« 連休明け | トップページ | JFL 2012 第13節 Y.S.C.C.vs栃木ウーヴァFC 戦 »

香川真司投手のピッチングを東京ドームで生で観るとは思いませんでした。

こんばんは、今年のスローガンは「GET3」だと認識している人が多いと思っている、チャリ通です。「蹴劇」なんですけどね・・・。

というわけで、千葉県転勤に伴う転居が完了し、競馬とオートレースの街に住んでおります(全く興味はありません)。総武・京葉線の不動産相場は小田急線と比べて安いのですね。

チャリ通可能な各種試合会場を距離順に並べてみますと、

ファイターズスタジアム(ファイターズ二軍)
船橋アリーナ(千葉ジェッツ)
======10km======
浦安市運動公園総合体育館(バルドラール浦安・千葉ジェッツ)
QVCマリンフィールド(マリーンズ)
日立柏サッカー場(柏レイソル)
両国国技館(大相撲)
======20km======
フクダ電子アリーナ(ジェフユナイテッド千葉市原・ジェフレディース)
東京ドーム(ジャイアンツ)・後楽園ホール
日本武道館
国立霞ヶ丘競技場
明治神宮野球場(スワローズ)
======30km======
市原臨海競技場(ジェフレディース)

平塚市総合公園まで10km弱のところに住んでおりましたが、今のところからはファイターズ二軍が10km未満で一番近く、JR東日本が大宣伝しているジェフの試合会場が両国よりも遠く、東京ドームとほぼ同じなのが意外でした(東京-蘇我間は、新宿-海老名間とほぼ等距離)。

・・・という記事を、実は実家で書いていたりします。正直平塚に行く機会は減りますが、これからもベルマーレを応援いたしますので、よろしくお願いいたします(千葉のチームは、オイラの中では栃木や北海道のチームと同じ扱いになるのではと思います)。

休んでいる間にホームの大分戦とアウェイの栃木戦がありましたが、まあ古林・髙山・馬場選手が、開幕時と比べて別人のように動けていない関係で、全く勝てませんねえ・・・。ドン引きディフェンスが効果的であることが対戦相手に知れ渡り、それに対してこちらは1失点することをキックオフ前から念頭にいれて試合をしなければならないので、厳しいです。

2010年のJ1で思ったことは、J1の選手のほうがJ2の選手より運動量が多く、競り合いの体の入れ方が巧く、一歩目の出足が速いことでした(中村俊輔・中村憲剛選手よりディフェンス能力で劣る湘南の守備的選手が何人かいたなあ・・・)。今年のベルマーレの戦術で1シーズン戦うフィジカルがついていけないようでしたら、その選手はJ1でのプレーなんて絶対無理だと思いますから、ベルマーレは戦術を変えなくてもいいと思います

まあ今はトップチームよりもユースの惨状のほうが心配かなあ・・・。

5月27日(日)はShonan BMW スタジアム平塚16時キックオフで、徳島ヴォルティス戦です。「湘南コン」とのタイアップがあるようです。そろそろ女性は日焼け対策が必要かなあと思いますが、16時キックオフなら大丈夫なのでしょうか?。最近は斉藤愛璃プロ推しな厚木市の市民デーとしても開催されます。そしてスーパーイーグルス スペシャルデー(ナイジェリア代表平塚キャンプ10周年記念)で、当時ボランティアをされた皆様は招待があるそうです(当時の選手がベル八先生しかいないですが・・・)。

スタートダッシュに失敗した徳島ヴォルティスですが、レンタル2名を欠いたアウェイだった大分、福岡戦の残り20分を消化したばかりの栃木にも勝てない現在の湘南ベルマーレの調子をみれば、とても相手のことをどうこう言える立場ではございません。別の選手が補強されないよう、試合に出る選手はがんばっていただきたいものです(特にDF)。

6月2日(土)は北九州市立本城陸上競技場で13時キックオフの、ギラヴァンツ北九州戦です。J2では貴重な土曜開催(J1が開催されないため)。日南市がバスツアーをやるらしいです。北九州には昨年行きましたが、北九州は観光も結構男ウケすると思われ、おすすめです。まあベルマーレが九州での試合を超苦手にしているのと、スタジアムが残念なのと、ギラヴァンツのプレーが荒いのは、内緒です。

6月9日(土)はShonan BMW スタジアム平塚16時キックオフで、カターレ富山戦です。リーグ前半最後の昼間のゲームで、J2では貴重な土曜開催ですが、恒例の「産業能率大学スペシャルデー」として6ゲートの一般販売がございません。席割りが異なるので、特にカターレ富山サポーターの皆様はご注意ください。

