« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

HAPPY Cafe 食堂

先週末は2010年9月発行のMAREに掲載されていた中で唯一行ったことがなかった「HAPPY Cafe 食堂」(はっぴー かふぇ しょくどう)に行ってきました

「HAPPY Cafe 食堂」ホームページ

先週の「らーめん一期一会」があった「神奈川県道603号上粕屋厚木線」をさらに西に進んで森の里に向かいますと、森の里の麓に登場します(国道246号方面車線)。2010年5月にオープンしたばかりで、日本でも人気の旧型のフォルクスワーゲンバス(ホワイト/オレンジ)が目印で、このクルマで出店をしていたそうです。駐車場もあります。

30代ご夫婦で経営されているようで、料理好きな方のお宅に訪問させていただいたような雰囲気があります。カレー・ドリア・コーヒー・各種ビール・ケーキを中心とした喫茶店です。

“やまゆりポーク”のロースカツカレー」と「カフェオレ(ホット)」をいただきました。

雑穀が混ざったご飯の上に厚めのトンカツが載った状態の皿と、ポットに入ったカレーが出てきました。カレーの特徴としてはとにかくフルーティーであります。刻んだ野菜(果物含む?)をペースト状にしたものがベースになっていると思われます。これに激辛とまではいきませんがそれなりにスパイシーな香辛料が入った甘口ではないカレーソースになっておりました。カレーは本当にいろいろなアレンジがあって個人の好みも十人十色と思われ、なかなか難しいジャンルのひとつだとおもうのですが、フルーティーなカレーがお好みの方にはよろしいかと思われます。

コーヒーについてはラテアートが出来るようですので、とりあえずお願いをしてみるのもいいかもしれません。おいしかったです。

このあたりまで来ると小田急線の駅からも東名厚木ICからも遠いのですが、森の里にはこのお店のすぐ裏のフジタ技術センターや、日産・NTT・富士通などの研究所、松蔭大学や厚木西高校などもあります。研究室にこもる方が散歩がてらの気分転換先とかになれば面白いかなとは思います

意外とこのブログは遠いのにこのあたりに行っておりますねえ・・・。前回は「Maison de gatoh」で来ております。森の里とトンネルでつながっている七沢温泉には2008年に「黄金井酒造(セルバジーナ)」、2009年に「ZUND-BAR」に行っております。七沢森林公園からは飯山(白山)へのハイキングコースがあり、飯山からさらにホークスの多村仁志選手が幼少の頃宮ヶ瀬から移住していた地域を経て荻野運動公園のあたりまでつながっております。厚木の桜の名所のひとつにしてゴルファー御用達の飯山にも軽く行っておかないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 一期一会

<追記>こちらのお店は2011年に閉店いたしました。

秋分の日はえらい雨でしたね。この日は「らーめん 一期一会」(らーめん いちごいちえ)に行きました。ホームページは特にございませんので、「湘南ラーメン食べ歩記」の紹介ページをご参考ください。

数年前から営業していたことは知っていたのですが、厚木市内でも「玉川流域」、「鳶尾より北の荻野」、「飯山」は、オイラの行動パターン的にあまり行かないところでございまして、近くを通ったときでも南毛利・七沢・森の里を優先してしまっていたので記事に出来ないでおりませんでした。

場所的には(オイラが通ったコースとは異なりますが)愛甲石田駅から国道246号を渋谷方面に向かい、「森の里入口」交差点を左折して工場・倉庫が並ぶ神奈川県道603号上粕屋厚木線を進むと、工場・倉庫街の一番はずれ(約1.5km先)に立っております(駐車場あり)。ちなみに前述の交差点名は「森の里入口」となっておりますが、ここから森の里まで5kmほどあります。テーブル・カウンターあわせて15人前後入ると思われます。

券売機制なのですが、非常にメニューの種類が多いです。大まかに分けると「醤油(かつお)」「醤油(鯖・煮干)」「味噌」「坦々麺」があり、さらにトッピングごとにボタンが違います。さらにこれが太麺・細麺・つけ麺に分かれており、非常に選ぶのが大変です。店主さんは本丸亭出身だそうですが「塩」はありません。

とりあえず「しょうゆかつおラーメン」が一番人気と券売機に書いてありましたので、「のり玉かつおラーメン」という醤油ラーメンの細麺と「ねぎちゃーしゅー丼」を注文しました。ラーメンのほうはかつおだしを強めに出した平塚の八雲の醤油ラーメンに似たラーメンでおいしかったです。無化調の神奈川淡麗系というやつですね。チャーシューは1枚なのですが思っていたより存在感があっておいしかったです。玉子も半熟でいい味を出しておりよかったですね。丼のほうもチャーシューが香ばしく、おいしかったです。

個人的に残念だったのは、「平塚の八雲の醤油ラーメンに似た」というのが思い浮かんでしまいましたので、平塚競技場に行くオイラにとってはよく通るルートから外れるこのお店は不利かなあということです。あと価格がやや高いです。しかし他にもたくさんメニューがあるので、この近くにお住まいの方にはいいお店だと思います。本当は他のメニューに挑戦をしないといけないのですが、主要メニューをクリアするのに何ヶ月かかるかわかりませんので、これで勘弁してください。出来るだけ挑戦する方向ですが、オイラはラーメンがないと死ぬというわけではございませんので・・・。

なおいくつかのラーメンブログをチェックすると、麺や定休日は頻繁にマイナーチェンジをしているようですので、ご注意ください。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月25日(土)はアウェイ山形戦 + 9月26日(日)はFリーグホーム町田戦です + AFC U-19選手権日本代表

日本代表のザッケローニ監督が再来日して、来月のアルゼンチン戦の準備をするとのことです。目玉のメッシ選手がクラブチームのほうで負傷したらしいですが、おそらく自社プロモーションのためにアディダスあたりが協力していると思うのですけど、いかがなんでしょうねえ?。

ちなみにザッケローニ監督の家賃は月20万円超の都内マンスリーマンションだとのこと。都内で20万円なんて立場のわりには気の毒なくらい安いと思うのですが、大丈夫なのでしょうか?。有名アメリカ企業の日本法人社長の会社負担住居の場合は月50万円を超えるのは当たり前ですけどねえ・・・。都内には社長・大臣・漫画家・芸能人・プロ野球選手・プロゴルファーが住みそうな月100万円超のマンションだってゴロゴロありますし・・・。

今週は珍しく「週半ばの秋分の日にJ2だけが開催されてJ1・ナビスコ杯はお休み」です。でも神奈川県周辺の横浜FC・ヴェルディ・甲府といったあたりは揃ってアウェイ戦が割り当てられているので、ちょっと無理ですね。個人的には栃木SCのホームゲームもあるのですが、今回は行きません。栃木は中断明けから出番がない佐藤悠介選手がブログを始めた直後に栃木を離脱したものの出戻ってきましたが、出番はあるのでしょうか?。

そのあとの9月25日(土)16時からアウェイのモンテディオ山形戦があります。今回はJ1リーグ戦のほうとなり、2週間後にここで行われる試合は天皇杯3回戦となります。

山形といえば今はNDソフトスタジアム山形の芝の状況が心配です。新潟も荒れてしまっているようですが、こちらもこの夏の気候にやられてボロボロのようです。あちらも出来る限りの努力は行っているようで、それに伴ってツギハギ状態の芝がどうなっているかは当日までわからないようです。故障とかイレギュラーバウンドとかが心配です

山形のほうが順位も上ですし、ナビスコ杯も含めて0勝1分1敗ですので、かなり厳しい試合が予想されます。なんとか勝ち点を拾って欲しいところです。所用があり行けませんが、よろしくお願いいたします。

来月中国で開催されるAFC U-19選手権大会に湘南ベルマーレより古林将太・遠藤航選手が選出されましたザスパ草津からも湘南ベルマーレより期限付き移籍中の菊池大介選手が選出されました。今週末から最大1ヶ月間所属チームを離れます。

おめでとうございますではあるのですが、前回のAFC U-19選手権大会(鎌田選手と湘南入団前の村松・松本選手が参戦)ではFIFA U-20ワールドカップ出場権を得られなかったので、今回は絶対出場権を得なければならないという上層部からのプレッシャーがあるでしょう。またヴェルディの高木俊幸選手、京都の宮吉拓実選手、浦和の原口元気選手あたりはJリーグ出場を選択したためにここに登録されていない可能性もございますので、Jリーグの出場試合数が少ない古林・遠藤選手としては微妙なところかもしれません。

しかし公式戦出場経験が得られますし、現在日本と緊張関係のある中国での国際経験も得られますので、湘南系3選手にとってはプラスになるはずですお国のためにパラシオス選手のいるコロンビアへの切符をつかみましょう

<追記>本日、U-21日本代表監督への関塚隆監督就任と、アジア競技大会2010広州のメンバーが発表され、湘南ベルマーレからジェフユナイテッド市原千葉へ期限付き移籍中の鎌田翔雅選手が選ばれました思いっきり大学生と「優勝・降格・昇格に影響しないJリーガー」だけのメンバーでしたので、千葉の選手なのに選ばれた鎌田選手にとってはむしろ危機感があるのではと思われますが、この大会で挽回していただければなあと思います。

9月26日(日)はFリーグの小田原アリーナでのホームゲーム、境川ダービーのペスカドーラ町田戦です

でも日曜日の17時キックオフなのですよ。町田やベルマーレホームタウンの湘南台(藤沢)あたりから小田原に来ていたら、小田急線部分だけでも1時間はかかるので帰宅は20時半ごろになってしまうと思われます(クルマでも結構かかります)。もう少し早く始めることは出来なかったものでしょうか?。小田原市と隣接市町村だけで1,000人以上入るのならいいのですが、現実は違うのですから、もう少し考慮してもらいたいなあと思います。町田からお越しの場合は、朝から小田原観光をお楽しみください

今回の対戦はFリーグの9位湘南と10位町田の対戦という最下位決定戦となっております(今年町田が残念なのはゼルビアだけではないのですね・・・)。寂しい限りですが、ダービーマッチということでいろいろイベントが企画されているようです

この試合は「サカ割チケット」対象試合になっております。J1湘南ベルマーレのシーズンチケットか、先日の川崎フロンターレ戦のチケットをお持ちの方は前売より安く当日券が買えますので、ご検討いただければと思います。実はこの日から夏休み(いきものがかりが主題歌を担当していたNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」最終回のあとなのですが・・・)なので、オイラは神奈川県内にいない予定です。フットサルのほうもがんばってください。

9月25日(土)はジャイアンツ球場にて、ビジターの湘南シーレックスが現チーム名最終戦を迎える予定です(来季は横浜ベイスターズ二軍として横須賀・平塚・相模原を中心に活動)。湘南シーレックスは毎年多額の赤字を計上していたようですが、ここががんばったおかげでジャイアンツ球場は多額の投資が行われてここでの試合も有料興行として成り立つようになりましたし、鎌ヶ谷の日本ハムファイターズ二軍も二軍専属マスコットやイベントを連発して続きましたし、きっかけとして意義があったと思いますシーレックスのレックは「ベイスターズのレック」として残留するそう(<追記>残留会見をしました)ですが、25日のジャイアンツ球場に呼ばないものですかね?。王者である巨人にとっては「イースタンリーグ優勝」や「セントラルリーグ2位・3位」には価値はないでしょうし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B-1グランプリ in 厚木

2010年9月18日(土)・19日(日)と、第5回B-1グランプリが厚木で開催されました。初日の18日は所用で不在でしたので行っておりません。2日目の19日について、気がついたことを書きます。

当ブログのような1日平均300ユニークユーザー程度の不人気ブログだけでなく、公式ホームページや各種メディアでもあれほど小田急線での来場をお勧めしていたにもかかわらず、クルマで本厚木入りを試みて渋滞にはまる人が続出しておりました・・・。運営側はきちんと説明をしていた以上、これは自己責任でしょうねえ・・・

大会直前になって「この日に開催される理由は敬老の日のテレビをジャックするため」と関係者から聞いておりましたが、翌日まんまとジャックしておりましたね。商売上手です。NHK・民放5局・大手全国紙・共同通信・時事通信のすべてを会場内で確認いたしました。フジテレビの軽部アナウンサーが一生懸命レポートを収録した直後、引き続きお客さんがなだれこんで記念撮影会になっていて、笑えました。お疲れ様です。

