« 第91回天皇杯3回戦 福岡大学vs湘南 戦 | トップページ | bjリーグ 2011-2012 横浜ビー・コルセアーズvs信州ブレイブウォーリアーズ 戦 »

なんと神奈川県外の人はSC相模原が優遇される理由がわからないらしいので・・・

こんばんは、JTに買収された加ト吉が、いつのまにか冷凍餃子事件のJTフーズの引受先としてテーブルマークという東京の会社(体操日本代表スポンサー)になっていて驚いた、チャリ通です。「四国なんとか」系企業は香川県だけというわけにはいかないでしょうし、穴吹も破たんしたので、ここかはなまるうどんことでんあたりが、Jリーグ準加盟のカマタマーレ讃岐のスポンサーとかしないのでしょうか?。

当ブログを毎回欠かさずお読みになっている方は、「チャリ通はえらく町田とSC相模原を意識しているね」だと思います。まあ町田ゼルビアは小田急線の車内広告を利用して、FC東京・東京ヴェルディ・川崎フロンターレ・湘南ベルマーレの各ホームタウン内で常時宣伝をしているので、意識はします。東海道線沿線ホームタウンにこの危機感をわかってもらえないのが、いつも残念です。

ただ、町田のフロントが連発する「地方の自営業なオジサマ的な失策」を、いつも強引にごまかしているだけなのもよく見えますので、対抗馬が出れば自滅必至だとも思っております(まあ10億円をもらった後、道路やら福利厚生やらの陳情の行列に横入りして、連続してさらに30億円もらったようなものですから・・・)。毎年レベルが低下している「フルタイムで働きながらサッカーをしている人のリーグ」というJFLに、普及コーチ兼任とはいえプロとして参加しているクラブなのに、リーグ優勝が出来なさそうなクラブですから、早速来シーズン「降格第1号クラブ」になるかもしれませんが・・・。JFL4位で昇格した岡山と北九州は翌年J2最下位でしたので、JFL4位だった場合は半分以上の選手の入れ替えを検討すべきだと思います。

38あるJクラブですが、準加盟も含めて、
1.親会社がない
2.ホームタウンが権限の多い政令指定都市ではない
3.県内唯一のJクラブではない

という条件ですと、「湘南」と「水戸」と「町田」しかございません。J1経験があるのは「湘南」だけです。その町田もホームタウン人口がたった42万人しかいないワーストクラスで、入場料収入もJリーグ最下位の半分をさらに下回っております。入場料からは選手・コーチ・スタッフ1人につきサラリーマンの月収程度しか年に払えない計算で、収入源の普及コーチ業があるとはいえ、これは大変だと思います。

北隣の東京ヴェルディ(現在の親会社は「バディ」)は営業的に頼りないクラブですが、西隣の相模原はゼルビアのようなお騒がせではない大人の営業戦略をとっているので、こことシェアの奪い合いで伸び悩めば、隣接既存クラブはやっていけるかなあと思います。明治時代に神奈川県議会を制圧した野津田村の自由民権政治家(記念館が野津田にある)を神奈川県から追放した政策のおかげで、FC東京と東京ヴェルディと町田ゼルビアが神奈川県のクラブでなくなっているというくらいクラブが密集しているので、いろいろキツいです。

以前県外の地方自治体の人とお話をする機会があって、「国民体育大会があると新競技場が建つは、選手にも投資されるはで景気がいいですね」というような話をしたのですが、どうやら国体ではスポーツ関係の投資よりも、付帯インフラ投資のほうが何十倍も大事な、まさに47年に1度の「オリンピックがやってくる」状態で、十年以上かけて投資計画を立てるのだそうです

