« ああ、夏休み | トップページ | J2 2012 第26節 湘南vs北九州 戦 »

J2 2012 第25節 湘南vs山形 戦 +次節も福島の子を迎えてホームゲーム

こんばんは、2011年春にJAあつぎと各商店街がキングベルⅠ世の旗を作成して、商店街の電柱に掲出していただいたのはいいのですが、ビニールではなくナイロンで作成したため、2012年の今はボロボロで、どうにか再作成いただけないものかなあと思う、チャリ通です。

7月15日の週は、サッカーがアウェイで、フットサルがホームで共に大分を倒しましたが、ちょうどそのころ大分・熊本・佐賀・福岡県などで大雨があり、ちょっと申し訳なかったと思います。お見舞い申し上げます。

7月22日(日)はShonan BMW スタジアム平塚でモンテディオ山形戦がございました。夏休み突入直後の試合で、このあとはオリンピックや花火大会などとかぶるということで、J2各会場ともイベントを開催したりなどで、どの会場も結構集客がありました。湘南も実はたくさんの団体が協賛しているベルマーレうちわの配布や、カードフェスタなどがありました。「往復はがきクランチ」はやはり大きなパッケージでしたが、アイデア商品がヒットするかはこれからの動向次第かなあと思います。

この日は湘南乃風のHAN-KUNさんのライブがあったのですが、開始数分後にスタジアムのスピーカーが8ゲート付近のもののみを残して切れてしまい、8ゲート以外は聴き取れないライブになってしまいました。大変残念です。高校野球終了後の開門前リハーサルで音量の問題はなかったのですが・・・。

もちろんお世話になっているHAN-KUNさんについても申し訳ないのですが、スポンサーの紹介もうまくいきませんし、万一このタイミングで火事や大地震があったりしたら、避難に支障をきたすでしょう。ベル八先生のタイミングで復旧いたしましたが、伊勢原市のプロモーションビデオと、マッチスポンサーのスリーエフのあいさつも聴き取れませんでした。オイラは社員ではないですが申し訳ないです。

勝ち点が並んでいる湘南と山形の試合。湘南は七夕ユニフォームでの試合です。湘南は松本山雅の船山(弟)選手にやられすぎですが、山形には船山(兄)選手が先発に名を連ねております。また、元湘南の永田亮太選手も先発出場で、かつて「永田亮太→永木亮太 作戦」となった現湘南の永木亮太選手と競り合うことになりました。なお、ボールパーソンの山王中学の学区内に産能大学がありますが、付属中学ではございません。

山形の特徴は「とにかくDFラインが高い」でした。湘南も高いほうですが、山形のほうが徹底していたと思います。湘南FWをオフサイドでいなして、高い位置でカットしたボールを素早くFWへ渡すことをシンプルに徹底しておりました。奥野僚右監督は元鹿島の選手で元鹿島のコーチでもありますが、関東リーグ時代のザスパ草津所属歴があるためか、鹿島のコピーのようなサッカーをさせる相馬直樹監督(アマチュアリーグにプロで参加した町田では通用しましたが、J1の川崎では通用しませんでした)とは全く異なるアプローチでした。

今年は福岡戦町田戦など、チームの出来に明らかに差があるために「前半5分程度で勝利を推測出来て、勝っただけであまり面白くない試合」がときどきあるのですが、先日の千葉戦や今回の山形戦は、両軍の実力が拮抗していて「ロースコアゲームの醍醐味」が見え、とても見ごたえのある試合でした。「ひきこもり合戦」ではこのような試合になりません。山形戦では審判チームが競技レベルについていけませんでしたが、サッカーはそれも含めた競技であるので、しかたがありません。異議でイエローカードをもらうようではまだまだ二流選手でしょう。

相手DFラインの高さについては、それでも裏をとるのを狙うしかないと思います。何回オフサイドをとられてもイエローカードやレッドカードが出ることはございませんし・・・。

湘南 0-0 山形

ホームゲームでしたし、もうひと工夫すれば勝てたかもしれない試合でしたが、スピーカーの件もありましたし、田子さんが選手紹介を後輩の前でトチりましたし、永木亮太選手が自分が交代だと思い込んで誤って外に出たりしましたので、ミス連発のわりにはいい結果だと思います。

