« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

J2 2012 第42節 町田vs湘南 戦

こんばんは、昨年エポスカードゴールドが発行され、今年イオンカードゴールドが発行され、イオンの近くからイトーヨーカドーの近くに引っ越した関係で利用が大幅に増えたセブンカードも、来年ゴールドになるペースらしい、チャリ通です。

これらのほかに入社時に発行されたコーポレートカードとUCカードプライズもあってゴールドカードを必要以上に所有しておりますが、すべて年会費無料ゴールドカードなのでむしろ貧乏くさく、微妙です・・・。ただ、数%の割引や、指定の場所でジュースが飲めること、旅行保険が付くという特典のために、セブンカード以外も保有してたまに使っております。

皆様既にご存じのとおり、11月11日(日)という非常に覚えやすい日に、

町田 0-3 湘南

で、湘南ベルマーレがJ2・2位となり、J1復帰を決めました

11月中旬に書く時間がとれず、記事化が出遅れてしまいました。

まずあちらにとっては「酒井良選手の日」だったと思われる町田戦についてですが、

町田市立陸上競技場のメインスタンドが結構出来ていて、完成したら市原臨海競技場のメインスタンドのように、「ここから先は旧スタンド」「ここから先は増築スタンド」とわかりやすそうだなあと思いました。

メインスタンドが建設中のため、「昇格決定戦かつ残留決定戦」であったにも関わらず、たった7,139人しか入場できませんでした。せめて夏のニッパツ三ツ沢くらいの席があればベルマーレサポーターにも行きわたったと思われ、残念でした

この試合で、なぜ町田がJ2ライセンスの基準として1万席の確保を要求されるのかがわかったのではないでしょうか?。年に数試合は「普段の倍以上の集客」を普通にさばけないと、平均集客も上昇しないものなのです。町田はチケット代も安いので、おそらくこの試合のチケット売り上げもたった1,000万円前後だと思います。「toto対応の夏の九州遠征」1回分(20名以上・航空機移動・前泊・後泊・食事支給・バスで会場入り・用具運搬あり)に最低数百万円かかることを考えれば、町田のバックにはLEOC並みの支援をしている企業でも付いているのかなあ?と思います(準加盟以外のJFLだと、沖縄以外は夜行バスで当日朝会場入りし、帰りも夜行バスで翌日朝出勤が基本なので、経費は安いもののホームとアウェイの強さの差が大きい)。

キックオフから1分ちょっとで、古林将太選手のクロスをキリノ選手が押し込んで、もう先制!。古林選手のセンタリングからの得点パターンが多いことは、湘南戦のダイジェスト映像を見れば誰でも気づくものですが、町田の選手は自習すらしないのか、能力不足で対策をとってもダメなのかのいずれかでしょう。いずれにしても、この時点で湘南の昇格を確信しました

その後、引き分けすら許されない町田が反撃を試みますが、前の試合「悲壮感いっぱいだった鳥取の選手」とは気合いが違っているようで、町田は湘南のDFが戻ってくるまで時間を稼ぎながら前進をしてくれるため、あまり怖くありませんでした。カウンターはダメで、相手のディフェンスが全員戻ってから改めて攻撃を開始するという横綱相撲が、美しいサッカーということなのでしょうか?。というか30代の選手が多めのせいか、鳥取の選手と比べてダッシュが遅めです。とりあえず教員が主体だったらしいクラブが「○○はダメ」を推進しているのは、どうかと思います。

前半終了間際に、ゴール前の混戦から髙山薫選手が押しこんで、理想的な時間帯で追加点が入りました

前半終了時点で、西京極の2位・京都は、首位甲府と0対0。このままいけば3位・湘南が京都を抜いて自動昇格ということで、期待が膨らみました。

後半も古林選手のパス(町田はハーフタイムの修正もしていない?)を、大槻"丹波乃風"周平選手が決め、3点差になりました。この頃から京都の途中経過を携帯電話・スマートフォンでチェックしながらの人が多かったのではないでしょうか?

