« このあたりで中締めとさせていただきます | トップページ | コンディトライ バッハマン 花水台本店 »

花水レストハウス

<追記>2012年3月に営業終了いたしました

花水レストハウス(はなみず れすとはうす)は、国道134号小田原方面車線にあります。一応平塚市ですが、ここから100mくらい先に行くと大磯町です。

神奈川県民以外にとっては超マイナーな施設ですが、1月2日と3日はここが箱根駅伝平塚中継所になるため、テレビなどで見たことがあるかたは全国的に多いと思われます(正確には往路が花水レストハウス、復路は向かいの飲食店(現在改装中)が中継所になります)。

ホームページは特にありません。いわゆる道の駅のような施設になりますが、神奈川県の施設だからか、道の駅ほど整備がされておりません。大きな駐車場と、1階が業務委託がされているファミリーマート、2階が神奈川県を紹介する部屋になっております。

なんと自動車が少なかった昭和30年代から存在する施設で、おそらくドライブインという施設の実験と紹介のために造られたと思われます。しかしそれから40年以上が経過してしまったことがあり、少々問題がございます。

まず問題なのは、営業時間が決まっているため、駐車場やファミリーマートを含めて6時から23時までしか営業をしておりません。また2階の神奈川県を紹介する部屋が実にショボい・・・。横浜市・川崎市と地元平塚市(!)を除いた神奈川県内の観光地と名産品のパンフレットが積まれているだけです。これでは誰も利用しません・・・。実はMAREとベルマーレを紹介する展示もあるのですが、湘南ベルマーレフットサルクラブ扱いで、ベルマーレを紹介する展示はすべて小田原のフットサルです。

正直、売却でも賃貸でも指定管理業者制でもいいので、神奈川県はこの施設を手放したほうがいいのではないかと思います。いろいろもったいないです。ただ今となっては敷地が狭いので、具体的な活用方法となるとなかなか難しいとも思います。

もちろん良い面もあります。駐車場の先は砂浜で、年間を通してサーファーなどをお見受けします(用途が違うけど・・・)。レストハウスにシャワーなどがないためクルマに水を入れたポリタンクを持参し、海から帰った後さっと水を浴びて帰宅までしのぐ人を見受けます。

砂浜からは海上に波浪観測塔を見ることが出来ます東京大学が所有するこの波浪観測塔平塚市のシンボル的なものになっております(藤沢の江ノ島、茅ヶ崎の烏帽子岩と3点セットでお願いします)。

国道134号平塚市内は、茅ヶ崎の「新湘南バイパス」と大磯の「西湘バイパス」からのクルマが流入するため渋滞率が高いですが、ぜひお立ち寄りください。

|

« このあたりで中締めとさせていただきます | トップページ | コンディトライ バッハマン 花水台本店 »

平塚市」カテゴリの記事

コメント

あそこは花水レストハウスと言うのか。 たまに気晴らしにバイクで行って海を眺めたりするがたくさん人が来るわけだから放置せずに利用すれば良いのだがわかる人にしかわからない場所だしね。 しょっちゅう行く場所でもない。 ファミリーマートで飲食類を買うくらいしか利用方法はないか。

投稿: 藤和不動産 | 2011年3月 7日 (月) 21時13分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

国道134号は鎌倉や江ノ島をはじめ人気のビュースポットをめぐるルートで、花水レストハウスもその中のひとつで、ビーチフロントな立地なのですから、何か使いようがないものかと思うのですが、新湘南バイパス延伸失敗とあわせて非常に残念なスポットになってしまっていると思います。

もうちょっと敷地が広ければだいぶ使いようがあると思うので、向かいの飲食店とセットで用地を取得してなんとかならないものかなあと思います。

投稿: チャリ通 | 2011年3月12日 (土) 00時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花水レストハウス:

« このあたりで中締めとさせていただきます | トップページ | コンディトライ バッハマン 花水台本店 »