« 第91回天皇杯4回戦 川崎vs湘南 戦 | トップページ | 第91回天皇杯準々決勝 湘南vs京都 戦 »

12月22日・24日・25日

こんばんは、ビンラディン・カダフィ・金正日が同じ年に亡くなり、ムバラク氏は失脚したことは、何か共通原因があるのか勘ぐってしまっている、チャリ通です。時代は変わっておりますね

先日小田急線に乗っておりましたら、対面に座っている乗客のうち30代と思しき男性2名のみが週刊"少年"ジャンプを読んでいて、紙媒体の日経が1名、あとは1列全員がスマートフォンとゲーム機でした。中長距離通勤電車の客席は本当に「時代のショーケース」で、日本経済新聞の記事よりよほど役に立ちます。

最近時間つぶしでジャンプを立ち読みしたのですが、約20年前のマンガを読んでいることが前提になっているパロディがあり、これじゃあ"少年"誌じゃなくなるよねと思いました。得意のアンケートから得た「30代以上」と「マンガオタク」しか読んでいないという情報を反映させているのでしょう。日曜日は早朝の「時事放談」に始まり、「喝!」な「サンデーモーニング」、紅白歌手(代表曲は演歌歌手もびっくりな70年代発売のみ)なのに自身のファミリーには歌手がいないことを長年毎週プロパガンダしている「アッコにおまかせ」、若い子に料理が出来るかチェックするくせにオジサマに英語が出来るかをチェックしない「噂の東京マガジン」、夕方のアニメも「ガンダム」でないと新作の企画として通らないのかと思いますし、夜に50代以上向けなドラマばかりの「日曜劇場」、というようなTBSのように、日本は「京王百貨店化」している業界が増えているように思います

短期経営的にはそれでいいかもしれませんが、今の世代が去ったらどうなのだろうとは思います。かつてはコーチ経験なし39歳の星野仙一監督をすえた中日ドラゴンズが、あの落合監督を引っ込めてまで就任させた監督が70歳の高木守道元監督というのも、マーケティング上なところもあるのでしょう。お金のために高齢化させることは危険だと思います。橋下徹大阪市長の当選には、大阪都構想の裏に世代に対するアンチテーゼもあったと思いますし・・・。これらの業界については、時代は変わっているのでしょうか?。まあ主力ではないのに40代の選手が在籍している業界も、いろいろ言えないか・・・。

そんな年の瀬の、12月22日(木)19時より第23回ベルマーレクラブカンファレンスが平塚商工会議所で行われます12月の休前日に設定されても行けるわけがありません。12月の会場が混んでいることは今に始まったことではございませんので、会場の予約をしていないということで、クラブカンファレンスは社内でのプライオリティも低いのでしょう。

今年はユニフォームスポンサーが背中のみの状態で「シーズン中に確保する」としていたら、開幕直後の震災で、各社の広告料が義援金・災害対策費・内部留保に回ってしまい、正直よくベルマーレが破たんしなかったなあと思いました。元々累積赤字がかなりあり、正直もし今オイラにベルマーレ社長を譲られても断るだろうなあという状況です。

2013年開幕からAFC主導でクラブライセンス制度が適用されるため、来年2012年はクラブライセンス対応年となります。ライセンスでは昇格条件に「クラブの財務」も含まれるため、湘南ベルマーレもそれに対応した収支にしなければなりません。J1だった2010年は12名の1,000万円以上のプレーヤーがベルマーレに在籍しておりました。しかし赤字である以上、ここに手をつけないというわけにはいかないと思いますが、多額の減俸をオファーすることは大変なので、契約満了にしてしまうことになるかを思います

そんな中、アジエル・田原・松尾選手という1,000万円以上のプレーヤーが契約満了になり、おそらく同程度はもらっていたと思われる西部選手も川崎フロンターレ移籍となりました。お金がないということを痛感してしまいます。残る1,000万円級プレーヤーは野澤・坂本選手くらい(期限付き移籍の阿部吉朗選手は除く)でしょう。

しかしまずかったのは、臼井幸平選手の契約満了でしょう。なぜかひとりだけ、不参加だったJPFAトライアウト終了後に契約満了が発表され、アジエル選手にはあったコメントも一切ありませんでした。正直ベルマーレの選手リストをみるとGKと両サイドバックは人数過剰で使い切れず、ここからは必ず放出させなければならないだろうと思っておりました。それがたまたま年長で高給の西部・臼井選手であっても仕方がないとは思っております。しかし臼井選手はベルマーレ平塚ユース出身なので、この「コメントなし」はクラブだけでなく臼井選手も本当にまずい対応だと思います。ここは説明が必要だと思います。

新監督と移籍加入選手の発表がございませんが、これは反町監督のチームが天皇杯を勝ち残っているからと思われ、むしろ良い傾向だと思います。水面下ではいくつか決まっていると思われますので、待つしかありません。人事権に担当者以外が必要以上に介入していい結果を出したクラブを聞いたことがございませんので、文句はこの時期ではなくシーズン中に言うべきです。

とにかく収入を増やすことしか解決策はございませんシーズンチケットをよろしくお願いいたします。

ベルマーレユースはプリンスリーグ1部プレーオフ、残念でした・・・。来年に期待です。

来シーズンのJリーグの日程が発表され、開幕こそ3月になったものの、平日の試合があり、リーグ最終戦はプロ野球日本シリーズの頃と前倒しされました。11月末のJ1昇格プレーオフやJFL降格制度も明文化されました。平日の試合はやめて欲しかったです。ほとんどの試合が日曜開催ですが、土曜開催が数試合あり、ロンドンオリンピック期間中も試合があります。

