« 博多天ぷら なぐや | トップページ | 柳沢商店 »

決着がつくと勝ったほうが湘南を上回る規模になるかもしれないので困るのですが・・・

新居辰基選手が鳥栖の練習に参加しているらしいですね。新居選手に限らず、やはり2010年限りで退団した「元J1選手」は、それ以前に退団した「元J2選手」より契約満了後の再就職先に恵まれております。2011年所属選手は自分たちのために昇格を目指して欲しいと思います

ガイナーレ鳥取のホームページにて「スタジアムビゲーター三村 ロンド氏 レンタル移籍期間満了のお知らせ」の記事が出ました(「スタジアムビゲーター」だと思うのですが原文のまま引用)。かけもちはかなり大変だったと思いますが、お疲れ様でした。これで鳥取とは戦いやすくなります。後任候補も実績のある方のようですので、鳥取遠征が楽しみでもあります

日南市スポーツ振興課ブログによると、ベルマーレや横浜FCが練習をしていた競技場は、現在カープの陸上トレーニング会場になっているそうです。カープの皆さん、がんばってください。ちなみにカープは「選手坊や」などバラエティに富みすぎている「カープ坊や」グッズ)が好きです。石井琢朗選手ブログにあの元芸人が出ていた(現在は肉だわらで肉巻きおにぎりを売っている)のには驚きましたが、災難続きの宮崎県の宣伝のためにはいいかもしれません。

つい数日前に「町田にも元ベルマーレ選手がいるので、何とかなるといいなあとは思います。」と書いたと思ったら、「2011シーズンのシャトルバス運行中止に関して」というプレスリリースを町田は出しておりました。2009年の当ブログ初登場時から、市民クラブを10年観ていたオイラから見れば試合に行けばすぐわかる無謀な現状を、あとで絶対バレると思われた毎度のフロントの虚言と、ヴェルディ以上の招待券で乗り切っていた印象のある町田ゼルビアですが、ついにその日が来てしまったなあという感じです。ていうかまた、シーズンチケットを売った後に「鶴川駅から徒歩50分くらい、自家用車NGですが、直通バスは廃止しました、15分ほど坂を歩いてください」と宣言する不誠実っぷりです。またまた町田名物「ナンバー3引責辞任(ここはトップが2人いる)」でしょうか?。

路線バスには国の法律があり、「事前にその会社が決めた運賃でどの路線も運行しなければいけない」とか、「事前に決めた便をいつも運行しなければいけない」などがあります。路線バスにすると会社(神奈川中央交通)の定めた運賃ルール以外で運賃は決められず、土日に運行するのであればゼルビアが町田市外で試合をする日も原則同じスケジュールでバスを出さなければいけません。このルールは野津田のような駅から遠い人を守るためのルールです。これでやっていけるのであれば既に神奈川中央交通が路線を作っているでしょうから、もう結論は出ているのでしょう。ああ、今日から同じような陳情を受けまくる神奈川中央交通(湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー/本社:平塚市)のお客様窓口の担当者が、気の毒です

ということでチャーター便にするしかないのですが、そこで問題になるのが入場料収入約2,000万円÷年間観客動員59,570人=約300円という客単価でしょう。栃木SCもJFL時代から無料チャーター便を出しておりますが、客単価が比べものにならない上に、多くの人が大駐車場にクルマをとめているので、負担は少ないです。特別席と関係者を除けば、臨時駐車場なしの平塚市総合公園を下回るしかスペースがない、バスが前提の野津田公園では、この客単価では入場料収入がすべてバス代に消えている可能性があります。無料は無理です。そんなことはあの招待券の行列を考えれば、2010年のうちからゼルビアサポーターは薄々感じていたと思いますけど・・・(松本・鳥取サポーターがチケットを定価で買っていれば、それだけで数百万円は町田の入場料収入になっているはずなのに、2千万円か・・・)。「一人500円なら何人くらい」というのをまとめて、小規模のバス会社も含めて有料バスをチャーターしたほうがいいと思います

