« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

湘南ベルマーレ 2012

公式サイト:http://www.bellmare.co.jp/
昨年順位:J2 14位
本拠地:Shonan BMW スタジアム平塚
監督:曺貴裁
サプライヤー:PENALTY

今季の対戦予定
-

バスツアー・旅行会社特別キャンペーン以外での推奨移動手段(東京発)
JR東海道本線(休日おでかけパス対応)

湘南ホームタウンの名物:生しらす(相模湾沿いで春から秋にかけて)、ラオシャンタンメン(平塚市)、大黒庵ドンパリラーメン(平塚市)、たこせんべい(江ノ島)、豚漬(厚木市など)、厚木シロコロ(厚木市)、鮎(相模川・酒匂川)、大山豆腐(伊勢原市)、かまぼこ・干物・おでん(小田原市)
平塚市の観光地:湘南平、ひらつかビーチパーク、平塚競輪場、平塚球場(横浜DeNAベイスターズ二軍)、ベルマーレワンダーランド(2月)、湘南ひらつか七夕まつり(7月)、湘南ひらつか囲碁祭り(10月)
湘南ホームタウンの観光地:江ノ島、大山

変更点も多いですし、2年ぶりに湘南ベルマーレについてまとめてみます。

クラブの歴史は公式ホームページのほうにありますが、栃木県の那須ハイランドパークから1975年に平塚市に移転をし、1994年に当時のJリーグに昇格。1999年までの6シーズンの間1部リーグ(現在のJ1)に所属してこの間天皇杯やアジア・カップウィナーズカップ選手権に優勝しました。1998年には中田英寿・小島伸幸・呂比須ワグナー・洪明甫選手がワールドカップに出場しました。しかし1999年にフジタが経営から撤退し、クラブの新規立ち上げに近い状態で2000年よりJ2で戦いました。そして2010年になってようやくJ1の舞台に帰ってきましたが、2011年からまたJ2に参戦しております。おカネは持っていません!。

戦術については、今年から曺貴裁コーチ(念のためですが、日本生まれで洛北高→早大です)が監督に昇格したので変わる可能性があり、Jリーグレベルで采配をとったことがない新人監督ですので、正直分かりません。最近流行りの3バックにするらしいです。誰だって最初は新人監督なのですから、最終的に結果さえ残せば何の文句もありません。

湘南ベルマーレ初年度より在籍しているMF坂本紘司選手(キャプテン)を筆頭に、
ベルマーレユース出身のDF鎌田翔雅選手とMF菊池大介選手とDF古林将太選手がクラブの顔で、
U-23韓国代表のMFハングギョン選手とU-19日本代表のDF遠藤航選手の現役ユース代表が守り、
Jリーグで実績のあるMF下村東美選手とFW古橋達弥選手が支え、
川崎ユース出身のMF永木亮太選手とFW髙山薫選手が後方からゴールを狙い、
16番猪狩佑貴選手とぐしけんくん(仮)に対抗してブログを始めた(?)17番馬場賢治選手が平塚出身選手で、
元レギュラーのGK金永基選手とFW中村祐也選手が怪我からの復活をかけ、
FWマセナ選手のブレイクが期待される、
クラブです。

ホームスタジアムで平塚市総合公園内にある平塚競技場は、3月よりShonan BMW スタジアム平塚という名称になります

最寄駅はJR平塚駅になります。有料シャトルバスか、徒歩20分(歩道にキングベルⅠ世のタイルが貼られている)か、駅からレンタサイクルになります。結構「駅から徒歩組」は多く、キックオフ1時間くらい前までに駅北口をフラついていれば観客らしき人がいるので、ついていけばよいと思います。神奈川中央交通は、土日休日に限り神奈川中央交通の通勤通学定期券所有者は現金限定100円土日休日に限り子供料金が現金限定で50円ですので、湘南ベルマーレ・町田ゼルビア戦にお越しの方はご利用をご検討ください。小田急線伊勢原駅からもバスがございます

県外からクルマで向かう場合は東名高速厚木ICから国道129号を南下すると到着します。小田原厚木道路に平塚ICがありますがここからですと遠いです。駐車場は無料で、平塚市総合公園内、平塚警察署隣駐車場、浅間緑地(平塚市中央公民館北)などが状況によって開かれますが、特に平塚市総合公園内は駐車場が不足しておりますのでなるべく利用しない方向でお願いいただきたいところです。駐輪スペースは公園内にたくさんございますので、チャリ通はおすすめです。

バス・タクシー依存地域のわりには平塚駅前ロータリーが狭いため、平塚駅から定期発着の長距離バスは発着しておりません(藤沢駅・横浜駅に電車移動してください)。裏技的には総合公園バス停から田村車庫へバス移動し、ここから空港バスで羽田空港に移動する方法があります(もちろん羽田空港から田村車庫に行くことも可能です)が、オイラは田村車庫のバスは利用したことがないので、責任はとれません。

残念ながら現在の平塚市最大の繁華街は平塚駅北口ではありません。上記の田村車庫がある平塚市田村が一番の繁華街となっております。以前「ナイトゲーム終了後に平塚駅に向かって歩くと、およそプロスポーツもある街の21時とは思えないほど暗い」と言われたことがあり、確かにそうだと思います。

