« 平塚をどげんかせんといかん | トップページ | ヴォルタくんが鈴カステラではなくタヌキのマスコットだとは思いませんでした »

J1 2013 第7節 湘南vs大分 戦

こんばんは、ベルマーレのホームページに提携している福島の対戦相手として「ホンダロックSC」とあったので、「ああ、今日はロック総統閣下が福島に行く(親征)のね」と、ついでに最近の動向を確認したら、

奈良クラブについてのツイートですが、やっぱり元芸人は発想が違うなと感心した、チャリ通です。まあ福島サポーターから見たら総統閣下(今はロック委員長らしいけど)はかなりのカルチャーショックでしょうなあ。

<追記>4月21日(日)の福島の試合は、降雪で中止になりました。

4月20日(土)は大分トリニータ戦でした(以前にも書きましたが、「大分」と書いて「おおいた」と読むって、難読地名です)。前回のホームゲーム川崎戦に続き、またも雨。屋根が欲しいところです。大分にはお父様が大物の某選手がいらっしゃるので、彼の個人サポーターの動員も期待したのですが、それどころではありませんでした。大分では阪田選手が出場しておりましたが、金永基選手は帯同しておりませんでした。

湘南も大分もリーグ戦未勝利でしたので、何とか先に勝ちたい試合でした。前回の記事にちょっとだけ書きましたが、今年は勝てる試合に確実に勝っておき、来年のJ1上位進出につなげることが大事だと思っております。田坂監督には悪いですが、リーグ戦未勝利の相手にこそ勝っておきたいところです。

試合はキリノ選手が倒されて得たペナルティエリア近くのフリーキックを、永木亮太選手がきれいに決めて、先制しましたが、大分もマンシャ選手の絶妙なクロスボールを、森島康仁選手が決めて追いつかれます。

嫌な雰囲気の中、後半早々、古林将太選手のクロスボールを菊池大介選手が決めて勝ち越しました。そのあとキリノ選手が脚の筋肉を痛めて下がったのが気になりましたが、なんとかJ1リーグ戦今季初勝利を挙げることが出来ました

湘南 1-0 大分

この大分戦から変則の週2試合ペースが1ヶ月間続くので、厳しくなる前に初勝利が出来て良かったです。一方で6月は1ヶ月間公式戦がないので、ヤマザキナビスコカップを6月にやればいいのにと思うのですが、ACL参加がハンディキャップにならないようにということでのヤマザキナビスコカップ開催なので付き合わざるを得ません(肝心のACL組の成績が微妙ですが・・・)。

週2試合進行の次の試合は、4月24日(水)19時キックオフで、ヤマザキナビスコカップ平日ナイトゲームのホーム横浜Fマリノス戦です。マリノスも新潟に連勝を止められましたので、ホームで出来るこの試合ではベルマーレも勝ちたいところです。高い得点力を持つマリノスのセットプレーには要注意です。磐田に行く人はチケットアライアンスでチケットを買っておきましょう

週末には4月27日(土)16時キックオフで、J1リーグ戦のアウェイ・ジュビロ磐田戦です。先日ヤマザキナビスコカップでやったばかりですが・・・、そういえばその試合で高校は磐田の古橋選手の怪我が残念でした。

今年からホーム側とアウェイ側の陣地が入れ替わっておりますのでご注意ください(ジュビロ側は2階席増設中)。今年のジュビロ磐田はヤマザキナビスコカップ優勝を目指してJ1リーグ戦は軽視のようで、カップ戦は予選突破目前ですがリーグ戦は未勝利の18位に低迷しております(昨年の秋以降、ガンバ大阪を降格させた最終節以外で、ジュビロ磐田はJ1リーグ戦に勝っておらず、そのうえでガンバがいた席に今はジュビロがいる状態です)。しかし来週のカップ戦はジュビロは「試合なし」の節なので、湘南戦に集中してくると思います。湘南にとっては大変ですが、がんばりましょう。ゴールデンウィーク突入のファミリーJoinsデイズだそうです。

もう試合の日に雨は降らないでほしいところです。

|

« 平塚をどげんかせんといかん | トップページ | ヴォルタくんが鈴カステラではなくタヌキのマスコットだとは思いませんでした »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/51313423

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2013 第7節 湘南vs大分 戦 :

« 平塚をどげんかせんといかん | トップページ | ヴォルタくんが鈴カステラではなくタヌキのマスコットだとは思いませんでした »