« イオンラウンジ (イオン秦野店) | トップページ | お金 »

J2 2011 第21節 湘南vs千葉 戦

こんばんは、「トーマスをみたい」という幼児に対し、平塚市所有の「D52 403」を紹介し、ついでにすぐ近くで開催されるベルマーレ戦を強制観戦させた実績のある、チャリ通です。JR東日本が動態保存機関車を所有しているとはいえ、首都圏で汽車を動かすことは、煙と騒音の関係で無理です(秩父鉄道大井川鉄道をご検討ください)。

ちなみに厚木市が「D51 1119」Maison de gatohの近くにある「若宮公園」にあります)、藤沢市も「C11 245」モロボシダンのお店の近くにある「八部公園プール&野球場」にあります)を所有しております。神奈川の保存車両としては、他にロンちゃんとかタンコロ(108号107号)が有名ですね。県立辻堂海浜公園にもわっくわっく号(小田急クハ2658)というものがあるのですね・・・。

だいぶ記事化が遅れてしまいましたが、既報のとおり、7月17日(日)に、厚木市民デーとしてJEFユナイテッド市原・千葉戦が平塚競技場19時キックオフで開催されました(あゆコロちゃんも来ました)。日中は勘弁してほしいくらい暑いのですが、日が落ちると思っていた以上にすごしやすいナイトゲームでした。

既報のとおりクラブカンファレンスを筆頭にさまざまなイベントが用意されておりましたが、所用があって試合のみ参加いたしました。

ベルマーレはこの試合まで5連敗をしたうえでようやく岡山戦で引き分け。数字以上に負け方がパターン化していることのほうが問題でした。昇格云々なんておこがましい内容でした。

この日はジェフ側に多数のサポーターがご来場いただき、ビジター側ゴール裏も開いて9,340人という集客がありました。J2でもこれくらい集客があると盛り上がります。

この日は最近アウェイには出ていた松尾直人選手が入団1年半にして平塚競技場に先発で初登場。チームで一番得点が期待できる中村祐也選手も先発しました。それにしても千葉のオーロイ選手はデカい。さらにオーロイ選手と深井正樹選手の身長差は、申し訳ないですが笑えます

対戦相手の千葉は2009年に1試合2010年に1試合観戦する機会がありましたが、「オーロイ選手へロングボールを蹴って、ポストプレーをさせる」「前線の誰もいないところにパスを出し、それを深井選手に追わせる」ばかりで、MFとDFも「壁」役と「砲台」役がはっきりしており、さらに試合が進めば進むほど上記の特徴が顕著になるという、非常に割り切ったチームになっていて、いいか悪いかは別にして、驚きました。

連敗中の湘南は守備の問題で「常にペナルティエリアの角付近から攻撃されるというくらい簡単にここまで持ってこられる」という問題を抱えておりましたが、テレビの女子ワールドカップを参考にしたのか、千葉が中央から攻撃するように誘導するような守備を展開し、それを松尾・ハングギョン・大井・遠藤選手で守っておりました。結局無失点に抑えることができ、結果を出すことが出来ました

前半に2010年に千葉に期限付き移籍をしていた鎌田選手のクロスを相手GKがはじいたところを、第1子が誕生したばかりの大井健太郎選手が押し込んで先制。前半終了間際に、ボールを受けることが上手な中村祐也選手の典型的な得点パターンで追加点を挙げ、後半を守りきって、1ヶ月半ぶりの勝利を上げることができました。やっと七夕ユニフォーム2勝目です。

湘南 2-0 千葉

ホームアンドアウェイでやるからには、すべての対戦相手に対して年間で引き分けまたは勝ち越しを目指すべきだと思います。震災の影響でまだ対戦していないクラブがいくつもあるのですが、いまのところ岡山に「1勝1分0敗(勝ち点4)」、千葉に「1勝0分1敗(勝ち点3)」ということで、全J2クラブに対して引き分け以上にする可能性が残っております。ぜひこれを目指して欲しいと思いますし、これが出来ることが昇格の条件なのではと思います。