これを今公表するところは、2010年開幕前から実は落選だった町田市立陸上競技場の時と同じ「後出し」です。12月のうちに発表していれば有料チャーターバス運行の運動が出来たと思いますが、あと3週間ではJFL開幕には間にあわないと思います。

3月に25億円規模の予算を組んで、完成直後のスタジアムと公園を再改修をするそうですが、練習場がないファジアーノ岡山によると、クラブライセンス制度に優先使用できる練習場の確保が義務付けられるらしいので、週の大半を府中市で練習している町田ゼルビア(これでは川崎で練習している東京ヴェルディと変わらないなあ・・・)は、Jリーグ昇格を考えているのであればその予算も別途必要でしょう。あとは町田市の判断ですが、次から次へと問題を後出しする体質を脱却しませんと、同じことの繰り返しになると思いますので、練習場の件は今年中に陳情すべきだと思います。

先月野津田に行ってスタジアムを見ておりますが、町田駅から町田市立陸上競技場へ行くより、町田駅からSC相模原がホームとしている相模原麻溝公園競技場へ行くほうが近いはずで、座間や大和からですとさらに勝負になりません。気が付けばSC相模原は監督を筆頭に「元・町田ゼルビア」なところがいくつも見受けられるようになっており、早ければ来月の議会で、直接対決をする前に両クラブの決着がつく可能性があります。決着がつくと勝ったほうが湘南を上回る規模になるかもしれないので困るのですが・・・

|

« 博多天ぷら なぐや | トップページ | 柳沢商店 »

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

鳥栖には今だに「新居信者」「新居の大活躍」が忘れられないサポがいるから契約するだろうが怪我次第みたいだな。ゼルビアに無料シャトルバスがあったとは知らなかった。JFLチームセルビアクラスの予算で無理シャトルバスを走らせるとは無謀だな。J1J2のチームでもなかった無理シャトルバス走らせるとこはなくはないが少ない。 バスの購入に金かかりバスの運転手を雇って給料払わないといけないし整備にも金かかるし野津田の交通の便が悪いのはわかるが 予算がないのにね。ゼルビアと相模原はこれから 一緒に何かやるだろうね。隣町だし共同ホームスタジアムを作る計画もあったとかなかったとか。 共同スタジアムはいい案だと思うが。

投稿: 藤和不動産 | 2011年2月19日 (土) 15時12分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

以前も書きましたが、鳥栖は本当に「独自のサッカー」をするので、鳥栖で実績のある新居選手なら「先発:豊田選手・後半20分から新居選手」という使い方で活躍する可能性はあると思いますが、以前の動きが出来るか次第でしょうね。2度破綻しているため個人的には大分より倒産リスクがあると思っている鳥栖は、もう破綻は出来ないのでかなりの確信がないと新居選手を雇えないと思いますので、どうなるかはわかりません。

日本サッカー協会は県の縄張りには厳しい(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの縄張り意識と比べればかわいいものですが)ので、越境での興行は難しいと思います(鳥栖(久留米・大牟田を取り込みたい)と鳥取(本当は米子にて松江とやりたかった)も同じ問題がある)。

アメリカの大学には平塚競技場クラスのスタジアムを自前で所有し、そこで大学アメリカンフットボールの公式戦を、かなりの集客でやっているところがいくつもあります。町田には大学がいくつもあるので、こういうノウハウを参考にしたほうがいいかと思います。

個人的な意見としては、

(1)体育学部を持つ国士館大学に頭を下げて、鶴川のグラウンドを午前中だけゼルビアの練習場として使わせてもらう。出来れば町田市の一部負担で国士館大学体育学部のグラウンドを増設し、そこをゼルビアの練習場として借りる。
(2)スクールバスを所有する桜美林大学に頭を下げて、土日のホームゲームに割安のシャトルバスを出してもらう。桜美林大学の宣伝にもなる。

が、いいかなあと思います。玉川大学には悪いですが・・・。

投稿: チャリ通 | 2011年2月19日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/38921982

この記事へのトラックバック一覧です: 決着がつくと勝ったほうが湘南を上回る規模になるかもしれないので困るのですが・・・:

« 博多天ぷら なぐや | トップページ | 柳沢商店 »