« J2 2011 第34節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | J2 2011 第35節 横浜FCvs湘南 戦 »

まだシーズンは終わっていません

こんばんは、全国リーグ(3部リーグ以上)非参加の県のトップチームを確認したら、

青森県:ヴァンラーレ八戸・ラインメール青森(2012年も5部)
岩手県:グルージャ盛岡・盛岡ゼブラ(4部)
福島県:※福島ユナイテッド(4部)
福井県:サウルコス福井(4部)
三重県:鈴鹿ランポーレ (4部)
奈良県:※奈良クラブ(4部)
和歌山県:アルテリーヴォ和歌山(2012年より4部)
島根県:※デッツォーラ島根・松江シティFC(4部)
山口県:レノファ山口(4部)
高知県:※黒潮FC・南国高知FC(4部)
鹿児島県:ヴォルカ鹿児島・FC鹿児島(4部)
※印=2011年全国地域リーグ決勝大会参加予定

ついに青森県だけが最高チームが5部リーグになったというのが気の毒だと思った、チャリ通です。それもヴァンラーレ八戸今年の5部リーグ(東北社会人2部統合リーグ)の1位なのですが、「東北の4部リーグ以下は昇格・降格なし」という特別規定に伴って昇格できません。なんだか逆差別みたいです。ちなみに山田松市監督と照井篤選手が在籍しており、全国社会人サッカー大会には予選決勝で福島ユナイテッドに敗れて出場を逃しております。

今週末は11月13日(日)16時キックオフで、アウェイの横浜FC戦です。この秋は横浜ベイスターズが横浜DeNAベイスターズになるらしいですし、個人的にはビジネスモデル的に懐疑的なリーグであるbjリーグの新チーム横浜ビー・コルセアーズも開幕し、なんか横浜だけでもチームがいっぱいあって大変だなあという印象です。

ということは、来年のテレビやラジオのニュースでは「横浜では、ディーエヌエイが番長・三浦の好投で、阪神を下しました」とかアナウンスされるかもしれないわけですね。ユニフォームも変わるでしょうし、ちょっと慣れが必要でしょうね。それにしても、朝日新聞やNHKなどが「読売」巨人軍というライバル会社を連呼しないで済むようにということで昭和時代に採用されることになった「巨人」という名称なのに、横浜と神宮の外野スタンドがわざわざ伏せている「読売」と連呼していて、それがBSフジやBS-TBSの放送で拾われていて、この2球団のファンって、営業妨害をするくらい本当に自分の親会社が大嫌いなんだなあと思いました。DeNAの外野スタンドも、読売新聞社の宣伝活動をがんばるのでしょうか?。

オイラ、今まで横浜市に在住・在学・在勤したことがなく、基本的に東京に向かっており、厚木・藤沢時代とも小田急線に乗っていたので通過もしないので、毎年何度か横浜に用がありますが、特に横浜に思い入れはないので、どうでもいいです。むしろ神奈川県から横浜・川崎・相模原市部分を切り離すと、必然的に県庁や国体用スタジアム・アリーナなどがベルマーレホームタウンにやってくる(しかも東名・圏央・小田原厚木道がある厚木も県庁有力候補なのでは?)ので、歓迎ですね。・・・、イングランドや日本のプロ野球は私営スタジアムが多いのに、Jリーグは自前でスタジアムが建てられないだけでなく、陸上競技やラグビーなどの協力でようやくスタジアムが建つというのが、なさけないなあ・・・。

結構バスケットボールが盛ん(今も田臥選手の父が横浜市ミニバスケットボール連盟の副会長なのね・・・)な神奈川県では、かつて「1県1チーム」のbjリーグチームの設立を複数の団体が争っていて、中には文教大学を後援に据えた「海老名運動公園・大和スポーツセンター・スカイアリーナ座間・秋葉台体育館」を本拠地に据える団体が海老名駅などで活動をしていて、枠組みが画期的すぎて焦ったのですが、最終的には関東学院大学が後援する横浜の団体が指名され、今に至ります。チーム名的にも川崎のJBL東芝ブレイブサンダース(現在10連敗中!)とはホームタウン的に差別化ということになるでしょうね。bjリーグはJリーグ以上に自分たちの理想に走りすぎていて、周囲が協力したいと思わせる要素が弱い上で急拡大だけしているので、そこが事業継続性的に懐疑的です(東京アパッチは事実上解散しましたし・・・)。でもbjリーグとFリーグを観させて「どっちがいい」と聞いてみたら、確実にbjリーグが勝つと思われるくらいFリーグ全体が低迷しておりますので、ベルマーレ的には厄介です。小田原アリーナでJBL・bjリーグの試合がなくてよかったねというところです。

まずは観てからと思いましたが、ベルマーレのJ2もFリーグもない勤労感謝の日は、横浜ビー・コルセアーズはスカイアリーナ座間で試合があるのですが、JFLの町田ゼルビアが相模原麻溝公園競技場という5km程度しか離れていない会場で試合をします。両方行けるか?と思ったら、サッカー終了直後にバスケットボールがティップオフでした。これはどちらかにしか行けませんね・・・。

町田ゼルビアは今週末と勤労感謝の日がロック総統のところ(いや、正確には城彰二さんの弟の城和憲監督のところ)との試合ですね。町田ゼルビアは東京ヴェルディタイプの相手には勝つのですが、ホンダロックSCのような引きこもり系の相手には格下であっても勝てないというイメージが個人的にあるので、ホンダロックSC戦は昇格には正念場で・・・って、ゼルビアはあの体制で、残り6試合なのに、まだ4位以上を決めていなのか!(・・・って、こんなこと書いていたらまた、「今日のゼルビア」から「東京5:長野3:その他2」くらいの割合の200アクセスくらいが来て、また松本と長野の熱心さに驚かされるのかもしれませんが・・・)。