その前に12月24日(土)15時キックオフで、天皇杯準々決勝の京都サンガFC戦が、等々力陸上競技場にて、4回戦と異なりホーム扱いでございます。京都はJ2ですが、来年のJ2優勝候補のひとつと思われますので大変です。とはいえあちらは関西からやってくるクラブですので、ここは湘南が勝っておきたいところです。この試合に勝つと4位以上ということで賞金も発生いたします。連休中日のクリスマスイブですが、18時までには終わると思われますので、ぜひNHK-BSではなく川崎までご来場いただければと思います

12月25日(日)14時キックオフで、Fリーグのエスポラーダ北海道戦が、小田原アリーナで開催されます。三浦知良選手が横浜FCと同じ親会社のエスポラーダ北海道に入団することが発表されましたが、1月の札幌での府中戦限定ですので、この試合には出場しません(北海道ベンチでの観戦くらいあれば、話題にはなるでしょうが・・・)。

この試合は株式会社古川のご協力で、異常にイベントが充実しております(ニセサンタ姿のご老公の画像があるということは、ご老公も活躍するのでしょうか?)。

12時45分キックオフの前座試合には、なんとサッカーのほうの湘南ベルマーレOBである高田保則さん、北島義生さん(現Jリーグエンタープライズ)、柿本倫明さん(現松本山雅アンバサダー)、田村雄三さん(現湘南強化部)、富永英明さんが出場します。対戦相手は・・・、なぜかビーチバレー選手が2人混じっているのですが、追加メンバー発表とかあるのでしょうか?。横浜ベイスターズOBの野村弘樹鈴木尚典さんもご来場されますので、野球ファンもうれしいかもしれません。

女子ワールドカップの金メダルが展示されるそうですので、2011年の思い出に見ておければというところですし、チャリティーオークションもあるらしいです。ボラ選手Fリーグ100試合出場達成記念セレモニーも予定されております。よろしくお願いいたします。

|

« 第91回天皇杯4回戦 川崎vs湘南 戦 | トップページ | 第91回天皇杯準々決勝 湘南vs京都 戦 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレスポーツクラブ」カテゴリの記事

コメント

金正日が死んだのは驚いたが死んだ理由は簡単で贅沢三昧の暴飲暴食。「大多数の貧困や餓えてる人民」がいるなかで。カダフィやムバラクはネットから火がついた「アラブの春」だしネットが発達したとはいえあそこまでなるとは。日本は若者相手に商売するのはいいが少子高齢化で若者は少ないし中高年の方がたくさんいて金があるし昔の中高年に比べて若いし元気だしそちら相手に商売した方が儲かるし先がある。「大阪都構想」は「大阪府」と「大阪市」どちらが力があるのかわからない状態だったからね。「大阪府」の言うことを「大阪市」が聞かないと言う訳わからない状態だったし。東京にしても「日本政府」と「東京都」どちらが力があるのかわからない。「地方自治」と言っても全ての事を地方が出来るわけじゃなくそこまで力がなく予算があるわけでもないからね。ベルマーレだがCBとFWは間違いなく不足してるが補強も戦力外の実績と経験のある選手を獲得するくらいしかないかな。あとはレンタルとか。監督も予算が限られてるから大物は呼べないだろうし。ベルマーレOBは反町を除いて何故ベルマーレの現場に戻って来ないのか。予算の問題?それともフロント?全く別のチームや組織になったからか?前から不思議に感じたが。ロペスがガンバの監督とか田坂は大分だし堀は浦和だし。 カズに関しては色々言われてる。「客寄せパンダや広告塔」とか言われるが横浜FCにカズがいなければぶっちゃけ予算もあんなに集まらないし注目もされないだろうし客も入らないだろうし。ただサッカーに取り組む姿勢は凄い。練習メニューもあの年齢でチームと同じメニューをこなしているし早く来て練習をし遅くまで残って練習をする。それは他のサッカー選手も見習わないといけないだろう。 試合に出れなくても控えでも準備をしているのは凄いもんだ。

投稿: 藤和不動産 | 2011年12月22日 (木) 07時25分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

ベルマーレOBがベルマーレの現場に戻っていないということは、ないと思います。藤和不動産さんのおっしゃられているレベルで集めなければいけないのであれば、マリノスやエスパルスのほうがそれぞれのOBを集めていないことになってしまいます。ポストは限られていて、そこにはそれ相応の実績が必要だと思いますし・・・。

オイラは会社員なのですが、オイラの業界では長時間残業したり、忙しいスケジュールにしたり、新しいことを勉強したりすること自体は、全く評価の対象になりません。いい仕事をするための準備をすることはプロにとって当然ですから・・・。プロは営業成績ですとか、研究成果、製造量、部下の成長などの「結果」だけで評価されるものと思いますが、横浜FCは現場も営業もあの成績ですから・・・。だから横浜FC時代の三浦知良選手の評価については「違和感ありまくり」なのです。

「1960・70年代生まれの顧客」に媚びたカズ・ゴン・JPFA選手会長の40代トリオに対する評価と待遇に、下の世代はドン引きだと思います。JFL以下のカテゴリーでもっと試合に出て、勝利にどれだけ貢献するかをみせたほうが良いと思います。

投稿: チャリ通 | 2011年12月23日 (金) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/43458392

この記事へのトラックバック一覧です: 12月22日・24日・25日:

« 第91回天皇杯4回戦 川崎vs湘南 戦 | トップページ | 第91回天皇杯準々決勝 湘南vs京都 戦 »