« 決定、「チャリ通湘南2011」! | トップページ | 2012年への検討課題 »

土曜も日曜も川崎フロンターレ戦

こんばんは、アーセナルとベルギー代表のセンターバックであるThomas Vermaelen選手が「ベルマーレン」と表記されることがあるのが今更ながら気になっている、チャリ通です。欧米では人名・地名は地域によって発音が違うので、よくわかりません。

さて今週末は、12月17日(土)17時キックオフで、天皇杯4回戦の川崎フロンターレ戦が等々力でございます。J1と公式戦で対戦するまで、元旦から351日もかかるとは思いませんでした・・・。寒いのでご注意ください。反町監督が指揮をとりますが、こちらのアジエル選手も、あちらのジュニーニョ選手も、おりません。

また翌12月18日(日)10時30分キックオフで、プリンスリーグ関東1部参入決定戦の川崎フロンターレユース戦がフクダ電子スクエアでございます。なんとトップとユースで川崎フロンターレと1発勝負2連戦。難しい相手ですが、どちらも勝ってほしいところです。

<追記>フロンターレはユースの集客にも熱心です

なお12月16日(金)19時キックオフで、Fリーグ府中アスレティックFC戦も府中でアウェイ開催されますので、クラブとしては3連戦です。でも12月の金曜夜って、・・・無理です。ただこの試合以降のFリーグ湘南戦は、「小田原5試合」と「麻溝開催の町田主催ゲーム」という、サッカーのベルマーレサポーターに配慮した日程になっております

近い将来田原豊選手を上回ると思われたルーカス選手が契約満了というのは、非常に残念でした。1年で放出するなら育成選手を契約するなよと思います。近年はブラジル国内でも結構な年俸を選手に払えるので、ルーカス選手も結構選択肢があると思います。がんばってください。

本日「2011 JPFA トライアウト」が開催されたそうで、今年も検索エンジンで当ブログを訪れた人が多数って・・・。そもそも「Jリーグ合同トライアウト」が以前のイベント名なので、そこで気づいてよと思いました。

残念ながらベルマーレから契約満了になった選手は全員参加(つまり内定なし)。未発表の平木良樹選手(保有権が名古屋)も参加していたようですが、逆に言えばこれ以上契約満了選手はベルマーレから出ないと思われます。まあ残った選手から「引退」と「移籍」はありうるわけですが・・・。田原豊選手と再契約とかないのでしょうか?。

神戸を満了の馬場賢治選手が、引退を表明していないのにトライアウトに参加していないので、どこかからオファーがあるものと思われます。プロにしては球際の競り合いに弱い選手でしたが、数少ない平塚市出身選手ということで、ベルマーレが再オファーしていたりして?。ホームタウン各市でも街の元気がないほうの部類に入る平塚市は、ホームタウン各市の中でもプロスポーツ選手やオリンピック選手が出にくい市(サッカーだけでなく野球・ゴルフ・相撲なども少ない)でもあり、馬場選手のほかは、猪狩(湘南)・加藤(水戸/マリノスユース出身)・ロメロフランク(水戸)選手くらいしか平塚市出身を思い浮かびません。20年近くJリーグの本拠地があって、人口で勝っていてさらに野球・ソフトボールどころである厚木とサッカー選手数を競っているようじゃあ、ダメでしょう・・・。個人的には平塚市の土壌自体がベルマーレの集客に影響していると思っております。平塚の皆さんで何とかして欲しいものです。

既に書きましたが、町田と松本が正式にJ2昇格をしました。おめでとうございます。J2ですとアウェイのチケット価格がJFLの2倍になりますが、よろしくお願いいたします。

松本はサッカーでは行ったことがないので、「動員がすごい」という以外わかりません。現地を見てから判断します。一般的にJ2昇格は全国メディアでやらないのですが、松田直樹さんの件があったためかテレビのスポーツニュースでやっていて驚きました(ついでに栃木SCのときの何倍も、町田の昇格がテレビで紹介されました)。浅田真央選手のお母様の件を含めて、お亡くなりになった人をマスコミは商売のネタにして欲しくないのですが・・・。

町田の今季の予算はおよそ2億8000万円とのこと。そのうち人件費は約9000万円(対象者数に近い30分割で、約300万円)で、来季は4億円の予算ということ。ん?、Jリーグ分配金が1億数千万円なので、昇格の上積みは今のところJリーグ分配金だけ想定しているのですね。意外です。

この数字のままですと、多くの予算が現JFLから初めてJリーグ入りしている水戸ホーリーホックにそっくりになりますので、とりあえずそのレベルにはなりそうです。湘南・水戸とともに「親会社なし・非政令指定都市・県で2番目以降クラブ」だからでしょうか?。34億円で改修したケーズデンキスタジアム水戸と近い額を町田市立陸上競技場の再改修に確保しているらしいので、そのあたりまでそっくりです。監督が代わり、試合会場も来季の町田は未定なので、来季の町田がどれくらい強いかはわかりません

ゼルビアは会社設立以降一度も黒字化をしたことがないらしいので、決算の黒字化が条件になっているそうですが、2013年のクラブライセンス制度で「赤字だと昇格できない」という規定が盛り込まれる予定なので、つまりそこは事実上他クラブと同じなのでは?と思います。まあこの制度のおかげで、湘南を含めて人件費・経費とも大幅削減されるらしいのですが・・・。

