« 南蛮屋ガーデン | トップページ | 1月第2週の契約情報 など »

厚木市営玉川野球場(三浦大輔・吉田えり投手自主トレ)

オイラは自転車には乗りますけど車券を買わない(馬・船・オートバイも興味ないです)のですが、このブログで「競輪場」や「ベルマーレクイーン」などが何度も登場しているため、昨春から石井寛子さんではないほうの石井寛子選手のネタを探しに間違えて訪れている方を稀に確認しております。そのためときどきチェックしているのですが、ロンドンオリンピックから女子も「ケイリン」が正式競技になる関係で、競輪も後援しているガールズケイリンが、2011年1月より石井寛子選手をメディアに売り出すそうです。どちらの石井寛子さんもがんばってください

今年も1月8日より横浜ベイスターズの三浦大輔投手が厚木で自主トレを開始いたしました1月9日がマスコミ公開日でしたので、伊達直人(!)が神奈川県厚木児童相談所に寄付をしたニュースの後で、また厚木の玉川野球場の映像がテレビに流れましたので、見学に行きました。

「厚木市」カテゴリーのために球場について軽くまとめますと、厚木市立玉川中学校の隣に厚木市営玉川野球場(あつぎしえいたまがわきゅうじょう)があります。詳しくは厚木市のホームページの該当記事を参照してください。内野が土、外野が天然芝の両翼90m・中堅105mの球場です。照明灯と内野スタンドがあり、軟式野球とソフトボールが可能で、小中高生限定で硬式野球も可能です。関係者分程度の駐車場もあります。ソフトボール女子日本リーグ1部がここで開催された実績もあります。ライト後方に数種類の坂道があるので、ここで坂道ダッシュも出来そうです。

センターのふくらみがないこともあり、高校野球の公式戦は行われません。まあ本厚木駅から徒歩25分くらいで、厚木駅から徒歩15分の海老名運動公園野球場(ベイスターズ二軍戦も年1回開催)に行けることもあって、厚木市民もわりと海老名運動公園野球場を利用しておりますので、野球場を何とかしなければいけないという動きは目立ちません(厚木市はシリアスアスリート向けの施設を玉川や荻野など僻地に建てており、興行のことは全く考えておりません)。草野球組は桜の名所である元町の厚木市営野球場で充分ですし・・・。

ちなみに隣の厚木市立玉川中学校はソフトボール全国大会出場校で、J2ギラヴァンツ北九州の宮川大輔選手(在学当時はベルマーレ平塚ジュニアユース所属で臼井幸平選手と同期。読み仮名は「みやかわ」。)の出身中学です。

行ってみると、6人くらいで練習をしておりました。見学者は数名しかおりませんでしたが、最終的には50名くらいいました。ここは本厚木駅や東名厚木ICから遠いのですが、市外からも駆けつけたファンもいらっしゃったようです。外野は外から丸見えですし内野スタンドも開放されましたので、見学はしやすいです。マスコミ公開日は前日だったのですが、この日もテレビ局1社が取材をしておりました。

今年はナックル姫こと吉田えり投手(三浦投手のご自宅の近くに住んでいるそうです)が練習に参加しております。他の4人は所作を見る限り、三浦投手に近い年代のプロ野球の裏方さん(打撃投手・ブルペンキャッチャー・トレーナーなど)のようです(<追記>三浦投手のブログに彼らの紹介がされておりました。またベイスターズスタジアムDJのケチャップさんも参加していました。)。一番背が高い人が三浦大輔投手で、飛び抜けて低いのが吉田えり投手なので、反対サイドで練習していてもわかりやすいです

内容はダッシュ、キャッチボール、セカンドの守備位置でノック、左右の打席でトスバッティング(三浦投手のみ)などでした。派手で実践的な練習(フリーバッティング・マウンドやブルペンで投球・スライディングなど)ではなく、2月のキャンプインで動けるようになるための基礎練習でした。キャンプと違って見るほうからすれば退屈ですが、やるほうとしては当然の練習内容です。

吉田えり投手はナックルも試し、それをフェンス越しで見ることができました。サッカーのブレ球と同じ原理だと思いますが、「左右に揺れる」というより「力なく落ちる」に見えました(手元で見るとまた違うかもしれませんが・・・)。捕球するほうとしては遅い球でも硬球は「石ころ」なので、結構嫌でしょうね。番長がナックルをヘディングして新聞に載ろうという声を練習パートナーさんがかけましたが、実現しませんでした。

人数が少ないので、練習終了後には三浦大輔・吉田えり投手のサイン会になりました。野球ファンでない人にとっては「ハマの番長」としか知られていないでしょうが、三浦投手は丁寧にファンに対応する方としても知られているだけあって、きちんと対応されておりました。ちなみに昨年の三浦投手は故障離脱がありましたが、この日の動きを見る限り問題はなさそうに見えます。吉田投手は普通に「体育会の女子学生」に見えました。むしろ普通の女性より小柄です。まだ今年のチームを決めていないそうです。両投手が今年活躍することを期待したいです

|

« 南蛮屋ガーデン | トップページ | 1月第2週の契約情報 など »

厚木市」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

自己レスです。

ベイスターズにも所属していたことがあるホークスの多村仁志選手(小鮎中)が2010年限りでホームページとブログを終了いたしましたので、厚木市リンクから外します。

投稿: チャリ通 | 2011年1月12日 (水) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚木市営玉川野球場(三浦大輔・吉田えり投手自主トレ):

» 一足先にセンバツ出場 [mingoh's観戦レポート]
いきものがかり「ありがとう」【送料無料】ありがとう価格:500円(税込、送料別)この曲が今年のセンバツ「入場行進曲」となりました。「いきものがかり」吉岡聖恵ちゃんは厚木市出... [続きを読む]

受信: 2011年1月23日 (日) 04時58分

« 南蛮屋ガーデン | トップページ | 1月第2週の契約情報 など »