ウラで開催されていた湘南シーレックスの現チーム名ホーム最終戦(横須賀)をサボって、シーレックスナビゲーターのケチャップさんが司会者としてこの大会に参加し、テレビに出ておりました。最初からB-1グランプリが入っているので出れませんと言ってくれれば問題ないのですが、当日に理由を言わず欠席を宣言するという始末。これはオイラがベイスターズファンでしたらちょっといただけませんねえ、今年はただの最終戦ではないのですから・・・

やはり懸念のとおり「初の首都圏開催」ということもあって、異常なまでの集客がありました。厚木市民的には大成功ですが、いらっしゃった方にとっては炎天下に何十分も並ばされる大変な大会だったと思います5月の神奈川フードバトルより酷かった)。お疲れ様でした。なんというか「オリンピックを地元で開催するとこんな感じなんだろうなあ」と思わせる盛り上がりぶりでした

現在Jリーグでは「2010年基準」というスタジアム基準が話題になっておりますが、この大会もそういった基準があったほうがいいかもしれませんね。「甲子園球場○個分の平地」とか、「複数会場に分かれる場合は半径1km以内に収める」とか、「医師・看護婦の確保」とか、「トイレの確保」とか、「車椅子でも楽しめる」とか、「コミュニティFMラジオを大本営発表として使える」とか・・・。メールやツイッターとかですと熱い発信者とやる気のない受信者の温度差がありすぎて、このイベントのリアルタイム情報では情報源として有効ではないような気がします。

厚木市営野球場会場が芝を全く保護しなかったので、野球場の天然芝がたった2日でボロボロになってしまいました。シーズンオフに芝の植え替えを行って欲しいなあと思います

ベルマーレクイーンあたりを派遣出来ればなあとは思っておりましたが、とてもベルマーレブースを作るスペースはなく、ステージでもスケジュールが詰まっていて空き時間がなさそうでしたので、アサヒビールとか関係なく無理だったと思います。

「厚木市営野球場会場」「厚木中央公園会場」「イトーヨーカドー駐車場会場」の各会場がちょっと離れすぎだったと思います。さらに人の数が多いので道路の幅を取ってしまいクルマ的に危なかったですので、人もクルマも動線をもっと制限したほうがよかったと思います。歩行者天国を増やしてそこしか通ってはいけないとかにしたりですね。

5月の神奈川フードバトルよりも混んでいたので、高齢者や未就学児童、障害者には厳しいイベントになってしまいました(このため★を減らしました)。雨が降らなかったのが大会の成功につながったと思いますが、暑さで体調を崩した人もいらっしゃったと思われます。

「焼きそば・焼きうどん系」のエントリーが多すぎるので、こちらについては予選をやって勝者が出たほうが「共倒れ」を防げるような気がします。無理でしょうけど・・・。

他ならぬ厚木シロコロホルモン探検隊が覚えてもらうためのパフォーマンスで成功したせいか、「十和田バラ焼き」の厚木を凌駕する暴走っぷりが笑えました。実際に手にとると「ようするに牛丼なのでは?」でしたけど・・・。ここほどではなくても「マスコット着ぐるみ」「テーマソング生演奏」「ノベルティ配布」くらいはいくつも見られ、皆様苦労されているようです。

実は会場外の厚木の飲食店でも連動企画をやっていたところがありますよ。ぶっちゃけシロコロは厚木名物の1ジャンルに過ぎませんので、他のものもよろしくと思います

ボランティアの皆様はもちろんですが、かなり多くの厚木市職員が運営を手伝っておりました。お疲れ様でした。

3会場とも厚木シロコロホルモンを販売しておりましたが、どこも長蛇の列でしたね。でも皆様がいらした厚木市内にはちゃんとした店構えの食品のプロが提供するシロコロのお店があるのに、なぜお祭りのテキヤみたいな環境のシロコロ売場に並ぶのかが不思議でなりませんでした。そもそも厚木シロコロホルモン探検隊の幹部皆様は地元中小企業のおっちゃんたちの集まりだからかビジネスの運び方が役人以上に下手な部分があり、市内でも無駄に敵を作っておりますので、協賛していないホルモン店にもいいお店はたくさんありますよ。

伏せておりましたが「対象外の富士宮・横手を含めて、焼きそば・焼きうどん系が多すぎるので、このジャンルは共倒れ」と予想しておりましたが、そのとおり、優勝は「甲府鳥もつ煮」になりました。おめでとうございます。でもまあ、「きりたんぽ」とか「広島風お好み焼き」とか「讃岐うどん」とか、そもそも「ほうとう」とか、この大会に頼る必要もなく有名なB級グルメもあるわけですし、代々のチャンピオンはあらかじめ選考対象外になっているわけですから、これからが「甲府鳥もつ煮」は正念場だと思います。まあ「ジュノンボーイ」や「ホリプロスカウトキャラバン」と同様、「大看板ではありますがこれから次第でどうにでもなる」と思うのですよ。これからに期待します。ヴァンフォーレ甲府にとってもビジター集客に追い風でしょう。

でもご参加されたお客様はわかったと思いますが、やはり「成績はいくらでもインチキできる大会」ですね。実際の方策を書くことは避けますが、少ない費用で大きな経済効果なのですから、いくつも必勝法が思い浮かびます。このあたりを整備しないとこの大会はブームで終わって尻すぼみになると思いますので、改善を期待したいと思います。来年は京阪神初開催となる姫路市だそうですので、そこでの改善を期待します。

★★

| | コメント (9) | トラックバック (1)

スワローズの選手からサインを書いてもらう方法について尋ねられたので・・・

先日、スワローズの選手のサインを書いてもらう方法について尋ねらました。オイラはスワローズファンではないのですが、むかし館山昌平投手(厚木市出身)にサインを書いてもらったことがあるので、回答しました。このブログでは関係はないのですが、2週間後のFC東京がスワローズとの相互観戦キャンペーンを行うので、念のためブログにも書いておきます。

東京ヤクルトスワローズは、NPB12球団で最も施設に恵まれておりません。二軍は埼玉県戸田市のヤクルト本社の福利厚生施設らしき河川敷グラウンドと寮で試合や練習を行っております。まあ二軍についてはどの球団もわりとサインはもらいやすいのですが、一軍選手や監督については、11球団は設備や人の動線を工夫して「負担」を軽減させております

ところがスワローズには設備の都合でそれらがありません明治神宮野球場いいスタジアムではあるのですが、NPB球団水準のクラブハウス機能や練習設備が内蔵されておらず、球場外ライトポール付近にスワローズのクラブハウス、センター後方から道路を挟んで室内練習場を「外付け」しております

さらに明治神宮野球場はスワローズの本拠地である以前に「学生野球の聖地」であり、春秋は東京六大学と東都1部リーグや大学の全国大会、夏は高校野球東京都予選が入り、かなりの稼働率となっております。スワローズホームゲームに昼間の試合が少ないのはこのためで、1年を通して夕方に「学生野球とプロ野球の入れ替え」を大急ぎで行っております。NPB各球団やJリーグで流行の「試合前イベント」はスワローズには厳しいです。

通常プロ野球の選手はプレイボール4時間前くらいにはウォーミングアップを行っているのですが、神宮の場合はこの時間帯が六大学や東都の「第2試合の真っ最中」であるため、スワローズの選手は室内練習場やその隣の軟式野球グラウンドでそれを行います。しかしこれらがクラブハウスから200mくらい離れており、有名人であっても徒歩や自転車でそこまで移動しなければなりません。この移動の間、選手はファンと接触しなければならず、この間ファンが差し入れを手渡したり、サインをしてもらったり、写真を撮ったりのファンとの交流が図られます。巨人・阪神などでは絶対にありえません。

「おおそれはすばらしいファンサービスではないか」と思われるかもしれませんが、スワローズの選手にとっては毎日毎試合前にこれを行わなければならないので、常にこの状態である選手としてはストレスになるのではないのかと、スワローズファンではない者としては思います。

この移動に伴い、室内練習場前とクラブハウス前はファンで囲まれます。ここでスワローズの選手からサインをもらうことは可能ですが、以前からこのことは有名なので、ファンの数は多く、土日祝日ですとどちらも数百名のファンが待っております。こうなりますと「ひとりにサインをすると数百人に囲まれる」となるので選手はサインをしませんので、ご理解をいただければと思います。集客に苦しむスワローズをしてこういう様子を見ると、浦和レッズあたりと比べてもJリーグとNPBとの人気の差は大きいなあと思います。

平日ですとファンの数が少ないので、スワローズの選手はサインに応じます。ただ選手は数時間後にはプロとして結果を出さなければならない「試合」を控えておりますので、サインを書きたくない選手にストレスを与えないことも「応援の一環」だと思います。ご理解をいただければと思います。神宮でのマナーとしては「練習終了後」の室内練習場の門やクラブハウスの門の前で、選手が待ちますので、ここでサインをしてもらってください。サインをしてもらったら必ず「ありがとうございます」や「がんばってください」などを言いましょう(最近どの競技・どこのチームのサイン光景でもこれを言わない人が見受けられ、残念です)。

なお代々のスワローズの監督は番記者を引き連れていることがほとんどと思われましたので、ここでサインを書いてもらうことは無理と思われます。気温がかなり低いときや小雨が降っているときなどはサインを要求しないでください(選手はウォーミングアップの意味がなくなり、さらに風邪を引くわけにもいかないため)。こういう事情があるため、ぶっちゃけスワローズでもっともサインがもらいにくいのはつば九郎だと思われます。他球団だとマスコットからが最もサインを書いてもらいやすいのですけどねえ・・・

また当然ながら、これは対戦相手のチームも神宮での試合の場合は同じ条件となります。室内練習場前でサインを書いてもらえる場合もありますが、基本的には選手の意向を尊重していただければと思いますむかしの記事で書きましたが、「プロスポーツ選手の仕事はサインを書くことではなく競技を魅せること」ですので、それを最優先にしてあげたいと思います。

でも他球団を観てから神宮に行くと、これは選手にとっては目の前の試合に集中できないので嫌だろうなあと思いますよ(特に当日の先発投手)。ファンにあったらあったでぞんざいな対応はできないでしょうし・・・。何十年後か存じませんが、次回明治神宮野球場を改修するときは練習場やクラブハウスを内蔵するか、選手専用通路を用意したほうがいいと思います(荒木大輔投手が入団したときに「クラブハウス-球場」間の地下通路は造った)。

ここ数年スワローズが開幕時に掲出している、選手+つば九郎のひとりひとりをピックアップしたポスター(今年は「○○だから、○○になる」)はかっこいいなあと思います。こういうのをベルマーレも作っていただけませんかねえ?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1 2010 第23節 「来場者から選ばれた6名が選手のお面をつけてMFなどで出場したと思われる湘南」vs川崎 戦

不適切なキーワードが登場しないよう、検索ワードのランキングは掲載していないのですが、最近の検索ワードは「ゼルビア」「風雲児たち」「B-1グランプリ」「日本振興銀行」「平塚レンタサイクル」と、ベルマーレがほとんど出てきません・・・。でもホームゲームがなかったのですから記事がなく、しょうがないのですよ・・・

おそらく継続してこのブログをご覧いただいている皆様は、オイラがB-1グランプリについて触れると思われたでしょうが、3日かけて書いた予告記事で持株会総会に行けないと書いたとおり、この日は早朝から午後まで用事(都内)がありましたので、帰宅した17:00の時点では終わっていたB-1グランプリには土曜日は行っておりません。よって本日は書けません。

平塚レンタサイクルが多い理由は、なんと平塚市がレンタサイクルのページを削除(移転ではない)したためで、代わりに当ブログが検索で上位に立ってしまっているからです。オイラは厚木市民(元藤沢市民でもあります)として平塚市政を見ると本当に「平塚市民じゃなくて良かった」と思うことが残念ながらあるのですが、このレンタサイクルを止めるつもりなのでしょうか?。意味不明です。平塚は「新湘南バイパス」を建設できなかったために、より大事な東名高速とつながる「さがみ縦貫道路」を海老名-茅ヶ崎ルート(厚木からわざわざ相模川を渡る)に獲られ、この地域で最も高速道路へのアクセスが不便になります。戦前から平塚にある各工場が地方や海外に撤退したら税収的に相当厳しくなり、市役所の改築どころではなくなることは素人でも予測できますので、しっかりしていただきたいものです。