今シーズンは日曜開催が多いのですが、レンタサイクルは日曜日はご利用いただけません。最近は藤沢市も厚木市も市民からの要望になるべく対応するようになっているので、残念ながら相対的に平塚市政の対応の遅さは目立ち、そりゃあインターチェンジは秦野市境にしかないですし、日産車体にも撤退されるはなあと思います。これでは周辺市が平塚市についていくわけがありません。改善を希望します。人気店のゾロも日曜定休なのでベルマーレ戦と絡めることが出来ません。

常設グッズショップは、平塚市役所近くのダイエー平塚店2階にございます。

練習は主に馬入ふれあい公園サッカー場で行われております。主に河川敷の天然芝サッカー場で練習をしているため、夏以外は川からの風でかなり寒いので注意してください。選手は可能な範囲でサインや記念撮影に応じてくれます。平塚競技場も馬入ふれあい公園サッカー場も平塚駅からレンタサイクルでいける範囲内にあるといえますので、よろしかったらレンタサイクルもご利用ください。

試合観戦後の食事や観光については、よろしかったら当ブログの「平塚市」「厚木市」「小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡」「旧相模国」カテゴリーも参考にしてください。試合会場でも場外でフードパークが開催され、飲食面で好評を得ておりました。今年からミシュランガイドも「ミシュランガイド東京・横浜・湘南 2012」になり、湘南地区から掲載されたお店も注目です。

ちなみに代表クラスの男女ビーチバレー選手はベルマーレ以外も含めてほぼ全員が平塚でも練習をしておりますが、土日に見つけるのは困難です。平日の試合のない時期にでも湘南ひらつかビーチパークに行ってください。

今年のスローガンは「蹴激」だそうです。例年通り、オイラにはよくわかりません。とりあえずどこかのクラブみたいに「一致団結」的なスローガンを掲げたものの、シーズン終盤に内紛が見えたりして「ああ、足りないものを目標にしていたんだなあ」と思われることはないでのしょう。今年からユニフォームがPENALTYになりました。

スタジアムナビゲーターは田子千尋さんと三村ロンドさんです(彼らと音響スタッフと合わせて「ベルマーレ放送部」と呼ばれている)。三村ロンドさんはオイラの3倍以上アウェイにも観戦に行っておりますので、他クラブサポーター様も見かけたらひやかしに声をかけてあげてください。クラブのマスコットはスポーツ関係では珍しい高齢の男性であるキングベルⅠ世が起用されております。2011年はHAN-KUNさん(湘南乃風)に数回ミニライブを行っていただき、盛り上がりました。2012年もベルマーレクイーンを採用するそうです。

すぐそばに湯乃蔵ガーデンというスーパー銭湯がございます。雨天時や寒かったり暑かったりした時に何かと便利と思います。

おみやげは、

0円コース:Shonan BMW スタジアム平塚に着いたら、ベルマーレ12の「無料会員」または「ブルー会員(当日券と同じ料金で1試合分のチケットが付くので、事実上無料)」になると、その場でピンバッチがもらえます。<追記>今年の特典はこちらだそうです。

500円コース:Shonan BMW スタジアム平塚のそばで1回500円のガラポンがあり、末等が「ベルマーレクッキー500円)」などです。1等は選手着用ユニフォームやプラクティスシャツで、次節以降のホームゲームチケットなどもございますので、ぜひ挑戦してください。

その他:厚木市のサンクトガーレンオリジナルビールを販売しており、持ち帰り用瓶ビールもございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

旨み醤油ラーメン 孔明

こんばんは、2012年の日本代表ユニフォームがどうも見慣れない、チャリ通です。ブルーではなく「ネイビーにレッドの縦棒」とかはなんかジャージっぽく見えますし、プラクティスシャツもブルーではなくレッドとか、今年は良し悪し以前にいろいろネタ切れ感がします。

Fリーグ公式戦があるうちに小田原系ラーメンを食べに行きました。確かに同じベルマーレホームタウンなのですが、東側の厚木市や藤沢市くらいからだと湘南ベルマーレフットサルクラブのある富水駅・螢田駅に行くより、関内駅(ベイスターズ)・成瀬駅(ペスカドーラ)に行くほうが近いために早くて安上がりなので、用事がなければなかなか行く機会がありません。

今回は2011年に開店した「旨み醤油ラーメン 孔明」(うまみしょうゆらーめん こうめい)に行きました。ホームページは特にございませんので、小田原系ラーメンのスペシャリストらしい「ラーメン食べ歩紀行」の記事を参照してください。ごっちさんも出演したムック本で注目新店として推しておりましたね。

小田原系ラーメンですが、場所は秦野市の渋沢駅にあります。渋沢駅から国道246号に出て伊勢原方面に向かい、若松町交差点を曲がって少し行くとあります。渋沢駅から歩いて15分くらいかかりました。近所にはベルマーレのスポンサーがオーナーであるフットサルSPA秦野湯花楽秦野店)もあります。

