« バッティングパレス 湘南平塚 | トップページ | 関東サッカーリーグ2部 後期7節 エリースFC東京vs相模原 戦 »

サッカーの話

ベルマーレ系ブログなので、サッカーの話もしなければいけませんね。

水戸戦にカッコ悪く勝利して、勝ち点35の10位という、微妙極まりない位置にいるベルマーレですが、震災の影響で夏にアウェイの試合が続いた関係で、次節サガン鳥栖戦を終えると、以降はホームゲームや関東アウェイでの試合が多いです。もしチームが立て直されていれば、ここからそこそこ勝ち点が稼げる可能性があります。

春先から実力不足が目立ったルーカス選手、早い段階で「守備は隣の選手の仕事」という姿勢を全対戦相手によって証明された石神選手、出ると必ず失点につながるミスを1回する鎌田選手、ボールを持ってしまうのに引き出しがなく、単調なプレーのため相手にとって守りやすい菊池選手あたりが淘汰されましたが、これ以上穴が出なければなあと思います。上記4選手は奮起してください。今年は京都や湘南など過度に今年23歳以下に期待をしたクラブが伸び悩んでおりますね。

ちなみに次節アウェイのサガン鳥栖戦は毎年恒例の「ブリヂストンデー」とのことですので、2万人クラスの集客が予想されます。鳥栖では先日オリンピック予選が開催されたばかりですので、続けてのPRを狙っていると思われます。永田亮太選手は負傷中とのことですが、磯崎・新居選手は出場するかもしれません。湘南が勝って目立ちたいところです

目立つと言えば、特にアウェイでは産業能率大学の通信教育課程をもっとPRしてもいいと思います。たとえば専門学校卒業から短大2年・大学3年に編入することも可能だったり、「まず短大卒→そして四大卒」と短いスパンで目標が立てられますし、放送大学の単位や検定試験も認定してもらえますし、交通機関以外のいろいろな学割も受けられるはずですし。全国各地でスクーリングを行ったりとあって、日本一の卒業到達率と言われております。ベルマーレには日本一の称号を持つスポンサーが付いている・・・。なんとすばらしいことでしょう。他大学の文学部などを卒業してから通信教育を受けるかたも珍しくないそうです。

今は神奈川県内の大学でも、「某Jクラブのグラウンドを買い取ったA大学」や、多くの有名私立大学とは逆に「こっそりと付属高校から三行半を突きつけられたB大学」あたりは、内申書不問なのに県立高校入試並みの低倍率なので、それらは偏差値の数字を算出することが極めて困難(A大学は非公表だが地元では有名/B大学は全受験者合格の一般試験もあることを公表)という「大学全入時代」なのですが、オイラより年上の第2次ベビーブーム世代は大学に入れなかった人も珍しくなかったですし、その親の団塊の世代は金の卵でした。このあたりがターゲットになると思います。団塊の世代は定年を過ぎており、通信教育課程は入試なしですので、生涯学習のニーズもあるのではと思います。短大には第二部(夜間・自由が丘)もあります。ベルマーレの白ユニフォームには通信教育課程のロゴを袖あたりに追加してもいいのではないでしょうか?。

なお以前にも書きましたが、産業能率大学伊勢原キャンパスは伊勢原市立山王中学校の学区内にありますが、付属中学ではありません。伊勢原駅からタクシーで産業能率大学に行く場合はきちんと「さんのうだいがく」と言いましょう。「さんのう」では山王中学へ、「だいがく」では近所の専修大学グラウンドに連れて行かれる可能性が若干あると、伊勢原市民に脅かされたことがあります。

10月8日13時には天皇杯2回戦があります。今年の対戦相手は1回戦でレノファ山口を倒したファジアーノ岡山ネクストです。来月国民体育大会を行うので、山口県の官民からの支援も今年限りで終わってしまうレノファ山口は、全国社会人サッカー選手権大会予選に続く敗戦は痛いところでしょうね。今週末のリーグ戦に全力を尽くしてください。

ファジアーノ岡山ネクストも4部リーグに相当するチームですが、ご存知のとおり彼らはJ2でプレーするつもりでファジアーノ岡山に入団して、残念ながらメンバー落ちをした選手たちですので、半分同一リーグの選手のようなものです。ファジアーノ岡山ネクストは全国社会人サッカー選手権大会・全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を逃したため、入替期間も終了した中、負けた時点で彼らは公式戦終了なので、やる気も違うと思います。岡山サポーターは前橋のトップチームに行くと思われますので少ないと思いますが、あなどれません。湘南が勝つと次は昨年唯一地方開催で試合が割り当てられなかったNACK5スタジアム大宮での3回戦なので、サポーターを大宮に連れて行ってほしいものです。

ちなみに今年の天皇杯平塚会場は、「湘南ひらつか囲碁まつり」とは1日違いになりました(毎回似たような時期に開催しているのですよね・・・)。

セカンドチームと言えば、ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズが2011年シーズンをもって活動終了とのことです。降格ではないようなので事実上消滅でしょう。これに伴ってJFL18位のみが自動降格、JFL17位が入れ替え戦にまわることになり、ソニー仙台(さらに延期が2試合って・・・)が助かる可能性が出てきました。

まあジェフと流通経済大学の「選手入れ替え放題」は、「お金持ちはさらに選手持ちに」を具現化していて不公平でしたが、2010年に選手入れ替え放題ルールがなくなり個別のチーム扱いで年2回だけの入れ替えに改正されましたので、個人的にはいい流れだと思います。選手ノーギャラでも全国リーグは1億円以上予算がかかるらしいですし・・・。