次節7月29日(日)も、Shonan BMW スタジアム平塚で18:30キックオフの、ギラヴァンツ北九州戦です(藤沢市民デー)。

この試合もGAKU-MCさんのキャンドルと音楽の融合イベントがあるそうですが、日曜日のナイトゲーム終了後という極めて厳しい時間帯に予定されております。「夏にキャンドル」となると試合前に出来ないのは理解できるのですが・・・、うーん・・・。

献血をすると「ベルマーレ・献血・江ノ電」の手ぬぐいがもらえるそうです(藤沢駅前・本厚木駅前の献血ルームでも配布)。汗をかく夏にはタオル・ハンカチ・手ぬぐいはいくつあってもいいと思います。お子様へのお土産を無料でゲットになりますし、電車好きにもお勧めください。

花水ラオシャンTシャツがどれだけ売れるかも注目でしょう。ベルマーレホームタウン内で特に地元PRが下手な平塚市的にも、このような企画が成功するかどうかは大事だと思います。ラーメン好きにもお勧めください。

なんといっても水戸・愛媛とともに、北九州は湘南が負けてしまった3クラブのひとつですので、絶対に勝たなければいけません。今年水戸に1度も勝てなかった悔しさを繰り返してはいけません。イエローカードが多い相手ですが、がんばりましょう。この試合のあと、白鳥勝浩選手のオリンピック初戦があります。

この試合には福島の子供たちが招待されます

9月以降の日程プレーオフについて発表がありました。翌週の国民体育大会のためなのか、9月23日(日)のアウェイFC岐阜戦の会場が「長良川球技メドウ」になっております。フットボール専用競技場ですが非常に小さな客席スタンドですので、遠方日曜ナイトゲームではありますが、チケットはお早めにご購入ください。資金ショートは勘弁してほしいものです。それよりやななのくせにおフランスっていうのが生意気・・・。

開幕前ですがロンドンオリンピックの女子サッカーが始まり(オリンピック憲章で開催期間が16日未満とされているため、サッカーははみ出します)、日本代表がカナダ代表に勝ちました(ホンダロック総統さんが募金活動やっているのね・・・)。厚木市出身の大儀見優季選手だけでなく、神奈川県出身者がたくさんおりますし、いい結果を期待したいと思います。男女ともグループリーグにロンドンのスタジアムが設定されていないので、トーナメントに進出しないと「オリンピックに出たけど、ロンドンに行かなかった」ということになってしまいますぞ!

しかし湘南ベルマーレのハングギョン選手が、負傷によりサッカー韓国代表を離脱することになってしまいました次がない大会なので大変残念ですし、本人が一番無念でしょう。ワールドカップを目指して頑張ってほしいと思います。ベルマーレ的にもある程度の離脱が予想されるため、大変厳しいです。

|

« ああ、夏休み | トップページ | J2 2012 第26節 湘南vs北九州 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

山形戦の観客数は「タダで伊勢原市民を入れても」8300しか入らないのは淋しい限り。黄緑色の帽子を被った人達はタダだろうね。古橋は怪我?でベンチ入りもせずこれが響いたせいか引き分け。確かにオフサイドが多かったがFWの選手が裏への飛び出しが下手くそではないか。もうちょっと上手く裏へ飛び出せないか。ベルマーレはデカイFWがいないからこのプレーを上手くやらないと点は取れない。 下村には「クビにしたのに」ブーイングしてたな。下村はもうちょっとガツガツしたプレーは出来ないか。大人しく見えるのは自分だけか。守備や攻撃にもっと絡んでもらいたい。山形はボールを持ったら縦に早くボールを前線に蹴るというサッカーはわかってたが萬代がいなかったせいでボールが前線で収まらなかったしベルマーレは助かったのでは。中盤にハングギョンがいないから守備も攻撃も中途半端。そのグギョンが怪我でオリンピックから離脱は残念。ラオシャンとコラボはいいがラーメン好きしかわからないし平塚に食べにも行かないしこの企画は微妙だ。岐阜のメドウ主催は資金不足だろう。しかし「ストライカー募金」でブラジル人選手を補強してるからよくわからないね。福島の被災者?を招待するのは良い事だ。ホームタウンの市民をタダで入れて観客数割り増しもいいが大震災被災者を招待した方がよっぽど有意義ではないか。

