« J1 2010 第25節 FC東京vs湘南 戦 + 先週末は各下部リーグが「運命の日」でした | トップページ | 週末は天皇杯3回戦などでしたが、行けませんでした。 »

味の大西 高麗店

先週の休暇の初日は神奈川にいました。そこで休暇でなければレポートできないお店に行くことにしました。

チャーシューにワンタン、豚ベースの醤油ラーメンという小田原系ラーメンというカテゴリーに、「味の大西」という戦後すぐに湯河原で創業したお店があります(現在も湯河原にあります)。そこから暖簾分けされたお店が西湘地区にいくつかあるのですが、そのお店が花水川の東側にもあります

このお店が「味の大西 高麗店」(あじのおおにし こまてん)という大磯町のお店となります・・・

・・・、あれっ?。「相模川から西-花水川から東」の間は平塚市のはずなのですが、なんとこの店がある周辺だけが平塚市ではなく「中郡大磯町の飛地」となっているのです。平塚で国道1号を小田原方面へ向かい、花水川のところで右折するとすぐに渡辺篤史さんが居座っていそうなきれいな店舗兼住居がございます。ここが「味の大西 高麗店」です。ホームページは特にございませんので、「ラーメン食べ歩紀行」の紹介記事をご参考にしてください。駐車スペースは5台程度あります。

店内はカウンターと座敷の20席程度のお店になっており、ご夫婦で切り盛りされておりますが、奥様がものすごく威勢がいいので、初めての方はちょっと驚かれるかもしれません。

メニューとしては一般的なラーメンのほか、実はカツ丼もあったりいたしますが、まあ小田原系ラーメンのお店ですから、チャーシューワンタンメン(1,300円)を注文しなければダメでしょう。注文しました。

しかしラーメンで1,300円って、異常に高いなあと思っておりましたら、おぼんにスープをこぼしながらやってきたラーメンを見て納得いたしました。普通盛りなのに他店で言う大盛り状態です。しかもお箸を入れて気づくのですが、中身がとても詰まっております。見たことがないのですが、ここで大ラーメンを注文するのは無謀なのかもしれません。

内容としては極めて一般的な小田原系ラーメンの「チャーシュー」「豚挽肉が詰まったワンタン」「手打ちの昔ながらの麺」「豚の油と濃い醤油のスープ」「甘めのメンマ」「海苔」「水菜」というものを押さえたものでした。

食べていて思ったのは、「わりといい豚肉を使っているなあ~」というところですね。価格の高さはここが主要因なのではないかなあと思います。あとやや魚系の出汁も感じます。★★クラスにしてもいいかなあ・・・

・・・と思ったのですが、なんと言っても量が多い。いや、多すぎます。このため最後のほうがつらかったので、申し訳ございませんがこの評価ということになりました。惜しいです。

冒頭に「休暇でなければレポートできないお店」といたしましたが、なんとこのお店は平日の昼のみ営業をしており、土日祝や夜は営業をしておりません。ラーメンではめずらしいのではないでしょうか?。でも人気が高いようで結構混んでおりました。社会人として自分の働きたい時間だけ働くだけで評価が得られるというのはうらやましい限りです。

しかしこの営業時間ですとベルマーレの公式戦(土日祝または平日夜)のついでに行くことが出来ないので、今まで取り扱えませんでした。馬入の練習見学のついでにでもご検討ください。またお店の駐車場に止められないことも多いと思われますので、平塚駅からレンタサイクルというのもご検討ください。

どうでもいいですが、小田原系ラーメン店を営まれている方々って50代以上というイメージがあるのですが、後継者とか問題ないのでしょうか?。ちょっと気になります。

|

« J1 2010 第25節 FC東京vs湘南 戦 + 先週末は各下部リーグが「運命の日」でした | トップページ | 週末は天皇杯3回戦などでしたが、行けませんでした。 »

旧相模国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味の大西 高麗店:

» 味の大西 高麗店@平塚 [ラーメン食べ歩紀行]
チャーシューワンタンメン(1,200円)  この日は夏休みを取りまして、箱根へ一泊旅行。その途中、実家へ寄りがてら久々にこちらへ来ました。  平日ランチしか営業していないので、休みを取ったときくらいしか、来られない。それでも私のお気に入りの一軒です。... [続きを読む]

受信: 2010年11月12日 (金) 23時53分

« J1 2010 第25節 FC東京vs湘南 戦 + 先週末は各下部リーグが「運命の日」でした | トップページ | 週末は天皇杯3回戦などでしたが、行けませんでした。 »