« サッカー日本代表、ブラジル行きおめでとう。 | トップページ | 今もシーズン途中ですよ »

JFL 2013 第15節 相模原vsY.S.C.C. 戦

こんばんは、昨年セブンカードがゴールドになりそうなペースということを書きましたが、6月第1週に、「6月下旬から順次ゴールドカードを発送するので、嫌なら電話ください」と封書で通知(インビテーションと言うか決定事項)を受けたチャリ通です。無料のゴールドカードに価値はないと思いますが、半分以上はセブンアンドアイ以外で使用していたので、これからは年に5万円使用しなければいけないことを気にしないで済むのは、良かったと思います。

6月9日(日)は、今月唯一のサッカー現地観戦となる、年に1試合のSC相模原戦に行きました。Jリーグでは既に栃木が「SC」を名乗っておりますが、栃木は「Tochigi Soccer Club」なのに対し、相模原は「Sports Club Sagamihara」だそうで、そういう意味では初めてのクラブ名です。

2011年2012年と年に1試合相模原戦を観るようにしておりましたが、実はホームゲームは初めてです。天気が良くて良かったです。

スタート地点は海老名駅。ここのギャラリー2 海老名店が、今春からとうとう「SC相模原オフィシャルショップ」になってしまいました。まあ1店舗1クラブで割り当てると、「藤沢店:ベルマーレ」「町田店:ゼルビア」で、機械的に「海老名店:SC相模原」に割り当てられたのだと思いますが、「ホームタウン内ひとり負け状態の平塚市」とは対極にある海老名市は、ベルマーレが取り込んで欲しいと思っているので、大変残念です(ギャラリー2 町田店の最寄りスタジアムは野津田ではなく麻溝なのに・・・)。もっとも「1,000円以上購入で先着でペアチケット進呈」という企画が2ヶ月以上経っても続いているので、ここでの相模原グッズの購入者はほとんどゼロのようです。

今は相模大野駅前は町田駅前より賑やかなのですが、海老名駅前と本厚木駅前の比較と同様で、デベロッパー主導の相模大野や海老名は全国チェーン店率が異常に高く、「ここでしか買えないもの、食べられないもの」がほとんどないので、申し訳ないですが相模大野は町田より面白くないです。そこから神奈川中央交通バスで女子美大まで行きます(神奈中なので「ちびっこ現金50円」などが使用可能)。北里大学病院までは神奈川県を代表する細い渋滞道路なのですが、別記事のとおり、まあそれは相模原市の思うつぼなのかもしれません。本気ならかなりの「立ち退き住居」が出てしまうのですが・・・。

この日の相模原の相手は、横浜のY.S.C.C.ということで、神奈川ダービーだそうです。スタジアム外周に大きなSC相模原の旗と、選手集合写真の幕が飾られています。こういうのはコストパフォーマンスのよい装飾として良いと思いますし、これから5年以上続けて集合写真を並べますと、歴史として壮観です。ちなみに当日券と招待券にも選手のカラー写真が載っており、選手を売り出したい意思がうかがえます

初めから9レーントラックを装備している麻溝公園競技場は、現在サブグラウンドを建設中で、陸上競技場としても立派なスタジアムになりそうです。照明塔がないですが、設置スペースは確保されております。大型ヴィジョンや駐車場もあり、少し改修すればJ2ライセンスはすぐに獲得できそうですが、J1ライセンスには客席が少なく、数十億円単位の改修が必要と思われ、J1に行くのは難しいと思います。女子サッカーのノジマステラとラグビーの三菱重工も相模原にあるので、稼働率の問題はないでしょう。大型ヴィジョンに応援の歌詞が表示されますが、てっきり「サガミハッ」だと思っていた部分は「相模原」という歌詞で驚きました。

なんと、ベイスターズスタジアムDJだったケチャップさんが、相模原のスタジアムDJに転身しておりました。シーレックスのときのように、試合前はラジオ調の「来場者メッセージ読み上げ」を行っておりました。去年までの相模原は高齢者が多い印象でしたが、JFLに上がったからか客席が若返っており、これはゼルビアのJFL初年度と同じでした。この試合の来場者数は2,378人とのこと。現在はメインスタンドとバックスタンドのみ解放しております。

FC町田U-15より格上を認めたくないというゼルビアと異なり、神奈川県率の高いSC相模原には、元ベルマーレも多く抱えており、小澤雄希、菅野哲也、佐野裕哉、森谷佳祐選手が在籍しております。小澤雄希選手が左サイドバック、菅野哲也選手が右MFで先発出場しました(佐野裕哉選手はこの日出場停止)

昨年のコリア戦では相模原の守備を一人で引き受け、今年マリノスに移籍したファビオ選手が遊びに来ており、ハーフタイムに紹介されておりました。ファビオ選手がいないせいか、今年の相模原の守備は普通でした。とりあえずゼルビアの選手よりは走りますね。

試合は辻選手が抜けて圧倒的に弱いY.S.C.C.を、相模原が蹂躙しておりました。レベルは「馬入に関東大学1部リーグの一軍が来ましたよ」といったところで、GKは佐川急便から来た選手ではなくて「会場で公募した素人」でも勝てたかもしれないくらい、ワンサイドでした。

相模原 4-0 Y.S.C.C.

