« J.B.Antennaなどのリンクについて | トップページ | J2 2011 第34節 湘南vsFC東京 戦 »

横濱飯店(茅ヶ崎)

こんばんは、また大学ネタですが、全学部生全学年を入場させると平塚競技場では入りきらない大学が、今は国内でJ1クラブ数並みもあることに、日本は本当に少子化なのか?と驚愕した、チャリ通です。こういう大学と提携して「試合観戦で単位取得」とかやったらいろいろ楽でしょうねえ。スポーツじゃなくても、物品購入やサービス利用後のアンケート回答で単位取得とかあったら、あこぎな商売になりそうです。

平塚競技場収容可能である東京大学の全学部生も、約14,000人もいるのですね。最大の日本大学ですと1年生だけですら平塚競技場に入れられるか怪しいです。実はJリーグ上限となる40位の大学ですらJ2スタジアム基準(1万人)を越えております・・・。今世紀に入り、上智大学に看護学科(旧:聖母大学)とか、慶應義塾大学に薬学部(旧:共立薬科大学)とかあったり、短大や二部(夜間)をリストラして、その定員を四大の全く無関係の新学部(介護など)に割り当てたりとかがあって、規模の大きな大学が増えております。特に早稲田と立命館が平成になって大きくなっており、付属高校を増やすことで大学入試偏差値を維持しているようです。一方で神奈川県内でも実質受験者全員合格な小規模大学もあります。こんな状況なので、正直素人のオイラは今の高校生に進学先をアドバイスする自信がありません・・・。経営に失敗したところが退場すること自体は、良いことだと思います。

先日、横濱飯店(よこはまはんてん)という中華料理屋に行きました。元町にあるのですが、横浜市ではなく茅ヶ崎市元町にございます。ホームページは特にございませんので、「湘南ラーメン食べ歩記」の紹介記事を参考にしてください。

JR茅ヶ崎駅北口を出て、モスバーガーのある角を、都まんじゅうすずや方面ではなく、右折して路地に入るとございます、昭和な雰囲気のお店が横濱飯店です(実際に昭和から存在するそうです)。

中華料理屋ではありますが、主力メニューはラーメンと中華風焼きそばで、あとはチャーハンや麻婆豆腐など、まあ昭和時代にありそうなお店そのものでした。しかし今現在もすごい混んでおります。

「肉そば」と「五目そば」が人気を二分しているようですので、「肉そば」を注文しました。

「豚ばら肉のあんかけ野菜炒め」が載った醤油ラーメンでした。あんかけなので熱々で、これからの季節に良いのではと思います。

食べてみて思ったのは、スープが「肉の脂による甘さ」がとても強く、このスープに豚ばら肉、および白菜やきくらげなどによるあんかけ野菜炒めが非常にあっており、もっと野菜が欲しいと思いました

逆に中華麺は柔らかすぎて足を引っ張っているように思いました。とはいえトータルで考えて、このラーメンが長期に渡って人気であることに納得いたしました。ベルマーレホームタウン内で似たラーメンが思い浮かばないです

残念なのは、ここが日曜休業のお店ということですね。

★★

|

« J.B.Antennaなどのリンクについて | トップページ | J2 2011 第34節 湘南vsFC東京 戦 »

旧相模国」カテゴリの記事

コメント

この店は食べに行ったけどこういう中華料理店のラーメンはラーメン専門店に比べたら美味くないと言ったら語弊があるが麺が固まっていてなかなかほぐれないのはよくある。ただ歴史があって昔からの常連客がよくいるから強みがあるしラーメン以外のご飯類や炒め物が美味いとラーメン以外で客が来るからね。

投稿: 藤和不動産 | 2011年11月 6日 (日) 19時45分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

ラーメンというカテゴリーは、かなりブームに左右されますし、結局ジャンクフードであるため年齢ごとに好きなタイプが変わる食品だと思います。だから20年、30年と評価されるお店作りは大変だと思います。

開店から数十年経ったお店をして「うまい」と思える人が多いから常連客が多いのでしょうから、これには敬意が必要と思います。

投稿: チャリ通 | 2011年11月 6日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横濱飯店(茅ヶ崎):

« J.B.Antennaなどのリンクについて | トップページ | J2 2011 第34節 湘南vsFC東京 戦 »