« HAPPY Cafe 食堂 | トップページ | J1 2010 第25節 FC東京vs湘南 戦 + 先週末は各下部リーグが「運命の日」でした »

セントラルリーグ ジャイアンツvsベイスターズ 戦

どうも、今更夏休み中のチャリ通です。とりあえず帰ってきました。申し訳ございませんがバッチリ休んでしまったため、ネタ満載のはずだったFC東京戦のガイドを書く余裕がないので、省略いたします。

土曜日はこの夏に野球体育博物館に祭られた石田純一さんの義父をお参りするついでに、東京ドームで巨人対横浜戦を観に行きました。既にセントラルリーグの優勝は中日ドラゴンズに決まりましたが、巨人は阪神とのクライマックスシリーズ初戦を興行権を持って東京ドームで出来るか、甲子園に行かなければならないかが決まっていないので、集客は8割超程度でしたが、まだまだシーズンは終わっておりません。一方横浜は3年連続90敗以上の最下位が確定し、身売り報道まで出てしまって、非常に厳しい状態です。

きちんとした会社ですとすべてが確定するまで組織変更は外部にはバレないものです。上層部か取引先の誰かが裏切らなければバレないのですから・・・。ここ数年間東京ヴェルディの身売り報道がバンバン露見していたのは、それだけ組織がガタガタであることを派手に宣伝していたようなものですから、賢明な社会人でしたら、数年前の時点で今の状況は充分予測出来ていたはずです。今までのNPB球団のオーナー変更はほとんど確定してからの発表で、そこはまともなのだなあと思っておりました。

しかしこのたびTBSが横浜ベイスターズ株を売却することが確定前に露見してしまいました。球団と親会社の内情が心配されますねえ・・・。上場企業であるTBSは、視聴率が地上波5位(上層部が入社した1970年代は首位だったが、今は下にテレビ東京とNHK教育しかない)ですし、他局より不動産収入があるにもかかわらず財務が悪い(つまり本業の売上がひどい)ことが公開されておりますが、まあしょうがないのかもしれません。一千万円プレーヤーが大半のTBS正社員は、それに見合う稼ぎをあげていないことをどう思っているのでしょうかねえ・・・。事業免許やコネ入社社員の親が何とかしてくれると思っていたら、JALの二の舞でしょう。

なんとベイスターズには新潟移転の話題が出ているようですね。ベイスターズは1998年の日本一以降、いろいろふがいないために観客動員がガタ落ちですので、これを機に意地を見せられるかどうかがファンや横浜スタジアムのオーナーである横浜市にかかっていると思います。熱意が伝われば残るでしょうし、伝わらなければ移転するでしょう。週明けからの横浜での平日ナイトゲーム巨人・阪神・阪神戦でファンがどれだけアピールできるかが、神奈川県民として注目です(南関東の阪神ファンは、近所での阪神戦確保のために便乗しそうだなあ)。個人的には横浜に残ってほしいですね。

しかしすぐに球団を買いたい会社が現れるあたりはさすがNPBだと思います。横浜FC買収を最後に新規でJクラブの株式を50%以上を取得したいという会社があまりないということは、「それだけ旨みがない」ということなので、Jリーグは反省しなければいけないと思います

読売ジャイアンツ 7-1 横浜ベイスターズ

そんな渦中の横浜戦でしたが、レフトスタンドの割り当ては2ブロックとスワローズ戦並みの小ささでした。マズイなあ・・・。

とりあえず横浜が先制はしましたが、直後に巨人ラミレス・脇谷選手のホームランで逆転。巨人脇谷選手のエラーなどで横浜がノーアウト1塁2塁にしたものの、内川聖一選手のサードゴロが脇谷→古城→小笠原選手とさばかれてトリプルプレー(オイラはプロの試合ではじめて見ました)になるなど、横浜にとっては散々な展開でした。横浜からホームランが出ませんでしたのでBIG MAC TWIN ARCHキャンペーンも不成立でした。順位が決まっているチームと決まっていないチームの差なのでしょうか?。

ベルマーレ的には全く人のことは言えないのですが、状況が悪いときこそ応援が必要ですね。

|

« HAPPY Cafe 食堂 | トップページ | J1 2010 第25節 FC東京vs湘南 戦 + 先週末は各下部リーグが「運命の日」でした »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セントラルリーグ ジャイアンツvsベイスターズ 戦:

« HAPPY Cafe 食堂 | トップページ | J1 2010 第25節 FC東京vs湘南 戦 + 先週末は各下部リーグが「運命の日」でした »