« レモンガス・アクアクララ presents 欽ちゃん監督勇退チャリティマッチ欽ちゃん・松坂大輔のドンとやるの! | トップページ | よこすか海軍カレー »

記念艦 三笠

ベルマーレカップ小学生駅伝大会トップチーム最後の練習試合のあった土曜日は、エセツアーコンダクターとして横須賀に行っておりました。

NHK大河ドラマに取り上げられると、全国から地元に観光客が訪れるという経済効果が毎年認められております。しかしここ数年ですと、今年の龍馬伝で浦賀(横須賀市)がちょっとだけとりあげられたくらいで、当時は龍馬が活躍していないこともあり、旧相模国地域は目立ちませんでした(おりょうさんが最後は横須賀にいたのですが、ドラマには出てこない)。

んー、神奈川県民としてちょっと残念と思われたアナタ!、厚木飛行場・陸軍士官学校(現米軍座間キャンプ)・横須賀鎮守府など、関東地方の軍事施設を一手に引き受けていた神奈川県が、軍隊を取り扱う「坂の上の雲」(2009年12月・2010年12月・2011年12月放送のNHKスペシャルドラマ)で目立たないわけがありません。前半は松山と東京中心のドラマですが、後半は主人公の秋山真之が乗船する戦艦「三笠」(みかさ)が主な舞台になります。そしてその三笠は現在は横須賀市の三笠公園に記念艦として今も係留されております。それを見に行くツアーを開催させられました。

記念艦「三笠」 公式ホームページ

横須賀市は神奈川県で最も早く人口減少が発生し、減少率もワーストです。県外の方向けに説明をすると、三浦半島は大部分が山なので、大きな事業所や店舗、マンションが建てづらいです(同じ神奈川県で比べると海老名市で同じことをするよりだいぶコストが高いと思われます)。数少ない平地のある追浜や横須賀中央も開発し尽くした感があり、厳しいです。

追浜に日産の工場があるのでここは横浜F・マリノスのホームタウンでサッカー選手も何人も出しているのですが、それ以上に湘南シーレックス(来年より横浜ベイスターズ二軍)の本拠地(横須賀スタジアム)があって、横浜ベイスターズ総合練習場もあるので、「ベイスターズの街」のほうが強いです。このため旧相模国なのですが、藤沢・鎌倉よりも横浜とつながっている街なのでこのブログでは今まで取り上げませんでした。

まずは長浦の「横浜ベイスターズ総合練習場」に行きました。電車ですと京急の安針塚駅からJR横須賀線踏切を渡ってまっすぐ海に向かえばよいかと思われます。このあたりで横須賀基地の北端を見ることも出来ます。12月上旬はプロ野球選手唯一の完全オフの時期なので、選手は10名もいない寂しい状況でしたが、それにもかかわらず女性ファンが何人もいて驚きました。すごいなあ、プロ野球。

さっと見て横須賀中央に移動しました(電車ですと京急の横須賀中央駅)。横須賀中央駅から徒歩で米軍横須賀ベース入口まで行き、さらにそこで右折してしばらく歩くと、駅から10分ちょっとの横須賀基地の南端にある横須賀学院高校の前に「三笠公園」がございます。

三笠公園には「記念艦 三笠」「東郷平八郎の銅像」「汽車のD-51型の水タンク」「売店」のみがあるシンプルな公園です。ちなみに隣に「猿島行き渡し舟」の港があります。猿島(さるしま)は幕末~終戦まで設置されていた砲台の跡があり、現在は「東京湾唯一の自然島」売りにしております。船に乗れますし、夏に子供連れで行くのが良いかと思われます。

三笠はそんなに大きく感じませんでしたが、これは米軍空母ジョージ・ワシントン(現在黄海で演習中)などのような現代の大型船を見慣れてしまったためと思われます。当時としてはすごかったのでしょう。日露戦争の直後に事故で佐世保に沈み、引き上げられたものの関東大震災でも破損し、太平洋戦争中にも金属供出されなかったものの、戦後に米軍に接収されて甲板上の設備を取り払われてダンスホールと小さな水族館が設置されるという大変な歴史も歩んでいるのですが、その後甲板上も復元されて今に至っております。それでもまあ撮影には使えないかなあという状態ですが、だいたいどんな戦艦だったのかが充分にわかる貴重な歴史遺産で、世界船舶基金財団の海事遺産賞を受賞しているそうです

艦内は歴史資料館になっていて、勉強になります。坂本龍馬のころの手紙は字が草書過ぎて読むのが困難ですが、明治の軍人の手紙は読めました。昭和に作成されたと思われるパノラマ模型が意外とわかりやすいです。ザスパ草津の大西忠生さんが好んでいたという山本五十六は日本海海戦が初陣だったそうですが、巡洋艦「日進」の艦上で敵砲弾の炸裂で左手の指を失ったそうです。

東郷中将など偉い人たちの部屋が豪華で驚きます。

講堂では東映映画「日本海大海戦 海ゆかば」が上映されます。30分ちょっとで終わったのでダイジェスト版と思われます。映画自体は面白くない作品なのですが、日本海大海戦が大体どんな雰囲気だったかがわかりやすいです。「キャプテン翼を歌った人」や「オッケー牧場の人」や「参議院議員の人」や「初代格さん」や「世界のミフネ」や「白子海苔の人」や「端役の佐藤浩市・宅間伸さん」の若い頃(1980年代製作)なのがウケます。

夏は朝から三笠公園へ行き、JR横須賀駅まで歩いて、大船経由で平塚へ行って、ナイトゲームを観戦するという観光パターンでいかがでしょうか?。昼食には「よこすか海軍カレー」をいただきましたが、それは次回取り上げます。

秋山真之の子孫が現在民主党の議員で、正岡律の通っている共立女子職業学校(現共立女子大学)は鳩山家が設立した学校なので、ロシアとの戦争がテーマのドラマでもありますし、NHKでやっていいのかなあと思わないでもないですが・・・。サラ・ブライトマンさんから森麻季さんに代わりましたテーマ曲はどちらもいいですけど・・・。

★★

|

« レモンガス・アクアクララ presents 欽ちゃん監督勇退チャリティマッチ欽ちゃん・松坂大輔のドンとやるの! | トップページ | よこすか海軍カレー »

旧相模国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記念艦 三笠:

« レモンガス・アクアクララ presents 欽ちゃん監督勇退チャリティマッチ欽ちゃん・松坂大輔のドンとやるの! | トップページ | よこすか海軍カレー »