そう言われてみれば「栃木県グリーンスタジアム+宇都宮清原球場」は工業団地を造成するためのような立地と、あらかじめ工業団地転用を考えたような周辺道路網で、実際に工業団地です。KKウイングも市街と高速道ICと空港の間の幹線道路付近に立地しております。オリンピックで新幹線がやってきた長野市のように、「本命のための名目」に国体もなっているようです。ああそういえば厚木の国道412号バイパスも及川球技場(国体ソフトボール会場)にあわせて出来てました。

で、それを国体が名目で改修される町田市立陸上競技場で考えると、これらと比較すれば「えっ、これで交通網工事は終わり?」って感じです。やはり東京では地価的に無理なのでしょうか?。おそらくゼルビアがJ2に昇格すると、即、南関東Jクラブ一番の自家用車通勤率になると思われますが、駅や高速道路インターチェンジからとても遠い上に、現在のたった3,000人くらいの集客ですら周辺道路が渋滞をしております。2年後には駐車場が増えるので客席増に対応した駐車場にはなるでしょうが、駐車増により野津田の道路はさらに渋滞すると思います。ベルマーレの人に説明するように表現すれば、距離的にも、周辺道路的にも、標高的にも、産業能率大学の立地にイオン秦野店があるようなものです。来年町田がJ2に昇格した場合は、シャトルバスを設定する代わりに自家用車観戦完全禁止くらいにしないと、厳しいのではないのでしょうか?。全体の街づくりに全く計画性が感じられません。さらに20年以内に別途数百億円はかかりそうな町田駅前スタジアムを造るらしいのが、計画性のなさを増長させており、次の市長・市議選挙の争点になる可能性があります。税リーグとか呼ばれるような要素を町田は一度に集めすぎです。

これに対し相模原は、まず相模原市が政令指定都市になる前から「相模大野駅-北里大学病院-麻溝公園-原当麻駅のバス専用レーン建設」という具体的に動いている大目標(これを打ち出した時期がちょうどSC相模原の設立や、国体用ラグビーグラウンドの転用となる麻溝公園競技場の着工と同時期だったりする)があって、経路上に大学や工場のほかにプロスポーツホームスタジアムもあればその大義になるというところを、皆が利用していることが、新聞の神奈川版・多摩版を読んでいれば誰でも気が付くことなので、行き当たりばったりな町田市や、雲の上の藤沢・茅ヶ崎どころか本厚木や湘南台にも路線価が追い抜かれていることを無視してかつて湘南市を提唱した「昭和30年代は神奈川第3位だった市」(今はさらに海老名や辻堂にも追い抜かれている)とは違い、地域政財界が「趣味分野の夢」ではなく「生活向上のため」にJリーグを利用しているのです(バスレーンがいい政策かは別問題で、反対派もいます)。さらに原当麻駅の近くには国道16号・129号の代替道となる圏央道相模原ICが2012年度完成と、なるほどと思いました。確かに横山公園や小田急相模大野車庫を潰したスタジアムでは意味がありません。利害一致者を少しずつ増やしている相模原のほうが、将来的には脅威です

このバスレーン、一番恩恵を受けるところは、誰がどう見ても、終点相模大野駅を抱えて、神奈川中央交通筆頭株主でもある小田急電鉄グループです。しかしここが現在応援しているクラブは「2週間に一度、数千人×定価で230円×2=200万円未満?を落とすだけ」の町田ゼルビア。KDDIが湘南ベルマーレから親会社を同じくする京都サンガに移籍したようなことが、またあるのでしょうか?。

AFC主導のクラブライセンス制度が2013年シーズンから適用予定ですが、Kリーグ・大相撲・西鉄ライオンズなどの八百長が「選手の収入不安」が主原因となっており、そのためには「選手にそれなりの年俸を払える経営基盤」が必要になり、そのためには「入場料収入」が必要となっており、そのためには「人数をさばけて顧客満足度の高いスタジアムの客席」が必要になります。TV放映権料はクラブが増えるほど減りますので、アテになりません。なので、結構理にかなったことをクラブライセンス制度は提示しているなあと、オイラ個人は思っております。横浜FCや徳島のようなオーナーがいれば観客動員数はどうでもいいのですが・・・。

|

« 第91回天皇杯3回戦 福岡大学vs湘南 戦 | トップページ | bjリーグ 2011-2012 横浜ビー・コルセアーズvs信州ブレイブウォーリアーズ 戦 »

