« 菊屋政房 | トップページ | 6月下旬 »

吉川醸造 菊勇

こんばんは、小田急小田原線沿線には、いずみ橋(海老名)・盛升(厚木)・サンクトガーレン(厚木)・厚木ビール(厚木)・菊勇(伊勢原)・白笹鼓(秦野)・松みどり(松田)と酒造メーカーが多い(相模原の酒は津久井地区で、愛川も小田急からちょっと離れており、ここには含めず)ので、各社がカップ酒のようなものを開発し、それを小田急ロマンスカーホームウェイの乗客を対象に、新宿駅売店やホームウェイ車内販売でセールスをして欲しいなあと思う、チャリ通です。新宿駅売店が大手メーカーの酒しかないのが残念です。鉄道会社が沿線をセールスすることは意義があると思うのですが・・・。

先日の帰省の折、吉川醸造(きっかわじょうぞう)の菊勇(きくゆう)を購入しました(酒田市の「菊勇(きくいさみ)」ではございません)。ホームページは特にございませんので、「日本の酒蔵巡り」の紹介記事をご参照ください。

伊勢原駅地区と鶴巻温泉駅地区の中間にございます。黄金井酒造泉橋酒造と違い、直営のショップ・酒蔵見学会・試作品の試飲会などは行っていないようです。今回はイトーヨーカドー伊勢原店で「菊勇 吟醸」を購入しただけです。

「菊勇 吟醸 原酒」という美山錦のお酒があり、これを3年間貯蔵させたものが「菊勇 吟醸」となるようです。ラベルには以下の文言が書かれております。

菊勇
大山名水仕込
吟醸

この吟醸酒は低温で三年間大切に
保存された杜氏入魂のお酒です
冷やのまま召し上がりますといっそう
おいしくいただけます
越後杜氏 若井正利

21世紀に入って各地でボチボチ出てきた日本酒の貯蔵酒ですが、ウイスキーや泡盛古酒のような風味が加わり、「フルーティな風味」になる新酒(「盛升 しぼりたて生」など)とは違った趣が加わります。おいしかったです。大山阿夫利神社に行ったついでにでもいかがでしょうか?。

|

« 菊屋政房 | トップページ | 6月下旬 »

旧相模国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉川醸造 菊勇:

« 菊屋政房 | トップページ | 6月下旬 »