« 練習試合 町田vs相模原 戦 | トップページ | 大黒庵 平塚ラスカ店 (塩ラーメン ヤワラ) »

J2 2011 第1節 湘南vs岡山 戦

前回の記事を書いたあとで今年のJFLのスケジュールに疑問点が出てきました。

残念ながら今年のJFLはソニー仙台がリーグ戦前期を辞退し、後期からの参加を目指しております。しかし今年のJFLは、後期のあいまに前期第1節から第6節までの試合をやることになりました。ソニー仙台が後期第1節に復帰したとすると、前期の6試合もやることになりますが、そうすると33試合のクラブと34試合のクラブが出てしまいます。ソニー仙台に前期6試合を辞退してもらう方法もあるのですが、そうすると「水曜日にも試合をしたクラブを、中1週間のソニー仙台が迎え撃つ」という週ができます。被災者だから対戦相手が大目に見るというのもアリですが、それが降格昇格の当事者クラブの場合理解が得られるかといった問題があります。まあ「ソニー仙台が前期6試合を辞退・他クラブは全33試合」に落ち着くと思いますが、いろいろ大変そうです。

また、Fリーグのバルドラール浦安液状化現象による被災地のクラブです。Fリーグにも参戦している湘南ベルマーレとしては協力をする必要があるでしょう。

3月の湘南ベルマーレ開幕戦の記事の下書きは書いていたのですが、震災があったので出しておりませんでした。そろそろJリーグも再開なので、おさらいということで、以下に再編集して掲載してみます

松山でのスワローズ戦宣伝のために駆けつけたつば九郎に、一平くんが狙撃されてまたも担架で搬送された翌日、湘南ベルマーレも開幕戦を迎えました。「J OKAYAMA」でコメントしたということもありますが、とりあえず昨年と今年の違いを確認するために、ホーム開幕戦は記事化したいと思います。

平塚に向かう際、今年も神奈川中央交通が「平塚駅北口-本厚木駅南口」路線のバスにベルマーレの横断幕をつけていただいたのは3月に確認をしていたのですが、JAあつぎ提供のキングベルⅠ世の応援フラッグが本厚木地区の商店街に何の予告もなく登場して驚きました。練習場が大神にあった頃は、茂庭・永里選手を除いても厚木中・相川中の学区内に在住していたり、練習後の飲み会を主に本厚木駅前でしていた選手もいたので、厚木市からもソフトボールやサッカーの応援に行って欲しいなあと思います。「平塚駅北口-本厚木駅南口」路線バスが住宅のある旧道のほうを通るため、ものすごく遅いのが難点ですが、妻田・金田より南は、相模湾までほぼ平地なコースですので、充分チャリ通出来ますよ

また、今シーズンからソフトボールチームが「湘南ベルマーレ厚木ソフトボールチーム」となりますキングベルⅠ世の応援フラッグは当然こちらに対してのエールにもなると思いますので、ソフトボールチームは成績でそれに報いていただきたいものです。チーム名に厚木が入る件は、まあ一般的な湘南のイメージは「葉山から大磯あたりの相模湾沿岸部」だと思いますので、内陸の厚木で湘南というのは昔からピンときていなかったのも事実ですし、良いのではないかと思います。地名をいただく代わり、本家の平塚や、東端の藤沢、西端の小田原で、オリンピック経験者あたりと共同でソフトボールのクリニックを開催して、ホームタウン全体に貢献しないといけないのかなあとも思います。ソフトボールチームの試合を観に行けばわかりますが、選手は試合を通して声を出し続けている関係で、皆さんとても元気です。ホームタウン内の会社はぜひ選手の雇用をご検討いただければと思います

今年は2年ぶりのJ2ということと、対戦相手の岡山が西日本のクラブということもあって、観客動員大幅減の心配もあったのですが、晴天の中10,255人の動員があり、安堵いたしました。この日は湘南ベルマーレスポーツクラブ全員集合ということで、陸上トラックにて各競技ユースなども含めたベルマーレファミリーの行進が行われました。それぞれの競技の試合があったりなどで全員揃えるのも大変だと思うのですが、これからも毎年1回こういうアピールが出来ればいいなあと思います。また開幕戦ということもあってか、思っていたより多くの岡山サポーターにご来場いただき、3シーズンめの岡山の成長も感じられました。

