« FIFA ワールドカップ 2010 南アフリカ大会 グループE 日本代表 vs カメルーン代表 戦 | トップページ | 2010年 J2中断中 »

7月3日(土)「日韓交流 湘南ひらつか七夕記念サッカープレシーズンマッチ」開催決定

さて、ACL参加クラブや日本代表選手以外の選手の起用で戦力の底上げを狙う「ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ」が先週まで行われておりましたが、勝ち点「0」と成果はなく、逆に金永基選手が8ヶ月中山元気選手が6ヶ月松本拓也選手が5週間と、逆に戦力を減らす結果となってしまった湘南ベルマーレ

ううむ、起用方法を誤らなければ戦力になることがようやくわかってきた中山元気選手が今季は間にあわずというのも残念なのですが、さらに金永基選手の怪我がかなり厳しい故障というのが大変残念でございます。予定では野澤・松本選手が鹿島戦に間に合うかどうか?なので、現状ではGKが「先発 植村慶選手・ベンチ 伊藤友彦選手兼ユースコーチ」で、ベンチ外は黒沢隼選手(ユース!)のみです。遅くとも数試合乗り切れば確実に野澤・松本選手が復帰できるので、補強はなしでしょうか?。

古林選手もユース代表の遠征を故障で辞退しましたが、予定では鹿島戦までにはジャーン・坂本・新居・田村選手は戻ってきそうですので、少しはマシな戦いが出来ると思われます

トップチームは日本代表vsデンマーク代表の試合がある6月24日(木)(時差があるので代表戦は日本時間の25日未明に行われます)に全体練習が再開されるらしいです。現時点で発表もございませんし、これだけ故障者がいるということで、キャンプはやらないということなのでしょうね。

練習と練習試合を経て鹿島戦を迎えるのかと思いましたら、湘南ひらつか七夕まつり開催期間中の7月3日(土)に「日韓交流 湘南ひらつか七夕記念サッカープレシーズンマッチ」開催されることが発表されました

前大分社長の、あの溝畑宏長官「観光庁」が後援というところもちょっと気になりますが、ベルマーレ12は無関係の有料試合というのは、正直「大丈夫かなあ」と思います。駅前が「思いっきりお祭りの真っ最中」のなかで、お金を払ってまでリーグやタイトルと関係ない試合を観に行くのかどうか・・・。この企画内容ではヘビーユーザーだけしか見ていない企画のような気がしてなりません。確かに海外のクラブですが、日本は開幕前練習試合とACLで意外とKリーグのチームを観ることが出来ますので・・・。せめて16時キックオフならば「昼の七夕→サッカー観戦→夜の七夕」という計画が立てられてまだ良かったような気がします。アウェイゴール裏のみ閉じたスタンドに客が埋まるかどうか心配です。そのヘビーユーザーは、故障の程度からしてこの時点では野澤・松本・ジャーン・坂本・新居・田村・中山・金永基・アジエル(いまだ公式写真が昨年のユニフォーム)・松尾(いまだに練習しているところも見たことがない)選手がおそらく出ないであろうことは知っていると思いますし・・・。

対戦相手は釜山アイパークだそうです。ざっとネットで調べたところ、2003年・2004年シーズンに湘南に在籍していた金根哲選手が2010年から在籍しているようです。これはセールスポイントになるでしょうか?。湘南も釜山も今回のワールドカップには選手を派遣しておりませんので、ワールドカップ準々決勝の日ですが理論上どちらもベストメンバーを出せます。あとはベルマーレクイーンに「七夕まつり会場はいつものユニフォームだけど、こっちの会場では浴衣で登場?」とか差別化をすれば、多少は客が呼べるでしょうか?。あとは5分だけフットサルのボラ選手が出場?とか・・・。そしてやっぱり今年も七夕ユニフォームを出して、負けるのでしょうか?(オイラはもともとユニフォームは何年かに1度買う程度なので、たぶん買いません)。

ナビスコカップでは多くの若手選手がリーグ戦出場のアピールに失敗したと思われますが、このプレシーズンマッチを追試とみなして、彼らが存在感を出していただければなあとは思います

|

« FIFA ワールドカップ 2010 南アフリカ大会 グループE 日本代表 vs カメルーン代表 戦 | トップページ | 2010年 J2中断中 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/35273370

この記事へのトラックバック一覧です: 7月3日(土)「日韓交流 湘南ひらつか七夕記念サッカープレシーズンマッチ」開催決定:

« FIFA ワールドカップ 2010 南アフリカ大会 グループE 日本代表 vs カメルーン代表 戦 | トップページ | 2010年 J2中断中 »