6月13日(水)の平日アウェイナイトゲームのモンテディオ山形戦を挟んで、6月17日(日)はShonan BMW スタジアム平塚18:30キックオフで、ファジアーノ岡山戦です。予想通りペナルティスペシャルデーとなり、ひょっとしたら招聘されるのではと思っていたペナルティを招聘するようです今年の岡山はディフェンシブですが強敵です。しかし、この記事はキツい・・・。頼みますよ、ホント・・・。

ペナルティでも7月は七夕ユニフォームだそうです。予算のある方はよろしくお願いいたします。

|

« 連休明け | トップページ | JFL 2012 第13節 Y.S.C.C.vs栃木ウーヴァFC 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

昨年の栃木戦後のコメントで、反町監督は「サッカー専用スタジアムはいいなぁ」と言っていましたが、今年はモノクロの電光掲示板がカラーの大型スクリーンに改修され、ますますいいスタジアムになったと思いました。そして、ビジター側のサポーターにもちゃんとマッチデー・プログラムを配布してくれます。個人的には観戦の記念にプログラムが欲しいのですが、配布しないクラブも少なくありません。配布しない理由って何なのでしょう? 当日は下野新聞デーだったようで、ホーム側サポータには下野新聞の特別版を配っていました。「下さい」と言ったら心よくくれました。平塚競技場では、プログラムをアウエイサポーターに配っているのでしょうかねぇ。昨日の徳島戦も遠路はるばるサポーターが足を運んでくれていました。つくずく、Jリーグってスタジアムに足を運ぶサポータによって支えられているんだなぁと思いました。

投稿: 海老サポ | 2012年5月28日 (月) 14時31分

海老サポさん、コメントありがとうございます。

栃木県グリーンスタジアムはいいスタジアムだと思います。ただ大宮・横浜FC・栃木SC・鳥取あたりの集客が落ち込んでいるため、フットボール専用スタジアムであることについて売上の回帰式における回帰係数が落ちて、「フットボール専用スタジアムであることが売上につながらない」という意見につながりそうなのが、残念です。いろいろなクラブを見る限り、「トップチームの得点数」と「ゴール裏のコールリーダーの度量」が大きな要素なのではないのかなあと思います。

欧米や、日本でもNPBと比べると歴然すぎていてつらいのですが、Jリーグはほとんどのクラブが売上が少なすぎで、最初から「お役所がスタジアムを造ってあげる前提」というおかしな論理になっております。自らまたは自らの影響力で造っていないのですから、国体やインターハイ用のスポーツ施設を「ついでにJリーグが使う」しかなく、そのためにフットボール専用スタジアムが造れておりません。自らまたは自らの影響力で理想のスタジアムを建設できるよう、みんながオカネを落としてくれるようになればいいなあと思います。

今まで46都道府県に行きましたが、佐賀や鳥取などはJリーグがなかったら行かなかっただろうなあと思います。そういう意味ではいいきっかけでした。

投稿: チャリ通 | 2012年5月28日 (月) 23時55分

開幕当初のハイプレッシャーからのカウンター攻撃が出来なくなり得点力が落ちてる。全体的な運動量も落ちてるし。 J1昇格目標は当たり前だがそれと同時に昇格した後にJ1チームと対等に戦える戦術を考えたり戦力の補強も考えないと2010年の様にボコボコにやられてしまうだけでは。徳島戦も遠藤が怪我で交代して交代で入った大野がイエロー二枚で退場という情けない始末。 次の試合のDFは誰が入るかな。日韓Wカップの時にナイジェリア代表が平塚でキャンプやったなんて事があったが懐かしい。10年も前の事だからね。今のチーム状況ではどこが相手でも勝てる気がしない。カターレでもギラバンツでも。PENALTYと言えばお笑いのペナルティーのヒデが事故を起こしたらしい。毎年恒例の七夕ユニフォームが発売されるが勝率が悪いからな。

投稿: 藤和不動産 | 2012年5月29日 (火) 23時55分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

数年前のジャーン・斉藤俊秀選手コンビと比べると守備力が落ちるのに、DFの鎌田・大野選手が「高い位置での守備」を超えて「後方から攻撃参加」もするので、ベルマーレは開幕当初から一貫して守備力が低いですね。それを両サイドの髙山・古林選手のバックアップでなんとかしていたのですが、彼らのアップダウンが減ることによって失点が増え、得点も減ってしまいました。

本当はもう少し上背とキャリアのあるDFが入ってくればいいのですが、田村選手は引退、大井選手は移籍、山口選手が島村選手にも負けて先発で出られないことは誰もが納得という状態(現在は怪我人もいるため先発出場)なので、厳しいです。

投稿: チャリ通 | 2012年6月 7日 (木) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/45421933

この記事へのトラックバック一覧です: 香川真司投手のピッチングを東京ドームで生で観るとは思いませんでした。:

« 連休明け | トップページ | JFL 2012 第13節 Y.S.C.C.vs栃木ウーヴァFC 戦 »