« J2 2011 第35節 横浜FCvs湘南 戦 | トップページ | なんと神奈川県外の人はSC相模原が優遇される理由がわからないらしいので・・・ »

第91回天皇杯3回戦 福岡大学vs湘南 戦

こんばんは、アンダーアーマーの営業をやっている東京ベイFCの横山聡さんのブログが、やっぱり今もただの巨人ファンブログに見える、チャリ通です。また、林慧選手の所属するFC大阪の「スタッフ・選手」の会長さんの扱いを見ると、大阪はやっぱりああいうキャラクターでないといけないのかなあ?と思います(会長さんや林選手のブログがリンクされております)。

FC大阪はこのあと5部リーグ昇格を争うようですが、それより今年の全国社会人サッカー選手権大会優勝の東京23フットボールクラブが、関東2部リーグのエクスパンションのおかげでたった2回勝つだけでOKだった参入トーナメントに負けてしまい、本日から始まった全国地域リーグ決勝大会次第で「来年は6部都リーグ残留か、3部有料試合全国リーグ」というあり得ない事態になったことが驚きです

平壌での日本代表と北朝鮮代表のワールドカップ予選消化試合(世界にはいくつもある理不尽な国のひとつを、代表選手やサポーターが学べたことは、意義があったとは思います)の翌日、国内でも天皇杯3回戦が行われました。震災の影響で平日開催になってしまったのは残念です。

今回の3回戦は基本的に「A代表・U-22代表選手が不在のJ1」対「週2試合となるJ2」なのですが、一部のカードとアマチュアに敗れたところは異なります。湘南ベルマーレの場合はホームを予定していた大宮アルディージャが敗れたため、勝ち上がった福岡大学がホーム扱いの大宮での試合となりました。近年の2回戦~4回戦は、NHKのテレビ放送1枠以上が「もっとも格下のチーム」の試合に割り当てられる傾向があるので、福岡大学の試合ということでNHK-BSで生中継がありました。

この日は午後を休暇としてこの試合に行きました。試合以上にNACK5スタジアム大宮に行きたかったのです(昨年「アルディ・ミーヤ・ニャオざねのバカップル三角関係の学芸会」と共催だった大宮戦は熊谷開催だった)。前回は大宮公園サッカー場として、三浦俊也監督が「例の戦術」を湘南ベルマーレに対して行っていたという「はるか昔」でしたので、スタジアムの変貌ぶりに驚きました。今週は三ツ沢と大宮という1964年の東京オリンピックサッカー会場での連戦ということで、次の平塚競技場会場が、憂鬱です。

大宮で福岡県の大学と神奈川県のJ2クラブが対戦、さらに普及率の高いBSで観られる、そして寒いということで、全員が先着来場プレゼントのレジャーシートを入手できたと思われるスカスカぶりでした。オイラも三ツ沢での試合でしたらキャンセルだったと思います。入口前の福岡大学の学生に「大昔の卒業生です」と言うだけで、福岡大学側ゴール裏チケットをもらえたようなのですけどね・・・。宿泊まで予算がないので「PK戦は観ないで帰宅」と事前に決めておりました。

湘南は予想通り主力を数名外しての試合でした。福岡大学は基本戦術が湘南ベルマーレと同じのようで、4バックで、ポストプレーヤー1トップ(山﨑凌吾選手)を後ろの二人(田中・清武弟選手)が補佐でした。福岡大学は2年前の総理大臣杯優勝チームであり、J2以上はビデオをたくさん残しているので戦術が研究され放題ですし、手ごわいと思いました。福岡大学はACLを目標にしておりました。

試合前に福岡大学のコールリーダーではない応援者が、なぜかひとりで歌っておりましたが、上手かったですね。

やはり福岡大学は大学サッカーの強豪だけあって、馬入に練習試合にやってくる関東大学1部リーグ一軍級の強さがありました。JFLのチームより強いと思います。実は1回生である山﨑凌吾選手に絶対的な信頼があるようで、彼にボールを集めます。このまま伸びれば彼にはどこかのJ1クラブからオファーがあるでしょう。

しかし球際の競り合いはプロであるベルマーレの選手ほうが強く、セットプレーでなければ失点はないだろうなあという安心感はありました。もっとも福岡大学は引いてはいないものの集団で守るので、ベルマーレも点が獲れません。戦術が似ているためか、両軍とも相手の攻略法に長けている(!)ように見えました

結局90分で両軍とも点が獲れず、延長戦になりました。週末にも試合のあるベルマーレ的には残念な展開です

延長戦ではとうとう力尽きた福岡大学に湘南が3点をたたみかけ、勝ちました。とはいえ一発勝負のトーナメントなので、延長前半の大井選手の得点にはホッとしました

福岡大学 0-0 湘南(延長:福岡大学 0-3 湘南)

他会場では松本山雅・水戸・愛媛・FC東京・千葉・京都も勝利というジャイアントキリングの大盤振る舞いで、4回戦の湘南戦中継は期待できなさそうです。JFL松本山雅の毎年のトーナメントの強さは異常です。むしろ松本山雅はトーナメントが強いのではなく、リーグ戦のほうが苦手なのでは?と思えます。

リーグ戦終了後の4回戦の相手は川崎フロンターレとのこと。ここ数年の傾向では、4回戦はどちらかのホームスタジアムが割り当てられているので、等々力か平塚での開催が濃厚と思われます。川崎ユース出身の永木・高山選手としてはやりがいがある対戦と思われます。全く出番がないと思っていたら報道ステーションでは川崎の選手として目立っていた松本拓也選手を出して欲しいのですが・・・。

