« 手打そば 志ん蕎 | トップページ | いよいよ次は栃木戦 »

松鱗亭

<追記>2013年に閉店しました。

こんばんは、先日飛行機に乗る用件があったので、アウトドア用のCASIO PROTREKを持って、標高1万メートルとか出すかな?と期待していたら、PROTREKは気圧差から標高を算出するため、気圧調整されている機内ではたいした数値にならずがっかりした、チャリ通です。なお最近「黄緑」と「青」は「アースカラー」「エコカラー」として人気があるため、登山・キャンプグッズにイケてる黄緑と青のグッズがあったりするので、意外と狙いめだと思います(これ付けている人を見たことがあります)。

次は平塚にて、元佐野市民的に気になる栃木戦ですが、平塚に応援に駆けつける皆様に何か貢献できることはないかと思ったところ、当ブログ的には「栃木に住んでいたときは無理だった生しらすを食べられる、あぶさん以外お店の紹介」かなあと思いました。

ベルマーレホームタウンでは内陸の厚木ですら珍しくない「生しらす」は、Jリーグ開催期間に近い「3月中旬~12月中旬」にいただくことが可能です。ただしすぐ傷むので保存や流通に難があり、海がシケた日は食べられません

昼前に朝食として「松鱗亭」(しょうりんてい)に行って来ました。ホームページは特にございませんので、「Hyde@ki ~ おいらのさじ加減 ~」の紹介記事を参考にしてください。

お店はJR平塚駅南口から南西に進む扇松海岸通りを海へ向かって進みお好み焼き屋の「くるり」を通過した、徒歩5分ちょっとの場所にあります。村井弦斎公園のある通りから南は、いいお家が林立します。群馬や栃木に在住の方が想像する湘南地域は、このお店もあるようなJR東海道本線の南側だけなのは、平塚・茅ヶ崎・藤沢市の共通仕様です。競技場とは反対側の南口側ばかりで申し訳ございません。意外と立派な割烹日本料理店で、テーブルとカウンターの席があります。駐車場の心配もありません。

ベルマーレサポーターの皆様にはご存知の通り、このお店は湘南ベルマーレをひいきにしている割烹日本料理店で、最近の福島県関連のボランティアにもベルマーレを通して参加されております。店内にはバックナンバーを含むMAREや、中村祐也選手が節電を呼びかけているポスターなどが貼られております。生しらす丼が出せる日は店の入口に貼り紙が貼られるので、チェックしてください

こちらの生しらす丼は、どんぶりご飯の上に生しらすだけを載せたものです(味噌汁・漬物・野菜付き)。だし醤油をかけていただきます。あまり店の差の出にくい料理ではありますが、今日もおいしかったです。もちろん生しらすだけでなく、普通の海鮮料理や信玄鶏、平塚カオリ麺の料理などもございます。

残念なのは、ランチタイムの接客のオバサマが気が利かないところですね。このブログを始める前に来店した数年前もそうでしたし・・・。女子大・高生でももう少しがんばると思うのですが、「おくつろぎのところ来店してしまい申し訳ございません」と口から出かかります。逆に言えば難点はそこだけです。

なお、公開直後にこの記事をごらんになっている皆様向けの情報としては、6月7日(火)放送の「火曜サプライズ」に、石塚英彦さん・ウエンツ瑛士さんと平塚市出身の山瀬まみさんが、このお店と花水ラオシャン本店といった平塚を訪問する様子が放送されるそうですので、ぜひご参考にしてください。この番組はほとんど見られないのですが、オイラが大好きな柳沢慎吾さんと、都内某所でお見かけしたときすごい美人で驚いた馬場典子アナウンサーも出ております。

生しらすを飲食店で食べるのではなく直接購入することは、平塚漁港(須賀港)と相模湾の間などにある魚屋や漁船で可能ですが、傷むので午前中にお買い求めの上、速やかに帰宅して冷蔵庫に入れ、夕方までにお召し上がりいただく(残すようでしたら塩水で茹でてしまう)ことをおすすめいたします。

★★

|

« 手打そば 志ん蕎 | トップページ | いよいよ次は栃木戦 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松鱗亭:

« 手打そば 志ん蕎 | トップページ | いよいよ次は栃木戦 »