この日から本格的に大型ヴィジョンをベルマーレ放送部が運用することになりましたが、思ったより活用できていなかったような気がします。田子さん・ロンドさん・ゲストの皆さんのリアルタイムの映像を流せればだいぶ違うと思うのですが、彼らを撮るカメラがないようです。なんか残念です。やっぱり予算不足でしょうか?。カメラ映像があれば、たとえばホームタウンデーの市長が資料を提示したり、スポンサーが商品を見せることも出来ますので、カメラ映像が欲しいです。

それと放送部としては、この日の田子さんは声が全くダメでした。花粉症でしょうか?。いや、プロなのですからそこは何とかしていただくか、控えているロンドさんが代打すべきでした。改善を期待したいと思います。

今年度のベルマーレクイーンの皆さんの発表があり、さらに応援で昨年度のベルマーレクイーンの皆さんが駆けつけました。皆様、がんばってください。

今シーズンからリーグスポンサーになったマクドナルドより、コーヒー1杯無料のクーポンが来場者に提供されました。こういうのってどの試合で発行されたクーポンかがチェックできるようになっているはずですので、無料なら極力使っていただくようにしていただければなあと思います。

試合前は、恒例のホームタウン市長・町長始球式。海老根藤沢市長今年も全身サッカーユニフォームで参加しました。4月に改選があるかたもいらっしゃいますので、選挙のアピールの場になったでしょうか?(大蔵平塚市長は今年限りで引退)。

湘南ベルマーレは昨年までの4-3-3ではなく、今年は当初から練習をしていた4-4-2を、開幕から使ってきました。GK・DF・MFはすんなり予想通りのメンバーが起用されましたが、最後まで競争が激しかったFWは佐々木選手と巻選手が開幕先発を勝ち取りました。やはり復帰した菊池大介・アジエル選手の同時起用は期待をしてしまいます

対する岡山は、怪我がちで放出されたものの実績充分のDFストヤノフ選手や、東京大学出身のFW久木田紳吾選手が先発で登場しましたが、久木田選手はMFで起用されました。どうやらストヤノフ選手も痛めていたり、その他の先発候補選手も何人か故障離脱していて、選手の配置が苦しいようです。業界全体のことを考えれば、久木田選手はベネッセ(岡山県)のCMに採用されるくらい活躍いただくことがリーグのイメージアップにつながると思いますので、がんばっていただきたいと思っております。

岡山には岡山のみの特殊事情があって、最初の2・3試合のまでのパフォーマンス次第で、ここの選手は「J2ファジアーノ岡山」と「中国リーグファジアーノ岡山ネクスト」にふるい分けされてしまいます。そして半シーズン入れ替えが出来ません。J2に出られるか出られないかで大違いですから、アピールのピークがここに来ると思います。それが良いほうではなく悪いほうに出たのかもしれません

キックオフから、「湘南が強い」というよりも「岡山のチーム連携が出来ていない」という状態で、湘南が岡山のディフェンスを切り裂きまくります。ストヤノフ選手の左右を埋める守備が全く形になっておらず、サイド(特に湘南の右サイド)から簡単に崩せました。なぜか今年のファーストゴールが、セットプレーでないのにDFの大井健太郎選手のヘディングでした。さらに佐々木・臼井選手がゴールを挙げます。

後半開始でストヤノフ選手が下がってしまったので、後半も湘南ペースでした。佐々木選手の2ゴールめの後、PKをゲットしました。

ここで佐々木選手がPKを蹴ればハットトリックだったのですが、あえてアジエル選手に譲られ、1年間試合に出られなかったアジエル選手が復活のゴールを決め、この試合で一番盛り上がりました。査定を考えれば佐々木選手が蹴りたかったでしょう。これは評価をしてあげなければいけません。

