« 9月上旬 | トップページ | 関東サッカーリーグ1部 後期7節 FC KOREAvs相模原 戦 »

第92回天皇杯2回戦 湘南vs愛媛 戦

こんばんは、FIFA U-20女子ワールドカップの競技レベルが、本気を出した時のINAC・ベレーザ・レッズレディース単体より低いなあとは思いましたが、年齢相応にかわいい選手を数名アピール出来、「3位」という結果も伴って良かったと思う、チャリ通です。今回の代表から3年後の女子ワールドカップに行けるのは、5人もいないのではないでしょうか?。A代表目指してがんばってください。

そんなFIFA U-20女子ワールドカップ3位決定戦や、県立平塚中等教育学校運動会という集客力のある大会の裏で、9月8日(土)に天皇杯2回戦の愛媛戦が、県立平塚中等教育学校の裏にあるShonan BMW スタジアム平塚で開催されました

快晴の真夏日に昼間の試合という厳しい試合に対し、ベルマーレは控え組中心で挑みました。控え組ではありますが、ディフェンス勢は10月下旬以降の遠藤航選手離脱を想定したテストを兼ねていたように見えました。対する愛媛はベストメンバーに近い構成でした。

試合内容は・・・、攻撃陣がグダグダでした。レギュラーとの差は大きいなあということが実感できました。さらに「普段はベンチメンバー」と「普段はベンチ外メンバー」との間にも差があるように見えました。坂本・中村・ハングギョン選手と結構離脱選手がいたうえでの控え組ですからね・・・。

馬場選手がキリノ選手に押し出されレギュラー落ちした理由は、横浜FC戦で予想はつきましたが、残念ながらこの試合で証明されたなあと思います。スポーツはフィジカル勝負なので、フィジカルが劣ると厳しいです。また、20歳の宮崎選手にJ2は荷が重かったかもしれません。

後半開始早々に大槻 "丹波乃風" 周平選手を走らせて先制点を獲り、そのまま逃げ切りました

湘南 1-0 愛媛

相手もJ2なので控え組で勝てるか心配だったのですが、勝つことが出来ました。2試合連続勝ち越し弾となった大槻選手や、出場試合で初めて勝った松本選手など、自信につながった選手も多いと思います。選手層の底上げに成功と言えるのではないでしょうか?。誰が出てもそれなりに戦えることは、理想的です。

逆に愛媛FCは、アウェイとはいえ、ベストメンバーに近い布陣で、同一リーグの控え組に負けたという痛い試合になってしまいました。守備はそれなりに形になっておりましたが、攻撃が「とりあえず教科書通りにやってみた」状態で、ギクシャクしておりました。今季は22節(2巡め初戦)以降公式戦で勝てていないということが納得できてしまいました。21節までに貯金をしている関係で、今季でのJFL降格の可能性は低いと思われますので、10月7日(日)のリーグ戦での対戦まで、この調子で行ってもらいたいものです。愛媛は今年湘南を倒した4クラブの一角なのですから、この試合よりもリーグ戦のほうで勝ちたいです

湘南の3回戦の対戦相手は、柏レイソルU-18を倒して勝ち上がった柏レイソルトップチームとなりました(素晴らしいと思います)。前後にJ2の試合がある平日の試合なので、正直この試合も湘南は控え組だと思います。そういう意味では、「愛媛戦に勝ったおかげで、控え組はもう一回アピールのチャンスを得た」と言えます。2回戦出場メンバーはがんばってポジション奪取をしてもらいたいものです。ちなみに3回戦の前が、今回倒した愛媛戦(ホーム)、3回戦の後が、J2優勝争いの相手である甲府戦(アウェイ)です

なお、

J1優勝争い中の広島が、愛媛県代表のFC今治に敗退
J2首位で湘南戦を控えた甲府が、福島県代表の福島ユナイテッドに敗退
前回優勝のFC東京が、東京都代表の横河武蔵野FCに敗退

ということで、他にも数クラブのJクラブが不覚をとりました。負けるのは仕方がないですが、これがリーグ戦にどう影響するのか(特に甲府)が気になります。愛媛FCは今回の帰り道がキツそうです・・・。

今週金曜日にリーグ戦で湘南と対戦する草津も、湘南の試合の翌日に鳥取に、主力中心で出向いた上で、敗退しました。そして中4日でまた平塚に出向くわけですから、なかなかしんどいと思われます。この試合は確実に勝ち点3を獲りたいところです

|

« 9月上旬 | トップページ | 関東サッカーリーグ1部 後期7節 FC KOREAvs相模原 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

 いや、主力中心なわけじゃなくて可動メンバー全部使ったらああなっただけです。
 今は心の底から天然芝の練習場が欲しいですねー。

投稿: ただもの | 2012年9月13日 (木) 19時51分

ただものさん、コメントありがとうございます。

ベルマーレは社長の本業(家業)が湘南造園社長ということもあって、平塚市の支払いで芝生だけは恵まれており、他会場の芝生がえらいことになっていても平塚競技場だけはまあまあの品質を保っていたということが多いです。おかげで湘南造園は川崎フロンターレ御用達にもなりました。おそらく湘南の芝は選手獲得のセールストークにもなっていると思います。そういう意味ではベルマーレは恵まれており、感謝です。

