« 関東サッカーリーグ2部 後期7節 エリースFC東京vs相模原 戦 | トップページ | 泉橋酒造 酒友館 »

JFL 2011 後期第10節 町田vs栃木ウーヴァFC 戦

水・土の試合に行けなかったため、9月は水戸戦にしかベルマーレ戦に行っておりません。ご存知のとおり震災の影響でベルマーレは8・9月アウェイばかりだったこともありますが、わかってはいたことですが、オイラ世代は全員、6月と9・10月は厳しいです先週の相模原戦はたまたま空きましたが、どうしても行けない試合が出ます。

日曜日の午後だけ都内で空きが出来たところ、なぜか西が丘で栃木ウーヴァFC戦があるということで、行きました。やや遠い宇都宮には「県の何か」がないと行かず、買い物・イベントは大宮や東京に行っていた元栃木県佐野市民としては、縁の薄い宇都宮にある栃木SCにもがんばって欲しいですけど、出来れば同じ「国道50号+JR両毛線エリア」の栃木市にある栃木ウーヴァFCにはがんばって欲しいところですし・・・。ただ日立のクラブである以上、柏レイソルのいるリーグに参加する可能性はゼロだと思います。

相手はやはり町田ゼルビアでした。それにしてもJFLって、明治時代の自由民権運動で県庁を剥奪された栃木市と松本市、同じく神奈川県から転出させられた野津田村(現町田市/あおりで調布・立川・八王子なども神奈川県でなくなり、平成時代に「Jクラブが6つ以上もある県がある」という非難を受けずに済んだ)と、似たようなエピソードを持つ自治体が多いですね。神奈中・野津田車庫近くの自由民権資料館に共感する人は松本や栃木に・・・、さすがに昔過ぎていないか。

会場入りして「あれっ?」と思ったことは、ホーム席とアウェイ席が通常運用と逆転(ナショナルトレーニングセンター側にアウェイのウーヴァ)していたことです。まあ変えてもいいのですが、昨年町田が予備審査落ちを伝えられた試合がこの会場だったことが影響しているかもしれません。なぜか静岡の中学生くらいのチームがバス2台で応援に駆けつけて、目立っておりました(誰か出身者が試合に出ていたのでしょうか?)。ちなみに本厚木駅から電車とバスと登山で町田市立陸上競技場に行くのと、本厚木駅から電車で西が丘競技場に行くのは、5分くらいしか違わなかったことは、内緒の方向でお願いいたします。

同じ町田主催のウーヴァ戦に昨年も行っているのですが、アマチュアのウーヴァは基本的には昨季と似たようなサッカーでした。「6バック+2MF」気味で引きこもり、「2トップ」だけで攻撃をします。さすがに先週の5部リーグとは運動量がケタ違いですが、J2と比べると運動量が乏しく、鳥栖や熊本などの引きこもりと比べれば何とかなるディフェンスだと思いました。

ところが町田がこれを崩せません。ここで思ったのですが、

「町田は引きこもり守備のチームを、昇格ライバルチームより苦手にしている」

ですよね?。この試合だけじゃなく・・・。

ここで某J2監督だと相手が引きこもることをマスコミを通して激しく蔑み、これを聞いた対戦相手が、「あーあ、またこの人、自分の弱点ばらしちゃっているよ」と引きこもりを決意するというパターンなのですが、JFLではどうなのでしょうか?。町田のこのあとの対戦相手をみると、「16位以下のアルテ高崎・ジェフリザーブズと合計4試合」とか、「ホンダロックと2試合」とかありますので、この説が正しければこれからのほうが星を落としそうな気がします。まあJFLの引きこもりを崩せないようではJ2の引きこもりを崩すのは無理だと思いますので、いい試練だと思います。

前半はほとんど半分サイドだけでのサッカーながらどちらも0点でしたが、後半開始10分くらいで、転倒したウーヴァの若林選手が町田の田代選手の顔をスパイクの裏で蹴ってしまって、一発退場しました。若林選手は関東リーグ日立栃木→JFL栃木SC→J1大宮→J2愛媛→J2栃木SC→JFLウーヴァという、「ありえないシンデレラストーリーを経て、地元に帰ってきた選手」として栃木県サッカー界では有名人です。ただ頻繁にラフプレーでカードをもらう選手としても各カテゴリーで有名(干された時期もある)なので、「ああ、またか・・・」といったところです。大型センターFWが接触プレーでファールをとられるのは他のポジションとは比べ物にならないくらい多いですが、ここでファールをもらわないプレーが出来るかが、上でプレーできるかどうかの差になりますよね・・・。

