« 12月4日(土)は今季最終戦 新潟戦 + 12月5日(日)はホームでFリーグ花巻戦です など | トップページ | J1 2010 第34節 新潟vs湘南 戦 »

2022年FIFAワールドカップ落選・契約満了選手の発表 など

厚木高校OBの実現男さんに敗れた現シンクタンク研究員の「神奈川県第16区」藩の亀井家三代目(同じ「神奈川県第15区」藩の河野家三代目によると「休養であり引退ではない」らしいですが・・・)の後釜は、現参議院議員(比例代表)のヤンキー先生なのだとのことこの選挙区で有名人候補者が出るとは思わなかったなあ・・・。ちなみに「神奈川県第16区」はベルマーレホームタウンのうち厚木市と伊勢原市も含んでおりますが、相模原市緑区と相模原麻溝公園競技場のあたりも含んでいるため、候補者は軋轢を避けるため、次回の衆議院議員選挙あたりから表立ってベルマーレを応援することはしにくいです(湘南ベルマーレユースなんて平塚ではなく伊勢原のクラブなんですけどねえ・・・)。

選挙といえば、2018年と2022年のFIFAワールドカップ会場の選考が行われましたが、2022年に立候補していた日本は破れ、カタールで行われることになりました。欧州で争われた2018年はロシアとのことです。

2022年はアメリカが勝っていれば2026年に再チャンスがありましたが、カタールの勝利でそれ以降で立候補を検討していた中国もろとも2030年代までアジアでの開催は無理かなあと思われます。サッカーを仕事にしている人たち(ホテル関係・建設関係・グッズ関係などを含む)にとっては大きなビジネスチャンスを逸したと思いますし、どさくさにまぎれて湘南ホームタウンにサッカーの施設を建設することも出来ないでしょう。残念。この件のブログパーツは本日限りで外します。

オイラは厚木市出身の館山昌平投手もファンですが、スワローズファンではありません。しかしスワローズのつば九郎の活動についてはマスコットのモデルケースになりそうで注目しております。そのつば九郎の「つばさんぽ」の最終訪問地がなんと「日本サッカーミュージアム」だとのこと(ここは行くとブログに載せてもらえます)。つば九郎いたずらこぞうキャラなので、このタイミングで空気を読まないことをやらかしかねないかは心配です。「つばさんぽ」には二度も偶然遭遇しているのですが、ブログ連動で数百名の女性ファンを引き連れてつば九郎が練り歩くのは、スポーツチームのマスコットとしてすごいと思います。仲間内だけで盛り上がっていても新規顧客は得られませんので、こういう活動も必要でしょう。

で、そのワールドカップ会場発表前に、湘南ベルマーレの契約満了選手の発表がありました。この日に出るとは知りませんでしたので驚きました。

予想より契約満了する人数が少ないなあと思いました。都築・黒沢・伊藤友彦選手を外してもGKが4人いますし、ベンチにも入っていない松尾選手も残っております。レンタルと外人枠についてどうなっているのかわかりませんし、オファーしたところで移籍されてしまう選手も残念ながらいるでしょうから、まだなんとも言えません。退団選手については別途記事を立てようと思います。

やはり退団については、いい気分ではなく、残念だと思います。しかしここで「元J1湘南」という経歴が生きると思うのですよ。野球と違って個人成績があいまいなサッカーの採用の場合、前所属先がどのレベルかで加点があるはずです。そういう意味でJ1昇格しておいて良かったなあと思います。

佐野市関係の小林竜樹選手はもったいないと思いますが、菅野・反町両監督に起用してもらえなかったので仕方がないと思います。草津で実績があるので、年齢的にもJ2以下なら引き合いがあると思われます。

おそらく契約満了はジャーン選手が退団するちょっと前に決めたと思うのですが、その時以降の永田亮太選手のプレーは坂本紘司選手より良さげでしたので、残念です。年齢的にもJ2以下なら引き合いがあると思われます。

