« お金 | トップページ | 風雲児たち 幕末編 19巻 読了 »

J2 2011 第22節 大分vs湘南 戦

こんばんは、横浜スタジアムのいきものがかりに同行者を獲られたにもかかわらず、どこよりもはやく2012年のJ2参戦を決めている大分に行った、チャリ通です。いきものがかりのほうはライブ成功おめでとうございます。予想はしておりましたが、厚木の先輩である前田亘輝さんが応援に駆けつけたそうで、かなりお得なライブだったのではないでしょうか?。8月27日(土)にTUBEや加山雄三さんらが鵠沼海岸で主催する東日本大震災復興支援ライブにいきものがかりが出ることを口約束したのでがんばってくださいなのですが、ただ裏に平塚で北九州戦があるのですよね・・・。支援ライブは日没までなので平塚にもお越しください。

オールスターに先発した館山昌平投手のほうは残念でした。永里源気選手はこのまま干されないようにがんばってください。他にも茂庭選手や多村仁志選手などもがんばってください。

大分・・・。「鳥栖」の数倍は難読地名なのですが、県庁所在地だからかなぜか誰でも読めますね。それにしても大分空港から別府・由布院・大分が遠い・・・。福岡便の価格や本数を考えれば「福岡空港から高速バス」だって競争相手なのではないでしょうか?。トリニータの経営問題だけでなく、大分県教育委員会汚職事件など、公務員がアレな土地なのでしょう(大分県は地方交付税交付金ワースト10の常連)。駅の広告が「YAHOOドーム」「博多座」「西南学院大学」などが多く、「ここって、福岡県でしたっけ?」と勘違いしそうでした。

大分駅からバスで30分ほどで大分銀行ドームに到着しました(ちなみに大分のJRはSuicaが使えませんが、大分のバスはSuicaを互換使用できます)。

丘の上にあるスタジアムなのですが、想像以上にすごいスタジアムでした。陸上トラックがなければ日本トップクラスのサッカー場なのではないでしょうか?。ということはチームも日本トップクラスでないと、こさえる赤字も莫大でしょうけど・・・。

まずは公約のター坊焼きを入手しなければと思いましたが、トリニータ側ゴール裏のみで取り扱っておりました(対戦相手のグッズを身に着けていなければ入場可能)。普通の今川焼と白い今川焼があり、中に白星をイメージした白玉が入っておりました。それなりにおいしかったです。ニータンは確かにかわいかったですが、ほとんど自力で動けないのですね・・・。

試合のほうは、出場停止の前田俊介選手と、なぜかいない(!)三平和司選手を欠いた3-4-3の布陣の大分に、千葉戦と似たような布陣の湘南となりました。

最初の10分くらいは両軍とのDFラインを高く上げて、様子見でした。

その後前半終了まで、大分は湘南の遠藤航選手に向けてわざとボールを蹴り、そこに森島康仁選手らを競らせるサッカーをしました。そりゃあ、周辺の両軍の選手の中で眼に見えて小柄ですから、やってくるでしょう。しかし遠藤航選手はこれに問題なく対応しました。本来でしたら菊池大介・遠藤航選手あたりはU-20日本代表としてこの日コロンビアにいなければいかなった(ロンドン五輪の必須条件だったと思われます)のですから、コロンビア行きに匹敵するパフォーマンスをJ2で行うことは大事だと思います

中央のMF・DFの4人が動かないのでサイドの守備に難があった湘南でしたが、千葉戦に続きこの日も永木・松尾選手が横へ移動するようになり、大分の攻撃を抑えておりました。

そのまま前半が終了し、後半になるのですが、ハーフタイムで中村祐也選手に代えてアジエル選手が登場。残念ながらここでこの日の湘南の無得点が確定しました。代わりに出てきたアジエル選手のフィジカルが悪く、もうひとりのFWはいつもどおり消えていましたので・・・。しかしアジエル選手が足を引っ張るようになるとは思いませんでした。残念です

ハーフタイムの間に田坂監督は湘南対策の修正を施したようで、後半は一方的な大分ペースでした。

サイドでためて中央のMF・DFの4人をまとめて引き寄せた状態で、石神選手だけになってしまった中央にセンタリングをして西弘則選手が決めて、先制。

鳥取戦を彷彿させるコーナーキックの守備で、ノーマークの姜成浩選手から2失点目。

カウンターから4-2-2のFWの位置に入っていた臼井幸平選手が決めて1点差とするも、

湘南が負けているため前がかりだったのでやむをえない、西弘則選手による失点でまた2点差。

大分 3-1 湘南

とりあえずアジエル選手はフィジカルですが、鎌田・永木・遠藤航選手あたりもこの試合の後半は「プロとしての経験不足」を露呈してしまった試合だと思います。そういえばベルマーレ時代の茂庭選手がまさにそれで、FC東京においしいところを持っていかれてしまいました。またこれを繰り返してしまうのでしょうか?。元湘南の阪田章裕選手はうまく守っていたといいたいところですが、その前に湘南のFWがJ2レベルではないので、残念ながら参考になりません。

菅野監督の頃まで、兵庫県以西での試合会場に非常に弱かったベルマーレですが、それを再現してしまうのでしょうか?。ちなみに九州アウェイはこの大分戦が初戦でした。これは厳しいです。わずか2週間後に平塚での大分戦がありますので、ここでは勝っておきたいところです

この週はフットサルがバサジィ大分に敗れているので、大分に2連敗なのですよね・・・。ちなみにJ2・Fリーグ・bjリーグなどが120万人に満たない大分県に参入しているためか、当地ではどの競技も平均してPRスペース不足のようでした。

|

« お金 | トップページ | 風雲児たち 幕末編 19巻 読了 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

大分をけなすことに必死なようですね。
残念に思いました。
またすぐ対戦ですが、こちらがお邪魔して同じように地元のことをあれこれとケチつけられたら、どんな気持ちがしますか?

