« やっと今年のチームの状態が分かります | トップページ | 民放 »

湘南ベルマーレ 2013

公式サイト:http://www.bellmare.co.jp/
昨年順位:J2 2位
本拠地:Shonan BMW スタジアム平塚
監督:曺貴裁
サプライヤー:PENALTY

今季の対戦予定
-

バスツアー・旅行会社特別キャンペーン以外での推奨移動手段(東京発)
JR東海道本線(休日おでかけパス対応)

湘南ホームタウンの名物:生しらす(相模湾沿いで春から秋にかけて)、ラオシャンタンメン(平塚市)、大黒庵ドンパリラーメン(平塚市)、たこせんべい(江ノ島)、豚漬(厚木市など)、厚木シロコロ(厚木市)、鮎(相模川・酒匂川)、大山豆腐(伊勢原市)、かまぼこ・干物・おでん(小田原市)、鯵の押し寿司(JR東海道本線駅弁)

平塚市の観光地:湘南平、ひらつかビーチパーク、平塚競輪場、平塚球場(横浜DeNAベイスターズ二軍)、ベルマーレワンダーランド(2月)、湘南ひらつか七夕まつり(7月)、湘南ひらつか囲碁祭り(10月)

湘南ホームタウンの観光地:江ノ島、大山

J1に昇格しましたので、今年も湘南ベルマーレについてまとめてみます。

クラブの歴史は公式ホームページのほうにありますが、栃木県の那須ハイランドパークから1975年に平塚市に移転をし、1994年に当時のJリーグに昇格。1999年までの6シーズンの間1部リーグ(現在のJ1)に所属してこの間天皇杯やアジア・カップウィナーズカップ選手権に優勝しました。1998年には中田英寿・小島伸幸・呂比須ワグナー・洪明甫選手がワールドカップに出場しました。しかし1999年にフジタが経営から撤退し、クラブの新規立ち上げに近い状態で2000年よりJ2で戦いました。そして2010年になってようやくJ1の舞台に帰ってきましたが、2011年と2012年はまたJ2に参戦し、そしてJ1に帰ってきました。今は日刊スポーツもWeb上にベルマーレの選手年俸を掲載(ただし大分の選手に年俸1億円をつけてしまう精度)しておりますが、おカネは持っていません!。2013年はフジタからベルマーレになって20周年となります。

おそらく現役Jリーグ監督では反町康治監督(清水東高→慶大)と並んで偏差値が高かったと思われる曺貴裁監督(洛北高→早大)の采配は、浦和・広島・鳥栖に似ている、3バックでショートカウンター狙いのサッカーです。FWも守り、DFも攻めます

なんと、24歳だと平均年齢を上回ってしまう選手層の2013年の湘南ベルマーレ。ベルマーレユース出身のうち、DF鎌田翔雅選手・MF菊池大介選手・DF古林将太選手・DF遠藤航選手といったところは23歳以下ですが、4人ともトップチーム歴4年目以上(特に菊池選手はトップチーム7年目)で、下手な大卒選手より経験を積んでおります。
同じくユース出身のMF猪狩佑貴選手とFW馬場賢治選手が平塚出身選手で、
川崎ユース出身のMF永木亮太選手(主将)とFW髙山薫選手が後方からゴールを狙い、
FWキリノ選手とMFハングギョン選手が攻守の要で、
Jリーグで実績のあるMF下村東美選手とFW古橋達弥選手が支え、
FW武富孝介選手とDF大野和成選手などの期限付き移籍選手も期待されるクラブです。

ホームスタジアムで平塚市総合公園内にある平塚競技場は、2012年3月よりShonan BMW スタジアム平塚という名称になりました。2010年はセレッソ大阪だけが大型ヴィジョンを体験できましたが、基本的にベルマーレ平塚時代の施設のままです。高速道路誘致で海老名・寒川・茅ヶ崎に敗れ、先送りしてきた複数の公共施設の建て替えがとうとう限界になったため市の出費が激しく、目に見えてベルマーレホームタウン内でもっとも衰退している平塚市なので、スタジアムの建て替えは当分ないと思います。

最寄駅はJR平塚駅になります。有料シャトルバスか、徒歩20分(歩道にキングベルⅠ世のタイルが貼られている)か、駅からレンタサイクルになります。結構「駅から徒歩組」は多く、キックオフ1時間くらい前までに駅北口をフラついていれば観客らしき人がいるので、ついていけばよいと思います。神奈川中央交通は、土日休日に限り神奈川中央交通の通勤通学定期券所有者は現金限定100円土日休日に限り子供料金が現金限定で50円ですので、湘南ベルマーレ戦にお越しの方はご利用をご検討ください。小田急線伊勢原駅からもバスがございます

県外からクルマで向かう場合は東名厚木ICから国道129号を南下すると到着します。小田原厚木道路に平塚ICがありますがここからですと遠いです。2013年3月の時点では圏央道は相模原愛川IC-海老名JCTまでしか開通しませんので、甲府・FC東京サポーターはまだ恩恵を受けられなさそうです。

