« 春小麦 | トップページ | 12月第4週の契約情報 など »

小田原城址公園

さて小田原といえば、「魚」「フットサル」とともにやはり「小田原城」と思われます。ということで今月行ってきました。小田原市による紹介はこちらです。

場所は・・・、まあ小田原駅を出たら見えますので、そちらへ向かって10分程度歩いてください。夜間はライトアップもされます

小田原城は松本城・彦根城・姫路城・松山城などと異なり、昭和時代に復元された天守閣の「平山城」となります。このためオイラは「おおっ!」とは思えません。平山城なので丘を登ることになりますのでご了承ください。復元天守閣の中は鉄筋コンクリートの「歴史資料展示室 兼 展望台」となっております

ちなみに小田原城の大名というと、「三つ鱗」の家紋で有名な戦国時代の後北条氏が出てくると思いますが、北条氏の頃の小田原城には天守閣がなく、その代わり早川・箱根口のあたりから小田原駅の東まで土塁が築かれた「城下町を内蔵した城」だったそうです(土塁は徳川領時代に撤去)。となると毎年5月3日にここから盛大な武者行列のパレードをする「小田原北條五代祭り」は若干設定が微妙です。多くの小田原のイベントが小田原城址公園を拠点に実施されます。

この公園は花が咲く樹木が植えられておりますので、春から秋にかけてが見ごろと思われます。特に藤棚が有名です。公園としての小田原城址公園については「1000円持って公園に行こう」の紹介記事を参考にしてください。

明治時代に、地元に保存されることになった城以外は皇居・役所・軍事演習場・公園などに転用されましたが、小田原城の場合は公園になりました。このため場内には豆汽車・ゴーカート・猿山などがございます。かつてはアジアゾウの「ウメ子」が長寿で有名でしたが、2009年9月に来日59年・推定62歳で亡くなりました。動物園関係は順次廃止する方向です。かつての公園的な要素を廃止して、その代わり江戸時代の建物を順次再建しております。さらにこれに伴って樹木の伐採計画が2010年に問題になりましたが、基本的に「再建された城」なので正直どうするのがベストなのかはオイラにはわかりませんので、小田原市民の判断にお任せしたいと思います。

天守閣の中にある歴史資料展示室には、江戸時代(前期は春日局の子孫の稲葉家など、中後期は大久保家の領地だった)までの小田原城下についてや、小田原ちょうちん・梅干・箱根寄木細工など小田原藩名物についてや、北条氏についてや、他県の城の写真などが、ベタに飾られております。上杉謙信や武田信玄は北条氏と津久井や三増峠などで戦っていたので、思っていたより相模川沿岸地区の文字が登場しておりました。

「ういろう」の本家が小田原にあることも展示されております。ちなみに城下に元祖の外郎家のお店があります(元々のういろうは薬で、こちらでは薬とお菓子のういろうがともに販売されているそうです)。余談ですがベルマーレ系ブログとして有名な「口だけハードワーク」に登場する山一蒲鉾(あまりにもベルマーレのポスター貼りまくりなので変に目立つ)はこの「ういろう本店」の隣にあります。名古屋オーシャンズ戦は「ういろうダービー」とか、シュライカー大阪戦は「一夜城ダービー」とか言い出すのでしょうか?。

天守閣最上階からは城下町と伊豆や三浦半島までの相模湾が一望でき、いい眺めです。ただし秦野盆地にさえぎられて、横浜・東京どころか伊勢原も見えません。富士山も箱根にさえぎられて見えません。

小田原城歴史見聞館という有料の博物館がありますが、ぶっちゃけ展示内容が失敗では・・・。まずそこらじゅうでナレーションしていてうるさいし・・・。公園のはずれのほうにある市立図書館や無料の小田原郷土文化館(昭和以前の写真と現在の同地の写真の比較や、江戸時代の庶民の道具、小田原の鳥の剥製の展示など)のほうが勉強になります。

藤棚のほうに二宮報徳神社報徳博物館がございます。先日の小田原市尊徳記念館は小田原市の施設ですが、報徳博物館は二宮報徳神社の施設となります(史料も別のものです)。以前も似たようなことを述べましたが、二宮金次郎がやったこと自体は一切戦争とは関係ない農政なのですが、軍国教育の原因となった「修身」が崇め奉るものはとにかくダメとかいう発想による、「極端に振り子が振れる」のほうがよっぽど危険と思うのですが、君が代とか日章旗とかゆとり教育とか、今も昔も教員が徒党を組むとどうしてこうなんだろうか?と思います。

小田原城界隈としては、ういろう本店(箱根駅伝往路小田原中継所の向かい)のそばの「柳屋ベーカリー」や、小田原駅前の「守谷製パン店」のあんぱんが有名らしいですが、両店とも日曜・祝日が定休日なので、小田原在住・在勤・在学の人以外にはハードルが高く、オイラも食べたことがございません。

|

« 春小麦 | トップページ | 12月第4週の契約情報 など »

小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡」カテゴリの記事

コメント

小田原城はいろんなイベントがあるが昨今流行りのB級グルメの影響もあり飲食関係のイベントになるとたくさん人が来るな。丼やおでんのイベントなんか前は今ほどたくさん人は来なかったしね。 ちょっと遅れて行くともう売り切れてる店もあるし。 その他に桜や菖蒲や紫陽花などの自然もあるからそちら関係のイベントもあるね。象が死んでから何か寂しさを感じる。 あの動物園?もなくなるらしいね。小田原市が動物を飼育してるらしくその経費が嵩むという理由らしいが。

投稿: 藤和不動産 | 2010年12月22日 (水) 16時12分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

城から公園設備を除くことは、文化庁が全国の史跡管理者に呼びかけたうち、これに応じた小田原市などが実施していることのようです。これは今までの経緯とかの問題(同じ場所が「鴻臚館→福岡城→帝国陸軍の基地→平和台球場」だったとかはもっと大変!)があるので、いろいろちょっと難しいと思います。

花にあわせていただくとJリーグのシーズンと一致することになりますので、アウェイから遠征する人が立ち寄るにはいい公園と思います。

投稿: チャリ通 | 2010年12月22日 (水) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/38147302

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原城址公園:

« 春小麦 | トップページ | 12月第4週の契約情報 など »