正直、この試合のY.S.C.C.に昨年の面影はなく、福島どころかコリアとかエリースにも厳しそうで、この試合を持ってJFL最下位に転落しました。J3に行きたいという横断幕が掲げられておりましたが、現状ですと選手全員入れ替えが条件になるのではと思います。例年でしたら関東降格を覚悟しなければいけませんが、今年は残留できます。

試合終了後、出場全選手がメインスタンド下でお客様をお見送りします。野球の独立リーグでは初年度からおなじみですが、全国リーグのサッカーでは相模原が初めてなのではないでしょうか。このため選手のサインは1試合で揃えることが出来ます。こういうことは3,000人も来ないうえで、キングカズ選手のようなスターがいないから出来るわけですが、「何万人も来るから出来ることもあれば、何万人も来ないから出来ることもある」ということで、大変いい試みだと思います(連敗してても、将来toto対象になってもやるのかは、不明)。

照明塔の問題もあるので、相模原は今年はJ3参入を目指すそうです。ないものをごまかそうとすることに腐心して、ザスパを引き合いに逆ギレをし、勝利より美学で、J2「初」参戦なのに「町田の伝統」と称しているのに「市外出身選手」でポゼッションを標榜してカウンターを低レベルと言う、わけのわからなかったゼルビアと異なり、ちゃんとしたクラブだと思います。特に経営ミスがなければ、おそらく数年でゼルビアは追い越すでしょう。ベルマーレとはホームタウンを隣接しており、衆議院議員選挙区としては厚木市の選挙区に旧津久井郡と麻溝公園周辺が含まれていて伊勢原市部分よりも人口がありますし、政令指定都市でありますので、大変脅威です。しばらくJ3に停滞してほしいところです。

|

« サッカー日本代表、ブラジル行きおめでとう。 | トップページ | 今もシーズン途中ですよ »

その他」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

神奈川県でグレーゾーンの海老名が業務命令とはいえギャラリー海老名に相模原のグッズを置いて応援しようとするのはベルマーレは危機感を感じないと。大和座間愛川ベルマーレがホームと言ってる藤沢鎌倉逗子葉山もグレーゾーンだな。こちらはベルマーレサポが増えるのは平塚から遠くて難しく横須賀にマリノスがあるから。ベルマーレ的には大和座間愛川を相模原の脅威から何とかしないといけないがフロントがやる気ないから。屋台はショボいがJFL に降格したゼルビアの屋台も酷いもんで去年のJ 2を知ってるだけに寂しい。相模原のB級グルメ的なものも思い付かずダチョウ料理が食べられるらしくこれを屋台で出せばと思うが難しいか。相模原の後援会もJFL で5千円もして高いと思ったがバックスタンドの入場券が5枚つくからそんなに高いらしい。それはいらないから値段を下げろと言いたくなるだろう。麻溝の交通の便は良くないが野津田よりマシだしあれだけのスタジアムがあるから良いだろう。照明がないのは問題だが観客数もまだだし急がずじっくりやれば相模原は上がって来るだろう。選手も揃ってるしJFL 1年目でこれだけの成績だなら。それよりYSCCはどうした。辻が抜けたのは痛いがそれより守備がザルなうえ去年のゼルビアのような口だけパスサッカーをやろうとするのも問題。YSCCはJ 3目指すのか。総合スポーツクラブのサッカー部じゃないのか。仕事は自分で探して練習参加出来て週末試合に出られる選手を募集してるとこが。それでプロサッカークラブを目指すのは疑問だな。アマチュアでやれば身の丈ではないか。

投稿: 藤和不動産 | 2013年6月13日 (木) 18時50分

いつも楽しく拝見しています。
わたしも6/2に麻溝に管野さんを見に行きました。
ここでもハイタッチでお見送りをしてました。
思わずサポータクラブに入会してしまいました。
スタジアムも新しくてきれいで、
おそるべし、です。

投稿: いちおう「湘」 | 2013年6月14日 (金) 10時13分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

平塚が地域の中心地であれば何の問題もないのですが、1位横浜、2位川崎、3位平塚、4位横須賀、5位藤沢、6位相模原だった昭和30年代の気分のままで、現実には長年の失政でいくつもの街に追い抜かれている今の「交通が不便な平塚」という問題があります。在住の方と話をすることもあるのですが、馬場選手を誇大評価するところだけでなく、地元好きを通り越して「現実が見えていない、内向きな人」が多めかなあと思います。本拠地に近いほどファンになってくれる率が高いことは理解できますが、こういう内向きな人に任せれば、普及活動も内向きになるよなあという危機感はあります。とりあえず「現状維持は、当事者が加齢する分、衰退」とだけ言いたいですね。やっぱり平塚は、藤沢・厚木・海老名とは違うと感じます。あっ、海外と勝負しない日本の内向きな保守派と似てますね。

