« 第91回天皇杯2回戦 湘南vsファジアーノ岡山ネクスト 戦 | トップページ | エキシビションマッチに行けないのが残念 »

J2 2011 第31節 栃木vs湘南 戦

こんばんは、美輪明宏さん主演のCM「フランスパン工房 厚切りプレミアム」で、タクシー運転手に扮する美輪さん(この時点でかなり無茶なのですが・・・)が、「厚木」と「厚切り」を無理に聞き間違えるのが、厚木市出身として気になる、チャリ通です。

本日10月15日(金)は、個人的ダービーの栃木SC戦でした。そりゃあ隠居中でも記事は書かないといけないと思い、記事化しました。平塚での対戦では急用で欠席をしているのですが、そのあと湘南は連敗をしてしまいました・・・。今度は勝たないといけません。

夕方から東京にいなければならないので、今回は電車。ホリデーパスは自動精算機ではなく係員のいる窓口で清算してくださいなんて書かれている駅は、宇都宮駅くらいでしょう。それだけ「ホリデーパス(小山駅まで)+清算」が多いのでしょうね。宇都宮は水戸や高崎と違って新宿・東京駅方面高速バスが撤退してしまったので、北関東3県の中ではホリデーパスの需要は高そうです。

JR宇都宮駅東口から無料送迎バスで栃木県グリーンスタジアム入り。本日は台風を弱くしたような雨雲のせいで雨予報でしたが、宇都宮駅に着いたころからキックオフまでは雨が降らず、試合中も弱い雨がぱらつく程度で済みました

栃木県グリーンスタジアムには栃木が高橋高監督(昭和時代の選手/本職は中学校の教員)のときから年に1回程度来ているのですが・・・。本日がJFL時代の雨天の試合観戦を含めて、今まででここに来た中で一番ガラガラでしたフットボール専用スタジアムで、かつ現在栃木SCはクラブ史上最高順位につけているのですが、申し訳ないですけどJFL最終年(サポーターが少ない佐川や横河を相手にだいたい6,000人くらいは来ていた)を頂点として、集客が右肩下がりなのが目立ちます。後発組では最優秀クラブである栃木ですが、なんでJ2昇格争いよりJ1昇格争いのほうが不人気なのかは、説明が出来ません・・・。先週のリンク栃木ブレックス(JBL)に、あちらが体育館競技にもかかわらず動員で負けているという、ありえない状況で、残念です。本当に奮起を期待します

芝の状況が良くないとうかがっておりましたが、多少穴があいているかなあというくらいで、それほどひどくなかったと思います。かなり久しぶりで名物「一枚岩チキン」をいただきましたが、相変わらずデカくて塩コショウが強く、「ああ、太るなあ」と思いました。

次のホームゲームの千葉戦でマスコット(猿)がデビューするそうで、名前の投票が行われておりました。欧米で黄色い猿がマスコットというのは絶対に考えられないのですが、東洋では孫悟空などの関係で猿は蔑視の対象でもないので、三猿もありますし、まあいいのではないかと思います(外国がこうだからということを考えてしまうと、きりがないです)。その日に日光市が呼ばれるのかと思ったら、このベルマーレ戦に日光市の副市長がいらっしゃっておりました。那須町から来賓が来られると、昭和時代に両軍は栃木県リーグで対戦があるという歴史的経緯から、あちらもコメントに困ると思われますので、まあしょうがないかと・・・。

栃木SCはJリーグではおなじみの松田浩監督が指揮をしております。この監督のチームは特徴が強く、「DFライン4人」と「MFライン4人」の2列が「守備専門」としてサンドウィッチ的に守り、「攻撃専門の外人FW」にパスして点を獲るという三浦俊也監督と似たサッカーをします(松田監督の腹心だった倉田安治監督も似たような采配をします)。三浦監督が大宮・札幌・神戸・甲府、松田監督が福岡・神戸、倉田監督が岐阜でこのようなサッカーをしたため、J2上位やJ1下位ですとかなり頻出な戦術です。J2だと結構安く勝てるのですが、その戦力のままJ1に行くと、通用しないのですよね・・・。

で、キックオフとなるのですが、栃木が驚くほど統率がとれておらず、勝手に独り相撲で失点してくれました

栃木 0-3 湘南

栃木は基本的に2列のラインに引きこんで守るので、栃木側でのプレーが増えるのですが、守備が機能しないので、湘南のシュートばかりになります。原因も簡単にわかるのですが、栃木のMFラインの4人が揃って「小柄な攻撃的MF」なので、前後半最初の10分程度は監督の指示に従ってちゃんと守るのですが、その後は明らかに守備をおろそかにするのです。ついでにサイドバックの「利泉の息子さん」も攻撃タイプなのでここも穴でした。監督は守備を指示しているのに、選手が従いません。湘南に点を獲られたので栃木も攻めなければいけなくなり、時間がたつほどグダグダになります・・・。これはいけない・・・。栃木のFWまでボールがいきません

ということで、この試合は湘南は勝たせてもらいましたが、決して湘南が良かったというわけではありません。気を引き締めて次節北九州戦に臨みましょう。

うーん、松田監督の戦い方だと守備的になるので、それを補うために攻撃的な選手ばかり集めた結果、本末転倒な結果になったのでしょうね。サッカーって難しいです

試合後は急いで東京ドームに移動し、別の約束であったジャイアンツ vs ドラゴンズ 戦に行きました。決まった時は「2位と3位の争い」と思っていたのですが、その後スワローズが崩れて、この試合にドラゴンズの優勝がかかっている試合でした

しかしジャイアンツが意地を見せ勝利し、ドラゴンズはマジック1のまま持ち越しとなりました。なんかコンコースに異常に立ち見券の入場者がいて、歩くのも困難だったのが印象的でした

スワローズ優勝と見せかけてこのような事態になっているセントラルリーグ。J2だってわかりません!。

|

« 第91回天皇杯2回戦 湘南vsファジアーノ岡山ネクスト 戦 | トップページ | エキシビションマッチに行けないのが残念 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/42530693

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2011 第31節 栃木vs湘南 戦:

» J2第31節:湘南3-0栃木~ホームの借りをアウェイで1.5倍返し、浦和降格危機、落合竜と真弓虎がマジック1など10/15のJリーグとプロ野球 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
昨日はひいきの阪神タイガースおよび湘南ベルマーレの試合の件以外にもプロ野球では中日がリーグ優勝を決めるかどうか、J1の優勝&残留争いの件などブログネタにしたい件が色々あるのですが、時系列的にまずは栃木SC vs 湘南ベルマーレの件から。 10/15 2011J2第31節…... [続きを読む]

受信: 2011年10月16日 (日) 08時54分

« 第91回天皇杯2回戦 湘南vsファジアーノ岡山ネクスト 戦 | トップページ | エキシビションマッチに行けないのが残念 »