« 200,000 Hits | トップページ | 風雲児たち 幕末編 1-17巻 読了 »

J1 2010 第15節 名古屋vs湘南 戦 + 8月1日(日)はホーム清水戦です

「終日休暇で行ける」→「終日業務で行けない」となっておりましたが、前日夜になって「半日休暇で行ける」となりました。結局午前のみではなく14:00ごろまで業務でしたが・・・。愛知県くらいですと終日あれば観光ネタもあるのですけどねえ・・・。

最近は首都圏でも名古屋的な食べ物を食べられますが、例えばリニモは関東にない乗り物ですし、ドラゴンズの二軍の試合もありましたし(一軍は東京ドームに遠征中)、今までミュージカル部門では引率した中で最も女性ウケしたものの劇団四季では地方巡業組の「オペラ座の怪人」(要するにストーカーの話なのですが・・・)も今は名古屋でやっておりますし・・・。そういえば「Time To Say Goodbye」は「二人の新たな門出」の歌なのに「Time To Say Goodbye」しか聴き取れない(他はイタリア語)ため「結婚式にこんな曲流すなよ」と言って逆に大恥をかく人が必ずいるのですが、再起を目指す横浜FCが採用しておりましたね。三ツ沢でも大恥をかいた人とかいるのでしょうか?(まあサラ・ブライトマンさん版のここだけ英訳というのもどうかと思いますが・・・)。

東海道新幹線に乗って名古屋入りしましたが、市営地下鉄名城線で瑞穂運動場東駅へ向かう途中にある熱田神宮(伝馬町駅)にのみ立ち寄りました。織田信長が桶狭間の戦いでジャイアントキリングをする直前にお参りをしたそうですし・・・。何度か来ておりますが、鳥居から本殿までの森とか、ご神体からかなり手前までしかいけなかったりとかは、雰囲気があっていいです。

もっとも何度か来ている理由はあつた蓬莱軒神宮店のひつまぶしなのですが・・・。愛知県に出張で来てもあつた蓬莱軒各店舗から遠い場所の場合が多いので、簡単に行けないのです。今月はうなぎばかり食べているような気がしますが、数年ぶりのここのひつまぶしは相変わらず高かったですが、相変わらずおいしかったです。

そしてまた市営地下鉄名城線に乗って瑞穂運動場東駅で降りて、毎年Jリーグの開幕の頃に名古屋国際女子マラソンの会場となっている瑞穂陸上競技場の、名古屋と湘南の試合に行きました。

中に入ると「ビジネスシューズでゴールを狙え!」をやっていて、サラリーマンがテクニカルエリアからシュートを撃っておりました。ポストに当てた方が優勝しましたが、中に伊藤裕二コーチが入ったグランパスくんに蹴らせて、優勝者とは別にグランパスくんにオーダーメイド革靴(40cm超でしょうか?)を作ると面白かったでしょうね。Fリーグの名古屋オーシャンズが開幕前PRで来場していたのですが、飛び入りのリカルジーニョ選手が2本目をゴールに入れておりました(ただしビジネスシューズではない)。ていうかこの日にオーシャンアリーナカップ1回戦湘南戦をやればよかったのに・・・。

この日の注目選手は札幌から期限付き移籍をしているダニルソン選手とのことで、いろいろPRされておりました。そういえば昨年の札幌は外人選手と日本人選手の差が激しかったですが、ダニルソン選手も札幌を引っ張っておりましたね。

来月の安城市の七夕祭りのPRで七夕飾りが登場したり、PRの女性が来ていたりしておりました。それで湘南戦が組まれたのでしょうか?。平塚では現行の暦(太陽暦)の7月7日で七夕をやりますが、本来の七夕は太陰暦での7月7日なので、平塚より歴史のある七夕祭りをやっている仙台などの8月七夕のほうが正しいんですよね・・・。青森ねぶたなど東北三大祭りはすべて七夕祭りなので、この時期「明日出張で仙台行って」とか言われると新幹線2時間立ちっぱなしが濃厚なのでキツイんですよね・・・。あれ、ずらせないものですかねえ、東北の皆様(無理か・・・)。