次節はアウェイで大分トリニータ戦です。相手は田坂和昭監督なので、ベルマーレのことはかなり研究していると思われ、そういう意味で手ごわいです。人気のニータンに会いに現地に行かれる方はター坊焼きを食いまくってやっちゃってください。期限付き移籍をしている三平和司選手も最近は試合に出ているのですが、出場するのでしょうか?。あちらは前田俊介選手が出場停止らしいですが、こちらは台風で練習に支障が出ると思います。

大分戦の翌週である7月31日(日)は湘南乃風のHAN-KUNさんのライブがキックオフの1時間ほど前にあるロアッソ熊本戦が、平塚競技場19時キックオフであります。ホーム側ゴール裏(8ゲート)で行われますが、湘南乃風のライブであの距離に立つのは大変だと思います。湘南乃風のファンの方にぜひご来場いただきたいです。千葉戦ではメインスタンド指定席やビジターゴール裏よりも空いていたホームゴール裏が盛り上がればいいと思います。

第21節から夏の移籍ウインドウが開かれました。通常は最初の数日と締め切り前数日に補強が発表されるのですが、胸スポンサーが決まらないまま震災を迎えてしまった湘南は補強資金がないと思われます(広告より復興費や義援金に予算がまわってしまいますよね・・・)。開幕当初から選手が多すぎた湘南のGK(金永基・野澤選手あたりは前半戦は戦力にカウントしていなかったのかもしれません)から、松本拓也選手が川崎に期限付き移籍することになりました。川崎は長い間、川島永嗣選手以外はGKをとっかえひっかえしている印象がありますので、松本拓也選手にもチャンスがあるかもしれません。もちろん戻ってきて欲しいですが、川崎でリーグ戦に出てしまうくらいがんばってください

なでしこやら魁皇関やらで伊東輝悦選手のJ1・500試合出場が目立たないのが残念だなあと思っていたら、ここを見たら伊東輝悦選手の年俸の安さもさることながら、永里源気選手の推定年俸が澤穂希選手の推定年俸の倍にすらならない低年俸で、阿部吉朗選手も減俸だったことがビックリです。出来高が多いのでしょうか?。

ベテランといえば湘南のホーム最終戦、このまま対戦相手の「今季湘南戦にベンチ入りしただけの超有名選手」が試合に出なければ、次の湘南戦が彼のアウェイ引退試合になる可能性も出てくるので、ホームチームとしてそれは回避して欲しい・・・。

|

« イオンラウンジ (イオン秦野店) | トップページ | お金 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

千葉の情けないサッカーに助けられた部分はデカイ。オーロイに蹴るだけで二列目の選手は深井以外に何もやってなかったな。守備もGKの岡本と最終ラインの守備の酷いこと。久々に千葉を見たがこんなサッカーやってたらJ2じゃ勝てるかもしれないがJ1に昇格しても勝てないね。ベルマーレも褒められたもんじゃない。オーロイに蹴るだけで守り易かったし 千葉の二列目の選手がボールに絡まなかったし 攻撃にしても中盤でボールを散らせる選手がいないし両SBの攻撃参加がない。 FWの佐々木や中村が豊富な運動量で動き回って点が取れたようなもの。取りあえず勝てたのは良いがこの内容ではFC上位チームには勝つのは難しいかな。

投稿: 藤和不動産 | 2011年7月22日 (金) 15時58分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

千葉がJ1で勝てないかどうかはなんともわかりませんが、極端にも程があるサッカーであることは間違いなかったですね(ただイングランドに近いサッカーをする縦パスばかりのクラブは多かったです)。一般的なサッカーではない分、勝っても参考にしにくいです。

投稿: チャリ通 | 2011年7月26日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/40871892

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2011 第21節 湘南vs千葉 戦 :

» 【生観戦記・簡易版】7/17 湘南2-0千葉~自身2か月ぶりの生観戦勝利のべるほ~!+阪神も勝った! [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
サッカーと野球の両方含め、生観戦2か月ぶりの勝利!! J2第21節:湘南ベルマーレ 2-0 JEFユナイテッド千葉 <得点>大井健太郎(前半17分)、中村祐也(前半44分) <戦評> オーロイが落としたボールを拾い、2列目の選手が得点を狙う千葉に対し、湘南は堅固な…... [続きを読む]

受信: 2011年7月21日 (木) 05時04分

« イオンラウンジ (イオン秦野店) | トップページ | お金 »