セカンドチームを正式に認めているリーガエスパニョーラなんて「開幕前から1位と2位が決まっているリーグ」という、1位だけが決まっているFリーグよりさらにひどいスコットランド並みの運営のリーグなので、運営の参考にしてはいけません(NPBでさえ巨人や阪神がなかなか日本一にならないのに、マイナーなほうがそれよりつまらなくしたら最悪です)。それに日本国内のサッカーを見渡しても、「即戦力になるのは1リーグ下まで」なので、弱いセカンドチームを持って得するのはコンサドーレ札幌など練習試合相手に困る地方クラブだけでしょうから、千葉のクラブがセカンドチームを持つにはオカネがかかりすぎだったと思います

J2昇格クラブがあればそのぶんさらにJFL下位が助かりますが、どうやら町田ゼルビアがJリーグ入会予備審査を通過したようですね。まずはおめでとうございます。松本と讃岐も通過をしたようですが、JFL1年目の讃岐はJFL順位と観客動員が厳しく、JFL2年目の松本もJFL順位がちょっと厳しくなりました。昨年NHK連続テレビ小説の舞台のひとつになった鳥取はJ2昇格も決めましたが、安曇野の隣の松本は鳥取に続くことは出来ないのでしょうか?。

開幕前に書きましたが、町田ゼルビアはあのメンバーでどうやったらJFL5位以下になるのかというクラブなので、審査を通過できるのであれば、横浜フリューゲルスを除いて39番目のJクラブになる可能性は高いと思います。今シーズンもう1回くらい観に行こうかと思います。小田急線は祖師ヶ谷大蔵・海老名・本厚木・登戸・向ケ丘遊園と他社に遅れて「ご当地列車接近メロディ」に力を入れているので、鶴川駅にゼルビアの音楽を鳴らすよう陳情したらいかがでしょうか?。プロ野球では既にイーグルス・マリーンズ・ジャイアンツ・ベイスターズ(以上JR東日本)・ライオンズ(西武鉄道)の最寄り駅が採用(学会のお膝元の駅は「神宮」が盛り上がることを避けそうですが・・・)しており、Jリーグでもジェフの最寄り駅(まあ正式名がJr East Furukawa UNITEDですから・・・)が採用しておりますが、結構効果はあると思いますので、平塚駅も検討して欲しいものです

ただ以前栃木SCでJFLを観ていた者としては、当時の栃木と比べてこのままでは町田は来年J2で相当苦労するのではないかとは思います。脱落して、来季は関東1部かJFLっぽいSC相模原に町田を吸収されるようなことがないようにはお願いしたいものです。

各Jリーグ準加盟クラブの状況からして、おそらく2012年からJFL降格制度が運用されると思われます。となるとJ2の15位以下のクラブがなりふり構わない補強や戦術変更をしてくる可能性があり、統一球の採用で大きく内容が変わった今年のNPB並みに来年のJ2は変わるかもしれません。プレーオフがあるらしいですし、「水曜カップ戦・土曜J1・日曜J2」が運用されるそうですし・・・。こういう話が出るということは、来年のTV放映権料も契約のメドが立ったということだと思うのですが、どこまで減額を抑えられるかが、市民クラブには死活問題です・・・。あっ、集客はホームチームの仕事なので、「日曜夜だとアウェイ客が来ない」は言っちゃダメです。

今年もサッカー(AFCアジアカップ・FIFA女子ワールドカップ優勝)が野球(サッカーファミリーが震災で団結した時もなぜか巨人叩きに走る)を圧倒した年でしたが、今度は清水エスパルスの真田雅則GKコーチが急逝されましたのが残念でした。年齢的になんでなのでしょうかね。ご冥福をお祈り申し上げます。

<追記>J'sGOALのtotoリーグ2011で、今年初めて1570ptを稼ぎました。役立たずですみません。ていうかこの企画って、totoを当てるのがいかに難しいか宣伝しているだけのような・・・。

|

« バッティングパレス 湘南平塚 | トップページ | 関東サッカーリーグ2部 後期7節 エリースFC東京vs相模原 戦 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

サテライトリーグがなくなった今セカンドチームやリザーブを持つ意味がない。 金かかるし試合相手がなかなか見つからないしトップチームの控えやベンチに入れない選手はモチベーションや試合感覚を戻すのは難しい。 何故サテライトリーグをなくしたんだろう。見に行ったことがあるがなかなか面白い。特に強いチームや人気のあるチームの控えが地元に来て試合をしたりしてね。スペインやスコットランドの話しが出たが金持ちチームは選手を買い金のないチームは良い選手を育てて金持ちチームに売る海外じゃそのシステムが出来上がってるからいいがJにはまだそのシステムが出来上がってないから金で良い選手を買うと文句を言うこれはおかしなことだな。金のないチームは良い選手を育てて売るこれをしないとチームは存続しないしそれをやらないで文句言うのもおかしい。それならデカイスポンサーでも探せばいいのにね。

投稿: 藤和不動産 | 2011年9月25日 (日) 10時46分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

サテライトリーグを廃止した理由はオカネの問題かもしれませんね。南関東と京阪神のクラブは、隣県のJ・JFLクラブや、同一地域の大学サッカーリーグとの対戦で事足りますが、サテライトリーグですと札幌など遠方に孤立したクラブも相手をしなければならず、それが結構な負担になりますから・・・。

投稿: チャリ通 | 2011年9月26日 (月) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/41654255

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーの話:

« バッティングパレス 湘南平塚 | トップページ | 関東サッカーリーグ2部 後期7節 エリースFC東京vs相模原 戦 »