« 8月28日(土)はアウェイ仙台戦 + 8月29日(日)はFリーグホーム府中戦です | トップページ | 葵亭 »

神奈川にbjリーグのクラブが誕生

来年2011年10月より、岩手・千葉・神奈川・長野にbjリーグのクラブが誕生することが8月26日に発表されました(チーム名未定)。これで横浜ベイスターズ・横浜Fマリノス・湘南ベルマーレ・川崎フロンターレ・横浜FCに続く神奈川県6チーム目のプロ球団が出来ることになります(読売ジャイアンツの二軍とヴェルディグラウンドも川崎市なのですが、一応除外)。bjリーグチームを求める活動は相鉄線沿線で数年前からたまに見かけましたので、まずはおめでとうございますと思います。

福岡ソフトバンクホークスとbjリーグ2チームのある九州で、J2・5クラブが連携しておりますが、
神奈川県の人口 > 福岡県+大分県+佐賀県+熊本県の人口
神奈川県の面積 < 福岡県+大分県+佐賀県+熊本県の面積
ベルマーレホームタウンの人口 > 福岡市の人口
ですので(そー考えると、隣を田舎と呼んでいるクラブだって田舎にあるので、みっともないなあ・・・)、やってやれないことはないでしょうが、客の奪い合いが大変そうです

まあ当面の間は、Jリーグ湘南ベルマーレにはbjリーグの影響は小さいと思われます。サッカーファンは湘南ベルマーレ戦に行き、バスケットボールファンはbjリーグに行くだけでしょう。

問題はJBLbjリーグとの共存が出来るかだと思います。

既に神奈川県内には東芝ブレイブサンダースというJBLのチームがあります。このクラブは東芝はもちろんのこと神奈川県バスケットボール協会(学生団体もこちらの傘下にある)と親密なので、昨シーズン観戦したとき結構しっかりしているチームだなあという印象がありました。JBLは「アマ契約社員とプロ契約選手のチーム」のリーグ戦であって、純粋なアマチュアリーグではありません。アマ契約選手は東芝の一般社員基準の収入・健保・福利厚生とセカンドキャリアがあり、プロ契約選手(東芝の場合は外人選手)は2,000万円以上の年俸があるらしいです。そして練習設備も会社が保有しております。他チームも同じようなものだそうで、昨シーズンJBL王者のリンク栃木ブレックスにいたっては完全にプロチームであることを謳い文句にしており、栃木SC以上に普及活動や地域イベント参加をしております。

しかしbjリーグのサラリーキャップを選手の頭数で割ると、プロでありながら600~300万円の収入しかありません。J2の水戸や岐阜の選手並みと思われますが、彼らは活躍すれば同じJリーグの鹿島や名古屋に移籍できます。bjリーグの選手は生活のために早くbjリーグを脱出することが求められ、プロにしてはかなり矛盾があります。練習設備を持っていないクラブも多く、このリーグがJBLと共存できるか、そして既に東芝がある神奈川でbjリーグチームがやっていけるかには疑問があります(そもそも「エクスパンション=既存チームの商圏減」なので、収入がない段階でのエクスパンションは危険だと思うのですが・・・)。国内バスケットボールは野球・サッカー・バレーボール・ラグビーと比べて世界(五輪・NBA)との差があまりにも大きすぎます。普及面でこれらの競技と同じには考えられません。

bjリーグは「1県1チーム」でエクスパンションをしており、各チームはホームアリーナは持つものの県内を巡回して試合をしております。となるとどこで試合をするかになるのですが、JBL東芝の場合は、

川崎市とどろきアリーナ(ホームアリーナ)
横浜文化体育館
スカイアリーナ座間
海老名運動公園総合体育館
横須賀アリーナ
秦野市総合体育館
平塚総合体育館

で、試合をしておりますので、bjリーグチームもこれらを使うと思われます。少なくとも常時5,000人超の集客がないと選手に1,000万円の年俸は払えないと思うので、本当は「全試合横浜アリーナ開催」でなければいけないと思いますが、bjリーグ各クラブの集客はFリーグ標準よりちょっと多い1,500人くらいらしいですので、それはかなわないと思います。とどろきアリーナは東芝のホームということを考えれば、横浜文化体育館をホームとして、上記の会場と、

藤沢秋葉台文化体育館
小田原アリーナ
大和スポーツセンター体育館

といったあたりも加えたうちいくつかに巡業に行くというような感じになるのかなあ?と思われます。相鉄沿線で活動をしていたことを考えれば、大和と海老名は外せないでしょう。また座間と横須賀で開催すれば、うまくいけば米軍関係に来てもらえるかもしれません。平塚総合体育館でシカゴブルズ風ユニフォームになるとSLAM DUNK世代が集客に呼べそうですが、運営会社の会社名(横浜スポーツエンタテインメント株式会社)的にも、東芝のユニフォーム(同じ赤系の「えんじ」)をパクッたと言われないためにも、それはないと思われます。あっ、厚木は体育施設が軒並み奥地にあるうえに体育館のある荻野運動公園は駐車場の構造が渋滞しやすいものになっているので、候補に挙がらないと思います。荻野運動公園の施設は陸上競技場のピッチと照明だけはJリーグ基準を満たしておりますし、プールや体育館も公式戦に対応しているすばらしい施設なのですが、興行向けではありません。政令指定都市の相模原も興行向けの体育館は弱い分野です。

まあ横浜スポーツエンタテインメント株式会社はJリーグクラブの子会社ではないですし、バスケットボール界の不毛な内紛が神奈川県内でも展開されるだけで湘南ベルマーレに影響はないと思います。県内各競技切磋琢磨の上で共存共栄が出来ればいいですね。どうしても町田ゼルビアなど近所の市民クラブには厳しめな記事になりますが、それは湘南ベルマーレが本当に大変だったところを実際見ているためにそうなってしまっておりますので、ご容赦ください。

ちなみにbjリーグ埼玉ブロンコスどこかで見たようなデザイン(!)のA-LINE製ユニフォームを着ております。あと永里3兄妹のご両親バスケットボールの選手でした

|

« 8月28日(土)はアウェイ仙台戦 + 8月29日(日)はFリーグホーム府中戦です | トップページ | 葵亭 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川にbjリーグのクラブが誕生:

« 8月28日(土)はアウェイ仙台戦 + 8月29日(日)はFリーグホーム府中戦です | トップページ | 葵亭 »