17:15ごろに厚木からチャリ通すると、17:50ごろには平塚総合公園に着きました。チャリ通は渋滞がないので速いのですが、厚木市戸田の用水路から沸いていると思われる虫が、平塚市大神の各ロードサイドチェーン店のライトに引き付けられて留まっており、何匹か虫を食べてしまいました。チャリ通じゃなければ食べることはないのですが、でもいま9月だよね?。というわけで席のこともありましたし、試合前のイベントは何が起こっていたかわかりません。

着いたら海老根藤沢市長が全国大会準優勝の村岡中サッカー部を引き連れて挨拶をしておりました。中学生(ピッチサイドで観戦)もいますし、松沢神奈川県知事もいましたので、今年はおとなしかったように見えます(サッカー部キャプテンとか挨拶できませんでしたね)。秋葉台公園球技場に人工芝を敷くらしいですね。松沢神奈川県知事は元々川崎の選挙区で、しかし茅ヶ崎の松下政経塾出身なので、この対戦のゲストはやりづらかったと思います。

9月に発行されたMAREを初めて読みましたが、例の湘南探偵団は「Happy Cafe 食堂」「ZUND-BAR」「酔蕎庵 楽食」「大ちゃん 本店」ですか・・・。「大ちゃん 本店」以外は結構駅から遠い市東南部ですね。森の里の麓にある「Happy Cafe 食堂」以外は記事化済みです(2007年に行ったことはあるとおもったらそれは別のお店でしたスミマセン)。宿題にしておきます。その他のMAREの記事も面白かったです。自転車の宣伝が多いのはオイラの趣味的にはいいですね

ベルマーレワンセグの実験はやりました。他会場だと大型ビジョンでやるべき内容を、大型ビジョンがない平塚競技場ではワンセグでやったというだけで、特に川崎サポーターにとってはたいしたことがないと思われたかもしれませんが、政令指定都市ではない我々にとっては進歩ですし、これがうまくいけばどこにも大型ビジョンがないFリーグの会場でもイケるよなあと、結構期待しております。アンケートに答えるとユニフォームのシール(2種類)がもらえました。

で、キックオフなのですが、

湘南 1-6 川崎

シュート数ですと「湘南 5-28 川崎」です。

最初左から「島村・山口・村松」選手と並べた3バック、「小澤・遠藤・田村・寺川」選手と並べたMF、坂本選手がトップ下で、「阿部・田原」選手と並べた2トップという3-5-2システムでした。磐田戦で消えていた山口選手が中央というのは腑に落ちないのですが、ゲームキャプテンの村松選手の身長を考えると他にいないのでしょう。「心配だなあ」と思ったときには運動会のおゆうぎで「左右左右」の振り付けを一人だけ「右左右左」とやっているくらい目に見えてジュニーニョ選手を見失っていた山口選手の左から失点をしておりました。約20分後にはまた山口選手の横をジュニーニョ選手が抜いて2点目。これは失敗だと小澤選手を1列下げて島村選手を右サイドバックにまわした4-4-2システムにした直後に、ジュニーニョ選手が今度は山口選手の左の角度のないところから3点目。約35分でハットトリックを許してしまいました

こう書くと「敗因は山口選手か」と思われてしまうかもしれませんが、全く違います。なぜならDFがボールを奪って味方にパスをすると、3秒程度でまたDFがボールを追わなければならないのです。ペナルティエリア周辺守備時間30分で3失点のDFが守備時間60分になれば、そりゃあ6点獲られます。実にバカな計算式ですが、これが一番この試合を表していたと思います

高校生の遠藤航選手まで起用するほど人材難のMF・FWが全くパスがつながらないうえでドリブルがカットされるのです。1点返すのですが、これは寺川選手らしいミドルシュートで、相手を崩したわけではありません。これではDFがかわいそうです。まさに「FWは1試合で1分働けばヒーローだけど、DFは1試合89分しか働いていないと戦犯」の拡大解釈という感じです。後半に湘南が外人2人を投入すると少しマシになりましたのでこれが確信になるのですが、結局3失点をし、川崎の稲本潤一選手の誕生日に華を添えてしまいました。

途中で雨が降ったらお客さん帰っちゃいましたよ。でも彼らを止められるわけがありません。

9月に入りましたので、来年の契約交渉は始まっております。選手の皆様、オファーありましたか?。J1残留であればこの試合で通用しなかったベテラン選手は来年は無理だと思いますし、J2降格でも2012年のJ1を考えたら、2010年にJ1で通用しなかったベテラン選手を引っ張っても同じことの繰り返しだろうなあということでやはり来年無理だと思います。1999年と比べれば、ベルマーレが降格しても「Jリーグに残れない」「J1には戻れない」ということはないという自信はあります。でもベテラン選手は現役選手としてはそうではないと思われます。個人名は避けますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

味噌番長かねこ

川崎戦(のちほど記事化)に行くために夕食を食べなかったのですが、帰りのミツミのあたりでやっぱり食べようと思って全く計画もせず入ったのが「味噌番長かねこ」(みそばんちょうかねこ)です。ホームページは特にありませんので、「湘南ラーメン食べ歩記」の紹介記事を参考にしてください。

オイラはラーメンは好きですが、一番好きな食べ物というわけではないですし、実はリストアップはしているものの行けていないラーメン屋も市内にはいくつかあるのですが、ナイトゲーム終了後、かつ現在地付近でとなりますと、選択肢も限られます。

厚木市酒井にある神奈川県警第二交通機動隊から国道129号を東名高速厚木インターチェンジ方面に北上するとすぐにあります。看板に特徴があって大きいのですぐわかるでしょう。駐車場もあります。ベルマーレソフトボールチームの練習場である酒井スポーツ広場からも近いです。

海老名市にある「味噌の金子」の支店扱いとなります。海老名といってもJR門沢橋駅近くなので、「味噌番長かねこ」から国道129号を南下してマルカワのところを左折し、JR門沢橋駅をやり過ごして東へいくと「味噌の金子」に着くので、クルマでいけばすぐそちらへいける場所になります。このお店は「株式会社秀穂'」(この会社の表記に従っており間違いではございません)の「フリーネーム事業」によって製造されており、ここのホームページのモザイク入り画像が思いっきり本店の「味噌の金子」でした。

主力メニューは「金」「銀」「赤」の番長ラーメンです。すべて味噌ラーメンで、お勧めは辛さを追加した「金」で、「銀」は逆にマイルドにしたもの、「赤」が基本だそうです。このお店は初めてだったので、まずは基本を食べないとよくわかりません。「赤」にしました。

赤味噌を使った札幌ラーメン系統の味噌ラーメンかなあと思いました。具はもやし・チャーシュー・メンマ・ねぎ・海苔でした。「これはすごい」とは全く思いませんでしたが、まあ小規模チェーン店の味としては「上出来」かなあと思いましたので、掲載いたします

札幌ラーメンは寒さ対策で油が多いのですが、かつて新横浜ラーメン博物館に良くも悪くも油も濃さも強めな「すみれ」が来て、ここや同じ路線の味噌ラーメンが首都圏で幅を利かせるようになりましたが、これが関東のラーメンオタクの皆様にはあわないようで、結構味噌ラーメンの評判は悪いです(オイラは嫌いではないですが・・・)。でもあっちだと「すみれ」ほど極端なお店ばかりじゃあないんですけどねえ・・・。この人は「すみれ」と同じ路線の「味噌ラーメンだけ」を食べて札幌ラーメンを語っているのだろうなあというラーメンオタクさんの記事をたまに見ます。まあどちらにしても日本は高齢化しておりますので油が多いのはおじさんには厳しいでしょうねえ。つくづくラーメンは「流行り廃りがある」と思います。あと最近は知りませんが、元々札幌に「味噌ラーメン専門店」は存在しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月18日(土)は「藤沢市制70周年記念試合」川崎戦です(会場は平塚)

既報のとおり、今月から山手線のANA旅ガールのCMにて、ベルマーレクイーンのひとりでもある石井寛子さん(大阪府版)を見ることも出来るのですが、このCMの宮崎県版に出てくる方もいいですね。来年もし日南キャンプを見にいくとこのレベルの女子がうじゃうじゃいるのでしょうか?先日の磐田では長澤まさみさんは見当たりませんでしたが・・・。

そんな石井寛子さんもやってくるJ1湘南ベルマーレvs川崎フロンターレ戦が、9月18日(土)19:00より、平塚競技場で行われます(今回は選手が吉原基貴さんのイラスト)。ベルマーレクイーンに対してセクハラはダメですが、記念撮影などは基本的にOKですので、川崎サポーターの方もどうぞ。ちょっと趣味が違うという場合は、ベルマーレクイーンの林弓束さんに、お母様(「アクリルアート」で検索するとかなり上位で登場するので驚きます)か、弟さん(関西ジャニーズJr.らしいです)を紹介してもらったらいかがでしょうか?。

とまあ軟派ネタはこのあたりまでとして、今月はベルマーレ主催試合がこの川崎戦のみ(天皇杯はサッカー協会主催)で、前後はアウェイの試合が集中しているので、結構気合の入ったイベントが準備されております。

まずはこの記事公開からしばらく後に、テレビ神奈川に田村雄三・野澤洋輔選手が登場します。日産や富士通がついていないのでベルマーレは番組をもてませんが、テレビ神奈川も湘南ベルマーレを応援してくれるスポンサー様ですからね。予想としては田村選手は中村憲剛先輩がらみネタ、野澤選手はフロンターレの番組でわざとスベって番組を台無し(!)にしに行くのかと思われます。

まずはお食事関連ですが、厚木市で開催のロコフードフェスタKANAGAWAB-1グランプリと同時開催)にいくつか獲られておりますが、平塚競技場でもフードパークが開催されますので、ぜひよろしくお願いいたします。一般的に人気があるのはジンギスカン丼と佐世保バーガーでしょうか?。

この試合もかながわスポーツかがやきキャンペーンの対象試合ですので、応募して県産品をGetしてください。松沢成文神奈川県知事が来場します。

湘南ベルマーレは総務省より「ホワイトスペース特区先行モデル」に選ばれましたが、これに伴いこの試合でベルマーレワンセグの実験が行われますワンセグ機器をお持ちの方はぜひお試しください。ベルマーレのためにもなると思いますが、それよりも実験ですので社会のためになるかもしれません。

この日はベルマーレ持株会総会が開催されますが、会員ですがオイラは行けません。なんかオイラの都合が悪い日時ばかりで開催されるなあ・・・。

数週間前から小芝居を繰り広げているキングベルⅠ世とふろん太が「ガチンコスイカ割り対決!」をするそうです(ちょっと時期外れ)。それよりふろん太は電車に乗るのでしょうか?ふろん太は飴で買収をはかるらしいです(関西のおばちゃんかよ!)。

勝利への花道のあとでEFSが決起集会をやるそうです。

この試合はFリーグの「サカ割」対象試合になっております川崎戦のチケット半券またはサッカーのほうのシーズンチケット提示で、9月26日(日)の小田原アリーナの湘南ベルマーレ vs ペスカドーラ町田戦が前売料金より安く当日お求めいただけます。川崎戦は藤沢ホームタウンデーなので、藤沢市の皆様はダブルでお得ということでしょうか?。

ちなみにこの3連休中のベルマーレフットサルは、月曜日に姫路にてデウソン神戸戦です。

この試合はNHK BS-1にて全国生中継されます。同時間帯は大阪ダービーだけですし、NPBの巨人・阪神・横浜も昼間の試合ですので、サポーター以外にも観てもらえるチャンスです。皆さん、テレビを観るのではなく、テレビに映りに行きましょう。また平塚・藤沢・川崎のFMラジオでも生中継がございますので、お仕事の方はこちらをどうぞ。

とんぼ玉中田英寿さんプロデュースワインなどの新商品の販売もあるそうです。またこの日から湘南ベルマーレゴルフグッズが販売されます。かなり多くのアイテムがあって驚きです。

・・・と、これでも一部省略しているのですが、結構ありますね。ベルマーレの社員の皆様お疲れ様です。そろそろ10月半ばまでの「運動会月間」に入りますし、3日以上の連休はスポーツ観戦には不利ですし、厚木ではB-1グランプリがありますし、イースタンリーグ湘南シーレックスの現チーム名ホーム最終戦が18日(土)・19日(日)とありますし(ビジターも含めると翌週の順延巨人戦が最後)、ライバルは地味に多いです。B-1グランプリで昼食を済ませてから電車やバスで平塚市総合公園に向かわれても間に合いますので、ぜひご観戦をご検討ください

この試合の冠スポンサーはアイ・ネット・リリー・コーポレーションで大変ありがたいのですが、 川崎フロンターレといえばあちらの芝の管理をしている湘南造園ですね。等々力での試合ではフロンターレの演技力不足(!)でフロンターレから湘南造園社長への「感謝の勝ち点譲渡(!)」が履行されませんでした(八百長ではありません、ボランティアです)。千葉では類似品の千葉ダービーがあるそうですが、平塚では48ダービーが行われますので、今度こそフロンターレは失敗のなきようよろしくお願いいたします。とりあえず元ベルマーレのエジソンコーチの現役復帰と先発フル出場、および森勇介選手が先発出場から5分で退場というあたりで手を打ちませんか?。

等々力の試合のあと、川崎からは鄭大世川島永嗣・レナチーニョ選手が抜けました。さらにリーグ戦は3連敗中です。菊地光将選手が出場停止です。そもそもこのクラブはタイトルを獲ったことがありません(J2優勝のみ)。この試合もACL準々決勝が入って日曜日に開催されるはずでした。しかし川崎は元々が強いクラブですので、この程度のマイナス要素では如何ともしがたいです。南アフリカ組も中村憲剛稲本潤一選手がいます。でも今月は「敬老の日」がある月です。世界的にも珍しい高齢者をマスコットとしているクラブに、電車で席を譲るがごとく勝ち点を譲るべきではないでしょうか?