小田原系ラーメンというと、どこへ行っても50代以上の人が調理をしている絶滅危惧種的なイメージがあるのですが、店員が30歳くらいの人で驚きました。これは小田原系ラーメン好きにとっては良いことだと思います。

なぜか焼酎をボトルでも提供しておりますが、ボトルキープはしないそうです。冷水サーバーの勢いが良すぎて驚きます。

チャーシューワンタンメン(1,200円)をいただきました。豚脂たっぷりの濃い醤油スープ、チャーシュー、豚挽肉たっぷりのワンタンと、とにかく「豚づくし」で量も多めなので、どうしてもこのくらいの価格になります

小田原系ラーメンで修業をされていないとのことですが、「ラーメン命」というほどのラーメン好きではないオイラ的には、充分小田原系ラーメンと言える一杯だったと思います。小田原系ラーメンは化学調味料のアシストでスープの豚脂の甘さを強化した典型事例な、わかりやすいラーメンのひとつですね(他にも二郎・サンマーメン・富山ブラック・東池袋大勝軒などにとっても、化学調味料は味の生命線)。やっぱりおいしかったですが、こりゃあ頻繁に食べていたら太ります・・・。

全部載せ的なチャーシューワンタンメン以外にも、小田原系ラーメンから特定の具材を引いて安く提供しているラーメンもございますので、気軽に昔ながらの小田原系ラーメンを楽しめるお店だと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年日程発表

こんにちは、本日から試験的にこのブログのタイトルを「平塚競技場にチャリ通」から、旧称併記で「Shonan BMW スタジアム平塚にチャリ通」に変更してみました、チャリ通です。ベルマーレ戦の会場としては「Shonan BMW スタジアム平塚」になり、金銭のやり取りも発生している以上、それにはあわせないといけないと思いました。しばらく様子をみて、続けるかを判断します。

もうすぐ開幕ということで、今更ですが日程を確認します。

<第1クール>
第1節 3月4日(日) 17:30 湘南 - 京都 BMWス 
第2節 3月11日(日) 15:00 草津 - 湘南 正田スタ 
第3節 3月17日(土) 16:00 湘南 - 福岡  BMWス 
第4節 3月20日(火・祝) 16:00 湘南 - 岐阜 BMWス 
第5節 3月25日(日) 16:00 熊本 - 湘南 熊本 
第6節 4月1日(日) 13:00 鳥取 - 湘南 とりスタ 
第7節 4月8日(日) 16:00 湘南 - 町田 BMWス 
第8節 4月15日(日) 16:00 湘南 - 横浜FC BMWス
第9節 4月22日(日) 14:30 東京V - 湘南 駒沢 
第10節 4月27日(金) 19:00 湘南 - 水戸 BMWス 
第11節 4月30日(月・祝) 14:00 愛媛 - 湘南 ニンスタ 
第12節 5月3日(木・祝) 18:30 湘南 - 甲府 BMWス 
第13節 5月6日(日) 16:00 松本 - 湘南 松本 
第14節 5月13日(日) 16:00 湘南 - 大分 BMWス
第15節 5月20日(日) 16:00 栃木 - 湘南 栃木グ 
第16節 5月27日(日) 16:00 湘南 - 徳島 BMWス 
第17節 6月2日(土) 13:00 北九州 - 湘南 本城 
第18節 6月9日(土) 16:00 湘南 - 富山 BMWス 
第19節 6月13日(水) 19:00 山形 - 湘南 NDスタ
第20節 6月17日(日) 18:30 湘南 - 岡山 BMWス 
第21節 6月24日(日) 19:00 千葉 - 湘南 フクアリ

2012年は「ホーム連戦/アウェイ連戦」が増えたような気がします。出来るだけホームとアウェイが交互のほうがいいのですが、何かを公平にするためにしかたがないのでしょう。試合数が増えたうえでプレーオフのために最終戦が前倒しされました分、週2試合の週も増えました。平日開催は残念です。

ゼロックススーパーカップの翌日にホーム京都戦で開幕することは既報でしたが、まさかの17:30キックオフでした。試合終了時には日が落ちております。この試合から平塚競技場はShonan BMW スタジアム平塚となることもあり、Shonan BMWのスペシャルデーとして開催されるらしいです。予告通り、社員の皆様で平塚市総合公園を清掃されたとか。ありがとうございます。

しかし、ベルマーレのオフィシャルクラブパートナー枠。ウイルプラスホールディングス(「CHECKER MOTORS」名義でユニフォーム袖スポンサー)、モトーレン東洋(「Shonan BMW」名義でスタジアムネーミングライツ)、ネッツトヨタ湘南神奈川日産日産プリンス神奈川カーチスと、えらく自動車関係が並びます。さらに横浜ゴムJLINE EXPRESS横浜低温流通相模石油神奈川中央交通神田交通湘南平塚モータースクール伊藤運送など、自動車で商売をしている会社もあり、そのうちキックオフ前に陸上トラックでレースとかパレードでもしだすのでは?というくらい自動車関係が多くて、驚きます。ありがとうございます。でもオイラはチャリ通で行きます