最後に湘南ベルマーレ初年度から在籍している坂本紘司選手を投入して、試合を締めにかかりました

そして試合終了。と同時に京都が甲府に勝てなかったことも判明し、J1昇格の歓喜の渦となりました(甲府とはいいダービー関係になりそうですね)。J2優勝できなかったのは残念ですが、前回の3位昇格を上回る結果は、大変素晴らしいと思います。

まだまだ「桂馬的な動きが出来る」古橋・馬場選手あたりが出ていないと、「香車4枚攻撃」みたいで工夫がないところが気になりますが、大槻・岩上選手あたりを育成しながらの昇格でしたので、今後に期待したいところです。前回の昇格は、田村・ジャーン・アジエル選手で昇格したのに、J1で彼らが怪我でほとんど出られなかったという、「冗談みたいな展開」でしたので、今回の若い主力選手に期待です

おお、村松大輔選手も反町康治前監督も、ベルマーレ昇格について触れている・・・。

テレビ解説の菅野将晃さんは元ベルマーレ監督で、ひいきにしていただいておりますが、長男がゼルビアU-18・U-15のコーチなので、複雑だったのではないかと思います。Jリーグから町田ユースに対して補助金が出るということで、安心されたと思います。ただ数年もすればJリーグ準会員クラブも何チームも出るでしょうから、補助金が廃止になる前に町田も昇格したいところだと思います。

町田は、守備崩壊の実績充分のアルディレス監督を呼んだ時点で、多くのJリーグ関係者は今年の結果はある程度予想できていたはずなのですが・・・。まあその対応も含めてチーム力だと思いますので、相模原に集客で負けないようにがんばっていただきたいところです。

でも、町田駅からは麻溝公園競技場のほうが近く、電車バスなら日産スタジアムのほうが近いというのが、厳しそうですね。「10億円+準備期間なしで30億円+プレハブ2億円」で他のJクラブより背負っているものは大きかったはずなのですが、他の21クラブと違って「勝つことよりも、美しさ」を選んだのですから、文句はないのでしょう。町田に限らず、J2に昇格しようとしているところは、その前の5年くらいを「勝ち越し」て終えているため、降格するくらい負けることに誰も慣れておらず、その後苦労するところが多いですが、がんばってください。町田には天皇杯もありますし・・・。

未来が読めていれば、東京女学館大学跡地に、ゼルビアとキヤノンイーグルスと共同で、「ラグビーワールドカップと東京オリンピックを見据えた、フットボール専用スタジアムを、グランベリーモールの近くに建てます」とかなっていたのでしょうが・・・。

来年は、
J1:FC東京・川崎フロンターレ・横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ
J2:東京ヴェルディ・横浜FC
JFL:FC町田ゼルビア・YSCC・横河武蔵野FC
(SC相模原にもJFL昇格の可能性あり)

なでしこ:日テレベレーザ
チャレンジリーグ:スフィーダ世田谷・ノジマステラ神奈川・日本体育大学FC

Fリーグ:府中・町田・湘南

東京都と神奈川県だけで最大17チームもサッカー系全国リーグクラブがあるという、えらいことになっております(でも人口も税収も「福岡県+佐賀県+大分県 < 神奈川県」です)。「そこでなぜ、湘南ベルマーレなのか」にこだわっていかないと、生き残りは厳しいと思います

今日は疲れたのでここまでとします。人事やまとめなどは別の記事で。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

最終戦が大変!(2)

こんばんは、最新記事よりもバックナンバーのアクセスのほうが多い当ブログですが、毎年注目度の高い東京農業大学収穫祭はオススメである、チャリ通です。今年は「ゼビオの永里亜紗乃さん」についての検索で当ブログに来られる方が多いので、驚きます。原菜摘子さんともども、ゼビオはいいスタッフを雇えましたね。永里亜紗乃選手は明日のJ2の裏で開催される試合で、お姉さんも獲ったことがある「得点女王」がかかっておりますので、がんばってください

さて、明日11月11日(日)はJ2最終節です。全カード一斉キックオフで、湘南ベルマーレは13時に町田市立陸上競技場で、FC町田ゼルビア戦です

既にチケットは完売で、当日券の販売もないそうです観戦ルールも変更され、入場ゲートと座席が通常の試合から変更されているのでご注意ください突然「ホームAA席」「アウェイAA席」なんて出来ておりますが、「AA席のうちベルマーレを応援する人のエリアがアウェイAA席」ということですので、「AA席」のチケットで入場できます(普通だったら問題ですが、ゼルビアではこのくらいのことは普通にあるので、感覚がマヒされている)。

観戦ルールのページによると、8,000人ちょっと収容の半分がアウェイ側なので、約4,000人くらいということなのですね。満員とかなっておりますが、夏のニッパツ三ツ沢に行ったベルマーレサポーターのほうが多そうです。収容人数の少なさのデメリットを町田はモロにかぶっております。2011年までの町田といえば、「招待券の引換所がヴェルディ・横浜FC並みに大盛況」というイメージで、なんとか平均動員をクリアしたレベルでしたので、こういう事態は想定外だったのかもしれません。