そうそうご老公といえばこちらの件ですが、「※キングベルⅠ世は実際には購入しておりません。」の一文は大事です。当事者であるJクラブ関係者はtotoは買えませんから・・・。船越優蔵選手は相模原移籍後さっそくtoto買っておりましたが・・・(ああそういえば都築選手は後輩か・・・)。

あとは海老根靖典藤沢市長が何をやらかすかでしょうか?。翌朝の自ら主催する地引網に響かない程度で期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田急沿線チーム苦戦中

どうも、和歌山県から戻ってきました。用件の次の日、丸1日コースになってしまいますが高野山(世界遺産)に行って、こうやくんから厚紙うちわをもらいました。神社については明治政府の国策で全国にそれなりの規模の神社はありますが、寺については絶対に関西にはかなわないなあと思います。弘法大師の自筆文や仏像など国宝や重要文化財がありすぎて感覚がマヒしますし、奥之院の供養塔(墓)には、親鸞や法然、武田・上杉・北条・織田家(後年にファンの人が建てたものもある)、太平洋戦争戦没者、そして現代に至るまで有名人の供養塔が、育ちすぎて主役の供養塔を圧迫している杉とともに建っていて、中には何かの冗談のような供養塔もありこの世界観には圧倒されました

これであとは鳥取・島根・高知・大分・長崎・鹿児島に行けば、全都道府県に行ったことになります。「J2落ちたら鳥取・島根・大分あたりは行くんでしょう?」とかはまだ言わないでください(たぶん落ちたら行くと思いますが・・・)。ていうか来月にはガイナーレ鳥取のJ2昇格が内定しますよ、ベルマーレ放送部の皆さん(万一、両方J2になったらどうするのでしょう?)。

和歌山に行っておりましたので、Fリーグの湘南ベルマーレのホームゲームには行けませんでした。

湘南 2-3 花巻

まあ1試合ごとの勝敗につきましては、勝負事ですので仕方がありません。しかし「観客667人」は本当にまずいです。

まずは勝たないことには何事も始まりません。「2008-2009」シーズン、「2009-2010」シーズンと、弱いというよりだらしないシーズンを送ってしまったことが響いております。フットサルクラブはアマチュアクラブですが、アウェイ遠征費などは入場料収入やスポンサー料でまかなっております。ボラ・豊島・関選手は株式会社湘南ベルマーレに雇用されておりますし、何人かの選手はベルマーレと関係の深いフットサル場に勤務しており、このあたりはセミプロとみなして過言はありません。今すぐにとは言いませんが、Jリーグが終わる12月上旬以降にはそこそこ勝てるチームにしていただかないと困ります

小田原アリーナは6,000人収容と届出されております。まあこの値はプロレスなど小さいスペースで行う競技にて、フロア上にも椅子を置いた場合のための登録と思われ、フットサル・バスケットボール・バレーボール・ハンドボールといったあたりではこの半分くらいでしょう。となると少なくとも2,000人ぐらい入っておりませんと人気がある感じが出ません。親会社のないクラブ(Fリーグで親会社があるのは名古屋と北海道だけ?)は有料入場者数がそのままチーム力に反映されますので、ここにこだわりを持たなければダメでしょう(日立台は柏レイソルだからこそ成り立つスタジアムです)。他クラブは少なくとも1,000人は入っているのですから、リーグのせいには出来ません

でも最下位は湘南ではなくペスカドーラ町田だったります。町田ゼルビアがJ2昇格失敗だったり、狛江駅からバスで飛田給に行けるFC東京といい、ヴェルディも経営問題がありますし、今年は小田急沿線周辺のクラブは軒並み結果が得られませんね。勝っているのは、強いてあげれば日テレベレーザとジャイアンツ球場の巨人二軍くらいでしょうか?。

最近町田ゼルビアに関する記事のアクセスが多いですが、ぼちぼちマスコミからも記事が出てきました。総合すると、予想通り町田がウソをついていたようですね

2009年にJリーグに準加盟をしたときにあわせてスタジアムの各部屋が条件を満たしていないことが警告されていたようですが、それにはメインスタンド改築しかないので、ずっと手をつけていなかったそうです。2010年基準以前の問題です。先日のゼルビアの会見は何だったのでしょうか?。昨年の岐阜の今西社長の会見とは大違いです。わざわざ報道陣を呼びつけての発言ですので、Jリーグがゼルビア取締役3名を相手に裁判に出たら名誉毀損で勝てますよ(身内の恥になるのでそんなことはしないでしょうが・・・)。町田市の都合で手をつけなかったのか、ゼルビアが町田市に必要な仕様を要求しなかったのかはわかりませんが、少なくともJリーグとゼルビアとの間では信用がなくなっても仕方がありませんので、取締役の後任探しもしたほうがいいかもしれません。

仮に町田ゼルビアに対して特例が出たら、今度は栃木県など基準にあわせて工事をした自治体が抗議をするでしょうから、町田に特例はないと思われます。「不当な設備投資要求だ」には「あんたらだけルールを守らないのはおかしい」で返されてしまうと思うのです。町田は基準に合わせたスタジアムを用意するしか選択肢はありません。

改築の場合は今ある鉄筋コンクリートのメインスタンドを取り壊して新たなものを建設しなければならないので、1年以上かかるのではないかなあと思われます。元々2013年の東京国体のために改修したのでそこで使えなければ意味がないのですが、おそらく2012年秋のリハーサル大会(サッカーの場合は「全国社会人サッカー選手権大会」)での運用も要求されると思いますので、実際は丸2年くらいしか残っておりません。となると、2010年度以内に改築決定を市議会で承認しなければ間に合わないでしょう。だからこそ、なんで今までバックスタンドの建設だけでは足りないと言われ続けていることを黙っていたのかが悔やまれます(この点からも都合がいいところだけは開示して、都合が悪いけどもっとも大事な部分には触れないゼルビアは取締役の後任探しをしたほうがいいかもしれません)。

ヴェルディが報道のとおり練馬に移転するのであれば、空いた味の素スタジアムに入って「東京ゼルビア」となればJリーグに入れる可能性がありますが、過去に「町田は東京ではなく町田」と言い切ってしまっておりますし、オールプロであるにも関わらず新卒会社員の年収1人分程度しかない今年のシーズンチケットの売り上げを見れば、味の素スタジアムの使用料が払えるとは思いませんので、それはないと思われます。完全に町田市と町田の経営陣の失態ですが、監督・選手・サポーターには罪はなく、気の毒としか言いようがありません。

町田でたとえると、オイラは毎年1回程度、町田駅前の「リッチなカレーの店 アサノ」にカツカレーを食べに行くのですが、そりゃあオンボロな狭いお店で、しかも価格もゼルビア戦3試合分もします。しかしまた来てしまうのですよ。これは長年の営業の裏打ち(今も2代目とともにお店に立つ初代はバカボンのパパと同学年である大正15年生まれ)があり、カツカレーも納得するものを出しているからです。いいものを提供するにはそれなりの負担があり、いいものが提供できていれば舞台は関係なく、いいものを提供していれば長く続くものです。ゼルビアはもうちょっと経営をきちんと考えたほうがいいのではないのかなあと思います。こんなときに限って今週末はゼ・ロックスーパーカップ(@福岡ソフトバンクホークスのキャンプ地)っていうのもすごい日程ですね。

カレーといえば、海軍カレーをPRしている横須賀にて、湘南シーレックスの最終戦(ファイターズ戦)が9月18日(土)・19日(日)に行われます(<追記>9月16日の巨人戦が中止になったため、ビジター最終戦は9月25日(土)のジャイアンツ球場になりました)。組織自体は「横浜ベイスターズ二軍」になるだけでなくなりませんが、この名称での公式戦はなくなり、今後は「湘南のスポーツチーム=ベルマーレ」になります。19日(日)は横須賀スタジアムに行かれる方が多いのでしょうか?。「B-1グランプリ in 厚木」のほうもよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J1 2010 第22節 磐田vs湘南 戦

土曜日はアウェイで磐田に行きました。

JR東静岡駅前にガンダムがいるということで立ち寄りましたが、ベルマーレサポーターが何人もいました。清水戦とかもっと多くなるのでしょうか。昨年のお台場も見ましたが、まあほぼ同じネタですね。あの程度の造形でしたらビームサーベルはないほうがよかったと思います

ガンダムグッズ売り場がものすごく並んでいるので驚きました。壁に印刷されていたのですが、ガンプラのガンダムは90年代以降頻繁にバージョンアップしているのですね。オイラの歳だとガンプラブームは1桁の年齢で終わってしまったので、ちゃんと作れた記憶がなかったりするのですが、第2次ベビーブーム世代(あっ、現役だと寺川選手だけ?)の方々は結構作っているはずですよね。

シャア専用カレー冷し麺(シャアだからか調味料ボトルのノズルが特注の3倍)とかありましたが、シャアが冷し麺なんて食べるのでしょうか?。というか秋葉原のカフェ支店も含めて割高だなあ・・・。

JR東海道本線に揺られて磐田に到着。実はこの駅には90年代の学生のときにサッカーやヤマハ発動機と無関係で来たことがあるのですが、その当時と比べて駅舎が近代化していて驚きました(ホテルまである・・・)。でも駅舎以外は当時と変わらないですね。

路線バスに揺られてヤマハ発動機の工場に到着。ヤマハスタジアムはすばらしいスタジアムですね。施設もすばらしいのですが、ここはボランティアスタッフの方が路上で会ってもホーム・アウェイ問わずきちんと挨拶をしてくれます。オイラはここより丁寧な挨拶をしているクラブを知りません。テレビカメラの死角になるのですが、ビジター側ゴール裏の突き当たりには「ようこそヤマハスタジアムへ」という横断幕も掲げております。どことは申し上げませんが「おっ、これが湘南サポーターかよ」と好奇の目で見るだけのクラブのスタッフもいて、「えっ、オイラ何かやった?」って思いをすることもあるので、このようなちょっとしたことだけで印象が激変するということは、サッカーと無関係にオイラも気をつけなければいけないなあと思いました

とはいえこのスタジアムは小さく、そのスタジアムをして空席が目立ちます。まあ集客はホーム側サポーターで何とかしてくださいということでお願いいたします。やはり2000年前後と比べてジュビロの成績が違いすぎますからねえ・・・。

それにしても暑い。9月にこの日差しは主催者側も想定外だったのかもしれませんが、先日のなでしこリーグよりマシという程度でキツいです。ここは公立スタジアムではなく自前スタジアムというだけあって、永年サポーター会員の名簿看板が常設だったりします。

試合前のメンバー発表を見ますと、湘南のDFは左から「小澤・山口・村松・阪田」選手でした。うーん、一軍半だなあ・・・。特にジャーン選手がいないのがちょっと・・・。対する磐田はベストメンバーで、平塚での2試合とはわけが違います