アウェイの初戦も既報の草津戦。元ベルマーレの高田保則さんがザスパ草津アンバサダーに就任したそうですので、その挨拶兼引退報告でもするのでしょうか?。開幕ということもあって、福丸あたりも含めた豊富なタレント・キャラクター軍団が全員集合するかもしれませんね。

個人的希望で、岐阜には平塚にやなな軍団を連れてきていただきたいものです。しかしまさかガイナーレがガイナックスにマスコットを作成してもらって、岐阜だけがマスコットなしになるとは思いませんでした。日本はキャラクター好きなのですねえ・・・。岐阜はそのうちここのイラストをマスコット化したりするのでしょうか?。

3月24日の湘南バイシクル・フェスの翌日はアウェイ熊本戦(翌週の岐阜戦当日に熊本市は政令指定都市になります)となりました。とりあえず第7節町田戦から第10節水戸戦まで「平塚3試合・駒沢1試合」と連続観戦を誘発したいスケジュールになっておりますので、この4試合までにチームを確立して「勝ちが期待できる」ようにしてもらいたいところです。はたして第7節町田戦まで平塚市総合公園の桜の花が残っているのか、わかりません。どうでもいいけど、ここで対戦する4クラブは主力選手の平均年齢が高いところばかりですね。平均年齢24歳弱の湘南とは対照的です。

初めて遠征するスタジアムは観戦に訪れるサポーターは多いと思いますが、昨年はフクアリと本城が震災の影響で平日でしたので、今年訪問される方が多いと思います。これに松本と町田が加わりますが、5月と6月でそのうちの松本・本城・フクアリが入っております。計画的に行きましょう。特に5月6日の松本戦は反町監督なので、かなり盛り上がると思います今のところ対松本戦0勝1敗なので、我々は格下です。やっぱり松本はカウンター狙いで、興奮して木島兄弟がカードを集めるのでしょうか?。なお昨年北九州に行きましたが、意外と良かったですよ。

<第2クール>
第22節 7月1日(日) 18:30 湘南 - 松本 BMWス
第23節 7月8日(日) 18:00 水戸 - 湘南 Ksスタ 
第24節 7月15日(日) 18:00 大分 - 湘南 大銀ド 
第25節 7月22日(日) 18:30 湘南 - 山形 BMWス 
第26節 7月29日(日) 18:30 湘南 - 北九州 BMWス 
第27節 8月5日(日) 18:00 横浜FC - 湘南 ニッパ球 
第28節 8月12日(日) 18:00 福岡 - 湘南 レベスタ 
第29節 8月19日(日) 18:30 湘南 - 東京V BMWス 
第30節 8月22日(水) 19:00 徳島 - 湘南 鳴門大塚 
第31節 8月26日(日) 18:30 湘南 - 栃木 BMWス 
第32節 9月2日(日) 19:00 京都 - 湘南 西京極 
第33節 9月14日(金) 未定 湘南 - 草津 BMWス 
第34節 9月17日(月・祝) 未定 岡山 - 湘南 カンスタ 
第35節 9月23日(日) 未定 岐阜 - 湘南 長良川 
第36節 9月30日(日) 未定 湘南 - 熊本 BMWス 
第37節 10月7日(日) 未定 湘南 - 愛媛 BMWス
 
第38節 10月14日(日) 未定 甲府 - 湘南 中銀スタ
第39節 10月21日(日) 未定 湘南 - 千葉 BMWス 
第40節 10月28日(日) 未定 富山 - 湘南 富山 
第41節 11月4日(日) 未定 湘南 - 鳥取 BMWス 
第42節 11月11日(日) 未定 町田 - 湘南 町田

第19節から第32節までナイトゲームです。今年のJ2は基本的に日曜日開催ですので、この期間はアウェイサポーターの動員が困難と思われます。北関東や甲府は空港までが遠いので、ここと九州・四国との移動は、我々なんかよりも相当大変なんだろうなあ・・・。でもJFLの金沢とか秋田の選手が0泊2日で関東までバス遠征をしてきたり、アウェイなら移動のため前日のアルバイトがないので強いという横河武蔵野とかの話を聞くと、totoの関係かJ2は待遇がいいです。

今年の平日開催はホーム水戸戦・アウェイ山形戦・アウェイ徳島戦・ホーム草津戦となりました。平日開催は北関東のクラブではなく、お互いアウェイ動員に貢献できない九州・四国のクラブのほうが良かったような・・・。

<追記>今年のSANNOスペシャルデーは「早くも水戸戦」で、オイラは1票です!。6月17日(日)の岡山戦はPENALTYスペシャルデーでしょうか?。

<追記>ちなみに水戸戦の前後には横浜DeNAベイスターズ二軍戦平塚球場開催試合があります(4月26日ライオンズ戦・4月28日ジャイアンツ戦)。平塚市緑化まつりもありますので、この週の平塚市総合公園は人が多そうです。今シーズンはベイスターズ二軍平塚開催とベルマーレ戦とのバッティングはありません。

9月23日のアウェイ岐阜戦を終えると、翌週末からぎふ清流国体が開催されます。10月には東京で全国社会人サッカー選手権が開催されます。ホスト県ではない我々は関係がないと思いますが、岐阜には影響があるかもしれません。全国社会人サッカー選手権の影響はわかりませんが、ヴェルディ戦・町田戦がないのでこちらも影響なしでしょう。

