« 2013年開幕 | トップページ | J1 2013 第2節 湘南vs鳥栖 戦 »

JFL 2013 第1節 町田vs福島ユナイテッド 戦

こんばんは、年に数回、馬場賢治選手の結婚について検索されてこのページにがっつりと集まるブログを運営している、チャリ通です。学生時代の知人とかでしょうか?。事情はよくわかりませんが、ここではなくご本人やリンク先の記事を掲載している方をあたってください。

リンク先のひとりが栃木SCのときに何試合か観た向慎一選手だからというわけではなく、明日が震災2周年ということもあって、町田に福島ユナイテッドを観に行きました。オイラは毎年2月に1年間のスポーツ観戦予算を決めているのですが、今年はJ2以下に「関東限定で4試合」という予算を計上しているので、新しい町田市立陸上競技場のメインスタンド内は観ておこうと思っていたら、いいタイミングで「服しません」・・・、じゃなかった「福島戦」でもありましたので、出来るだけ行く方向にしておりました。

土曜日に行けるようになったので、鳥栖戦(後日記事化予定)の前にチケットを購入しようと町田のホームページを調べたら、「野津田満員計画」となっていて、チケットが買えるのか心配でした。フリューゲルスを含めたJリーグ経験42クラブの中で1万人動員を経験していないクラブは鳥取(最高9,499名)と町田だけですので、新スタジアム初の公式戦という2度とないチャンスは生かしてくると思っていましたので・・・。しかし「全席種空席あり」で拍子抜けでした。福島と湘南が提携をしているため、ホームページやその後の鳥栖戦のアナウンスで町田での試合を宣伝していたのですが、効果はあったのでしょうか?。

鶴川駅からのバスが、公園直行かつパスモやシルバーパス・ちびっこ50円などに対応になりました。アクセスがマシになったと思います。

公園や仮設棟を含めて約50億円と、大宮公園サッカー場→NACK5スタジアム大宮の改修(約40億円)以上の費用をかけただけあり、野津田は改修前とは全く別物のスタジアムになりました。客席数が少ないようですがメインスタンドは平塚・麻溝より上の施設だと思います

名目としては9月29日・30日の東京国体サッカー1回戦と2回戦の5試合に使用されるための改修だそうです。だから工事が終わった早々にこんな記事が出ちゃうのは、ゼルビア的にまずいと思うのですが・・・。町田市は豊田市や相模原市ではないですし、どこぞの日本陸連会長のお膝元の自治体でもないので、約40年後の「次の次の東京国体」が次の10億円レベルのスタジアム投資でしょうし・・・。

試合前に、ベルマーレにも在籍されました酒井良選手の引退セレモニーがありました。お疲れ様でした。同時期にベルマーレに在籍していた福島の時崎監督が花束贈呈だったら面白かったですが、試合前なのでさすがに無理ですね。

昨年テレビの福島ユナイテッドの映像を観て、4部の東北リーグなのに関東にあんなに応援に駆けつけるんだと驚きましたが、この試合も東北のJFLとしてはかなりサポーター駆けつけておりました。そして翌日の報道のためにカメラもたくさん駆けつけておりました(ホームチームそっちのけだった)。

野津田満員計画ですが、観客動員は6,379人だったとのこと。うーん・・・、大丈夫でしょうか・・・。

福島にはベルマーレから期限付き移籍の白井康介選手(3トップ右FW)が、町田には昨年ベルマーレに特別指定選手として来ていた村上聖弥選手(2トップFW)が先発出場しておりました。おお、東邦銀行の時崎弟選手もベンチ入り(そして出場もした)です。

前半はとにかく町田の出来が悪すぎました。論外です。最後まで試合を観て「サイドからセンタリング」が基本戦術のようでしたが、左右MFの小川選手と向選手が消えてしまっているため、手前の太田・藤田選手からのパスが通りません。サッカーに熱心な町田の方でしたら、「パスサッカーは、パスを出す人以上に、パスを受ける人の動きで成立(例:中田英寿選手からのパス)するため、補強は前方の選手優先」ということくらいはわかっているでしょうから大丈夫でしょうが、素人から観たら「太田選手、下手すぎ」でしょうから、ちょっとかわいそうかなあと思いました。

福島の特徴は、とにかく「詰めるのが速い」につきます。近くにいる選手が相手より先にボールに向かってカウンターを徹底していました。

そして前半早々に、元栃木SCの鴨志田誉選手(海老名市出身、あっ、綾北中出身でもある!)が先制点を挙げました。栃木とか海老名とか出てきて、ちょっとうれしいです

ハーフタイムに野津田公園でも「煙霧」が発生して、日本なのに驚きました(黄砂かと思いました)。

後半になると、代えるべきだなあと思っていた小川・向・村上選手が、予想どおり順番に交代され、町田がガンガン攻撃しました。しかし得点ならずで試合終了し、福島が初陣を制しました

町田 0-1 福島ユナイテッド

町田については、選手が入れ替わったために戦術理解と連携が出来ていないなあと思いました。後半を観る限り弱いとは思いません。今後改善されると思います。ああ、でももう何年も町田は勝ち越しを続けていたので、サポーターは慣れていないかもしれませんね。ベルマーレサポーターは慣れています。

ベルマーレ的には気になる白井康介選手ですが、現在のベルマーレの梶川選手に似たプレースタイルで、「自分でパスカットして、そのままゴール前にドリブル」で、18歳・164cmなのに存在感を出しておりました(おかげで町田のサイドバックがベタ引き)。おそらく福島のサッカー少年のアイドルになると思います。そのうち結果も出すでしょう。町田の村上選手も応援しております。

以上、提携先のホームスタジアムに予算的に行けない代わりとする、震災の日なのでがんばったレポートでした。

|

« 2013年開幕 | トップページ | J1 2013 第2節 湘南vs鳥栖 戦 »

その他」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFL 2013 第1節 町田vs福島ユナイテッド 戦:

» 3/10 WBC2次ラウンド2回戦:日本16-4オランダ~さあ君がヒーローだ♪鳥谷敬♪+J2第2節とJFL開幕戦の結果 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
鳥谷 敬選手ヒッティングマーチ 夢乗せて羽ばたけよ♪鋭いスイング見せてくれ♪ って、ホンマに見せてくれるとわね(*≧∀≦*) 3/10 WBC2次ラウンド2回戦:オランダ-日本(日本1勝、東京ドーム、19:13、37,745人) 日  本 151 311 4|16 オランダ 000 004 0|4 【…... [続きを読む]

受信: 2013年3月11日 (月) 11時13分

« 2013年開幕 | トップページ | J1 2013 第2節 湘南vs鳥栖 戦 »