うーん、共倒れってことはお互い避けたいところです。いろいろ考えると、胴元のJリーグから、社長だけでなく、親会社も、さらに複数の主要スポンサーまで紹介してもらった「各クラブが平等ではなくなる、リーグが超コンプライアンス違反になるクラブ」である東京ヴェルディって、ずるいなあと思います。まあ「川淵三郎氏 vs 渡邉恒雄氏」をちゃんとみれば、川淵チェアマンのやり方のほうが悪いので、その罪滅ぼしもあったと思うのですが、今年のヴェルディは輸血以上の出血をしているように見えますので、来年はなんとかしないと、町田より厳しいのではないかと思います。

<追記>フリ丸、気を使ってくれてありがとうございます

|

« 決定、「チャリ通湘南2011」! | トップページ | 2012年への検討課題 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

田原だけでなく臼井まで切るとは高年俸だからとしか思えない。臼井はベルマーレ平塚を知る選手唯一のだからね。坂本もだけど。ベルマーレユースからベルマーレ平塚に昇格した選手だし。途中静岡FCや横浜FCにいたがベルマーレに戻って来てチームに貢献した選手だし。 ただ最近のプレーを見るとサイド攻撃はいいが戻らないで守備を疎かにしたり相手選手に簡単に抜かれたりと年齢的な衰えは隠せない。SBは若手でもたくさんいるからいいかな。補強にしてもフロントのコネで山形関係の選手を補強するらしい。古橋や園田をね。園田は知らないが古橋ははっきり言って終わった選手。セレッソの時の活躍を期待したら失望するだけ。監督も小林が来るとか来ないとか。それが良いのか悪いのかわからないが。若返りをするのは明らかだが選手育成しながら昇格をするということだろうがそんな悠長なことを言っていいのか。三位から六位までに入れば昇格するチャンスもあるがJFLに落ちる可能性もあるわけで若いから勢いに乗った時はいいが悪い方向に行った時はどうするのか。ルーカスはベルマーレよりレベルの高いところで勝負したいのではないか。町田ゼルビアがそんなに予算がないとは。スポンサーに「玉川大学や小田急」がついてるのに町田という場所でもなかなか予算は集まらないのか。町田はフロンターレやFC東京やヴェルディと周りにチームがあるからサポーターを増やすのは難しいだろう。よっぽど強くならない限り。

投稿: 藤和不動産 | 2011年12月16日 (金) 02時23分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

臼井選手の件はこの記事が出た後の発表されましたので触れておりませんが、どこかで別途書かなければいかないかと思っております。J1にいた2010年の1,000万円プレーヤーは12名おりましたが、これで坂本・野澤選手のみになりました(阿部選手は期限付き移籍中)。

入団が噂されている方については、まだ決定というわけではございませんので、ブログやtwitter向けの話題ではありません。現時点で何とも言えません。

町田の試合会場の入場ゲート付近に立っていれば、このクラブがヴェルディ・横浜FC(どちらも親会社の補てんあり)レベルの招待券率で平均3,000人をクリアしたことが一目瞭然です。正規料金が横浜FCの1/3なのにこれですから、そりゃあ町田の2010年年間入場料収入が、2010年の湘南の1試合分(ただし当時J1)だよなあと思いました。

J1のFC東京・川崎・マリノス、J2のヴェルディ・横浜FC・湘南・町田だけでも厳しいですが、準加盟の相模原、神奈川のアマチュアの頂点であるYSCC、女子のベレーザ、Fリーグの府中・町田・湘南と、あまりにもクラブが多すぎる地域のど真ん中で、FC町田以外を町田と認めていない町田ゼルビアが「町田は東京ではなく、町田」と言い切っております。水戸が9年かかった改修を、町田はたった半年で国体と無関係に実現しました。他の自治体では考えられない強気っぷりです。裏打ちのある強気でしたらいいのですが、岐阜や栃木の初年度ような強気でしたら、それをまた再現するだけだと思います。

日本のプロ野球は1950年代にチーム数を減らしたまま固定したおかげでレベルを維持できているところがありますし、オイラがロンドンにいた2000年ごろの欧州は、10年以上かけて「2部リーグ以下の切り捨て」「1部リーグでもチャンピオンズリーグ参加以上と以下を切り分け」が完成したころで、たった20年で4倍増のJリーグとは真逆なのですよ・・・。だから共倒れが心配です。このまま少子高齢化が続けば「J2への分配金削減」はJリーグでも採択されると思いますし・・・。

「子供が出来たら生活費を賄っている嫁が働けないので、レギュラーだけど引退」「移籍先にバイト先がないので、オファーがあっても引退」という年収のクラブでは、身内の就職を勧められませんから・・・。しかし現役Jリーガーは全国に1,000人以上いて既にNPBの選手より多いので、売れない劇団員や芸人のような選手が、すべての「JFL降格の心配があって予算を割けないクラブ」に出てくると思います。

投稿: チャリ通 | 2011年12月16日 (金) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/43368307

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜も日曜も川崎フロンターレ戦:

« 決定、「チャリ通湘南2011」! | トップページ | 2012年への検討課題 »