影響がありそうなのは7月27日から8月12日に開催のロンドンオリンピックでしょう。時差の関係で思いっきりオリンピック生中継をしている時間に公式戦をやらなければならず、花火大会や横浜スタジアムのベイスターズ戦とあわせて興行的に影響が大きいと思います。さらに7月上旬から出場選手が抜けますので、ここで調子を落とすクラブもあるでしょう。残念ながらこの期間の湘南の対戦相手に日本や韓国の代表選手になりそうな選手のいるクラブが見当たりません。そこにきてハングギョン選手が韓国代表選手になる可能性があるので、やりくりをしなければなりません。それでもベルマーレから日本や韓国の代表選手になってロンドンに行って欲しいです。

ホーム最終戦は鳥取戦で、リーグ最終戦は町田戦です。正直今の野津田で興行をするのはどうかと思うのですが、他クラブが散々テストをした後での湘南戦ですので、この試合の頃にはいろいろ改善されていると思います。厚木や湘南台にある連接バスが野津田車庫にあるそうですが、今の駐車場を維持したままであれが野津田公園内で方向転換が出来るとは思えないので、おそらく今年はスタジアム前までのバスには使わないと思われます。というか1か月を切ったのにバスについてゼルビアが語らないっていうのは、3月の試合に観戦する人のことをゼルビアは考えていないのでしょうか?(もっとも「最」寄駅なのに複数駅を提示しているアクセスページはそのまま存在しますので、ひょっとしたら「今年もスタジアムまでバスが行かない」で決定なのかも・・・)。特にアウェイ側は帰りの空港や新幹線駅までの導線で遠征するかを決める人もいるので、気の毒です。

ベルマーレは全主催試合がShonan BMW スタジアム平塚開催で、対戦相手の試合会場もヴェルディが駒沢である以外はすべて相手のメインスタジアムで開催されるようです。9月第2週が空いておりますので、おそらくここに天皇杯が入るものと思われます。初戦で負けるとシーズンオフが長いですね。11月下旬にプレーオフがありますが、出来れば2位以上に入ってプレーオフには参加したくないところです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小田原おでん本店 (小田原どん)

こんばんは、曺貴裁監督は京都府立洛北高等学校卒業だとのことで、2代続けて高校は公立普通高校だったベルマーレの監督に、高校の偏差値で負けている、チャリ通です。ひょっとして日本の学校を出ているJリーグクラブの監督では、今年はこの2人で1位・2位なのではないでしょうか?。まあ偏差値でサッカーをやるわけではないですが・・・。

隠居なので全てを記事にはしておりませんが、今シーズンも小田原アリーナに数試合行っております。そのついでに昼食時間帯に小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡カテゴリーのネタ集めもしました。

2009年より、小田原では小田原どんというご当地料理をプッシュしております。

小田原で採れた新鮮な食材を1つ以上使用する
食器には伝統工芸品である小田原漆器を使う
客に小田原をもっと好きになってもらえるようにもてなす

以上の3点を満たして「小田原どん」と認定しているため、刺身だったり、天ぷらだったり、肉だったり、お茶漬けだったりと、様々なメニューがあります。食器のPRも兼ねているという、大変素晴らしい企画だと思い、とりあえず記事化しなければと思いました。

どこにしようかと思って選んだのが、今回訪問した「小田原おでん本店」(おだわらおでんほんてん)となります。今年はめちゃめちゃ寒いですし、小田原に多数存在する蒲鉾屋さんにとって、おでんは大得意でしょうから・・・。ホームページが確認できませんでしたので、グルメウォーカー横浜の紹介記事を参照してください。

小田原城の近くではあるのですが、小田原駅からは少し離れております。箱根駅伝往路小田原中継所向かいのういろう本店の前から平塚方面に歩き、だるま料理店本店方面に曲がらず路地へ直進しますとある、小田原提灯と料亭風の門構えのお店です。丸う田代総本店の駐車場と提携しているため、ここを利用することが出来ます。

わりと新しい小さな和風建築だと思うのですが、結構立派なお店で、デート・接待向けだと思います。カウンターとテーブルの部屋と、奥に茶室があります。

ベルマーレのスポンサーである鈴廣かまぼこのほか、脇谷商店、山一蒲鉾店、籠清、田代吉右衛門商店、鈴松蒲鉾店、佐倉蒲鉾店、丸う田代、山上蒲鉾店、杉兼商店、土岩商店、杉清商店、伊勢兼商店、肉の高橋と、小田原市内のお店が軒並み具材を提供しており、メニューでどこのお店の具材なのかを確認することが出来ます

ここで限定メニューであるこの店の「小田原どん」を注文しましたが、ご飯に海鮮を載せて、その上におでんだしをかけたお茶漬けでした。ああ、こういう食べ方もOKなのねと感心しました。小田原おでんも数点選ぶことが出来、デザートに梅ジャム付きのアイスクリームも出ます。おいしかったです。日本酒・焼酎などお酒も楽しめます。