中山元気選手は怪我をしてしまったので、それまでの働きを見れば継続審査が必要と思いましたが、まあベルマーレにその余裕がないのでしょうね。

たまたま去年今年の熊谷の試合に行ったのですが、そのときの新居選手をみれば、まあこの結果はしょうがないかと・・・。大宮の藤田選手も言えるのですが、あんなにエースに対して至れり尽くせりのクラブはJリーグでは鳥栖しかございませんので、「フィニッシュだけがんばる」では鳥栖以外ではちょっと厳しいと思います。そのフィニッシュもJ1では通用しておりませんし・・・。

鈴木伸貴選手については、在籍4年のうち3年も「故障で数ヶ月離脱」が入っているので、確かに実力に関係なく戦力に計算は出来ないですよねえ・・・。

寺川選手はいろいろなMFをそつなくこなすJ1昇格の立役者で今年も戦力にはなっていたのですが、「J1」と「J2の夏の週2試合」のときはフィジカル的に相手と差があるところが残念ながら見えてしまいましたので、チームの若返りのために切られたのではないかと思われます。

阪田選手はちょっと安定感がなかったかと思いました。

そもそも多くのJクラブが年々強化費を落としており、2012年度からテレビ放映権料激減があらかじめ見込まれているので、高年俸の選手を切らざるをえなくなっております。まあマリノスについては中澤選手の年俸が高すぎて予算に困っていたところに似たような金額の中村俊輔選手も獲ってしまったので、帳尻あわせに他の選手を解雇するなら、有望若手より微妙なベテランというように見えますが・・・(どっちか1億円プレーヤーをあきらめるという選択肢もあったのでは?)。J2の横浜FCや富山、JFLの松本・長崎あたりはそれを見越してか、大量の選手を放出して、上のクラブの選手を新条件で安く買い取って強化しようという動きに見えます。このため移籍市場に多くの選手が出回っておりますので、今季の補強は良くなかった湘南のフロントもうまくお買い物が出来ればなあと思います

先月からに続いて子供をバンバン載せているブログを開始した永里源気選手ベルマーレを契約満了になった選手のひとりですが、福岡の昇格に貢献しました。また中島崇典選手がベルマーレを契約満了になった時、その後同期の加藤大志選手より彼のほうが実績が上になることを、当時予想できた人はいますでしょうか?。契約満了でサッカー人生が終わりではございませんので、皆様がんばっていただきたいものです

先日取り上げました平塚競技場ベンチ付近にあった出場選手のプレートのうち2010年の湘南ベルマーレの選手分について販売されるらしいです(「名板」というそうで・・・)。5,000円では強化費の補填には微々たるもの(OBや対戦相手の有名人のほうが儲かりそう)でしょうが、サポーターにとってはレアグッズになりそうです。

|

« 12月4日(土)は今季最終戦 新潟戦 + 12月5日(日)はホームでFリーグ花巻戦です など | トップページ | J1 2010 第34節 新潟vs湘南 戦 »

その他」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

議員先生が応援しようにもベルマーレのこと知ってるのかどうかもね。サッカーに興味あるのかもわからないし。亀井のドラ息子先生は病気で議員を引退したんじゃないの?まあどうでもいい。Wカップ招致はスタジアムに行ったら応段幕があったがただそれだけで周りで招致するために何かするとかなかったな。オリンピック招致も同じだ。東京都心やその周辺だけで盛り上がってだけだもんな。 ロシアやカタールは今経済的に勢いがあるからだろう。 次のブラジルもね。 スタジアムや治安や移動を考えたら日本にも可能性はあったが02に日韓でやってるからね。 坂本も厳しいよ。 アジエルも複数年契約なのかケガをしたからクビにならないのかもしれないが一年プレーしてないからね。田原もいらないな。若手を我慢して使わないとベルマーレの未来は真っ暗だな。

投稿: 藤和不動産 | 2010年12月 4日 (土) 20時24分

藤和不動産さん、コメントありがとうございます。

以前にも書いたと思いますが、個人的には「レギュラーを奪取する」という経験をしないとその後任選手に成長はないと思います。そのために今年のレギュラーは全員必要だと思います。

投稿: チャリ通 | 2010年12月 5日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/37940645

この記事へのトラックバック一覧です: 2022年FIFAワールドカップ落選・契約満了選手の発表 など:

« 12月4日(土)は今季最終戦 新潟戦 + 12月5日(日)はホームでFリーグ花巻戦です など | トップページ | J1 2010 第34節 新潟vs湘南 戦 »