人工芝も芝の長さなどからピンキリのように思いますが、地面が土でなくゴムで、芝が水分を持っていないため、夏は基本的に暑いというイメージもあります。

投稿: チャリ通 | 2012年9月15日 (土) 08時58分

U-20女子代表の身体が小さい事とフィジカルの弱さは何とかしないとこれからアメリカやドイツといった強豪チームと戦うには絶対に必要。 なでしこはスピードとテクニックとパスワークで勝負するだろうが。この中からなでしこ代表になる選手は確かに少ないかな。まだ若いからのびしろがあるとも言えるがなでしこブームと言って甘やかしてたらダメだね。何故身体のデカイ選手が少ないかというのはテレビの特集でやっていて女子サッカーチームが極端に少ないのが一番の問題らしい。特に小学校までは男子チームと一緒にやったり女子チームがあったりするが中学校になると女子サッカー部が少ない事や男子サッカー部とやるしかなくなり着替えが男子サッカー部と同じ場所というのが理由らしい。女子中学生が男子と着替える場所が同じだといくらサッカーが好きでも続けるのは難しくなるのもわかる。サッカーを続けるにはJクラブの女子サッカーチームのユースに入るかなでしこリーグやその下のカテゴリーチームのユースに入るしかサッカーを続けるしかない。それを何とかしないといけない。天皇杯は何故か見に行く気にならず行かなかった。天皇杯を勝つのはいいがそれだけ日程的にきつくなり優勝争い昇格争い残留争いをしてるチームにはどうなんだろう。露骨にメンバーを落としてやる気ないのが見え見えなのも問題だが。優勝したり昇格したり残留するのが大事なわけで若手控えの選手には絶好のアピールする場でもあるだろうが。ザスパ戦は平日仕事のため前座のベルマーレOBの試合や前半は見れずにお得な後半割りチケットで観戦したが完勝と言っていいだろう。ザスパの攻撃が元ベルマーレの小林のドリブル裏への飛び出しくらいしかなくベルマーレDFは守り易かったのではないか。それくらいザスパの攻撃は迫力なかったね。これで監督交代も有り得るし下手したらベルマーレの前身のフジタでプレーした植木GMも危ないね。両SHの高山古林が怪我したのが気になる。今のベルマーレの戦術を機能させてる両SHの選手が怪我をしたというのは気掛かりだろう。キリノが2点決めたがFWの軸になったと言えるだろう。前見た時より攻撃は勿論最終ラインまで下がって守備も献身的にやるし運動量もあるし別人のようだ。それに比べて馬場は守備も献身的にやらないし攻撃もスピードフィジカルもイマイチ。控えになるのもわかる。

投稿: 藤和不動産 | 2012年9月16日 (日) 00時52分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

この記事は愛媛戦の記事なのですが・・・。

馬場選手は平塚市民の集客に多大に貢献しております。湘南と言っても平塚にあるクラブですから、この働きは「替えがきかない」と思います。

とはいえ、ベルマーレホームタウン内で最もスポーツが盛んではない平塚市史上初の「活躍できたスポーツ選手」だからか、平塚市のサポーターの方の馬場選手への親バカ級の盲目えこひいきぶりには、オイラは非平塚市民なのでドン引きなところがあります。馬場選手の先発落ちは現在の戦力からみれば納得できますので、なかなか難しいところがございます。ご意見と違って攻撃センスはあると思いますが、フィジカルをなんとかしませんと、来年J1に上がってしまったら、2011年と同様にベンチ外だと思います。

ベルマーレはとりあえず残り試合では甲府戦と千葉戦に注意が必要です。次の岡山戦の89分で古林選手はわざと遅延行為でイエローカードをもらい、2試合出場停止を岐阜・熊本戦に調整する戦術も必要かと思います。

投稿: チャリ通 | 2012年9月16日 (日) 10時14分

 ザスパの監督交替は毎年言われてることですが、さすがに3年めの今年で最後でしょう。もっとも貧乏で動員ボトムズのチームの監督の引き受け手が見つかれば、ですが。
 山形が大コケしたら奥野さんという線もあるかな?

 古林はそういうの(終盤に遅延行為を行うことを終盤まで覚えている)苦手そうですが、十八番のジャッジへの不満だと2試合じゃすまなくなるかもしれないですしね。

投稿: ただもの | 2012年9月16日 (日) 18時44分

ただものさん、コメントありがとうございます。

さすがに山形の2桁順位は今から考えにくく、この冬の奥野監督解任はないかと思いますが・・・。

とりあえず古林選手の累積警告の数が心配です。千葉戦のあとはほぼ確実に遠藤選手が不在になるので、千葉戦のあとではなく、甲府戦の前で休んで欲しいものです。本当はザスパ戦の89分でやって欲しかったですが・・・。

投稿: チャリ通 | 2012年9月17日 (月) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/47025715

この記事へのトラックバック一覧です: 第92回天皇杯2回戦 湘南vs愛媛 戦:

» 9/8 天皇杯2回戦:湘南1-0愛媛【生観戦】+阪神がナゴドで今シーズン初勝利【ラジオ応援】など [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
昨日はShonanBMWスタジアム平塚で天皇杯2回戦【湘南ベルマ-レ対愛媛FC】を生観戦。 天気予報ではにわか雨も想定されたので、奮発してSA席(前売2,000円/リーグ戦では指定席部分)にして、開門前に早めに並んでここでは数少ない屋根が機能している上段に座ったんで…... [続きを読む]

受信: 2012年9月11日 (火) 05時41分

« 9月上旬 | トップページ | 関東サッカーリーグ1部 後期7節 FC KOREAvs相模原 戦 »