もちろんおしゃれな店ではあるのですが、市内のお店によるおでん種がいい仕事をしているわけですので、お気に入りのおでん種をここで探して、蒲鉾屋さんに向かうのも良いかと思います。

★★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネーミングライツ

こんばんは、干支が一回りして、「渡邉恒雄vs川淵三郎 論争」は、このままでは川淵さんの敗北と判定されそうだよなあと、ふと思うチャリ通です。

そもそも欧州には企業名がついたクラブ(ドイツの「Bayer Leverkusen」やオランダの「Philips Sport Vereniging」など)もチャンピオンズリーグに出ているのに、そういうのを一切無視して「読売ヴェルディ川崎」には苦言を呈し、でも自身の所属していた「Jr East Furukawa United 市原」だけには企業名を許しているという理解に苦しむ川淵戦略(誰も「Nippon Telegraph and Telephone corporation」「International Business Machines」と言わないように、略称は充分企業名です)でしたが、その後各地にネーミングライツスタジアムやチームが誕生し、今年は「横浜ベイスターズ」が「横浜DeNAベイスターズ」になったのですが、企業名が入ること自体に大きな苦言がどこからも出てません。さらにJリーグクラブに多数の債務超過クラブが出ており、普通でしたらこれはJリーグチェアマン引責辞任レベルでしょう。「川淵さん、原理主義過ぎ!」ってところでしょうね。

脱線しますが、IBMって、「肉屋のはかり(確かにビジネスマシーンだ!)→各種計測器→電動計測器→コンピュータハードウェア→コンピュータソフトウェア」と、富士フイルム(創業は南足柄市)級の商材変更を数回も繰り返しているですね・・・。

ここでさらにたたみかけるのは、「なでしこリーグは企業名OKのまま」であることでしょうね。FIFA女子ワールドカップ優勝で、2010年までと違い「INAC神戸レオネッサ」や「日テレベレーザ」あたりはJ2クラブより露出があります。これではJ2クラブのスポンサーになるよりなでしこリーグのオーナーを目指すのは、株主から見たら当然と思います。ロンドンオリンピックの結果が良ければさらに参入企業が増えるでしょう。J2クラブの客からみたら、なんか不公平です。そりゃあ、企業から独立しているほうがいいと思いますが、その結果が厚木市立病院建て替え事業の1/3近い大金を、「国民体育大会とは別建て」で「市議会でほぼ議論なし」で支払うことになった町田市のようなことでは、ノルマ未達成になった瞬間から「市民クラブ」と名乗ると逆に怒られてしまう可能性があります(浦和市長も失敗した「永遠に現市長を当選させて黙らせる作戦」しかないでしょうね)。

で、そんな企業名クラブの具体例になりそうなクラブが、元ベルマーレ監督・前TEPCOマリーゼ監督の菅野将晃監督を迎えて、ノジマステラ神奈川として誕生しました。

おそらく県内Jリーグ4クラブとSC相模原も頭をよぎったと思われる、県名を名乗りましたね。他にトップリーグを目指す女子クラブが県内にない以上、文句は言えません。マーケットの小さい地域名を付けているJクラブでサポーター獲得に成功しているところが鹿島アントラーズ(唯一の「片道に試合時間並みかけている人やホームスタジアムに行かないサポーターのほうが多数派」なクラブなのでは?)のみである以上、なるべく大きくホームタウンをとりたいのは、わかります。

現在はノジマが昨年までスポンサーをしていた横浜FCの練習場で練習をしているそうですが、JR相模線相武台下駅近くの相模川河川敷に、ノジマ相模原ライズ(アメフト)と共同のクラブハウスと練習場と選手寮を年内にオープンさせるそうです。相模川両岸に在住の方はご存知と思いますが、相模川両岸は馬入(サッカー)や酒井(ソフトボール)以外にも数kmおきに似たようなグラウンドがあって余っておりますので、ノジマもそこに目を付けたのでしょう。しかもここから本年度末供用開始の圏央厚木ICへ数kmで行けますし、ほとんど水没しない酒井よりもさらに上流のグラウンドなので、馬入より使用できない日が少ないと思います。将来的には座架依橋の先の厚木のサッカー少女も対象としたサッカースクールを開くでしょうし、女子とはいえベルマーレもどう対応するか考えないといけないと思います。まあ、そこは菅野監督ですから、ベルマーレとゼルビア(元富山の長男・菅野将太さんがユースコーチ)のU-15あたりは練習試合相手に呼びそうな気がします。

練習場の場所から考えれば、練習場完成後の選手の職場は、相模原(南区・中央区)・座間・海老名・厚木市・愛川町内のノジマに分散されると思われます。もしお店で選手に会いましたら、そこは応援したいところです。なでしこリーグまで数年かかると思いますが、がんばってください。でもさすがに14人では、誰も怪我をすることが出来ないのではないでしょうか?。

もちろんノジマステラ神奈川も観てみたいとは思いますが、スポンサー獲得競争ではライバルになりますので、複雑です

「相模原」で「菅野」といえば、東海大学の人ではなく、元ベルマーレのフットボールとフットサルの選手であった菅野哲也選手もSC相模原に入団出来て良かったです(ノジマの菅野監督と血縁関係はありません)。JFL目指してがんばってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご無沙汰しております