投稿: tori | 2011年7月27日 (水) 15時34分

toriさん、コメントありがとうございます。

この記事ではほとんど空港と駅とスタジアムという公共財だけぱっと見て気付いたことだけを書いたまででして、それ以外には触れておらず、少なくとも必死ならなくても書ける記事です。首都圏としてはある程度外部からの問題点の指摘があるほうが改善につながるのですが、そちらではそうではないのでしたら申し訳ございません。

調べましたところ大分県の財政力指数は0.37です。つまり自前では37%しか税収がまかなえず、残りは国からの仕送りです。ちなみにベルマーレホームタウン全市は平成以前より1.00(不交付)です。不交付団体が平塚のボロいスタジアムで、毎年6割以上が国からのお小遣いのところが素晴らしいスタジアム(トリニータに限り使用料無料)というのも、中途半端に社会主義っぽくていろいろやる気をそぎます。

そこへきて、なぜ経営難のJクラブが多いのに大分にだけ胴元のJリーグから何億円も融資があるのでしょうか?。

もちろん、それをご承知の上で「地元のことをあれこれとケチつけられたら」と書いているのですよね?。ある意味Jリーグで最も資金的に恵まれている大分県ですので、せめてそれを有効にご利用いただければとは思います。

どうせ平塚競技場はオンボロとか、県内に空港すらないとかをケチをつけるのでしょうが、こちらは県ではなく県で6番目くらいの市(しかもホームタウン内でも1番ではない)が運営しているのですから当たり前なので、事実なので個人的には特になんとも思いません。我々なんて資金がショートしたら、自治体が持つのではなく県リーグあたりに降格でしょうし・・・。

大分県自体については近いうちに書きますので、そこはお気に召すと思います。

投稿: チャリ通 | 2011年7月27日 (水) 18時31分

上から目線の嫌味な口調はやめたほうがいいよ
いい大人の文章じゃないし、こうやって湘南サポは嫌われていくのかね

投稿: 通りすがり | 2011年7月27日 (水) 20時42分

管理人さんのレスは全然toriさんの意を理解していないようでレスになっていませんが、要は自分の言いたい事さえ言えれば、人を不快にさせる事や人の気持ちを傷つけるのはしったこっちゃないって事なんでしょう。
湘南のサポさんもこんな方ばかりではないですし、対戦相手のサポさんを尊重出来るサポにお互いなりたいものです。

投稿: 通りすがり2 | 2011年7月27日 (水) 23時06分

通りすがりさん、通りすがり2さん、コメントありがとうございます。

ご意見をいただきありがとうございます。

2010年の初めあたりから書く時間をとることが難しくなり、2011年に隠居を宣言したのですが、どうやら皆様から支持を得られる文章が書けなくなっているようです。

自分としては「○○へ行った」とか「勝った!」とか「○○なう」だけの記事やコメントに「・・・、それで?」とウザく思っていたので、無理をしてでも長めに書くようにしており、そうしているうちに主張も入るようになりましたが、それも受け入れられないのでしょう。

とりあえず混乱を避けるために熊本戦と大分戦の記事は「なし」としたうえで、予定稿がある3本を終えて、クラブには迷惑はかけられませんので、このブログは隠居更新から無期限更新休止としたいと思います。

投稿: チャリ通 | 2011年7月30日 (土) 10時48分

俺はこういう意見好きだけどな。
色んな意見あってもいいじゃん、なにツンケンしてるの?
問題点はどの分野にもあるし聞く耳持とうぜ、世の中そんな甘くないぜよ

投稿: 俺も通りすがり | 2011年7月30日 (土) 22時00分

俺も通りすがりさん、コメントありがとうございます。

やっぱり約40ホームタウンも訪問すると、すごいなあと思う街と、だめだなあと思う街があることに気がつきます。大分に行く前に別府で油屋熊八のエピソードを知り、大分県が彼とは真逆な街づくりをしているので、自分の中で特に目立ってしまったかなあと思う(大分銀行ドームもとても節約しているとは思えない試合運営状況でしたし・・・)ので、本編の一部に「ちょこっと」書いたのですが、本編そっちのけでそっちに目が行く人が多いようで、無報酬でやっているのに正直疲れました。

すぐ再戦ということで、また指摘を受けるのが嫌ですのでちょっと待っておりますが、大分訪問の記事を書いた後、無期限で休みます。

投稿: チャリ通 | 2011年8月 7日 (日) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/40952782

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2011 第22節 大分vs湘南 戦 :

« お金 | トップページ | 風雲児たち 幕末編 19巻 読了 »