磐田は左右のサイドバックであるパクチュホ・駒野友一選手から攻撃を組み立てるサイド攻撃でした。対する湘南は、もうぱっとみて湘南のDFが力不足ということがわかりました。山口選手と阪田選手を合わせてようやく1人分かなあといった感じで、実質頻繁に消える山口選手のバックアップセンターバックである阪田選手が右サイドにも上がるということで、阪田選手に任せる範囲が広すぎてアップアップしておりました。まあこの2人はJ2でレギュラーを獲ったこともないわけですから、J1で通用するわけがないといったところでしょう。4人で3人分ということを補うために田村雄三選手がDFラインと並ぶことがあり、まさに悪循環です。この日の4バックの個人能力は正直J2レベルだったなあ・・・。3失点するのですが、3失点ともきっちりマークできる立ち位置なのに、おそらくまわりが見えていないので的確に競れておらず、いずれも競り負けております。監督の戦術でどうにかなるレベルではありません

前半早々に上田康太選手が湘南DFに競り勝って磐田が先制します。さらに前田遼一選手も湘南DFに競り勝って2点目。前半終了間際に湘南がゴール前へ上げたロングボールが磐田のファールとなり、磐田から湘南ベルマーレ元年にベルマーレにやってきた坂本紘司選手がPKを決めて1点を返します。

後半にヴァウド選手が登場して4-4-2システムになるのですが、今までは選手ではなく審判と対戦していたヴァウド選手がこの日は非常にいい動きをしていて、チームがかみ合います。ヴァウド選手のアシストで阿部吉朗選手が同点ゴールを上げます。この時間の前後から、ナビスコカップを勝ち上がったことで過密日程になっていた磐田の運動量が落ち、湘南有利な状態になっておりました

しかし阿部吉朗選手を引っ込め、この時点で前の4人が、FW2人、サイドハーフにFWの三平和司選手と、MFなのにFWの動きしかできないため試合に出してもらえない猪狩佑貴選手ということもあり、「異常に前がかり」になっておりました。そこを簡単にカウンターされ、最後は前田選手があっさりと眼中に入っていない湘南4バックを蹴散らして勝ち越します。最後に磐田はPKまで得ますが、これは野澤洋輔選手が意地で止めて、1点差で敗れました。

磐田 3-2 湘南

確かにアウェイでしたが、あれだけ試合をこなしていた磐田のほうが圧倒的不利だったと思いますし、実際に後半の磐田は動けておりませんでした。それでも湘南が負けるわけですから、弁解の余地がなく、J1最下位も妥当なところでしょう。前田遼一選手と湘南の4バック全員がともに年俸どおりの働きをしたといったところです。次のホーム川崎戦はもう少しマシな試合をしていただければと思います。

先日の町田に関する記事で書いたとおり、「親会社」も「県」も「政令指定都市」もついていない湘南は、後見の威光が37クラブ中36番目です。でも実際の我々は18番目です。36位を18位に持っていった力が我々にはあるのですから、あと少しがんばっていただければなあとは思います

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スワローズ・ベイスターズファンの皆さん、ついでにベルマーレを観ませんか? + 【J特】スタジアムに行くならどのファッション?

Jリーグ特命PR部からミッション4の命令が来ました。でもモデルの方にベルマーレ系のものを着ている方がいらっしゃいませんでしたので、正直なんでもいいです。あっ、木下優樹菜部長、ご結婚おめでとうございます。 足立梨花女子マネージャーはホリプロスカウトキャラバングランプリの22代前の先輩の出身地にも表敬訪問しましょう。ていうか厚木東高在学中に選ばれた初代グランプリは現「あつぎエコ特別大使」だし・・・。

そういえばホームゲームがなければベルマーレクイーンも仕事なしかと思っておりましたら、石井寛子さんが全日空の仕事で大阪を食いまくっている映像が今週山手線で流れておりました(このシリーズは出身地で選ばれるため、石井さんの場合は大阪となります)。今月後半はバドミントンの仕事があるそうですよ。

10月3日(日)にFC東京と東京ヤクルトスワローズとで相互観戦キャンペーンが企画されております。FC東京の相手が湘南ベルマーレで、スワローズの相手が横浜ベイスターズであり、場所も国立競技場と神宮球場ということで会場が近く、好きなチームが重複する方が多いと見込んだのでしょう。

FC東京側の発表
スワローズ側の発表

スワローズのチケットを持ってFC東京の割引を受けるほうが安いですが、それだとベルマーレ側に行けませんね。FC東京のベルマーレ側のチケットを買って、スワローズの割引を受けましょう

野球目当ての方にJリーグを観る口実を与えるものとして、10月ですから東京六大学野球があります。10月3日(日)の第1試合は東京大学vs早稲田大学 戦が組まれております。今年の早稲田大学は4年生の斎藤佑樹投手(主将)・福井優也投手・大石達也投手がチームを牽引しており、しかも3人ともドラフト上位候補らしいです。3人のうち誰かが登板すると思われますので、今のうちにチェックをするのもありだと思います。早慶戦の応援のパクリが都市対抗野球の応援で、都市対抗野球の応援のパクリがプロ野球や高校野球です(千葉ロッテマリーンズサポーターが韓国人のように各球団に「パクッた」とか主張するのはナンセンスです)。早慶戦ではないのでお客さんは少ないはずですが、元祖を体験するのはいいかもしれません。

この試合を観てからスワローズ戦を観るまでの空いた時間にJ1の試合が開催されますので、ぜひJリーグもご観戦をお願いいたします。

どこと対戦しても三塁側のファンのほうが多いスワローズですが、厚木市出身の館山昌平投手と愛川町出身の村中恭兵投手の活躍で、「最下位で監督交代」から「クライマックスシリーズ出場」の大復活を遂げる可能性がございます。ひょっとしたら重要な試合になるかもしれません。ベイスターズについては・・・、まあ例年どおり(!)です。ファンの方でしたら揃ってFA権取得の村田修一(ブログのトップページが某球団っぽいとか言わんように!)・内川聖一兄貴分の所属チームと嫁の応援していたチームが一致するとか言わんように!)選手がダブルFA移籍しないようにアピールするのはいかがでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月11日(土)はアウェイ磐田戦 + 9月12日(日)はFリーグホーム花巻戦です

週末はJ1とFリーグがあります。それにしてもアウェイ連戦や平日割り当てがあったりで、8月・9月は土日の平塚のゲームが少ないですね。 たまたま試合の日に用事が入ったりいたしまうと、なかなか平塚競技場に行けない人もかなり多いのではと思われます。

個人的には9月12日に和歌山県(公私とも初訪問)に用事がありますので、小田原には行けないことが確定です。前日に磐田に立ち寄る形でこの試合には行く予定になっております。

9月8日(水)夜に、「FC東京が異常にがんばる大会」ことヤマザキナビスコカップの準々決勝が行われ、清水・磐田・川崎・広島が勝ち上がりました。うーん、鹿島が川崎に勝てば鹿島が天皇杯振替3回戦で消耗してから平塚でリーグ戦だったので、川崎には負けて欲しかったのですが、それ以外は順当な結果でした。

勝ち上がった磐田は中2日の上で仙台から戻らなければいけないこともあり、体力的に湘南のほうがやや有利です。とはいえ磐田のホームですし、今シーズン過去2試合の磐田はなぜか主力が何人か離脱している状態(川口・駒野・ジウシーニョ・前田選手がいたりいなかったりだった)で湘南戦を迎えておりますので、この試合では強い磐田との対戦が予想されます

1994年の昇格時の同期である磐田は、ホームスタジアムがヤマハ発動機所有(ヤマハ発動機の工場の敷地内にある)ですし、株式会社ヤマハフットボールクラブ(最近エンブレムから親会社名を外すのが流行っているなかでも会社名がエンブレムに入っているクラブのひとつ)ですし、ヤマハ発動機があってのクラブです。磐田市が鹿嶋市・鳥栖市・稲城市と並んでJクラブのある市では最小クラスの市なので、自治体が頼りになりません。そんな中でリーマンショック以降親会社が連続して千億円単位の赤字を出しております。そもそも国内のバイク市場が第2次ベビーブーム世代が20歳前の頃と比べて半分以下の市場(週刊少年ジャンプの販売部数がピークの1/3ちょっとになっているのとどっこいどっこいの下落率らしい)に落ちておりますので、日本で広告費を使っても挽回は無理でしょう。それでもジュビロを手放さないことは評価しなければならないと思いますが、この状況でJ2降格をしたらフジタ撤退のベルマーレ以上に大リストラが株主やメインバンク主導で行われてもやむをえないと思います。だから必死です。川口・駒野・ジウシーニョ・前田選手が必死じゃあ・・・、かなり厳しいですよ

土曜日は15:30からと、公式戦では久しぶりの昼間の試合となります。坂本紘司選手と、メンバーに入れば松本拓也選手にとっては感慨深い試合になると思います。その後押しが出来る試合になればいいですね。試合前後は浜松に鰻や餃子を食べに行く人が多いのでしょうか?。

翌日は、今週酒匂川の増水でマスコミに出まくった小田原にてFリーグのステラミーゴいわて花巻戦(14時キックオフ)があります。先日アウェイで北海道に勝ったベルマーレフットサルですが、ホームではまだ勝っていないので、この試合で勝っておきたいところです。相手の花巻(監督は実質初代湘南監督の岡田サントスジオゴ監督)は3年連続湘南より下の順位でしたし、勝つ可能性は高いと思います。

まあ、日本振興銀行が日本初のペイオフということで大変だとは思うのですが、ベルマーレに出資はしているものの親会社というわけではないので、とりあえず今季は大丈夫だと思います(グッドウィルを思い出すなあ・・・)。来季以降は今年ここのグループが出していたスポンサー料が不透明になるわけですから、これから先のおサイフに影響はあるでしょうけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町田ゼルビアのJリーグ入会予備審査落選

いくつかの話題をまとめて出そうと思ったのですが、町田ゼルビアのJリーグ入会予備審査落選関連だけで長文になってしまいましたので、本日はこの件だけにします。

町田ゼルビアのJリーグ入会予備審査落選について記者会見がありました。オイラが得ている情報は報道ベースのもののみです

オイラも社会人をやらせていただいているので、いろいろなパターンのプレゼンテーションは本業のほうで見ましたが・・・。なんといいますか、記者会見は「いかに町田市が正しいかを一方的に主張する会」だったんじゃあないかなあと思われます(会見場にいたわけではないので本当は違うかもしれませんが・・・)。ただただ町田市がいかにがんばっていたかを発表するだけで、これは鵜呑みには出来ないぞと思いました。Jリーグ側の発表がなければ下手すれば欠席裁判です。がんばっているのであれば引く必要はありませんが、実際はあっさり引いてしまっていますのですから、立場が悪いです

この事件が発生した原因は、JリーグがAFCより導入命令を受けている「クラブライセンス制度」に対して、そちらへの移行のしかたに無理があったからと思われます。JリーグのほうがAFCより厳しいレギュレーションになるのは、日本の物価や生活水準が他のアジアより高いからでしょう。高いほうが転んだときにする怪我が大きくなりますから・・・。そのレギュレーションを2013年開幕前までに揃えなければならないということで、猶予期間を与えるつもりで前倒しで2010年にスタジアム検査要綱を作ったら、以前のスタジアム検査要綱クリアギリギリで申し込んでいたクラブ(町田ゼルビア)があったことに後で気がついたといったところだと思います。既存JクラブやACLに目が行って、昇格組どころではなかったのでしょう。今年がそんな年だったのは運が悪かったと思います。

クラブライセンス制度が運用されれば、従来は認められていたことが認められなくなります。最もこの制度に引っかかる可能性が高いと思われる日立柏サッカー場での試合は制限されるでしょう。大分やヴェルディはここまでに債務を圧縮しなかったらJFLに行くことになるかもしれません。今年さっくりゼルビアが昇格しても、クラブライセンス制度をもとにスタジアムを理由に降格させることになるのでしょうから、だったら上げないでおこうという論理も働くと思います。

上げない理由としては、現在のゼルビア関係の自治体からの投資に2013年の国民体育大会が名目として使われており、2013年までは投資の名目があるので、更なる設備改善が出来るとみたからなのではないでしょうか?。県や市の施設(周辺道路までも含む)は47年に一度の国体を名目に予算が下りているところがあり、なんと2002年のワールドカップスタジアムも国体での使用を前提とした「予算の前倒し」になっております(日産スタジアムが1998年に出来たのもこの年の国体のためです)。2013年以降は町田市に大予算が付く可能性が下がりますので、「やるなら今のうちに」とJリーグ側も考えたのかもしれません。そしてかつて施設面にたくさんクレームをつけて改修部分を増やしたニンスタ(愛媛FC)が、それでもJ2ワーストクラスの施設として、スタジアムが集客などに悪影響を与えているので、その反省から新規の昇格に厳しくなったと思われます。そういえば愛媛の騒動のときも今回の騒動のときもチェアマンはアントラーズ出身でした。鹿島アントラーズは住友金属からの支援がある上で茨城県からもかなりの支援を受けて、あんな僻地に「茨城県立カシマサッカースタジアム」を建てておりますから、その血が騒ぐのかもしれません。