こんにちは、今年もひこにゃんにバレンタインデーで順当に40倍以上の差をつけられました、チャリ通です。彼らは返す必要がないからいいですよね・・・。

菅井円加さん(小鮎中卒)のローザンヌ国際バレエコンクール1位入賞はうれしかったです。たぶん和光高中退で海外組にということになると思われますが、がんばっていただきたいものです。

小鮎中の先輩であるホークスの多村仁志選手が、今年35歳なのに昨年あの成績でしたので、そろそろまずいと思っておりましたが、小鮎中も次が出てきました。茅ヶ崎市には遠く及びませんが、厚木市も人口のわりに芸能・文化・スポーツ系有名人が多いですね。野球・ソフトボールどころの厚木市(数年おきにNPB入りする選手がいるので、厚木ではドラフトに指名された程度では目立ちません)としては、今年はタイガースの小宮山慎二捕手とドラゴンズの岩﨑恭平内野手(どちらも睦合中卒)あたりにレギュラー獲得を狙ってもらいたいところです。タイガースはGEORGE★McKENZIE選手のコンバート、ドラゴンズは監督・コーチ・主力選手の高齢化があり、チャンスだと思います。

いや、ベルマーレ応援ブログとしてはホームタウン出身の男子サッカー選手が出てきて欲しいのですが、他競技を含めて平塚市がホームタウン内ワーストクラスの「シリアスアスリートで成功者が出ない市」なので、厳しいです。そんななか、平塚市出身の大滝麻未選手が早稲田大学からフランスのリヨンとプロ契約することが決まり、厚木の永里姉妹(荻野中卒)より少し背が高いFWということもあり、にわかにロンドンオリンピック候補を待望する報道が出ました。少なくとも永里亜紗乃選手(厚木的に困るなあ)・丸山選手あたりを押しのけなければ代表入りが出来ませんが、平塚出身サッカー選手がオリンピックに出られれば、ベルマーレ的にも良いかもしれません

で、そのベルマーレ応援ブログである当ブログなのですが、すみません、2010年からわかっていたことなのですが、更新する暇がなく、間を開けてしまいました。更新していない間も毎日100ユニークユーザー以上のかたにご訪問いただき、ありがとうございました

特記事項としては、サッカー無関係に福岡に所用があり、「宮崎→鹿児島→九州新幹線乗車」を付け加えて数日間旅行をしておりました。46都道府県目の訪問県として鹿児島県に行き、残るは長崎県のみとなりました。キャンプ地日南にも行きたかったのですが、残念ながら時間の都合で行けませんでした。以下、雑感です。

ジャイアンツの長野選手、ホークスの本多・森福選手、人数が多いので結構な負担だとは思いましたが、サインを書いていただきありがとうございました。

やはり野球のキャンプはライバル投手の比較が出来るブルペンが最大の楽しみですね。試合では楽しめません。ジャイアンツは一般公開しておりましたが、ブルペン非公開のホークスのキャンプは「フードコート」と「サインします(実際には人が多すぎて大変)」で集客をしており、はっきり言って野球的には面白くありません。

宮崎市の栄養軒(激混!)でラーメンを食べましたので、平塚市の「いっちゃが」と比較が出来るようになりました。「武骨でない豚骨スープ+油注入」「やわめの中太麺」「関東と比べて明らかに細いもやし」でしたが、個人的には平塚市のいっちゃがは、かなりこのラーメンを再現できていたと思いました

宮崎から鹿児島中央まで単線の特急で2時間かかりますが、鹿児島中央から博多までは新幹線で1時間半で行けました。んー、高速道路も限られておりますし、やはり宮崎県は交通に難があります。

鹿児島-天文館-鹿児島中央のエリアは、旧城下町的な「徒歩圏に欲しいお店がまとまった街」で、静岡駅・浜松駅・千葉駅あたりには勝っている「いい街」でした。鴨池にJリーグクラブがないことは、かなりもったいないと思います。「芋焼酎」や「しろくま」、明治維新関係で軽く観光もできますので、まずはJFL入りを目指してほしいと思います。ただ8月前後の試合は火山灰と台風で対戦相手に嫌われそうですが・・・。

風雲児たち 幕末編の読者なので、仙巌園尚古集成館にはちょっと感動しました。西郷家と大久保家が予想以上にご近所だったので、驚きました。桜島島内には年中火山灰が落ちているのですね・・・。

県内にはジャイアンツのマスコットとして「マーくん」を露出しており、わかってはいても困惑します(NPBの千葉ロッテマリーンズのマスコットは、鹿児島でキャンプをしているKBOのロッテジャイアンツ(現在はチームカラーがオレンジと黒、ユニフォームがAdidasに変更された、東洋人のチームなので、読売ジャイアンツと紛らわしい)との兼任なのです)。

九州新幹線に乗って、あの1年前のCMの景色を実際に見ることが出来ました。鹿児島県内は「地下鉄か!」と思い、新鳥栖までは田んぼばかりで、博多の手前で突然マンション群に囲まれたのが、CMどおりな印象でした。でも、あのCMの主役は景色ではなく人ですね。

