマーレはいまだにJ1・18位の動員です。老朽施設の多い、地方交付税交付団体で、人口減少中の平塚市は、厚木・茅ヶ崎・海老名と違って縦横に高速道路が走ってなく、駅は南部にひとつだけの、空港バスすら駅にないという、茅ヶ崎は平成25年だけど平塚は昭和88年なのでは?というくらい時間が止まった、問題先送りばかりの市です。そこからスタジアム改築費用を出してもらうのは至難の業だと思われますので、「出来ることはすべてやって、ベルマーレの茅ヶ崎移転を免れる」くらいだと思います。がんばりましょう。

どうでもいいのですが、平塚レンタサイクルのオジサマは、顔を覚えているのか毎回オイラにグチり、それの内容があまりにも酷くてアウェイサポーターに話せません。自分の倍の年齢の方に説教なんてしたくないのですが、とりあえず鎌倉は別格として、関内は105円、岐阜は100円のところを、平塚は200円とっていて、さらに平塚だけが日曜休みということをお忘れなきよう、お願いしたいところです。

次は8月10日(土)18時キックオフの、アウェイ・清水エスパルス戦です。しかし清水は人の入れ替わりが激しいですね。これでは監督も大変だと思います。この清水までがJ1残留争いと思われますので、夏の一番暑い時期の試合ですが、がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

麺や ぼんず

こんばんは、8月10日(土)に、「ひこにゃん(佐野が彦根藩飛地だったので姉妹都市)」やご当地の「さのまる(昨年4位)」らとともに「あゆコロちゃん(昨年9位)」が「さの秀郷まつり」に出演するそうで、ビナウォーク等々力あつぎ鮎まつりに続いて、夏休み中、結構忙しいんだなあと思った、チャリ通です。

昨年の9位が効いているのか、あつぎ鮎まつりで販売する今年のサンリオコラボグッズでは、ハローキティにまで鮎を乗っけさせているとのことで、結構すごいです。平塚には厚木市民デー(2013年は名古屋戦)に登場しております。栃木県佐野市には、厚木本丸亭に特注麺を卸している麺工房 かみおかがあるので、出来ればあゆコロちゃんにはPRをしてほしいところです。

本日から休暇ということで、厚木入りして、厚木本丸亭のセカンドブランドである、麺や ぼんず(めんや ぼんず)に行ってまいりました。ホームページは特にございませんので、「厚木のラーメン好きのくだらないブログ」の紹介記事(「くだらない」が実名なのだから困る・・・)を参考にしてください。

まず、このお店の問題は立地です。パチンコジリオンと同じ建物にあります。社用車で入ることは事実上不可能と思われます。さらにこのパチンコジリオンが交通の便の悪い場所にあり、まあクルマででしたらちょっと裏道に入るだけという程度ですが、バスとかでしたらちょっと歩きます。まあ家賃の安さと駐車場を優先したのでしょうね。

バスの場合は「高坪入口」または「南毛利小前」で降りてぼうさいの丘公園の前を歩くか、「柳町」または「依胡田」で降りてぼうさいの丘公園方面へ曲がって7分くらいになると思いますが、「柳町」や「依胡田」へ向かうバスが厚木市内とは思えないほど少ない(バブル期に愛甲石田駅からこの道を通って毛利台・森の里へ向かうモノレールが出来るという話があって、崩壊後にそれがなくなって、多くの世帯が騙されたかたちになった)ので、「高坪入口」から15分ほど歩くことになると思います。

カウンターのみの小さなお店で、なぜか楽天などで売っている厚木本丸亭の持ち帰りラーメンをプッシュしております。

厚木本丸亭では透き通った塩ラーメンを提供しておりますが、ここでは白濁の鶏白湯ラーメンを提供しております。味玉を追加することを強く推奨されます。また塩だけでなく味噌なども提供しております。

鶏白湯塩らー麺と味玉を注文しました。やっぱり春菊がつくあたりが本丸亭系統です。本丸亭独特のラーメンにチェーン店の天下一品のような「鶏ガラ白湯」のこってり感をプラスした感じで、おいしかったです。ご飯投入もよいスープだと思います

どっちかといえば本丸亭のほうを薦めると思いますが、これはこれでアリなので、来年1月のハマの番長の自主トレ見学の帰りあたりにいかがでしょうか?。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »