« J1 2010 第17節 大宮vs湘南 戦 | トップページ | 8月14日(土)はアウェイ神戸戦ですなど »

つけ麺 虎二

<追記>2011年12月にこのお店は閉店しました

2009年12月に「らぁ麺 虎一」(らあめん とらいち)という味噌ラーメン専門店が厚木中央通りに開店しました。このブログに載せていいかの評価を行おうとは思っていたのですが、都合がつかず春までに訪問することが出来ませんでした。

そうこうしているうちにこの「らぁ麺 虎一」が7月から9月末までの3ヶ月間限定で「つけ麺 虎二」(つけめん とらじ)として営業することとなり(経営者は同じ)、「虎一」に行く前に期限を切られた「虎二」に、ラーメンオフシーズンですが行っておかなければならなくなりましたので、早速行ってきました。ホームページは特にございませんので、「厚木のラーメン好きのくだらないブログ」の記事を参考にしてください。

江戸時代から終戦直後くらいまでは厚木街道であった中央通りこそが厚木の中心でありましたが、その街道に国道246号(その後県道に格下げ)を通してしまったため、商店街としては死んでしまいましたね。この中央通りの、東町スポーツセンター寄りの場所にあります。契約駐車場1台分だけあるらしいですが、本厚木駅から歩いてたった7分くらい(厚木駅からも相模大橋を渡って10分程度だと思う)なので、歩いて行きましょう。どこかのラーメンブログにここは駐車場が必要と書いた人がいたのですが、その人の健康診断の成績が心配です。

お店は15席程度で、若夫婦で運営をされているようです。看板もしっかり「虎二」と変っております

メニューは「魚のつけ麺」「味噌のつけ麺」「辛味噌のつけ麺」。これとチャーシュー丼や味噌ご飯などのご飯もの、ビールやウーロン茶などの飲み物がございます。本来の「虎一」が味噌ラーメンの店なので、「味噌のつけ麺」にしてみました。つけ麺も東池袋大勝軒の類のものが玉石混交で乱立気味なので、それ以外のものがいいかなあと思いましたし・・・。

麺は太麺ではなく中太麺で、量は一般的な量でした。味噌のつけ汁は八丁味噌のような赤味噌で濃いめに作ってあります(まあつけ麺のほうがうどんやそばも含めて濃く作る必要がありますが・・・)。油は多いですが、寒さ対策で油の層を作る札幌ラーメンのような油ではないですね。天かすが入っているようで食感のアクセントになっております。スープ割は豚骨スープのようなものがポットで提供されます。

なかなか面白い味でしたので、記事化しました。「虎一」にも行かねばなりません。ただ800円は高いですね。この店だけではないのですが、どうもラーメン屋だけが世間の物価を無視しているところが多いような気がします。小規模経営が多いうえに麺が外注だったりするのでそういう価格になるのでしょうね。

なお、折り返しの時期になる8月12日(木)から「ごまとトマトのWソースつけ麺」という新メニューを投入するらしいですよ。

|

« J1 2010 第17節 大宮vs湘南 戦 | トップページ | 8月14日(土)はアウェイ神戸戦ですなど »

厚木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つけ麺 虎二:

« J1 2010 第17節 大宮vs湘南 戦 | トップページ | 8月14日(土)はアウェイ神戸戦ですなど »