それにしても名古屋のメンバーは有名選手ばかり。ベンチの選手まで有名選手が多いです。いざキックオフでまた驚くのは長身選手の数が多いことです。事前にわかっていたとはいえ実際に見ると威圧されます。島村選手の起用はセットプレーで枚数が足りないことがないようにということでしょう。

試合は「順位差ほど差はなかった」でした。名古屋は土曜日に瑞穂で試合をしてまた瑞穂での試合なのですが、湘南は日曜日に平塚で試合をして瑞穂に乗り込んでおります。体力的には絶対的に不利なのですが、闘莉王・玉田・楢崎・ケネディ選手や、U字工事益子卓郎さんのブログにコメントを入れている相樂亨副審といったあたりは南アフリカとかその前の合宿とかで他の選手より疲労があるのかもしれません

しかし都築選手の前で混戦の間に闘莉王選手へのマークが手薄になり、押し込まれて先制されました。枚数不足というのががっかりでした。

ヴァウド選手が体の入れ方やオフサイドのとられ方といったところがどうも日本慣れしていないように見えて、まだ心許ないです。このあと登場する田原豊選手のほうが点を獲れそうな動きをしております。

後半も玉田・田中隼磨選手のサイド攻撃やケネディ選手らの高さによる攻撃もありましたがまあ抑えておりました。このまま耐えられればと思っていたところにダニルソン選手のミドルシュートを止められず2失点目をくらいました。ダニルソン選手をプッシュしていた名古屋のスタッフはしてやったりといったところでしょう

その後途中出場の田原選手がゴールを挙げて1点差に迫りましたが、反撃もここまででした。

名古屋 2-1 湘南

日程的不利を考えればよくやったとは思いますが、前半にいつもどおりのプレーをしていれば上位相手でしたが勝ち点が獲れた試合でした。いつもどおりのプレーをいつも出来ないことも実力不足でしょう。急いで新幹線に乗って帰りましたが、twitterによるとベルマーレの選手は長距離バス「キラキラ号」で帰ったらしいです。

そしてすぐにホーム2週連続の清水エスパルス戦です。今度は日曜19時からですので間違えないように注意しましょう。茅ヶ崎ホームタウンデーでシノケングループスペシャルデーです。「8月真夏のホームゲーム3連戦」の意味はわかりません。

この試合から七夕ユニフォーム(FP:黒/GK:黄緑)となります甲府にしか勝ったことがない非常に勝率の悪いユニフォームなのですが・・・

清水にはワールドカップで得点を挙げたFW岡崎慎司選手がおり、さらに小野伸二選手などこれまた選手層の厚いクラブです。清水は第15節を火曜日に行っており、名古屋より近い清水からやってくることも含めてまた体力的に相手のほうが有利な試合になります。優勝争いをしているクラブが相手ですので大変厳しい試合ですが、前半ホーム最終戦ですので、何とか勝ち点を挙げたいところです。

パルちゃんが来てくれるとうれしいのですが・・・。

|

« 200,000 Hits | トップページ | 風雲児たち 幕末編 1-17巻 読了 »

Jリーグと各クラブ」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

観戦感想文2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/35943659

この記事へのトラックバック一覧です: J1 2010 第15節 名古屋vs湘南 戦 + 8月1日(日)はホーム清水戦です:

» 7/28 阪神6-3横浜(甲子園)~付属高校の仇wは取ったよ+同日のプロ野球+Jリーグなど [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
阪神タイガース付属横浜隼人高校、神奈川県大会の準決勝で横浜高校と対戦。初回に5点を先制するも逆転負け残念ムネリンorz(第2試合は東海大相模の勝ち) ということで、やられたらやり返せとばかりに、親球団が同じ横浜相手に逆転勝ちのリベンジ也w #63668;阪神-横浜..... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 05時38分

« 200,000 Hits | トップページ | 風雲児たち 幕末編 1-17巻 読了 »