アジエル選手は1年のブランクがあったのですが、とりあえずは問題のないパフォーマンスでした。もともと「すごいフィジカル」という選手ではなく「テクニック勝負」の選手なので、ある程度動ければ問題がないのかもしれません。あとは夏以降で疲労性骨折をしなければというところでしょうか?。

佐々木・アジエル選手がゴールをあげたからか、このあとスタジアム全体が「巻選手にもゴールを」という雰囲気になり、明らかに巻選手にパスが集中し、応援(原竜太さんのお下がり)も巻選手ばかりになりましたが、残念ながらゴールをあげることが出来ませんでした。

途中出場の高山薫選手が、超新人離れした風貌で圧倒的に目立っておりました。プレー自体も悪くなかったですし、ぜひA契約の出場時間を勝ち取って、ご活躍いただきたいと思いました。

湘南 5-0 岡山

文句のつけようがない勝ちでしたが、湘南が良かったというより岡山の調整遅れのほうが目立ちましたので、次もこうなるとは思えません。まだ1試合なので、この結果J2首位に立ちました。

このあと東日本大震災が起こるのですが、「J2ファジアーノ岡山」に残れた選手にとっては故障を癒して再調整が出来て、中断期間は助かったと思います。中断明けのファジアーノ岡山は違うかもしれませんね。まさか1ヶ月以上J2首位になると思いませんでしたが、理由が理由ですし、過去にJ2首位は何度かあるので、湘南の首位は特にうれしくはないです。12月にJ2首位に立つことが大事です。

しかしこの震災で、正直今年は新規スポンサーを獲得することが難しくなったのではないかと心配しております。予算は義援金に回ってしまっているでしょうし、自粛や停電等で売り上げを落とした会社が多いと思います。社長が、現在も鋭意営業中のユニフォームスポンサーはどこでもいいと言うわけではないというようなことをキックオフ前の挨拶でおっしゃっておりましたが、それは前年度が日本振興銀行系スポンサーだったことであり、その前には背中と袖がシーズン途中で倒産したりという「前例が悪いから、そうなった」というところもあるので、そこは真摯に反省した上で、一生懸命営業するしかないです

サポートコーポレーション一覧の看板にて、3月に店名変更した茅ヶ崎サティにある茅ヶ崎サティ同友店会が、予想通りイオン茅ヶ崎店同友店会に名称変更されていなかったのは残念でした。「名前」ですので横浜戦までに直していただきたいところです(茅ヶ崎駅北口は1kmくらいの範囲にイトーヨーカドー・ヤマダ電機(旧ダイクマ)・イオン茅ヶ崎中央店(旧ジャスコ)・イオン茅ヶ崎店(旧サティ)があって、競争が大変です)。

個人的にイオン(ウォルマート商法を10年遅れで実行していますねえ・・・)と言えば、イオンカードセレクトゴールドを思い出します。クレジットカードのゴールドカードなのですが、イオンカードセレクトで条件を満たせば、インビテーションが来て、年会費無料で使えるそうです。年会費無料ですが、「海外・国内旅行傷害保険の保障増額」と「羽田空港のカードラウンジ利用可能」は、九州・四国・北海道の遠征に行く関東のJリーグサポーターならアリなのではないかと思います。条件というのがイオン銀行(日本振興銀行の受け皿銀行として交渉中らしいです)をある程度利用することになるのですが、数年社会人をすればひとつはクリアできそうなものですので、ご検討ください。

まあオイラは別のゴールドカードの会員なので、こちらのゴールドカードは取得しませんが・・・。イオンラウンジよりも新宿伊勢丹か日本橋三越のお得意様サロン(外商が自宅訪問する顧客のみ利用可能)に入りたいです。ゴールドカード以上(AMEXはグリーンカード以上)で決済すると、福利厚生の大幅値引きプランなのに、勝手に空室だからと部屋がアップグレードされたり、テーブルチャージのサービス料が免除されたりするのがちょっとうれしいですね。