投稿: 藤和不動産 | 2012年7月26日 (木) 22時18分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

「日曜夜開催」は、平塚市民以外にとってかなり高いハードルだと思います。

とはいえJ1がJ2より不利な日程で開催されるのはおかしいと思いますので、これは変わらないでしょう。

「日曜夜開催」がある理由のひとつが「日本サッカーが春秋制」であること(欧州は「秋春制で全試合昼間試合」が基本)なので、これはJリーグ独自の問題ですね。スカパーが契約者がほとんどいない町田・鳥取・富山あたりの試合を、夏は録画でしか放送できないくらいチャンネル数がいっぱいいっぱいで、公正取引委員会に注意されてもいたしかたない状態なので、スケジュールを握っているスカパーからすれば「嫌なら秋春制で全試合昼間試合にさせろ」で、交渉終了でしょう。

ものごとには「100%メリットのみ」や「100%デメリットのみ」ということはなく、必ず「多少の副作用」があり、折り合いをつけることでなんとかしております。しかし、日本国の増税論議にも言えるのですが、相手に配慮をする対案を提案出来てはじめて交渉が出来たと言えるのですが、どうも日本では議論が行われずに大きな声の人の空気を読んで「現状維持」とされてしまいますので、一見無関係そうにみえるところが迷惑をしてしまいますね。

投稿: チャリ通 | 2012年7月27日 (金) 19時10分

 不良対応でほとんど休日の無い中、仕事を半日で引けて「ザスパ草津10周年記念試合兼高田保則引退試合」を観てきました(ついでに町田相手のリーグ戦も)。
 敷島にはベルマーレの9番のユニを着た女性もいて、感慨深いものがありました。

 対戦相手は望月三起也率いる芸能人サッカーチームTHEミイラ。「盛り上げ役」を自負するだけあって強くはなかったです。

・開始37秒でヤスがゴール、祝福の胴上げに加わろうとどすどす走って(?)行ったオヤジの到着直前に胴上げ終了→3分後の2点目では「ムリムリ」と手を振ってゴール前から動かず
・オヤジが試合途中で望月三起也に引き抜かれて相手のゴールマウスを守り、ヤスの2本のシュートを始め数本セーブしてみせ「今日の主役だからって俺から点とれると思うな」と吠える
・ヤスと本田がユニを交換し、GKヤス再び

と見どころが多い以上に、ピッチ上の選手が楽しんでいることが観ている方にも伝わってきました。
 ああいう「楽しんで」プレイする姿を見せることができれば、地を這う観客数も増えてくるんでしょうに……。

投稿: ただもの | 2012年8月 3日 (金) 21時19分

ただものさん、コメントありがとうございます。

敷島公園のご報告ありがとうございました。

最近の小島伸幸さんは「リアルキングベル」でも目指しているのかという風貌なのですが、実は現役プロ野球選手の山本昌投手と同学年なのですから、「ゴール前から動かず」はまずいですね(笑)。「ワールドカップ日本代表に選出されたGKで引退済みの選手」が未だに小島伸幸さんしかいない関係で、貴重な「GK出身評論家兼広告塔」なので、土肥・川口選手が引退するまで広告塔活動がお忙しいとは思いますが・・・。

大相撲の横綱は雲竜型や不知火型を踊るだけでお客様が納得いたしますが、「GK1試合」の経歴がある高田保則さんも、とりあえずGKに名乗りをあげるだけで笑いが獲れるので、オイシイなあと思います。

芸能人サッカーチームなわけですから、草津相手に期待通りのプレーだったのではないでしょうか?。

投稿: チャリ通 | 2012年8月 4日 (土) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/46432517

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2012 第25節 湘南vs山形 戦 +次節も福島の子を迎えてホームゲーム:

» 【生観戦記】7/22 J2第25節:湘南0-0山形~運動公園西側駐車場に止められないと勝てないジンクス継続中(^_^;) [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
←初の生キリノはインパクトあったなあ(^_^;) この試合では後半20分から菊池大介に代わって途中出場。まだまだチームに溶け込んでいなかったような… もっとも、いきなり結果を出すくらいならコンサドーレも放出するわけないか(^_^;) 2012J2第25節 7/22 キックオフ:18…... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 07時19分

« ああ、夏休み | トップページ | J2 2012 第26節 湘南vs北九州 戦 »