後発が先発を追い抜くには、先発を上回る「何か」を持っている必要がありますが、ゼルビアは何も持っていないのにごまかして先発を抜こうとしていた(むしろ「出来もしない方針」を立てることで「多くのしがらみ」を残した)ので、これはプロになる前後で立ち行かなくなるだろうと数年前から思っておりました。しかし相模原はそれなりに作戦を考えている普通のクラブでしたので、あとは時間が解決すると思います。気付かずにゼルビアを応援していた相模原市民は、今年後悔していることでしょうが、他クラブ的には彼らは相模原の足止めに役に立っているように見えます。野津田より麻溝のほうが近い町田駅前で営業活動できないことは、SC相模原にとっては痛いでしょう・・・。

投稿: チャリ通 | 2013年6月14日 (金) 17時50分

いちおう「湘」さん、コメントありがとうございます。

まあ麻溝公園競技場は新築ですから、いいですよね。

「J1ライセンスの15,000席は厳しそうな客席」というところが、このあとどういう拡張方針(「J1に上がれそうな頃には、別途フットボールスタジアムを新築する」など)なのかがわかりませんので、なんとも言えません。ただ、相模原は政令指定都市なので予算もあります。

2月のワンダーランドの状況を考えれば、ベルマーレであっても「お見送り」の実施は難しいと思います。巨人や阪神だとワンダーランドのようなイベントすら難しいです。

日本初の「Jリーガー兼Fリーガー」(2人目が三浦知良選手)である菅野哲也選手には、高卒6年目ですから、Jリーグの試合に出ていただきたいものです。

投稿: チャリ通 | 2013年6月14日 (金) 17時55分

海老名にギャラリー2あるのに、ユニホームを買うことができないので、毎年藤沢まで出かけていきます。海老名は湘南ナンバーではありませんので、リボンマグネットを貼ってベルサポを主張しています。試合終了後129を車で走って行くと、アウエイ・サポと東名インターまで競争ですが、私はそのまま246を走っていきます。麻溝は15分の距離ですが、平塚は40分かけて毎試合通っています。水曜日夜7時の試合だけは勤務先の都合で、無理やり外出直帰の予定を偽造しないと観戦できませんが、ホームタウン在住でない悲哀は感じません。人から海老名はホームタウンじゃないよね、と言われたら、サテライトタウンだよ、って説明してます!

投稿: 海老サポ | 2013年6月18日 (火) 19時58分

海老サポさん、コメントありがとうございます。

おお、日々のサポーター活動、お疲れ様です。マリノス初期からのスポンサーである横浜信用金庫が相模鉄道が親密なので、相鉄の駅とセットで出店している横浜信金が市外でもマリノス推しということもあり、ベルマーレもなんとか将来性がある海老名に力を入れて欲しいなあと思います。サテライトタウンとはいいご紹介ですね。

ちなみにオイラは大昔に、国道129号で当時ベルマーレだった某ジョカトーレが運転する外車に、追い抜かれたことはあります。

投稿: チャリ通 | 2013年6月20日 (木) 22時53分

たいへん興味深く拝見しました!
私の記憶している情報では、麻溝公園競技場は平成14か15?あたり整備計画が作られました。サッカーに関係する部分ではJ2規格を満たすことを目標に段階を踏んで整備する計画になっています。
直近では昨年度照明の設計予算が付きましたので遠くない時期に建設予算も付くのではないかと思われます。すごく楽しみです。

投稿: ひよこ屋 | 2013年7月 9日 (火) 00時34分

ひよこ屋さん、コメントありがとうございます。

相模原市は県が持てる権限の多くが委譲されている「政令指定都市」ですし、工場も多く、悲願の圏央道も開通しました。約40年分の投資を終えてしまったゼルビアと異なり、普通のことを粛々とやるだけで、おそらくJ2まではすんなり行けると思います(それ以上上に行くには、大スポンサー、集客、強化ノウハウなどが必要でしょう)。9レーンでサブグラウンドがある陸上競技場に照明がないことは、陸上競技的にももったいないので、出来るだけ早い完成をお祈り申し上げます。

そのうえで、あの立地にJクラブがありますとベルマーレ的にはしんどいかなあと思います。

そもそも論として、都道府県が特別市(政令指定都市・広域市・直轄市)を内含するという日本独自の仕組みは「行政の二重構造」でおかしいので、大阪都構想の「都道府県が政令指定都市を分割して組み込む」か、他国のように「特別市は県から独立」をしていただければなあと思います。県から独立していただくとベルマーレ的には「湘南県(県庁はたぶん海老名)で1クラブ」になって、いろいろやりやすいです。まあ公務員の大リストラ(特に神奈川県)につながりますので難しいでしょうが・・・。

投稿: チャリ通 | 2013年7月 9日 (火) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFL 2013 第15節 相模原vsY.S.C.C. 戦:

« サッカー日本代表、ブラジル行きおめでとう。 | トップページ | 今もシーズン途中ですよ »