しかしこれで「7バック+1MF+1トップ」とウーヴァはより守備的になり、町田にとってはかえって厳しくなったように見えます。そのままスコアレスドローになりました。

町田ゼルビア 0-0 栃木ウーヴァFC

観客動員は西暦と同じ2,011人でした。まあそれは昨年同様、ヴェルディの招待券より入手しやすい招待券でなんとかなるでしょう。

チーム名は「ぶどう」という意味らしいウーヴァ。ぶどうの季節にこの順位でしたら、対町田戦「1勝1分0敗」で、「年間順位チーム史上最高位」も視野に入ったと思います。がんばってください。サポーターは栃木市出身の巨人澤村拓一投手の登板か、霞ヶ丘での三浦知良選手の連続観戦にでも行ったでしょうか?。

うーん、町田はメンバー的にはJ2昇格可能だと思うのですが、この順位では「期待通りの成績ではない」でしょうねえ。ポポヴィッチ監督が大分を立て直したといっても、当時の大分は現在海外組・A代表・ユース代表ばかりという豪華メンバーなので、「大分は監督よりも選手のおかげじゃないの?」と言われないようにしなければいけないのでしょうね。仮に昇格できたとして、守備機会が著しく少ない町田の選手が、来年J2でディフェンスをすることが出来るかも心配になってきますし・・・。

ところで、来年の町田戦はどこでやるのでしょうか?。秋にアウェイ町田戦をしたい対戦相手が多いのではないでしょうか?。11月ですと新しい町田市立陸上競技場ですし、年度後半には圏央道海老名IC-相模原IC間が開通するらしいので、代替地が麻溝公園陸上競技場でしたら、飛躍的にクルマでのアクセスが向上します。どーでもいいですが、相模原ICは出入口だけ相模原市南区当麻に出来て、出入口以外は厚木市上依知に出来るのですよね・・・。

|

« 関東サッカーリーグ2部 後期7節 エリースFC東京vs相模原 戦 | トップページ | 泉橋酒造 酒友館 »

その他」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

ゼルビアの試合に行こうと思ったが悪いけどゼルビアの試合でわざわざ西ヶ丘まで行くのはちょっとね。野津田なら行ってたけど。近場で大和陸上競技場のなでしこベレーザに行った方がまだましかな。無料だしね。 ベルマーレ鳥取の試合を見たが鳥取の少ないチャンスにやられたね。ベルマーレはたくさんチャンスをつくり決定的場面を決めきれず。 アジエルばかり目立って他の選手はイマイチだった。田原はポストプレーも出来ずボールを持った時のプレーの判断が遅いし高山坂本永木は消えてたしハングギョンは中盤でよく守備をしていて良かった。SBの臼井は攻撃参加は良かったが守備はダメ。石神はどちらも中途半端。CBの遠藤大井は相手選手をフリーにし過ぎてたな。昇格出来ないなら順位は同じなんだから若手を思い切って使ってもらいたい。JFLに落ちるわけじゃないしね。反町は金がないから選手がいないから勝てないと冗談で言うがそれならプロを辞めればいいわけで少ない年俸かもしれないがサッカーで飯食ってるわけだからね。そこをうまくやるのがプロじゃないかな。選手も同じ。ベルマーレより悪い環境でプレーしてるチーム選手がたくさんいるんだから。

投稿: 藤和不動産 | 2011年10月 3日 (月) 08時18分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

今回は栃木ウーヴァの対戦相手として町田ゼルビアが登場しております(まあ結局今回も「今日のゼルビア」からいつもの200名ほどがいらっしゃると思いますが・・・)。出先でウーヴァ戦があってラッキーでした。

当ブログでは、「実際にその場にいなかった試合については書かない」というポリシーがあります(一部のワールドカップ日本代表戦のみ例外)ので、ベルマーレ戦についてであっても、行っていない以上は書きません。10月は数試合予定しておりますので、ひとつ以上は取り上げられればなあと思います。

えらくキリのいいこの試合での入場者数が、来年の町田の入場者数になる可能性が高いと思いますが、本当にこのクラブは「入場料収入はレッスンプロ報酬の何分の一なんだろうなあ・・・」と気の毒になります。

投稿: チャリ通 | 2011年10月 3日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFL 2011 後期第10節 町田vs栃木ウーヴァFC 戦:

« 関東サッカーリーグ2部 後期7節 エリースFC東京vs相模原 戦 | トップページ | 泉橋酒造 酒友館 »