心配なのはお天気です。当日は午後から雨の予報が出ております。町田市立陸上競技場は屋根はもちろんコンコースすらないので、雨に当たることを覚悟して観戦してください。試合中は傘はだめですよ。湯乃蔵ガーデンのような便利な施設もなく、最悪そのままバスにのる必要があります。

遅くとも午前中に野津田公園入りをしてください。駐車場がない野津田公園にはバスで移動するしかないのですが、産業能率大学前のような道路なので、道路事情はよくありません。また、町田側にとってこれだけの人数をさばいたことは、甲府戦、千葉戦くらいしかないでしょうから、乗降が混乱する恐れがあります。10時くらいまでに鶴川駅に到達すれば、「あせってイライラ」なんてないでしょう。なお町田駅のバスは長時間なのでおすすめしません。

残念ながら、工事中のため町田市立陸上競技場のトイレは仮設です。野津田公園のトイレをご利用ください。

その他、ゼルビアのスタッフさんの指示に必ず従いまして、試合をお楽しみください。「プレハブのメディアセンターと、増築中のメインスタンド」という光景を見られるのも、この試合が最後です。

現在3位の湘南ベルマーレは、この試合で自動昇格2位への上昇がかかります。現在の2位は京都なのですが、京都の対戦相手は既に優勝を決めたヴァンフォーレ甲府です。湘南と京都勝ち点差は「1」なので、「京都:引き分け、湘南:勝ち」で良いのですが、甲府はこの試合にJ2無敗記録「24」がかかっており、当然無敗を維持して昇格をしたいところだと思います。

ポイントは甲府はダヴィ選手が出場停止なところです。今年の甲府はダヴィ選手頼りのサッカーで、当初は永里・柏選手にも期待していたようですがうまくいかず、フェルナンジーニョ選手を獲得してダヴィ選手のアシスタントにさせたことで、今の強さがあります。ダヴィ選手がいないのは本当に痛いのですが、レンタルのダヴィ選手を買い取る資金が甲府にはないので、ダヴィ選手がいなくてもそれなりにやれるというところを、チームとしても見せる必要もあります。相手の京都にしてもダヴィ選手対策がパーなので、そこも期待したいところです。京都と甲府は人的交流が多いクラブ同士なので、このタイミングではやりにくそうですが、甲府から遠征するのは京都より湘南のほうが圧倒的ラクなので、甲府に「がんばり甲斐」はあると思います。永里源気選手に期待です。

4位大分、5位横浜FC、6位千葉ですが、「湘南が勝てば、4位以下は絶対に湘南を追い越せない」ので、下は気にしないでやればいいと思います。たとえ京都を抜けなかったとしても、「プレーオフは3位と4位はホーム開催」「プレーオフは上位は引き分けで勝ち上がり」があるので、ひとつでも上の順位にいるほうがいいです

その他のプレーオフ圏内クラブの試合で注目なのは、横浜FC対岐阜の試合です。得失点差争いになると不利な横浜FCの対戦相手は、町田の成績次第で降格の可能性もある岐阜。必死で点を獲りにいくと思われるホーム横浜FCに、岐阜がどのような試合をするかは、注目です。

対戦が近づいてきましたので、ときどき当ブログに大口アクセスを提供する「今日のFC町田ゼルビア」を拝見させていただきました。話題とかから推測して、オイラより年上の昭和30・40年代生まれの人が多いようですね。やたらと「ボトムズ」という言葉が出てきますが、ボトムズの主役の声優さんは平塚在住で劇団を主宰しておりますので、よろしくお願いいたします。

ベルマーレも昇格・降格をしたことがあるクラブなので分かるのですが、「昇格クラブの報道で使いたい写真は、相手ゴールにシュートを決めたシーン」であり、「降格クラブの報道で使いたい写真は、自軍のゴールにシュートを決められたシーン」なんですよね。となると、今度の町田戦はどちらの考え方からも、修行選手の後ろに報道スチルカメラマンがずらりと並ぶことが予想されます。とにかくJリーグ史上初の「昇格候補と降格候補による最終戦」ですので、いろいろ大変な試合です。

前回の記事のとおり、負傷・出場停止・代表選出で、この試合の湘南はベストメンバーとはいえません。確実に勝てる相手ではございませんので、気を引き締めて対戦したいものです

どのような結果になっても、「観客を含めてフェアプレー」で行きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最終戦が大変!