町田ゼルビアの小林市での試合が終わった後、ニッパツ三ツ沢球技場にて湘南ベルマーレも横浜FC戦があるのですが、なんと横浜FCは小学校が2学期になって以降の「リーグ12試合未勝利+天皇杯初戦敗退」という絶不調のようですね。これではサガン新横浜(オイラはパチンコやらないのでよくわかりません)の宣伝になりません。横浜なのになぜか関西弁の「勝たなあかん!シート」は、クラブ関係者が座ったほうがいいかもしれません。

あの監督は昔から負けるたびに誰かのせいにし、前所属先を去る時はそのフロントを批判しておりましたが、13試合も続くとネタ切れのようで、今は自分が獲得した選手を批判しているようです。横浜FCフロントも解任するときはシーズン終了のさらに1週間後とかまで秘密にしないと、「彼のおかげでベルマーレより横浜FCの財務が良い」というオーナーが怒っちゃう事態になるかもしれません。お客様が批判をするのはともかく、上司が部下を外で批判をするのはまずいと思うのですが・・・。

とはいえ、春の平塚での試合では、ある選手が先発落ちするまでその後のほとんどの対戦相手に模倣された「荒堀選手の突破」で開始0分で失点し、そのまま敗れております。加えてこの試合ではハングギョン選手が五輪予選で欠場です(遠藤航選手は帰ってきます)。既に横浜FCは湘南ベルマーレを抜けないことが確定しており、出場停止選手もあちらは2人おり、あちらの前節が横浜FCの協力で昇格しそうなサガン鳥栖との試合でしたが、我々は負けたことを忘れずに真摯に挑むべきだと思います

反町監督の去就が報道されてから最初の試合ですので、何らかのアクションがあるかもしれませんね。

なおベルマーレのスポンサーであるテレビ神奈川でこの試合の生中継(前日に同じ場所で行われる高校サッカー県予選決勝と連続になります)がありますので、ぜひご覧いただきたいのですが、雨予報が出ていないので、テレビは最終手段としてぜひ三ツ沢にお越しください

<追記>天皇杯3回戦の福岡大学戦もNHK BS1で生中継ですので、よろしくお願いいたします。

|

« J2 2011 第34節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | J2 2011 第35節 横浜FCvs湘南 戦 »

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

全国地域決勝は応援してるSC相模原に優勝してもらって町田ゼルビアとの「県境ダービー」が実現したら面白い。ゼルビアも暇があれば試合を見に行くので早くJ2に昇格してもらい気持ちもあるが。ベイスターズの身売りは予想してたがモバゲーを運営してる会社が買収するとは。 TBSもベイスターズでかなりの赤字を出してたから早くどこかに売りたかったはず。近鉄買収の時のライブドアと同じ臭いがするのは自分だけかな。「老舗の企業」じゃなく「急成長した企業」だから経営的にどうなのか疑問もあるが。 「親会社」がある限り日本のスポーツから身売りはなくならない。 読売といえばJリーグ開幕当時川淵チェアマンとヴェルディのユニフォームに「読売」を入れる入れないでケンカしてた事を思い出す。横浜FCはどうしようもない。このチームは「三浦知良」でもっているようなもので「カズ」が引退したら観客数やスポンサーは減るだろうね。監督も鳥栖だから結果出せたわけで横浜FCは下手に予算があるから自分の好きな選手を引き抜いこれでは批判されても仕方ない。選手が皆鳥栖だから尚更でその鳥栖が昇格目前と言うのも皮肉なもんだね。

投稿: 藤和不動産 | 2011年11月10日 (木) 20時55分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

NPBは巨人と阪神が親会社に億単位の黒字を計上し、広島がとんとんである一方、半分以上の球団が毎年数十億単位の赤字で、ホークスに至ってはドーム球場付きで百億円くらい負担しているらしいので、ちょっと負担が大きすぎると思います。既に知名度がある会社がそこまで広告費をかける必要があるのか?ということにどうしてもなるので、どうしても「これからの会社」ばかりが名乗りを上げることになるでしょう。

川淵さんと読売の対決は、冷静に見れば誰だって川淵さんの言い分のほうがおかしいことがわかるはずなのに、民衆が思いっきり川淵さんに乗せられてしまい、「ああ、扇動って、やる人がやれば簡単なんだなあ」と思いました。別に読売新聞を立てるわけではないですが、80年代に高校サッカーやトヨタカップなど孤軍奮闘していた読売を冷遇して、ぽっと出の朝日(しかもJリーグやJFAとは放送契約せずに、AFCと直接契約した上でACLは放送しないという裏切りっぷり)に乗り換え、読売ヴェルディはダメでJr East Furukawa UNITED市原はOKとか、市原撤退・千葉移転がOKだったり、わけがわかりませんでしたし・・・。

「完全に市民が立ち上げた初のJクラブ」が、5年程度で「観客不要のオーナー専用クラブ」に変わったのには苦笑せざるを得ません。そういえば3年前にあちらのサポーターから苦情のコメントをいただきましたが、当時と何も変わってはいないように見えるのですが・・・。まあオーナーの投資のおかげでベルマーレよりはるかにお金持ちのクラブなのですから、たいした問題ではないのでしょう。

投稿: チャリ通 | 2011年11月11日 (金) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/42956369

この記事へのトラックバック一覧です: まだシーズンは終わっていません:

« J2 2011 第34節 湘南vsFC東京 戦 | トップページ | J2 2011 第35節 横浜FCvs湘南 戦 »