« 魚市場食堂 本店 | トップページ | なまらうまいっしょ »

中華そば うづまき

本厚木駅南口にある幸せの丘 駅前店のすぐ近くに2010年12月に出来た、中華そば 麺や食堂 ブラジルのセカンドブランド「中華そば うづまき」(ふりがな省略)に行ってきました。ホームページは特にございませんので、「厚木のラーメン好きのくだらないブログ」の紹介記事を参考にしてください。「うずまき」ではなく「うづまき」なので注意してください。

内装は麺や食堂のような昭和を狙ったようなものではなく今風なものでした。基本はこのお店のメニューで言うところの「中華そば」となり、これに味玉を載せた「味玉そば」チャーシューを載せた「ちゃーしゅーそば」豚バラ焼肉を載せた「肉そば」全部載せた「特製うづまきそば」全部抜いてスープだけとした「かけそば」となります(全体的に高値)。ご飯もの、餃子も取り扱っております。

「特製うづまきそば」を注文。麺は平打ち麺で、節による醤油スープなのですが、動物系の油による白濁もあり、ダブルスープのようですこのスープは甘く感じ、これが印象深かったと思います。具はねぎ・もやし・メンマ・豚バラ焼肉・チャーシュー・味玉とどっさり麺の上に載り、980円取るだけあるなあという感じでした。おいしかったです。卓上にはコショウ・醤油・酢・お店オリジナルのにんにく入りラー油があります。

「うまくまとめた」感があり、似たような味が南口周辺で思い浮かばないのでいいのではないかと思いました(というか南口は無駄に家系が集中しすぎ)。

<追記>生卵を使っていない徳島ラーメンっぽかったです。

★★

|

« 魚市場食堂 本店 | トップページ | なまらうまいっしょ »

厚木市」カテゴリの記事

コメント

うずまきは最近訪問したが麺や食堂とは違い中華そばではないね。動物系トンコツのようなスープだったが。最近本厚木周辺のラーメン屋が閉店してるのがどうも気になる。そこそこ人気もあり客も入ってるのにな。 立地が悪いのか経営が苦しいのかわからないがラーメン屋の入れ替わりが激しくなってるな。

投稿: 藤和不動産 | 2011年1月13日 (木) 12時30分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

店員さんとかにうかがっていないのですが、おそらくこちらは「中華そば 麺や食堂 ブラジル」のアレンジではなく、「徳島ラーメン」のアレンジと思われます。そう考えると「うづまき」という店名もなんかしっくりきます。徳島は「中華そば」という表記が多いです。

このラーメンの味玉を生卵に変え、チャーシューを抜き、量を減らして、大幅に値引けば、ほぼ徳島ヴォルティス戦に行ったとき食べたラーメンだと思います。

投稿: チャリ通 | 2011年1月13日 (木) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば うづまき:

« 魚市場食堂 本店 | トップページ | なまらうまいっしょ »