次は千葉遠征ではなく札幌遠征となりました。札幌は大幅に戦力ダウンとはいえ、石崎監督ですし、ブラジル人選手もいますので、気を抜かずに戦っていただきたいものです。

<追記>そういえば、この岡山戦ではジェフの営業の方がテントを出していて、千葉戦のチケットを販売しておりました。昨年12月より、ぴあ・ローソンチケット・イープラス・CNプレイガイドが一斉にシステム利用料を「チケット代込み」から「手数料付与」に変わり、実質値上げでした。興行主より直接買えばシステム利用料がかからないはずなのでありがたいですが、告知なしで登場したのが残念でした。ぜひ訪問先クラブでも告知いただきたいですし、ベルマーレのビジター側チケットも、関東のクラブではこの方式で販売いただきたいものです

|

« 練習試合 町田vs相模原 戦 | トップページ | 大黒庵 平塚ラスカ店 (塩ラーメン ヤワラ) »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2011-2013」カテゴリの記事

コメント

ソニー仙台は企業チームだから降格も何もないと思うが相手チームは大変だ。水曜に試合をやり週末に試合をやりね。 東電管内で水曜真昼間に試合やろうものなら観客数は悲惨なもんだ。ただでさえJFLは客が入らないのに。バルドラール監督と知り合いの人がいて飯喰ったことがあるが予算が苦しいと言ってた。今は更に厳しいらしい。サポも知ってるらしい。開幕戦岡山の試合に行ったが ベルマーレの攻撃が良かったのではなく岡山の守備がザルすぎただけ。ストヤノフ程の選手が何故岡山に入ったのかわからない。岡山しかオファーがなかったのか岡山に魅力があったのか。今頃怪我もしてボロ負けして移籍して後悔してるのでは。久木田も東大出てサッカー選手になるのは疑問だね。リスクありすぎる。 公務員になるなり一般企業に就職するなりすればそれなりの地位や給料が手に入るのにな。高山は良い選手だ。FWだけでなく中盤の攻撃的なポジションで使える。テクニックスピード運動量もあるし守備もやるしね。久々にベルマーレも良い選手をとったのではないかな。

投稿: 藤和不動産 | 2011年4月22日 (金) 21時10分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

東北社会人サッカーリーグは降格昇格なしで、プリメーロと女川が全休で開催されるそうですが、JFL以上はどうなるかわかりません。かつて神戸・新潟に特例がなかったですし、降格なしなら開幕前にアナウンスすべきですので、ソニー仙台も成績が伴わなければ降格でしょうね。Jリーグ準加盟クラブが約束を守ればソニー仙台の降格の可能性は減るので、松本山雅と讃岐が勝ち抜けることがソニー仙台のためになると思います(2012年はホームレスになりそうな長崎と町田がなぜ準加盟なのかは本当に謎)。

髙山薫選手はルーキーなのにキャラが確立されていてオイシイですが、彼のポジションは人気ポジションなので、実力があったとしても試合に出続けるのが大変です。ただ出続ければ名物選手になると思いますので、がんばっていただきたいものです。

投稿: チャリ通 | 2011年4月22日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/39139233

この記事へのトラックバック一覧です: J2 2011 第1節 湘南vs岡山 戦:

» 【J特】≪生観戦記≫3/6 J2開幕戦:湘南5-0岡山~2010ベルマーレクイーン&マーメイドに各1ゴールずつ捧げて快勝! [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
ついでに、管理人の生観戦(応援している方の)連敗記録も11でストップ(^_^;) 林弓束ちゃんも1年越しでこれ初めて見れて良かったね。 20110306_湘南5-0岡山;試合後勝利のダンス 管理人は、「去年のベルマーレクィーン&マーメイドがあまりにも美しすぎたので、ホンマ…... [続きを読む]

受信: 2011年4月21日 (木) 06時15分

« 練習試合 町田vs相模原 戦 | トップページ | 大黒庵 平塚ラスカ店 (塩ラーメン ヤワラ) »