こんばんは、昨晩の調理でたまたま盛田の調味料を使用していて、ここの第16代目当主がベルマーレにおカネを使ってくれていればなあと思った、チャリ通です。15代目が財をなした会社が厚木に大拠点を持っているのですし・・・。

11月4日(日)はJ2第41節のガイナーレ鳥取戦が、ガイナマンを迎えて、Shonan BMW スタジアム平塚で、ホーム最終戦として開催されました。

J2残留を決める可能性があった鳥取は、「引きこもって守り、カウンター攻撃」で湘南に対抗しました。湘南は「相手が守備的MF10人」っぽかったホーム愛媛戦のように攻めあぐねる展開で、ゲーム終盤まで引き分けの危機があったのですが、87分に途中出場のキリノ選手が先制ゴールを挙げ、なんとか鳥取に勝つことが出来ました。最終戦セレモニーで曺貴裁監督がカラオケをするとは思いませんでした。

湘南 1-0 鳥取

なお、鳥取戦のマッチデープログラムで12月16日(日)の湘南ベルマーレフットサルクラブの試合(神戸戦)に無料入場できるようですので、ご検討ください。ちなみにJ2町田戦の日の夕方にFリーグ町田との練習試合もあります

開幕前からU-19日本代表主将就任が有力視されていたDF遠藤航選手の件があるので、Jリーグも離脱期間は2桁順位候補ばかりを湘南に組ませ、特にホーム最終戦は「全席黄緑」が狙える相手を組ませることで、誠意を見せたのかもしれませんね。

他会場の結果を合わせ、湘南は「2位京都に勝ち点1差」の3位で変わりませんでしたが、とりあえずプレーオフ進出を決めました。最終節の次節で2位から6位までになる可能性があります。

第41節でヴェルディ・山形・栃木がプレーオフを逃がし、京都・湘南・大分・横浜FC・千葉がJ1昇格プレーオフ進出以上を決め、6位以上の枠が埋まりました山形はJ2前期単独首位でしたが、前期終了後に複数の若手主力選手を手放したヴェルディともども、後期は歯止めが利きませんでした。

一方でJ2残留争いのほうは、町田が水戸で引き分けたなどがあって、最終節も富山・鳥取・岐阜・町田がJ2残留争い続行となりました。とはいえ得失点差の関係で、富山の降格は事実上なくなったと思います。個人的には第41節の鳥取でしたら、3月からチームが崩壊していた福岡とのホームゲームには勝てそうな気もします。

J2昇格争いのほうは、長崎がJFL2位以上を確定し、入替戦以上を確定しております。

で、リーグ最終戦となる第42節のベルマーレの対戦相手は、まだ最下位が確定していないFC町田ゼルビア戦となりました。残留にせよ、降格にせよ、水戸で決めてきて欲しかったです。

町田は「自分たちが勝つことがJ2残留への最低条件」ですので、勝ち点1でOKだった第40節の富山や第41節の鳥取のように、「引き分け狙いの闘い」が出来ませんホームでの町田戦を思い出すと「DFラインだけで湘南の10人を相手にしていて、MFとFWは攻撃も守備もせずウロウロしているだけ」という珍妙な試合でしたが、あれから時間が経っているので、同じような試合になるかはわかりません

湘南は中村選手と、結局アフロに戻った馬場選手などが負傷離脱、遠藤選手は代表召集に加えて、町田戦は菊池大介選手が出場停止なので、ベストメンバーとは言えないですし、絶対に甘く見てはいけません

前日の11月10日(土)に、町田に近い三ツ沢陸上競技場で長崎の試合(YSCC戦)があり、引き分け以上で長崎の優勝が決まる(<追記>長野の試合が日曜夜なので、長崎の優勝は決まりません)ので、町田サポーターでこちらにも行ってYSCCを応援する人がいるかもしれませんね。

前々回前回と告知しましたが、工事中の町田市立陸上競技場がJ1規格の半分しか入らないため、チケットがないそうです。しかしJリーグ史上初の「昇格争いと残留争いの最終戦対決」からか、J2にしてはテレビ関係が比較的充実しております。

まず平塚駅前ではパブリックビューイングが開催されます。まずはこちらをご検討ください。

J2はスカパーのみでの放送がほとんどなのですが、この試合では朝日放送子会社のスカイ・A sports+(阪神タイガース戦の全国中継で有名)でも生中継を行いますので、ケーブルテレビのみ加入されている方でもこのチャンネルでご覧いただけます

本日はここまでとします。余裕があれば今週あと1回書くかもしれません。

うーん、湘南が勝っても、町田が勝っても、勝ったほうが負けたほうに気を使って大喜びしにくい試合というのが、非常にやりづらいです。どちら側も、不人気なほうの横浜が何年かおきに出して、自分たちをさらに不人気にしている「変な横断幕・旗・ゲートフラッグ・歌詞」とか用意しないでいただきたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »