« アジア大会も佳境 | トップページ | 田村雄三選手現役引退 »

津軽らーめん 十三

<追記>こちらのお店は2011年に閉店いたしました。

最近シリーズで取り上げている、小田原の湘南ベルマーレフットサルクラブの観戦のついでに行けるスポット。今回は「津軽らーめん 十三」(つがるらーめん とさ)を取り上げます。ホームページは特にございませんので、「湘南ラーメン食べ歩記」の紹介記事を参考にしてください。

小田急小田原線富水駅から併走する県道720号へ出てすぐの交差点「堀之内」を左折するとあります。堀之内交差点を直進したところにある「しら鳥」とともに小田原アリーナにもっとも近いラーメン屋と思います。

「しら鳥」は豚づくしの小田原系ラーメンを提供しておりますが、こちらはそれとは全く異なる津軽ラーメンを提供するお店です。カウンターと小さなテーブルの店でしたが、女性客ばかりでした。湘南ベルマーレフットサルクラブのポスターが貼られております。

青森県には2度行ったことがありますが(うち「青森・弘前・五所川原」に1回。はい、ねぶた目当てでした。)、津軽ラーメンとやらは食べたことがございません。平塚競技場近くにある宮崎ラーメンの「いっちゃが」同様、これがあちらのラーメンを再現しているかはわかりませんので、ご了承ください。

津軽らーめんをいただきましたが、魚介のみでダシをとったラーメンでした。その代わりなのか、醤油味ではあるのですが醤油については薄いです(このためか、津軽ラーメンとは別に醤油ラーメンもある)。麺は小田原系ラーメンと同じタイプの昔ながらの自家製麺でした。

実は青森系のメニューはこのラーメンだけで、残りは「各種ラーメン」と「タイ・中国系一品料理」です。ラーメン食べていたのオイラたちだけだったなあ・・・。

「しじみらーめん」が有名だそうで、しじみがどっさり入った塩ラーメンだそうです。最近、「酒を飲んだあとはしじみがいい」というのが流行っておりますので、いいかもしれませんね。他にも「トム・ヤムらーめん」など、アジア的なラーメンがメニューにございます。

そして、餃子、チヂミ、トム・ヤム・クンなど「東アジア的な一品料理」があり、メニューの種類で言えばラーメンより多いです。オイラたち以外はこちらをいただいていたようですので、評価されているのではないかと思われます。

|

« アジア大会も佳境 | トップページ | 田村雄三選手現役引退 »

小田原市・南足柄市・足柄上郡・足柄下郡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津軽らーめん 十三:

« アジア大会も佳境 | トップページ | 田村雄三選手現役引退 »