J1の試合に12,000枚ちょっとしかチケットを販売しなかった「御三家」のスタジアムである日立柏サッカー場は論外ですが、市原臨海・敷島・栃木グリーンスタジアムなどには例外を認めております。これは昇格する時点で改修計画があれば認めているので、なにもJリーグ開幕の時点で完成している必要はありません。しかし町田市立陸上競技場には例外が認められませんでしたので、2011年以降にさらに改修する計画が用意されていないものと思われます

オイラは2009年・2010年と野津田の町田市立陸上競技場に2試合ずつ行っておりますが、この競技場は2009年時点で厚木の荻野運動公園陸上競技場と似た構造のスタジアムです(おそらく厚木が町田の図面を真似したと思われます)。今回の町田の工事ではバックスタンドとサイドスタンド(ゴール裏)を改修するそうですが、メインスタンドは椅子の交換のみのようです。しかしこのメインスタンドの内部は、小さな平塚競技場で比べても2/3以下くらいの屋内スペースしかありません。町田市立陸上競技場は存じませんが、近いサイズの荻野運動公園陸上競技場には入ったことがあり、用具倉庫が場所をとっているので2009年のリーグの基準もクリアできそうにないと思います。物理的に2010年の基準の設備を町田市立陸上競技場に詰め込むことは難しいのではないでしょうか?。となると「メインを改修しない」の一報でJリーグも充分と判断し、図面の時点で判定を下すことも考えられます。町田側の主張では情状酌量があると思っていたそうですが、最初から情状酌量ありきでお願いをするということは、普通の商取引や採用面接では考えられません。基準をクリアしていなかった群馬や栃木はまがりなりにも「当時の基準」で「計画だけは出している」のですから、町田も「現在の基準」で計画くらいは出す必要があったのかもしれません(構想だけなら3月に基準変更の通告が来てすぐに議会に提示することは出来たかもしれません)。J2になるとtotoの対象になるのですから、あまりにも設備が足りないと、そっちのほうからもクレームが来る可能性があります。

個人的には、町田は「Jリーグ史上初めてJ1を最初から放棄しているクラブ」なのですから、ACLに直結するルールから外してJ2限定で昇格させてもいいとは思いますけどねえ・・・。J1非対応スタジアムのクラブのうち、北九州は一応新スタジアム建設を計画に上げており(この計画が反故にされそうなので次の町田に対しては認めないのでは?)、水戸はホームタウン内に笠松がありますが、町田は町田市のみでの活動を謳っております。確かに野津田は極端に駐車場が少なく、道路が細いので帰りの渋滞が激しく、そもそも山の中腹に造ってしまったのでタダ観可能スタジアムで、最高入場者数7,081人(2010年鳥取戦)は歴代J2昇格クラブ+鳥取の中で過去最低で、栃木ウーヴァ戦の再入場のチケットチェックが招待券を提示している客が異常に多く驚きましたし、オールプロチームでありながら単価が安すぎるため2010年のシーズンチケットの売り上げを足し算すると400万円に満たないことがホームページの記載から算出できますし、基準を満たしたスタジアムがある倍近い人口の相模原市にもJリーグ準加盟クラブがありますが、町田市出身のサッカー選手は多いですからねえ。17年もJリーグがあるのに平塚市出身のサッカー選手が野球どころの厚木市より少ない2名しか思い浮かばないのとは大違いです。

あとは「最初から情状酌量ありき」という消極策をとった町田市がやる気を出すかにかかっていると思います。おそらくメインスタンド改築が要望されるでしょう。改築すればJ1にも上がれる規格になると思いますが、莫大な費用がかかることでしょうね

親会社がある
県と同じ権限がある政令指定都市のクラブ
県で唯一のJクラブ
この3つのいずれにも該当しないクラブは、あれだけJリーグクラブがあって湘南ベルマーレと水戸ホーリーホックしかございません。そのベルマーレでさえJリーグ昇格時は「フジタ」という親会社が付いておりましたし、ベルマーレは11番目というまだクラブ数が少ない時期の昇格だったから何とかなったと思います(水戸は28番目のJクラブだった)。町田がJリーグに参入すれば3番目の事例だったのですが、39番目(横浜フリューゲルスと横浜FCは区別してカウントしております)で親会社もありませんから、我々より大変なのは想像できます。加えてあの立地ですからねえ・・・。

実は湘南も「クラブライセンス制度」については対岸の火事ではありません。客席のバリアフリー関連は確実にアウトでしょう。また18,500人収容というのも、チケット販売実績的に本当は15,000人収容で消防法をクリアしていると思われ、ギリギリです。早急に改修を希望したいところですが、昨日の記事で書いたとおり、平塚市は平塚市役所や平塚市民センターなど老朽化した建物が「歴代市長は何をやっていたんだ?」級にいくつも更新先送りをされており、かなり厳しいと思います。「そこを何とか」と優先順位を上げさせるための数字を挙げる施策はベルマーレもとらなければならないでしょう。2010年は厚木市ともども戦後初の市民人口減を発表して叩かれることがあらかじめ見込まれている平塚市ですから、容易ではありません。

今回初めて知ったのですが、愛媛・岐阜・熊本・栃木・富山・岡山・北九州はJFLで7,000人以上集客した試合があるのですね。ではなぜ岡山以外は平均集客が何倍もあるJ2で逆に集客が減ったのかなあ?とは誰もが思うことだと思います

<追記>でも、埼玉スタジアムしかクリアしていない検査基準で町田が落ちるのなら、なぜ同じ検査を受けた鳥取松本がスタジアムで落選していないのでしょう?。JFLはJ1よりいいスタジアムを使っているか、町田がウソをついているかのいずれかでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

厚木市役所食堂

本日は所用がありお休みだったので、食事を市役所で済ませました。市レベルの自治体ですと多くの自治体が社員食堂のようなものを持っております。どこも職員でないと使用できないということはなく誰でも利用ができ、役所で手続きなどをしに来た方が利用しております。特にホームページはございませんので、「公共食堂調査隊」の紹介記事をご参考にしてください。

厚木市役所の場合は第一庁舎の地下1階にあります(といっても駐車場を掘り下げているので、この階から屋外に出られる)。よく市外の人に「厚木市役所って小さい建物ですね」と言われるのですが、唯一厚木市役所の看板を掲げている第一庁舎には窓口・食堂・市議会・市長室くらいしかなく、星槎学園厚木学習センター(厚木中央公園から一番近い自販機がここが設置している市内唯一の「横浜FC自販機」であるので、「第3回神奈川フードバトルinあつぎ」ではベルマーレ以上に目立っていた)を挟んで隣にある15階建ての厚木ビジネスタワー(全館が厚木市役所第二庁舎)で市職員の大部分は働いております(第三庁舎まであります)。厚木や海老名の市役所を見てからベルマーレ戦で平塚市役所(戦後すぐの建物にしては斬新なデザインだと思う)を見ると老朽化著しいのが目立ち、大地震時に老郷本店の次くらいに平塚市役所(ここにも食堂があります)が倒壊するのでは?と思われますので、こりゃあ先に平塚競技場改修をなんて口に出せないなあと、いつも残念に思います

開催が近いB-1グランプリ出店団体ののぼりが窓口に飾られた厚木市役所第一庁舎に入り、地下にいくと簡単な売店とこの食堂があります。結構入りそうなスペースですが、窓のない部屋はガランとしていて50席程度となっております。とても市職員の数にあいませんので、市職員はあまり利用していないのでしょう。

セットA・セットBの日替わり定食、日替わりカレー、日替わりラーメン、うどんとそばが交互に登場する和麺、コーヒー等といったメニューになっております。オイラは牛肉と白滝炒めのAセットをいただきました。牛肉と白滝炒めは餡かけ状のもので、シュウマイが別皿でした。量を調整してくれるご飯とサーバーを利用した味噌汁などがつきます。まあ、いわゆる社員食堂クオリティで、一般のお店としてこれが出たら「無星」かなあといったところですが、決してまずいものではなく、オイラは満足しております。おばさまもきちんと接客いたしますので好感をもてます

セットメニューは400円台で、すべてのメニューは500円以下となります。「安い」と言いたいところなのですが、今となっては安くないですね。これが50席程度の理由かもしれません。牛丼系・駅蕎麦系を中心としたファストフードやスーパー・デパートのお弁当でもこのくらいの価格で出せます。もっとも彼らが営利企業なのにこの価格で出せるのは無理なコスト削減の可能性も高く、農家や漁師に値引きを強要したり、地方のセントラルキッチンの仕事をアジアにやらせたりということも踏まえてですので、歓迎していいのかが微妙です。農協などにはがんばっていただきたいと思います。

自治体の食堂というのも考えようによっては有効活用出来そうなもので、地元産の農産物を活用したり(厚木市役所の場合は庁舎で栽培したゴーヤを使用した)、酒なども含めた地元名物を市外からの来客者に振る舞ったり(地方に事例多数)、何らかのハンディキャップがあってフルタイムで働けない人の雇用先に利用したり、復刻版学校給食として昭和の市立小学校のメニューを出したりなどが考えられますが、立場的に「民業圧迫」になってはいけないので難しいところです。厚木市役所は本厚木駅北口の繁華街に近いので、もし強くなってしまうと影響が大きいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯2回戦終了

日曜日は夕方からケーキ持参で某所を訪問していたため、今年は天皇杯の湘南ベルマーレ初戦には行っておりません。

湘南 4-0 山口

1部リーグの湘南と4部リーグのレノファ山口の試合で、しかも遠方アウェイのレノファ山口は中1日で試合をしているのですから、山口のほうが気の毒で、湘南は勝って当たり前です。まあ松本山雅・明治大学と2年連続天皇杯初戦敗退でしたし、リーグ戦でも最近勝っていなかったので、勝ったこと自体はよかったと思います

ちなみに9月5日は、既報のとおりベルマーレのソフトボールが厚木で勝利し、ベルマーレのフットサルも横浜FCと同じフィートエンターテイメント傘下のエスポラーダ北海道に旭川で逆転勝ちいたしました。ベルマーレは1日で3勝したことになります(ジェフ千葉とかはトップ・サテライト・リザーブズ・レディース・ユースで「1日5勝」とかありそうですが・・・)。

湘南の天皇杯3回戦は来月10月9日(土)13:00より、アウェイのJ1山形戦です。どちらも昨年の天皇杯で明治大学に敗れている同士の対戦になりますが、J1のアウェイ山形戦をしたあと、アウェイFC東京戦を挟んで、また天皇杯でアウェイ山形戦という、山形に行ってばかりですね(さらにナビスコカップでもアウェイ山形戦があったし・・・)。試合はともかく、この夏以降NDソフトスタジアム山形の芝が悲惨な状態にハゲちょびれているので、復旧作業の結果、試合当日にコンディションがどうなっているかが気になります

他の対戦を見てみますと、昨年の成績がJ2下位だったためJ2同士の試合になったところを除けば、ほとんどのJリーグクラブが有利な日程を背景に勝利を収めました。

しかしJ1ベガルタ仙台とJ2東京ヴェルディが、それぞれJFLのソニー仙台と町田ゼルビアに破れました。町田ゼルビアはJFLシード枠なので1回戦がありませんでしたので、条件としてはヴェルディと同じでした。しかしソニー仙台は金曜日にJヴィレッジで延長戦をした後での日曜日の試合、ベガルタ仙台は水曜日(ナビスコ杯)とメンバーを入れ替えており、所属リーグのレベルも2つも違うという状況でしたので、ベガルタは別格の恥ずかしい敗戦になってしまいました。まあJクラブも数十チームもあるわけですので、不運なクラブも当然あるでしょう。そして退場者を出して敗戦した東京ヴェルディは平本・飯尾・河野選手が次節出場停止選手で、対戦する横浜FCは大喜びといったところでしょうか?。

