« ATSUGI LOVERS | トップページ | 二代目 梅家 »

めん屋 元助 (らーめん)

記事を更新していなかった間に、2011年1月に訪問した「めん屋 元助」(めんや げんすけ)にチャリ通しました。ホームページは特にございませんので、またまた「湘南ラーメン食べ歩記」の紹介記事を参考にしてください。

場所はJA湘南 横内支店の隣となります。駐車場があるので、平塚競技場または平塚球場の試合を自家用車で観戦されたかたでしたら位置的にも近いのでよろしいと思いますが、それ以外の人にとってはハードルの高い立地です。しかも昼のみの営業となります。

前回の訪問と明らかに違うことは、土日は8台駐車可能な駐車場に入ることすら待たなければいけない行列のお店になったことです。駅からも高速道路からも遠いこの立地なのに、短期間に成長しすぎです。

ある程度評判のラーメン屋になりますと、お弟子さん(アルバイト)を雇って簡単な工程を任せるのですが、座席8席のこのお店ではご夫婦のみの運営で、供給能力が低いです。しかしこれがこのお店の品質につながっているのですから、我慢するしかありません。駐車ができても外で行列に並ばなければなりません。

前回はこのお店の代表メニューである「つけ麺」をいただきましたが、オイラは「つけ麺は、油が強いラーメンよりも、うどんや蕎麦のほうが、うまい」ということもあって、結局評価も微妙になってしまいました。

今回は代表メニューにこだわらず、自分の好みで評価しようと、前回と同じ券売機で「らーめん(しょう油)並盛」にしました。らーめんは醤油味のみの「並盛」と「大盛」で、チャーシューを増やした「チャーシューめん」にすることも出来ます。

基本的にはらーめんも「つけ麺」と同じ味で、スープとして適切な薄さになり、麺も九州ラーメンのような細麺になります。豚骨醤油と節系のダブルスープで、最近東京で流行しているタイプのつけ麺的なスープとなります(いやあ、ラーメンって蕎麦と違って流行り廃りの影響が大きいと思います)。具は海苔・チャーシュー1枚(チャーシューめんは4枚)・玉子半玉・穂先メンマ・ねぎ・かいわれ大根などです。

いやぁ、自分はやっぱり「つけ麺よりも、普通のラーメン」だと確信しました。オイラ的にはらーめんのほうがつけ麺より好きです。チャーシューもおいしいです。

ナイトゲームの前でしたら、平塚競技場および平塚球場での試合観戦の前に昼食としていただけると思います。ナイトゲームの開催が楽しみですね。

★★

|

« ATSUGI LOVERS | トップページ | 二代目 梅家 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

ここの店は夜の営業はやってないみたいだな。美味いのに残念だね。近辺に魚介豚骨の店が余りないから貴重である。 行くと行列ができてることが多い。

投稿: 藤和不動産 | 2011年4月16日 (土) 22時15分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

店主さんが「自身がクオリティを維持できる範囲だけの営業」を選択した結果が、「8席」と「昼間のみ営業」なので、やむを得ませんね。「平塚市横内で行列」というのは、なかなかインパクトがあります。夏のベルマーレ戦またはベイスターズ二軍戦のナイトゲーム前に、ついでに昼食として立ち寄るかたが多いと思います。

投稿: チャリ通 | 2011年4月18日 (月) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めん屋 元助 (らーめん):

« ATSUGI LOVERS | トップページ | 二代目 梅家 »