駐車場は無料で、平塚市総合公園内、平塚警察署隣駐車場、浅間緑地(平塚市中央公民館北)などが状況によって開かれますが、特に平塚市総合公園内は駐車場が不足しておりますのでなるべく利用しない方向でお願いいただきたいところです。駐輪スペースは公園内にたくさんございますので、チャリ通はおすすめです。

バス・タクシー依存地域のわりには平塚駅前ロータリーが狭いため、平塚駅から定期発着の長距離バスは発着しておりません(藤沢駅・横浜駅に電車移動してください)。裏技的には総合公園バス停から田村車庫へバス移動し、ここから空港バスで羽田空港に移動する方法があります(もちろん羽田空港から田村車庫に行くことも可能です)が、オイラは田村車庫のバスは利用したことがないので、責任はとれません。

残念ながら現在の平塚市最大の繁華街は平塚駅北口ではありません。上記の田村車庫がある平塚市田村が一番の繁華街となってしまっております。以前「ナイトゲーム終了後に平塚駅に向かって歩くと、およそプロスポーツもある街の21時とは思えないほど暗い」と言われたことがあり、確かにそうだと思います。今オフにアイリッシュパブチェーンの「CELTS 平塚店」が開店したりしておりますので、今後アフターゲームの改善があればとは思います。

今シーズンは土曜開催が多くレンタサイクルも利用可能ですし、ゾロもやってます。常設グッズショップは梅屋ユーユー館1階にございます。

練習は主に馬入ふれあい公園サッカー場で行われております。主に河川敷の天然芝サッカー場で練習をしているため、夏以外は川からの風でかなり寒いので注意してください。選手は可能な範囲でサインや記念撮影に応じてくれます。平塚市総合公園も馬入ふれあい公園サッカー場も平塚駅からレンタサイクルでいける範囲内にあるといえますので、よろしかったらレンタサイクルもご利用ください。

試合観戦後の食事や観光については、よろしかったら当ブログの「平塚市」「厚木市」「小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡」「旧相模国」カテゴリーも参考にしてください。試合会場でも場外でフードパークが開催され、飲食面で好評を得ておりました。「ミシュランガイド東京・横浜・湘南 2013」には湘南地区から掲載されたお店もあります。

ちなみに代表クラスの男女ビーチバレー選手はベルマーレ以外も含めてほぼ全員が平塚でも練習をしておりますが、土日に見つけるのは困難です。平日の試合のない時期にでも湘南ひらつかビーチパークに行ってください。

今年のスローガンは「蹴躍」だそうです。例年通り、オイラにはよくわかりません。ユニフォームはPENALTY(ウインスポーツ)の提供です(J1初参戦)。

スタジアムナビゲーターは田子千尋さんと三村ロンドさんです(彼らと音響スタッフと合わせて「ベルマーレ放送部」と呼ばれている)。三村ロンドさんはオイラの4倍以上アウェイにも観戦に行っておりますので、他クラブサポーター様も見かけたらひやかしに声をかけてあげてください。クラブのマスコットはスポーツ関係では珍しい高齢の男性であるキングベルⅠ世が起用されております。2012年もHAN-KUNさん(湘南乃風)にミニライブを行っていただき、盛り上がりました。2013年もベルマーレクイーンを採用するそうです。

すぐそばに湯乃蔵ガーデンというスーパー銭湯がございます。雨天時や寒かったり暑かったりした時に何かと便利と思います。

おみやげは、

0円コース:Shonan BMW スタジアム平塚に着いたら、ベルマーレ12の「無料会員」または「ブルー会員(当日券と同じ料金で1試合分のチケットが付くので、事実上無料)」になると、その場でピンバッチがもらえます。

500円コース:Shonan BMW スタジアム平塚のそばで1回500円のガラポンがあり、末等が「ベルマーレクッキー500円)」などです。1等は選手着用ユニフォームやプラクティスシャツで、次節以降のホームゲームチケットなどもございますので、ぜひ挑戦してください。

その他:厚木市のサンクトガーレンオリジナルビールを販売しており、持ち帰り用瓶ビールもございます。

<追記>
国内トップリーグであるJ1に参戦するということは、テレビ神奈川・NHK地上波/BS・BS-TBSなどといった「今や誰でも観られる媒体」でも放送されるということを意味し、既にホーム開幕戦(鳥栖戦)はNHK-BS1での生放送がNHK側で発表されております。スポーツニュースでも放送されます。本社のプレハブ脱却元年を成功させるため、そこには大勢の来場者がいるところを映したいものです。

|

« やっと今年のチームの状態が分かります | トップページ | 民放 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/49224647

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南ベルマーレ 2013:

« やっと今年のチームの状態が分かります | トップページ | 民放 »