天皇杯2回戦の当日朝、町田ゼルビアが予備審査の段階で9月1日の時点でJリーグ入会落選が通知されていたことを発表いたしました9月7日に説明会をするそうですので、それまでは何ともいえませんね。でもだったら9月6日に落選を発表して9月5日は試合だけに集中したほうがよかったのでは?とは思いますが・・・。J1では大宮戦に出店することで有名な天雷軒ラーメンは、大宮戦がなければこの町田戦にも出店しているので、J2クラブサポーターでここの女社長さんのファンの方は、町田残留は残念なのでしょうか?。

地方自治体はいったん許可をもらうともう手をつけないということが万事多いので、愛媛FCの認可の際にJリーグが激しい駆け引きをして設備の追加増強を引き出しました。おおかた町田市に対しても同じことをしたら無視されたので、リーグが強攻策に出たというところでしょうか?(完全にオイラの憶測です)。町田市のサッカー投資は2013年東京国体向けの予算を活用していることを明言しているので、ここ1・2年を逃したら向こう40年は自治体から大型予算を出すことが難しくなると思います。どうなのでしょうね?。ここは駐車場と周辺道路をなんとかしないと結局は5,000人しか集客できない(それ以上になるとシャトルバスが悲惨)と思いますが・・・。

一時期栃木県民だったオイラとしては、「引地台(大和市)のドカベンスタジアムで草野球をしたときの話」とか、「ごめんね、ごめんね~の元ネタは町田のマグネシウム工場の同僚」とか、「自分たちは10年間町田在住の地元民」と小田急線沿線での営業先ではアピールしているU字工事が、栃木芸人としてしれっと栃木SC応援番組をやっていることを考えると、ぜひ「町田vs栃木 戦」は観たいと思いますので・・・(栃木がJ2入りした年に町田がJFL入りしているので、対戦がない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の家 モンサンミッシェル

先週末に手土産購入に利用しました。フランスの世界遺産のモンサンミッシェルのほうにも行ってみたいのですが、こちらは平塚市公所にあるケーキ屋です(店名のふりがなは省略)。ホームページは特にございませんので、食べログの紹介記事をご参考にしてください。

2009年まで厚木の幸せの丘のチーフだった方が、本厚木駅前店オープンの直前に独立してこの地に開店したお店です。

楽食にせよ、ZUND-BARにせよ、Maison de gatohにせよ、平成になってから「客はクルマで来店出来るから」ということで、駅やインターチェンジからかなり遠い場所に飲食店を出すことが、神奈川県でも増えました。モンサンミッシェルの立地につきましても、結構な住宅街にあるとはいえ、駅(小田急線・東海大学前駅)やインターチェンジ(小田原厚木道路・平塚IC)から遠いです。 でもこの立地の雰囲気は幸せの丘の本店のあるあたりにそっくりです。駐車場がお店の反対車線にございますので、クルマでご来店ください

ケーキと焼き菓子を販売しておりますが、チーフだったので当たり前なのでしょうが商品構成は幸せの丘に似ております。販売時にシュー生地にクリームを入れるシュークリームはこのお店でも同じ方式で販売されております。ただ、幸せの丘名物の「オリジナルケーキ作成」(アニメキャラ・乗り物・動物などのケーキを受注製造)はやっていないのでしょうか?。まだ開店したばかりで名が売れていないということもあり、オーナーの倉島稔さんの実績を前面押ししております。前のお店での受賞作品(保存が利くようです)やいくつもある賞状、加藤あいさんにドコモダケのケーキを提供したときの写真などが飾られております

この日は単品ケーキをいくつか買いましたが、幸せの丘と似たケーキは、本家に負けず劣らず好評でした。平塚駅南口の各洋菓子店に負けないよう、名を売っていただければなあと思います。

★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトボール 湘南vs日本ウェルネススポーツ専門学校 戦

今頃試合中だと思いますが、本日は夕方に所用が入りましたので、天皇杯2回戦には行きません。

9月3日(金)・4日(土)・5日(日)の3日間、厚木市営及川球技場にてソフトボール女子2部リーグホープセクション厚木大会が開催され、5日(日)のみ都合がついたので、今年も行きました(2008年の記事2009年の記事)。対戦相手は日本ウェルネススポーツ専門学校です(全国展開の専門学校のようですが、東京のチームのようです)。

この日の天気は「晴れ」。9月とは思えない日差しで暑かったです。毎年のことですが何百人も観戦しておりました。

硬いものがつぶされて、元に戻る力が打球の飛距離になっておりますので、

ゴルフボール > 野球の硬式球 > 野球の軟式球 > ソフトボール

という打球の勢いなので、野球のように長打は出にくいです(プロのホームランバッターが軟球を本気で打つと割れますし・・・)。このため長打一本で大量点というのが難しく、投手がいいと日本代表を9人並べたような打線でもたまに単打が出るのが精一杯でどうにもならないこともあります。以前にも書きましたがソフトボールは、投手力と、野手が守備や進塁打でミスをしないことは、野球以上に大事になります

で、試合を観ると、日本ウェルネススポーツ専門学校の投手が、女子2部リーグのレベルから比べると「打ちごろ」の投球が多かったなあと思います。試合を通して後攻のベルマーレの選手が当たっておりました。初回と6回に1点づつ獲って勝ちました。併殺打が何回かございましたので、これがなければ他のイニングでも点が獲れたかもしれません。

湘南ベルマーレ 2-0 日本ウェルネススポーツ専門学校

昨日も勝っているため、これで厚木大会は2勝1敗と勝ち越しました。来季は1部リーグ昇格争いを展開する上で3連勝できればなあとは思います。ソフトボールチームの選手は県内各社に選手が分散して働きながら、酒井スポーツ広場(厚木市・相模川河川敷)で練習をしております。今シーズン終了後、以前から硬くなってしまって問題だった厚木市営及川球技場の人工芝張替えが決定しております(ここは照明もありますし、ベルマーレサッカースクール及川校の会場などアマチュアサッカーでもよく使われるので、横浜スタジアムや明治神宮野球場レベルの人工芝に生まれ変わっていただくと、地元のサッカーにも恩恵があります)。それに華を添えるような躍進を期待したいと思います。ソフトボールの選手は試合中ずっとベンチで声がけを行っているので、皆元気で威勢がいいです。経営者の方がお読みでしたら、ぜひ選手の雇用をご検討いただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

天皇杯1回戦終了

ふろん太がダチョウ倶楽部なみの小芝居(!)をしていますねこんなの「乗る」って予告しているようなものだろうに・・・。明治時代の早慶戦は早稲田が慶應に挑戦状を出したことで始まっているのですよね(野球体育博物館に挑戦状の現物が展示されております)。だからサッカーでこういうことがあってもいいのではないでしょうか?。あと現在都市対抗野球が東京ドームで行われておりますが、1回戦を対象に応援団コンクールが審査されており、ユニークなパフォーマンスや社員チアガールの写真が毎日新聞を飾ったりいたします。いかにもJリーグがマネしそうな企画ですが、どうなのでしょう?。

今日は囲碁好きの方とお話しをしたのですが、2010年11月の広州アジア大会には実は「囲碁」も競技としてあるのですが、なんと他競技と同じ内容のドーピング検査をするのだそうです。ほとんど関係ないと思うのですが・・・。オイラは囲碁はなんとか対局が出来るという程度しか出来ないですし、知識もフロンターレにいた吉原慎也さんの奥様が梅沢由香里さんだなあという程度なのですが、今年も第15回湘南ひらつか囲碁まつりが10月10日(日)にありますので、平塚市的には国内の囲碁が盛り上がることは間違いなくいいことだと思います。ちなみに中国・韓国・台湾の囲碁はかなり強く、世界選手権のスポンサーはフロンターレのスポンサーでもある富士通だそうです。

ていうか、男子サッカーはU-21を初公式戦としてアジア大会に派遣するのですよね。村松大輔選手やハングギョン選手も呼ぶのでしょうか・・・。個人的には、数年先を見据えてもし呼ばれたら送り出すべきだと思いますけど・・・。

日本ソフトボール協会ホームページによると、本日湘南ベルマーレは日立マクセルに敗れたそうですね。土日にがんばってください(元JFA会長の岡野俊一郎さん(岡埜栄泉5代目)、JOCやIOCでかなり活躍したからとはいえ、ISF名誉勲章でいったいいくつめの表彰ですか?)。

本日は平塚競技場などで天皇杯1回戦が開催されました。平日なので行けません。結果だけです。

レノファ山口 2-0 米子北高
Y.S.C.C. 0-3 鹿屋体育大学

日曜日の2回戦は「湘南ベルマーレvsレノファ山口 戦(平塚)」と「川崎フロンターレvs鹿屋体育大学 戦(等々力)」となりました。4回戦まで神奈川対決という「天皇杯序盤の神奈川杯化」はJリーグ勢登場の前に失敗しました。急用が入ったので平塚に行けるかどうかわかりませんが、がんばってください。

いつもの年だと「プロリーグであるJ1・J2は誰が出てもJFL・大学以下には勝たなければダメ」とかいうことを書くのですが、今年は「1回戦のあとが中1日で2回戦」というトンデモナイ日程でJFLシード以外のアマチュアにはあってはならない日程です。今年はいつもの年以上にJリーグ勢が有利でしょう。これでは山口に勝ってもインチキって言われ、負けると酷いことを書かれそうで嫌ですねえ。

ちょうど今週末にA代表(活字はみんな「ザック監督」と略すのね・・・)の試合がありますが、おそらく代表関連のスケジュールでこうなったのでしょうね。Jリーグ同士が対戦する予定の3回戦・4回戦はそれぞれU-19とU-21日本代表や韓国代表が参戦できません。天皇杯準々決勝以降とJリーグ最終節の間には20日間間が空きますが、ここをがっちりオフにしないと天皇杯準々決勝以降と2011年1月のAFCアジアカップ(カタール)の両方に出る選手にオフがありません(かつ南アフリカにも行った選手となるとかなり長期のオフなしになります)。これはクラブ側が怒りそうですね。そのしわ寄せが今週末のインターバルということなのでしょう。東京都代表のヴェルディユースにいたっては「都内で駒大戦・札幌で高円宮杯・都内でFC東京トップ戦」という金土日の可能性もあったというすさまじさです。

さて、他の天皇杯1回戦の結果を見ますと、

ヴェルディユースは駒澤大学に負けたそうです。いやいやJFLより強い大学がいくつもある東京都代表にユースが入るというのがすごいです。本来のカテゴリーでがんばってください。

福島ユナイテッドが2点先制したあと追いつかれ、延長でソニー仙台に敗れたそうです。経営状況を考えれば勝ちたかったところですね。

湘南から期限付き移籍している林慧選手も得点を挙げてツエーゲン金沢が勝ちました。

「Jリーグ原理主義者へプロレタリアの鉄槌」の方が応援をするホンダロックが、昨年鉄槌を下したヴェルディに続き今年はよりによって大分トリニータへの挑戦権を獲ました。オイラからは何もありません。そちらのブログを読んでください。

秋田県で読売ジャイアンツ応援ブログを書いているベルマーレOBが所属するクラブが巨人戦のようなスコアで勝ったのですが、そのクラブが「Jリーグ規格スタジアム整備の署名活動のお願い」を出しておりますので、よろしかったらご協力ください。

熊本学園大学付属高校が高校勢唯一の勝利で2回戦進出とのことです。おめでとうございます。

松本拓也選手の本籍である順天堂大学も2回戦進出おめでとうございます。

こんなところでしょうか?。

全国社会人サッカー大会は国体の前年に開催県になるのですが、今年の国体は千葉、来年は山口、再来年は岐阜です。ということで今年の全国社会人サッカー大会は山口県なのですが、国体がある年までの数年は県がハードだけでなくソフトにもお金を出してくれるのでどの競技も結構強く、その勢いで国体のほうの天皇杯を地元がゲットしやすくなっております。しかし国体が終われば元に戻ります。これをモロに見誤って福島FCが破綻をしてしまったのは有名ですので、経営維持のための実績作りとしてレノファ山口も結構必死に天皇杯も戦うと思われます。あなどってはいけません

対して湘南は2年連続天皇杯初戦敗退。実はヤマザキナビスコカップ全敗ということもあって、最後にカップ戦を勝ったのは2007年の天皇杯3回戦V・ファーレン長崎(当時九州リーグ)戦までさかのぼります。1円でも給料をもらっていれば高校生であったとしてもプロですので、アマチュアに負けないようがんばっていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月18日(土)・19日(日)はB-1グランプリ in 厚木