さて、私信はこれくらいにして、ベルマーレ応援ブログに戻ります。だいぶ間引いて出来事にコメントします。

平木良樹選手の移籍先がブラウブリッツ秋田と発表されました。結局金沢に期限付き移籍をしていたチェ スンイン選手については「退団しました」という報告もありませんでした。

そのブラウブリッツ秋田(千葉館山キャンプから館山投手(睦合東中卒)の厚木にやって来た!)との練習試合が厚木荻野運動公園でありました。正直、高校・大学の試合は行われる荻野でJ2公式戦をやるのは立地・施設面で無謀なのですが、練習試合でしたら年に2回くらいは普及活動扱いでやって欲しいです。平日かつ告知時間が少なくて残念でした。

なおブラウブリッツ秋田は同日でA-LINEとユニフォーム契約をしました。湘南では初年度を頂点としてデザイン能力のなさを見せつけ、生地縫製面でも他メーカーより数年遅れているのに販売価格が高いことを露呈してしまっておりましたが、J2草津のほかに、JFL琉球・金沢・秋田と、Jリーグ準加盟を目標としている3クラブに参入しましたね。

と思ったら、湘南ベルマーレがまさかのA-LINEからPENALTYへのユニフォーム変更を発表しておりましたこれは予想外で驚きました。クラブ史上最弱だったPIKO時代を引き継いだあとはA-LINEで登り調子だったわけですが、J2降格とクラブ史上最低順位も更新した、「激動のA-LINE時代」として印象深いです。ありがとうございました。

後任のPENALTYのユニフォームも発表されましたが、いたって普通のデザインということで、配色に恵まれているベルマーレなので、普通にカッコイイでした(この配色を持ってカッコワルイ場合は、基本的にデザイナーの力不足だと思います)。あとは戦績を伴わせなければいけませんね。個人的には黄緑のシャツには青のパンツのほうが、当時の成績と無関係にデザインとしていいと思います。あと背番号「9」が「の」に見えるのですが・・・。

産業能率大学の背中スポンサーに加えて、輸入車のディーラーである株式会社ウイルプラスホールディングスが袖スポンサーに就任されましたありがとうございます

Fリーグが全日程を終了し、今年もフットサルクラブは8位と振るいませんでした。サッカークラブが小田原のクラブでなくて良かったというくらい集客が少ない小田原アリーナ(1試合の動員が基本的に3桁である会場は、ここと町田と花巻くらいしかない)を考えれば、集客相応な成績と言わざるをえません。平塚の10倍くらいは観光資源がある小田原なのですが、やはり小田原の人が集客の大半を占めなければダメだと思います。まず集客を増やしてからでないと強くなれとは言えないくらい、動員が少なすぎます

アビスパ福岡戦の翌日の3月18日(日)に、小学生以下を対象としたJAあつぎ「ふれあいサッカーフェスティバル」が、厚木市営南毛利スポーツ広場グラウンドで無料開催(要申込)されます。1月開催だった昨年は菊池・遠藤選手も参加しました。サッカーをやっていない子も遊びに来てください。

ハングギョン選手がロンドンオリンピックアジア予選に順当に選出されました。戦力としては相当痛いのですが、ぜひ湘南ベルマーレ所属選手としてロンドンオリンピックに出場してほしいです。韓国もこれから欧州組とオーバーエイジが入るので、予選のうちに「絶対に外せない主力選手」になってようやくオリンピックに出られると思います。アピールしてほしいものです。日本代表のほうは当時川崎の松本選手以外ベルマーレの選手を予備登録していない(それどころかあの京都の選手も登録していない)ので、他クラブの選手にがんばってもらうしかありません。

そうそう、ロンドンオリンピックはビーチバレーの白鳥勝浩選手にも頑張ってほしいです。溝江明香選手もスポンサーの産業能率大学所属(たまにベルマーレのイベントに登場・出身は町田)なので、オリンピックに出られるといいですね。

フードパークつき練習試合やベルマーレワンダーランド(といってもこの記事はワンダーランドの日の早朝に書いておりますが・・・)などでそれなりの成果を挙げているようですが、残念ながら行く暇がないので、何もコメントできません。開幕後は何とかしたいものです。

明日2月19日(日)は、「KIDS GUARD SHONAN inいわき」として、いわきグリーンフィールドにて朝10時から栃木SCとの練習試合、14時からは栃木SCと共同で地元の子を対象としたサッカー教室が開催されます。これは素晴らしい試みだとおもいます。あわせてご協力いただく栃木SCにも感謝です。さっそくBmount様からお褒めの記事が出ました。いわきの皆様に楽しんでいただければと思います

いわき遠征が終わりましたら、そろそろ主力と控えに分けて「勝ちに行くサッカー」を練習試合でもしていかなければならないと思われます。対戦相手もJ2以外のリーグのクラブになるのではないでしょうか?。もうすぐ開幕です。

最後に、宮川大輔選手(玉川中/ベルマーレ平塚Jrユース出身・昨年は北九州)がSC相模原に入団出来てよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »