« 風雲戦国伝 風雲児たち外伝 読了 | トップページ | J2 2011 第13節 FC東京vs湘南 戦 »

オロチョンラーメン 利しり

個人的にはラーメンオフシーズンですが、愛媛戦の前に平塚の有名ラーメン店「オロチョンラーメン 利しり」(おろちょんらーめん りしり)の本店に行ってきました。ホームページは特にございませんので、「湘南ラーメン食べ歩記」の紹介記事を参考にしてください。

ここはブログ開始当初、厚木市民的にはベルマーレ戦のついでに行くことが大変厳しいお店でした。場所が秦野盆地の外枠にあたる平塚市公所(ぐぞ)で、かつ当時は夜しか営業していなかったのです。ところが昨年から日曜日に限り昼営業を開始したので、夕方以降の試合の昼食でしたらなんとかチャリ通出来るようになりましたので、今更ですが行ってきました。

神奈川中央交通バスですと長久保バス停の前にあります。駐車場完備です。厚木からですと小田原厚木道路平塚ICからモンサンミッシェルのある通りを西に進み、眺望のいい丘を登ったところにあります。一応東海大学や神奈川大学、味の味噌一や猪狩選手の出身地域あたりは近いといえば近いですが、徒歩で行くほど近くはないです。

余談ですが今回チャリ通をして初めて気が付きましたが、厚木・伊勢原・平塚市内の相模川・東名高速・東海道新幹線に囲まれた地域って、とても観光果樹園(特に苺と梨)が多いのですね。最近ですと松本拓也選手の一行が行っているようですが、JAあたりと提携して子連れベルマーレサポーターに観光果樹園MAPを紹介できればいいなあと思いました。

オロチョンラーメン自体は全国的に取り扱われている「唐辛子による辛いラーメン」で珍しくないのですが、わりと老舗のこのお店は「日本一まずい」を商標登録して、ラーメン屋の中では平塚で最もテレビや新聞に出たがるラーメン屋だと思います(店内に記事やサインが貼られている)。カウンターとお座敷の店内は居酒屋風ですが、もともとは居酒屋としてスタートしているので、オロチョンラーメンがメインですが、それ以外のメニューはほとんどお酒のおつまみです

元のラーメンは味噌・醤油・塩の3種類があり、それをさらに9段階の辛さランクから選ぶかたちになります。一番下のランク「No.7」は辛さなしなので、辛いのがダメな人向けのラーメンもございます。「特2」トリプルをいただくと短冊に名前を残せます

オイラは「No.4」の普通のオロチョンで味噌ラーメンをいただきました。確実に辛いラーメンと認識できましたが、キツくはなかったです。まあ5ランクも上のメニューは厳しいだろうなあとは思いました。辛さは一味唐辛子をそのまま投入しているものと思われます

ベースの味噌ラーメンは、昭和の札幌ラーメン的な「製麺業者がスープもセットで業務用販売されているもの」だと思います(強いてあげれば太助に似ております)。よって「日本一まずい」はPR目的程度で、大げさです(まあ「特2 トリプル」の辛さがまずいともいえそうですが・・・)。これに辛さと、もやし・ねぎ・ピーマン・きくらげ・細切り肉を載せております。なお普通盛が普通のお店の大盛以上あるのでご注意ください

自家用車以外で公所まで行くのは大変だと思いますが、実はこのお店は「平塚駅北口」と「伊勢原と鶴巻温泉の間」にも支店を持っております。平塚駅北口のお店でしたら電車で平塚競技場・平塚球場を訪れた方でも立ち寄れますので、興味がございましたらお立ち寄りください(そちらについては「ラーメン食べ歩紀行」の紹介記事を参考にしてください)。

|

« 風雲戦国伝 風雲児たち外伝 読了 | トップページ | J2 2011 第13節 FC東京vs湘南 戦 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

ここのラーメンはあえて言えば辛さが売りくらいしかないが人気あるね。サイドメニューの方がいいかな。辛子シューマイ焼き納得もつ煮などこちらの方がね。 好きな酒はトマト割りがいいかな。

投稿: 藤和不動産 | 2011年5月13日 (金) 02時20分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

そうですね、「もともとは居酒屋」というのがこのお店の重要な特徴ですよね。

古くからの平塚市民のほうが市外の人間と比べてこのお店の評価が高いイメージがあります。

投稿: チャリ通 | 2011年5月13日 (金) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オロチョンラーメン 利しり:

« 風雲戦国伝 風雲児たち外伝 読了 | トップページ | J2 2011 第13節 FC東京vs湘南 戦 »