その他」カテゴリの記事

コメント

町田はサッカーどころなのにプロチームがなかったのが不思議だ。プロサッカー選手をたくさん輩出してるのに。それもゼルビアの前身の町田JCからね。プロサッカーチームを作るのにこんな無計画なことをしていてはサッカーどころと言われてるのにもったいない。チームを作るにあたってホームスタジアムを野津田にしたのかそこの無計画さもどうなんだろ。当時はJ2昇格に審査があるとか考えてなかったのかな。 町田駅前にスタジアム作ると言っても予算も場所もないだろう。相模原がチームを作るのにそこまで計画的にやってたとは知らなかった。相模原に比べてゼルビアは前身のチームから歴史があり伝統があり実績があるのにね。相模原の計画的なところは凄い。県リーグから始まったチームなのにあのスタジアムに電光掲示板があるのはね。スタジアムまで行くのにちゃんと交通路を作るあたりはゼルビアは違いすぎる。 町田もデカイ街だが相模原は「政令指定都市」だからスポンサー集めには苦労はないだろう。サッカーだけでなく日本のスポーツは所詮「親会社」のあるチームが強いのが改めてわかる。 地域密着やNPOやらと表向き素晴らしいことを言ってもなかなか予算が集まらないのが現実だからね。

投稿: 藤和不動産 | 2011年11月20日 (日) 12時16分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

いやいや、この記事はまず相模原について書くだけのつもりだったのですが、市境が幅10m程度の川な町田が真逆のスタンスであることも外せないなあということで前文に書き足したら、こうなってしまいました。いつもより刺激的な記事になったなあという危惧はありましたが、結構この記事が大変なことになっているようで、驚いております。

とはいえ、誰かが書かなければいけないのかなあともちょっと前から思っていましたので、じゃあリアルな自分と切り離して書いている当ブログで、と思いました。あと、町田ゼルビアの前身はFC町田です。町田JFCと間違えるのはご法度らしいので、ご注意ください(ホームタウンの一体感を考えると、「そこで争ってどうする」という感じはしますが・・・)。

オイラがベルマーレを仕事の片手間に応援しながら、やはりいろいろと思うところはありました。さらに横浜FCという10年程度で2回転以上体制が変わってしまった同情してしまうクラブも近所にあり、余計そう感じます。

日本の場合電通が動かない以上、多くの人から支援を得るのに「子供たちに夢を」だけでは、その競技のファンしか集まらないです。「売上が上がった」「プロ野球のようなバーゲンセールがよく行く店でも行われた」「インフラが建設された」「子供が志望校に入れた」「地域の子供が増えた」などの具体的なメリットを用意しないと、地域のファンが応援しません。「地域の人全員」と比べれば、「特定競技のファン」なんてたかが知れています。ベルマーレも含めてそれが足りていないと思います。

ところが町田ゼルビアは「計画的な無計画」であり、あとからあとから予算の積み増しを要求するこのやり方は、正直仕事の進め方として考えれば、頼まれる町田市的には最悪な陳情のされかただと思います。悪しき事例として全国の自治体の勉強会の俎上にあがり、将来のベルマーレのスタジアム問題に影響するかもしれません。町田は嫌いではございませんので、挽回を期待したいと思います。

投稿: チャリ通 | 2011年11月23日 (水) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんと神奈川県外の人はSC相模原が優遇される理由がわからないらしいので・・・:

« 第91回天皇杯3回戦 福岡大学vs湘南 戦 | トップページ | bjリーグ 2011-2012 横浜ビー・コルセアーズvs信州ブレイブウォーリアーズ 戦 »