今年は第5回B-1グランプリが、神奈川県厚木市で9月18日(土)・19日(日)に開催されます。それに関する検索で当ブログに来られる方も思ったよりいらっしゃいますので、わかる範囲でまとめておきます。

B-1グランプリ公式サイト(B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会)
「B-1グランプリin厚木」公式サイト(厚木側)

まずB-1グランプリは、もともとは青森県八戸市の団体が「八戸せんべい汁」を宣伝するために開いた大会です。それがここまで知名度のある大会になったことは、この団体が地方にあるにも関わらず、プロジェクトX級にものすごくPR活動がうまいということだと思います。アサヒビールなど宣伝広告費の大きい会社を味方に引き入れたのも大きいでしょう。

ただその名残で懸念される問題も無きにしも非ずと思われます。過去の会場は、

第1回 青森県八戸市
第2回 静岡県富士宮市
第3回 福岡県久留米市
第4回 秋田県横手市
第5回 神奈川県厚木市
(第6回予定 兵庫県姫路市)

お気づきかと思われますが、この大会はいままで首都圏・京阪神で開催されたことがございません。今回の厚木大会は首都圏開催の上で東京23区・川崎市・横浜市・相模原市と50km以内に4つも政令指定都市を抱えた地域で行う初めての大会です。過去の盛り上がりのまま首都圏の人口に置き換えると、えらいことになるのは必至です

というのも、この大会のリハーサルイベントとして開催された「第3回 神奈川フードバトルinあつぎ」が、あまりにも混雑しすぎて身動きすらままならず、大不評だったのです。混雑をしないような大会運営が出来るかがこの大会の成功にかかっていると思います

それを踏まえて概要が発表されましたが、

開催日時
平成22年9月18日(土)・19日(日) 10:00~16:00

会場
(1)B-1グランプリ第1会場(イトーヨーカドー駐車場)
(2)B-1グランプリ第2会場(厚木野球場)
(3)ロコフードフェスタKANAGAWA会場(厚木中央公園)

「厚木野球場」「厚木中央公園」って言われても、一般市民の間ではその名前で呼ばれていないのでねえ・・・。「厚木野球場」というより「元町(もとちょう)の市営グラウンド」、「厚木中央公園」というより「市役所の向かいの公園」のほうがピンときます(オイラだけか?)。日産自動車の要塞の近くにある「厚木市営玉川野球場」だとかなり遠いのでお間違いのなきようお願いいたします。本厚木のお祭りで頻繁に使われる「はとぽっぽ公園」は今回は使わないようですね。

ていうか、第1会場(イトーヨーカドー駐車場)と第2会場(厚木野球場)は市立厚木中学校学区の西端と北東端ですよ。かなり歩きますので、ご注意ください。でも歩いてカロリーを消費したほうがおいしく食べられると思いますので、歩きましょう。なんか勝負に影響を与えそうな気がします。

おそらく10:00~14:00は混み、14:00~16:00は空きます。しかしお昼をすぎると売り切れたり、ロスを出さないように調理をしないものもありますのが考えてしまうところです。

エントリーは以下のとおりです。詳しくは公式ホームページでの紹介を参照してください。厚木中央公園会場でも、ロコフードフェスタKANAGAWAとして平塚競技場のフードパークの半分ぐらいは獲られるのでは?というくらい神奈川県の食品が並びます

北海道富良野市 富良野オムカレー
北海道北見市 オホーツク北見塩やきそば
青森県八戸市 八戸せんべい汁 
青森県黒石市 黒石つゆやきそば 
青森県十和田市 十和田バラ焼き 
青森県青森市 青森生姜味噌おでん 
秋田県仙北市 あいがけ神代カレー 
秋田県横手市 横手やきそば 
岩手県北上市 北上コロッケ 
宮城県登米市 登米・油麩丼
宮城県石巻市 石巻焼きそば 
福島県双葉郡浪江町 なみえ焼そば 
群馬県太田市 上州太田焼そば 
埼玉県行田市 行田ゼリーフライ 
神奈川県三浦市 三崎まぐろラーメン 
神奈川県厚木市 厚木シロコロ・ホルモン 
神奈川県湯河原町 湯河原名物たんたんたぬきの担々やきそば 
神奈川県南足柄市 足柄まさカリー 黄金(きん)のポット
山梨県大月市 大月おつけだんご
山梨県甲府市 甲府鳥もつ煮
静岡県富士宮市 富士宮やきそば 
静岡県静岡市 静岡おでん
静岡県裾野市 モロヘイヤ入りすその水ギョーザ 
静岡県三島市 みしまコロッケ
静岡県袋井市 袋井宿「たまごふわふわ」 
静岡県浜松市 浜松餃子 浜松餃子学会
愛知県豊川市 豊川いなり寿司
三重県四日市市 四日市とんてき
長野県駒ヶ根市 駒ヶ根ソースかつ丼
岐阜県郡上市 奥美濃カレーひっちゃく棒
岐阜県各務原市 各務原キムチ鍋
岐阜県郡上市 めいほう鶏ちゃん
福井県小浜市 浜焼き鯖バラちらし寿司
兵庫県明石市 あかし玉子焼
兵庫県高砂市 高砂にくてん
兵庫県姫路市 姫路おでん
岡山県津山市 津山ホルモンうどん
岡山県真庭市 ひるぜん焼そば
広島県府中市 府中焼き
鳥取県鳥取市 鳥取とうふちくわ膳
島根県出雲市 出雲ぜんざい
福岡県北九州市 小倉発祥焼うどん
福岡県久留米市 久留米やきとり
長崎県雲仙市 小浜ちゃんぽん
長崎県大村市 大村あま辛まっ黒!カレー 
大分県佐伯市 佐伯ごまだしうどん

会場へお越しの際は極力小田急小田原線をご利用ください。確実に駐車場が足りず、本厚木地区全体があつぎ鮎まつり花火大会体制で交通整理をすることを既に予告しております

この大会は金券制となっております。現金では注文できません。当日券も販売いたしますが、ローソンチケットで前売りも行っておりますので、行くことを決めている方はご利用ください

この類のイベントを楽しむコツは、なるべく団体で行き、食べ物をシェアすることです。気に入ったものがございましたら追加注文をすればいいのです。みんなで分けることで多くの種類を楽しむことが出来ます。デートより家族向けですね。

以前の神奈川フードバトルinあつぎでは飲料水の確保がやや難しいという問題がありましたが、改善されました。しかし今大会は規模が違うので、もしかしたらまた問題になるかもしれません。

他には・・・、やめておきます。

個人的には、訪れた厚木市内にちゃんとしたプロによる厚木シロコロのお店があるのに、わざわざ大学生や市議会議員や商店街の食品のアマチュアによる露天の厚木シロコロを食べるのはどうかなあ?と思うのですが、まあ健闘を期待いたします。事実上の主催者の厚木シロコロ・ホルモン探検隊の幹部の方々も、話を聞いてみると地方の中小企業のおっちゃんだなあという感じで、各界の有名企業が行っている「ビジネスの進め方」をしたことがないので、有名になってからいろいろ面食らっているようにみえるのですが、がんばっていることは認めるところですので、成功を期待したいと思います(富士宮焼きそば、厚木シロコロ・ホルモン、横手焼きそばは殿堂入り扱いになっているようで、賞レース外のようです)。あと、厚木シロコロが有名になりましたが、市民としては1ジャンルに過ぎないとも思っております(実際厚木市民のブログを巡回すると、そんなにシロコロが登場しないことに気がつかれるかと思われます)。福岡市民が豚骨ラーメンばかり食べているというわけではないように、厚木もシロコロしかないというわけではございませんので、他の食品もよろしくお願いいたします

ちなみに9月18日(土)は、平塚競技場で19:00よりJ1湘南ベルマーレvs川崎フロンターレ戦(藤沢ホームタウンデー)もございます。NHK BS1で全国生放送をいたしますが、ぜひこちらもよろしくお願いいたします(16時に本厚木駅を出ても、「厚木駅からJR相模線」「伊勢原からバス」ともに17時半までには平塚市総合公園に到着できると思います)。BS-TBSの中継があったアウェイ戦はキングベルⅠ世も湘南新宿ラインで等々力入りしましたが、この試合には逆にふろん太を呼ぶようですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本代表の件、および今週末はソフトボール。

第22節の週に開催される仙台カップ国際ユースサッカー大会古林将太・遠藤航選手(と、草津に期限付き移籍中の菊池大介選手)が召集されるとのことです。上の世代が敗退してしまったAFC U-19選手権(中国)まであと1ヶ月ですので、ここで活躍すればこの大会に出られるでしょう。がんばってください

怒られてしまうかもしれませんが、今年の湘南は、一部の30代の選手に「個人の能力でJ1レベルではない」ことを試合のたびに自己PRしてしまっている選手もいるので、湘南がJ1に残る/残らないに関わらず彼らは来年は「レギュラー剥奪」か「移籍」になる可能性が高いと思います(J2に落ちた場合は2012年も考えなければならない)。そうなると鎌田・村松・松本・菊池・古林・遠藤選手といった現役ユース代表(さらに三平選手も2009年のユニバーシアード代表)はベルマーレの必要戦力になりますので、そのための経験をたくさん積んで欲しいなあと思います。「今回はFIFA U-20 ワールドカップ出場をさせろ」とJFAもJリーグなどに厳命すると思われますので、ベルマーレ系の3人も中国まで行ければいい経験になると思われます。ヨーロッパでは五輪代表はほとんど注目されませんので、日本人もこの世代の世界を経験をしなければなりません。

ベテラン選手が活躍していれば逆に若手選手のほうが来年もレンタルなどを検討しなければならないのですから、若手の運命の主導権は現在所属しているベテラン選手が持っております。過去の事例からも表立って「周りの選手の能力が低いから」とともとれるコメントをベテランなのにした選手は、日本では他クラブGMからも及び腰になって地域リーグ以下や引退に追い込まれた例が多いので、チームとして結束いただければと思います

日本代表の監督がアルベルト・ザッケローニさんに決定いたしました。トルシエ監督は当時欧州では無名、ジーコ監督は既に日本経験があった上に監督としては新人、オシム監督も欧州・日本の監督経験もあったものの高齢ということを考えれば、日本経験がないうえに欧州ではそれなりに知名度がある監督を招聘したのは画期的だと思います(スペインかぶれのイメージのある原博実さんがスペイン関係以外を選ぶとは、同じ栃木のU字工事が舞台で標準語をしゃべるみたいだなあ・・・)。

ここ数年の実績は微妙で、国家代表監督経験もないですが、実際にやってみてもらわないと何ともわかりませんので、まずは2011年1月のアジアカップまではお手並み拝見といったところでしょう。よろしくお願いいたします。しっかし、的中して日刊スポーツを出し抜いたスポニチは、勢いに乗じて就任会見まるで無視の監督説明記事を出しましたね。これも裏で取材しているのでしょうか?、それともテキトーなのでしょうか?。イタリア人監督なので森本・長友・大黒・そして三浦知良(!)選手にとっては追い風でしょう。

本日はナビスコカップ準々決勝とJ2水戸の再試合がありますが、今週末は天皇杯で、金曜日に1回戦、日曜日に2回戦が行われます。湘南の相手はまだ決まっておりませんので今回は取り上げません。Fリーグは旭山動物園(ここの「カプセル・ズー」シリーズは、ここでしか買えないことと、新江ノ島水族館のものより高いだけあって、コレクターや動物好きの方に喜ばれました)のある旭川遠征ですね。

しかしそれだけではありません。今週末は日本ソフトボール女子2部リーグホープセクションの厚木大会が、あさってから3日間開催され、安藤監督率いる湘南ベルマーレソフトボールチームも参加します(入場無料)。例年は春に開催されたのですが、今年は女子1部リーグも厚木大会(玉川野球場)が春に開催(北京オリンピック出場の厚木商業高校OGが出場)されたからか、今週末に移動してきました。

9/3 金 13:00 日立マクセル
9/4 土 10:30 甲賀医専 
9/5 日 13:00 日本ウェルネス

平塚での天皇杯2回戦はナイトゲームですし、ソフトボールは7イニングス制ですので、土・日ともかぶりません。現在湘南ベルマーレソフトボールチームは中位にいるのですが、ぜひご観戦いただければと思います(昨年の記事はこちら)。会場は昨年と同様に及川球技場(おいわきゅうぎじょう)となります。駐車場はありますが、バスの場合は本厚木駅から車庫入れのために多数出ている松蓮寺行きバスに乗って、終点松蓮寺で降りるとよいと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »