« J2 2010 第15節 東京ヴェルディvs横浜FC 戦 | トップページ | 平塚競技場でだってワールドカップに出る、もしくは出た外人選手や、審判を観ることは可能 »

6月5日はアウェイ 山形戦 + 6月9日はホーム 神戸戦

水曜未明に珍しくJリーグの夢を見て、モーヴィが口蹄疫を恐れて松田浩監督(元神戸監督)を頼りに栃木県グリーンスタジアムに疎開したところ、モーヴィが栃木県グリーンスタジアムの芝を食べてしまいハゲてしまったので、松田監督が記者会見で謝るというニュースを見たという夢を見ました我ながら意味不明です。和牛は牧草飼育ではないような・・・。まあ神戸牛や松阪牛も元々は宮崎の子牛というものが多いらしいので、対岸の火事ではないでしょうね。

その水曜日に、河野太郎トークライブVOL.2「河野太郎とJリーグ各クラブの若手社長達」開催のお知らせが出ましたが、開催される当日に公開しても、無理でしょう。オイラは前回の記事を日曜日に書いた後(公開は月曜日)、いくつか他からこのイベントについてうかがっておりましたが、普通に行けません。このイベントの告知も遅かったでしたが、モーヴィの所属するヴィッセル神戸戦のホームゲームまであと6日、Fリーグ湘南vsJ1湘南まであと7日です。スタッフが少ない上で、坂本・新居選手とまた怪我人が出て大変だとは思いますが、もうちょっとお客さんのことを考えたほうがいいと思います。オイラだってこのブログを書くということがなければ、ベルマーレ情報は週に1回程度しかチェックしないと思います。

ちなみにロフトプラスワンやネイキッドロフトには、大学生の頃に数回行ったことがあります。トークライブを肴に飲み食いが出来るのですが、「各界の有名な方」から「誰がどうみても無名素人って方」まで、「有益な濃い話」から「全く内容のない話」、「イタイ人の一方通行ワンマンショー」まで取り扱っておりますので、「いろいろな分野のオタクが好き」というかたには向いていると思います。興味がございましたらどうぞという感じです。

今のトークライブはUSTREAMで録画を見ることが出来るのですが、2部あわせて2時間半もありますが、面白いですね(河野太郎さんがぶっちゃけ&いじられすぎです)。ぜひご覧ください。河野太郎代議士・湘南の眞壁潔社長・水戸の沼田社長・実は湘南の取締役であるイスンヨプ選手の代理人水戸弁護士が参加しており、水戸サポーターにとっても満足の内容になっておりますよ

しかし結果論ですが、河野太郎代議士は鳩山由紀夫首相が辞意を表明した水曜日にこんなことをやっている場合ではなかったような・・・。しかし日本の総理大臣は中曽根・小泉首相などの例外を除けば元々2年くらいしかやれない役職ですが、安部首相以降は1年持つかどうかですね(日韓・ドイツワールドカップのときはともに小泉純一郎首相ですが・・・)。これでは中長期的な政策は無理でしょう。政党が代わってもこれでは制度的なところから変えないと失業者あたりから暴動にならないか心配です。まあ鳩山首相も、「自分の政治理念はない」「選挙に勝てる政策が何を言われようといい政策」「役職は自分のいうことを聞く人にだけ与える」の小沢一郎代議士の腹話術人形だったうえで、さらに国民新党と社民党と組まなければならなかったわけですから、しょうがないでしょうね。かといって自民党もアレなんですけど・・・。衆議院を解散して両議会とも今の支持率を反映していただいたほうがスッキリするような気がしますが・・・。

ナビスコカップ・アウェイのマリノス戦にはベルマーレクイーンのうち大熊未沙さん伊藤聖夏さんがプライベートとして来ていたようですね(鳥取にも行っているにも関わらずオイラの何倍もアウェイに行っている三村ロンドさんについては、来ていない試合を挙げたほうが早いのでいちいち取り上げません)。

さて湘南ベルマーレは、ヤマザキナビスコカップの消化試合として、6月5日(土)は16:00にアウェイで山形戦6月9日(水)は19:00に平塚競技場で神戸戦を行います。そして翌10日がFリーグ湘南vsJ1湘南、さらにその次の6月11日にはFIFAワールドカップ南アフリカ大会に突入します。たぶん1次リーグでは反町監督がせっせとアルバイトしていそうですが、前にも書きましたがアトランタ五輪以降、大きな大会を率いた日本人監督は西野・岡田・山本・反町氏しかおらず、この4人しか語れないことは絶対あるはずですので、それはそれで生かして欲しいとは思います。

ナビスコカップとしては消化試合ですが、中断明けのリーグ戦の出場を目指す控え選手にとっては最後のアピールの場です。リーグ戦では山形・神戸とも平塚で引き分けた相手ですが、神戸は可能性は低いものの、山形はトーナメント進出の可能性があるのでベストメンバーで湘南を天童で迎え撃つと思われ、厳しい戦いが予想されます。神戸も「三浦俊也サッカー、再び」って感じなのでしょう。いくら一生懸命やったとしても、ぼーっと立っているだけでもとれる「勝ち点0」になってしまえば、ナビスコカップだから出られた選手にとっては立場がないと思われますので、湘南にとっても結果も欲しいところです。山形戦は行けませんが、ホームの神戸戦には行けたらいいなあと思います。キングベルⅠ世やベルマーレクイーンのファンの方でしたら、「土日の試合より面倒をみてもらえるかもしれない」という期待もあるかもしれません。他クラブより出遅れてしまい湘南は土日の試合に募金を集められない宮崎の口蹄疫の件の募金を、J1クラブにしてはショボイと言われないよう多めに出していただけると幸いです。

日本経済新聞のコラムで眞壁社長も触れておりましたが、現役Jリーガーとしては日本代表の選手のほかに、ミリガン(千葉)・ケネディ(名古屋)・李正秀(鹿島)・キム ボギョン(大分)・安英学(大宮)・梁勇基(仙台)・鄭大世(川崎)選手が各国のワールドカップ国家代表選手として登録されたそうです。キム ボギョン選手は草津戦で観ましたが、J2であるもののかなり目立っておりました。こういう選手をセレッソは営業目標到達が危ぶまれている大分に貸し出してしまうというのはすごいなあ・・・。たぶん日本とは当たらないでしょうからかんばってください。

|

« J2 2010 第15節 東京ヴェルディvs横浜FC 戦 | トップページ | 平塚競技場でだってワールドカップに出る、もしくは出た外人選手や、審判を観ることは可能 »

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516410/35013383

この記事へのトラックバック一覧です: 6月5日はアウェイ 山形戦 + 6月9日はホーム 神戸戦:

« J2 2010 第15節 東京ヴェルディvs横浜FC 戦 | トップページ | 平塚競技場でだってワールドカップに出る、もしくは出た外人選手や、審判を観ることは可能 »