今年は複数回に及ぶtwitterとの戦いが目立っている川崎。町田での相馬監督は鹿島アントラーズのようなサッカーをしたそうなのが分かりましたが、川崎のサッカーとは似ていないのでどうなんだろうと思っておりましたら、今年の川崎はJ1でも微妙な順位です。12月後半にようやく今年初めてのJ1との公式戦ですので、楽しみです

一方今週末のリーグ戦徳島戦については、福岡大学と延長戦をしてしまったのは痛いです。徳島は天皇杯3回戦をしていないので、体力的に有利です。J1昇格争いをしている徳島ですが、2013年にAFC主導のクラブライセンス制度が適用されると、ポカリスエットスタジアムが国内トップリーグのホームスタジアム基準に満たないためにJ2を強制されますので、絶対に今年昇格をして議会を動かさなければなりません。当日は徳島でパブリックビューイングも行われます。いろいろ厳しいです。

親会社があるクラブなので、層は薄いもののJ1昇格争いにふさわしいベテラン選手がいる徳島。三木・島村選手と小笠原・甲本・カルロスコーチがベルマーレOBですが、島村選手をうまく使いこなしているのがベルマーレ的に残念です。なんとか勝ちたいところです。

なお、おそらく徳島戦に行けると思いますが、隠居中なので記事化は休む可能性があります。

|

« J2 2011 第35節 横浜FCvs湘南 戦 | トップページ | なんと神奈川県外の人はSC相模原が優遇される理由がわからないらしいので・・・ »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

相模原に勝った東京23が浦安JCに負けて関東リーグに上がれないとは驚きだな。 全国地域決勝で結果を出さなければ元の鞘に戻ると言う最悪の事態になるね。 アウェーの北朝鮮戦だがあれはあの国だから日本代表の嫌がらせや日本国歌斉唱の時のブーイングこの試合に勝つ為だけのイエローカードや退場余り気にしなくてもいい。二度と北朝鮮で試合はないだろし。北朝鮮は予選敗退してる事実は覆せないわけでね。 むしろ控えの選手がスタメンで出たが全く使えないというのが気になる。依然として遠藤の代わりがいないしCBも麻也に代わる選手がいない。テセが日本国歌斉唱の時のブーイングを謝罪してるし「在日韓国人」だったチュンソンが北朝鮮で試合するのが不思議だったとかそちらの方が興味を持つが。 ベルマーレの天皇杯であるが中継局も 「福岡大学寄り」の中継だったらしくベルマーレを負けさせようという雰囲気を作っていたとかいないとか。過去に「明治大学」に負けてるという苦い過去もあるからね。試合会場も「NACK5」という大宮が勝つのを見越してのことだろうね。次の相手がフロンターレということで調子悪いが強い相手に変わりはない。会場が等々力に決まったし。 永木高山はフロンターレユース出身だからモチベーションがあがるだろう。 リーグ戦は「平塚競技場」で昇格を決められてもおかしくない相手ばかりで大変だがそこは最後の意地というかあがきを見せてもらいたい。 反町の後任が誰なのかはもっと気になるが。

投稿: 藤和不動産 | 2011年11月19日 (土) 13時06分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

北朝鮮も危ない国(板門店にしか行ったことないですが・・・)だと思いますが、外国には他にも似たような国がありますので、「サポーターを含めて全員が無事帰ってこられた」だけで充分だと思います。

天皇杯の大学寄りな中継については、まあ日本なら当然な「判官びいき」なので、仕方がないと思います。仮にJ2湘南ベルマーレが決勝でJ1優勝を決めたばかりの相手と対戦すれば、こちらが「判官びいき」を受けることも可能でしょうし・・・。

Jリーグのクラブは自前でスタジアムを持っていないところがほとんどですので、FAカップみたいに「格上のホーム」とか確約できないのですよね。陸上競技とか大学サッカーに貸せなくなるので・・・。個人的には3回戦・4回戦は、青森県・岩手県・福島県・福井県・三重県・奈良県・和歌山県・島根県・山口県・高知県・鹿児島県といった「全国リーグ非参加県」で開催して、入場料収入度外視で、当地に競技・運営両面の「Jリーグのノウハウ」を伝える場にしたほうが有意義だと思います。

いやあ、J1と公式戦で対戦するのに年明けから351日もかかるとは、震災前には予想できませんでした。

投稿: チャリ通 | 2011年11月19日 (土) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/43054833

この記事へのトラックバック一覧です: 第91回天皇杯3回戦 福岡大学vs湘南 戦:

» 11/16 第91回天皇杯3回戦:湘南3-0福岡大~延長に入って産能大から湘南ベルマーレへ(^_^;) [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
昨日は天皇杯3回戦16試合が行われたわけですが、一般紙の記事の見出しにならなくて良かった(^_^;) 11/16 第91回天皇杯・3回戦/湘南ベルマーレ3-0福岡大(Nack5/19:00) 【得点者】94' 大井 健太郎(湘南)、109' 高山 薫(湘南)、117' アジエル(湘南) 【入場者…... [続きを読む]

受信: 2011年11月19日 (土) 05時34分

« J2 2011 第35節 横浜FCvs湘南 戦 | トップページ | なんと神奈川県外の人はSC相模原が優遇される理由がわからないらしいので・・・ »